ツインカムエンジン搭載でオールドスクールなフルカスタム★

こんばんわオオガキです!

5月17日に開催される予定の「ジョインツカスタムバイクショー」の代表タカハシさんが今日遊びに来てくださいました(^^)毎年約1万人弱のご来場者さんでにぎわうイベントですが、広々とゆったりした空間が好きです。会場が広いためブースに立ち寄ってくださった方とのコミュニケーションも取りやすく、そこがジョインツのイイところです。日本の真中に位置する愛知県のポートメッセ名古屋で開催されますので、ぜひ群馬県の当店までお越し頂けない方もコノ会場でお話ししましょう☆

前後16インチの当店が得意なボバーstyleにチョッパーテイストを混ぜ合わせたボバーチョッパ~♬ご注文後カスタムをしてから納車させて頂くプランとなっています!エンジン以外の部品はすべて非純正でフレームからのフルカスタム車です。

ツインカムエンジンは今では型遅れかもしれませんが、まだまだ力強く健康体であることは間違いありません。旧車と違ったパワフルな走りと故障リスクの少ないエンジンはやっぱり魅力であります。現代のオートバイと一緒に走ることもできるカスタムハーレーです。

リヤフェンダーを短く仕様変更ですが、フェンダーを固定するだめのブレイスは取り付けせずシンプルに固定します。タイヤ剥き出し量が多ければ多いほどワイルドでカッコい~~☆

 

佐賀県よりオーダー頂いておりますT様projectは、ショベルヘッドエンジンを搭載してボバーstyleを完成させます!

スプリンガーフォークはネオファクトリー製のクロームメッキを選びました。当店では年間で30本以上スプリンガーフォークを使用していますが、クオリティは安心の商品です!

セルスターター付きの仕様としますので、オイルタンクやバッテリースペースの確保には要注意です。キックスタートオンリーの車体と比べて各部品のスキマが無く取り付けは何かとギリギリとなってしまうのです。まずはフレームを塗装するためにフレームに関する加工を先におこなっていきます。

ピーナッツタンクを取付ますが、全体のバランスを見てタンクの前後位置を決定します。これも好みがあると思いますが、当店では基本位置を決めているのでその基本に従ってマウントさせています。

 

↑↑こちらのフレームは塗装したてのチョッパー用フレームです!色名はキャラメルキスと名付けられていて艶消しのアーミーっぽい雰囲気の色です。

砂漠の砂のような雰囲気を感じます。チョッパーでこのようなツヤの無い色を使ったことはこれまでにありませんが、組み立てがとても楽しみです♬

そのかわりエンジンの周辺には金色の光沢を目立たせます!車体全体にもバランスよく金メッキを散りばめてツヤ有りとツヤ無しで遊びます。ちなみに金メッキはクロームメッキの3倍くらいのお値段で面積がでかくなると高価です。

フルオーダーのプロジェクトのため、何もかもがバラバラでリビルトされますが、エンジンも今現在はまだバラバラです。修理しながら再度組み立てていきフレームに搭載します。

ホイールも色替えしているため、一度組み込んだタイヤもはずして塗りなおします。仮組では想像もできなかったチョッパーが完成されそうな気がしています。。。(@_@)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/87507/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ツインカムエンジン搭載でオールドスクールなフルカスタム★ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > ツインカムエンジン搭載でオールドスクールなフルカスタム★

    合計: 7211318
    本日: 794

Return to page top