たくさんの思い出をありがとうPacific Coast Cycles★「In Loving Memory of Mike」第二弾

昨日の続きになりますが、パシフィックコーストサイクルのマイクとの思い出話を書きます(^^)

パソコンの中を探していると結構アメリカでの画像が残っているもんです♪その中でもマイクは会うたび撮っていたので色々見つかります!そのなかでも抜粋してUPしたいと思います。

常に元気でユニークな存在で笑いが絶えない人でした♬とにかくハーレーが良く似合う~。まさにレジェンド!!

遠藤社長はマイクと約30年の付き合いだそうです!遠藤自動車がスタートしたのは約45年前からですので、半分以上マイクの存在があったわけです。そのパートナーがなくなってしまうことはとても悔しいことです。。。(>_<)

マイクから譲ってもらった車体は数知れません。。.↑↑こちらのツインカムエンジンを搭載しているリジットカスタムもマイクから買ったもの。現在の当店で作るツインカムリジットカスタムの原点ともいえる1台です。

彼が乗るサービスカーはいつもカッコい~♬何度か乗り換えている様子を見てきましたが、どれも譲ってほしいと思ってます(^^;)それにしても後ろに止まっている車はパトカーです。日ごろからポリスが店に遊びに来てました。ポリスがエンジンとか持って来る様子を見るとびっくりしますが。。。

左にいるスタッフは「トニー」。チョッパーが大好きな男!!マイクショップではいろんな人が登場します♪

今では当店内に展示しています↑↑こちらのサイドバルブエンジンのチョッパーを製作した張本人です!ハイセンスでこだわりの強いオオガキ好みな作品です♪

これがマイクとの合言葉のような恒例ポーズ★遠藤自動車はいつも買う側ですので支払う側、その度現金をもってこの決めポーズとなります!これは2008年からず~っと続いてきた笑える映像。。。

↑↑こちらのフォードもマイクから購入したスペシャルな1台。内外装すべてが仕上げられているので、どこも手を尽くす箇所がありません。とってもアメリカンなカスタムカーですよね!

私達が作ったショベルグースは、しばらくの間パシフィックコーストサイクルに保管していました。その間マイクは様々なイベントに展示していたのです。カスタムショーでもアワードを頂けたり、雑誌社の取材を受けていたりと知らないところで活躍してくれていたみたいです。

LAカレンダーショーでの受賞の際には、約30万円分のギフトカードのような物を頂けたのですが、、、使うには条件が色々あって、なんだかうれしいようなそうでもないような~っと笑い話あり。。。

シグナルヒルの綺麗なところでの撮影の一コマ。

この時撮影された写真が載っている雑誌て何なんだろう~~?のまま。。。見てみたかったな~っと(^^;

毎度ロングビーチのスワップミートには出店しているマイクですが、社長も買い付けで良く行っているので、この姿はたくさんPCに保存されていました♬

マイクの息子ちゃん達。右のエリックは残念ながらすでに亡くなってしまっています。マイクによく似てユニークで笑いの絶えないキャラでした。マイク一家には「DOMO~!」っとあいさつするのが基本でお約束のセリフで楽しかったです。

そのエリックのための寄せ書きは倉庫の壁に大きく張り付けられていました。一個くらい日本語で書いておけば良かったかな~っと今更後悔。。。

マイクと娘ちゃんのアンナ。スワップミートでたまに見かけられる光景でした!さすがマイクの子供って感じで、明るくてやっぱりユニークな女性です☆アンナはこれからどうするんだろう。。。

とりあえずカメラを向ければすかさずポージング(^^)左奥に見えるペプシコーラマシンは、お金を入れると吸収されるだけの罠です。。。(笑)今は直してあるのかもしれませんが~。

よく考えたら、あんまり整備している姿って多くは見なかったな~っと。。。なにかと動き回って忙しい様子は毎日のことでした。

いつも電話に追われていた様子の方が強く残っています!

SUキャブレター不足の時期に、マイクからいっぱい売ってもらいました。マイクのネットワークはすごいんですよ~。とりあえず相談しておけば何とかなります!


そして、最後に会った2019年の6月の出来事を振り返ります♪これが最後になってしまったのは、本当に残念ですが。。。

バックヤードに入るためにはこのゲートを開放して入ります!朝、マイクよりも先に出勤しているときは、ココの前に座って待ちぼうけ。その時にお客様が来ちゃうと片言英語でめちゃくちゃな会話がスタート(^_^;)

在庫車がとっても多かったです!歩くスペースも少ない状況で、マイク一人でコントロールするのは大変だったと思います。それでもマイクショップはロサンゼルスで一番の販売店だと思ってます♪

このフレームをのせている台は、とても組み立てしやすい高さですべての部品がついてもヒックリかえらない優れモノなんです。日本人にはちょっと高いかもしれませんが、仕事しやすかったです!

屋根の上に保管しちゃうというワイルドなスタイルも好きです!サビにくいこの地域なら中古部品ならこれもありですね。うらやましい限りで。。。

エンジンリビルトコーナーには相変わらずエンジンが数台乗っていました!こんなガレージが自宅にあったらすごいですよね。

天井には遠藤自動車オリジナルのコヨーテタンクがありました!その昔、マイクに何個かプレゼントした最後の一個でどこにも売らないと言ってました。まれにアメリカのチョッパーでコヨーテタンクがついているのを見ますが、10個もこの国にはないはずなのでとてもびっくりします。

アメリカのバイクショップで古いモデルのショベルやパンなどを中心に扱うところはほとんどありません。旧車は主にプライベートビルダーが頑張って仕上げています。プロが数多く扱うとすれば数えられる程度しかありません。

壁一面に敷き詰めている部品たちはすべて売り物。これなら見やすくて最高です。カッコもいいしマネしたいですね。

アメリカのナンバーってなんていうか良い飾りになりますよね。日本みたいに必ず返納しなければならないわけではないので、こうできるんだと思います。

オリジナルコンディションのパンヘッドはFORSALEでした。Goodプライスで個人的に欲しかった代物。日本へ来たら600万くらいにはなりそうですね~。

2008年に数か月間滞在していた時の思い出の写真が事務所に貼ってありました♬もう一度ココに来たくなります!

この大きなトラックにさらにトレーラーを繋げるってところがアメリカです(^^♪ これならたくさんの部品とバイクを積み込めます。

スワップミートでは常連のマイクですから、こんなトレーラーがお似合いです!どんな会場でも、これならすぐに店が見つけられます。

これは売り物だったんだろうか~?それともマイクの??たぶん艶消黒のボディにホットロッドっぽくピンスト入れたりするのが好きだったんだと思います。同じ仕様の車をいつも乗っていた思います。オオガキはこの雰囲気が好きです!

これがマイクとの最後の記念写真となりました!みんなでこのポーズを決めるのは初でした。マイクにとってこれが少しでも良い思い出になってくれたでしょうか?今となっては聞くこともできませんが、そのように願いたいです。。。

とにかく楽しいことばかりだったPACIFCCOASTCYCLES☆そしてMike★

 

ありがとうございました<(_ _)>

 

どうか安らかに。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/67208/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
たくさんの思い出をありがとうPacific Coast Cycles★「In Loving Memory of Mike」第二弾 from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS | ロサンゼルス日記 > たくさんの思い出をありがとうPacific Coast Cycles★「In Loving Memory of Mike」第二弾

    合計: 7213749
    本日: 755

Return to page top