真鍮製のヴィンテージ消火器がとってもカッコい~☆

こんばんわオオガキです!

いよいよ冬になってきまして群馬県太田市でも15度以下の日が珍しくありません。そうなればエンジンオイルはそろそろ冬支度となりますので、硬いオイルを入れている方は早めに交換してあげてください。車体によってオススメ粘度は違うと思いますが、一般的にハーレーは20w-50という粘度が標準です。旧車であってもシングル50番に固定せず20w-50を使用することは問題ありません。特に10度以下ばかりの真冬ではシングル50番では暖気中にとっては硬い印象があります。いろいろ試してみてください。

 

customでお預かり中のショベルグース様⇑⇑ですが、フロントホイールを19インチに交換しましてブレーキの強化もすることなりました!

ブラックリムのホイールは基本的に既製品としての存在は少なく、これもリムスポークハブがバラバラの状態にて購入し組み上げているホイールです。

ブレーキはブレンボ製の小ぶりなカニキャリパーですが、ブレーキローターを11.5”にすることによって制動力を上げています。小さければ小さいほど見た目はスッキリするのですが、制動力は下がる一方です。

 

⇑⇑ホットロッドカスタムショーに出展予定のショベルチョッパー様は、あともう少しで形が完成するところです。細かな部分を追求して展示できる状況まで進めてまいります。

当店オリジナルのスパイクドリルドグリップは、シャープでトンガリ具合も気に入っています!既製品では似たようなものは売っていますが、このStyleとは違うんです♪

モトガジェット製の小さく高機能なスピードメーターはエンジンマウントに埋め込むようなデザインとしてブラケとを作りました。

メーターボディ自体もポリッシュされたアルミカバーで包んでいます!

アルミのオイルタンクを固定しているブラケットはハンドメイドな作品ですが、、、

その端っこに小さな小さなスイッチを固定しています!通常バイクを見る角度からはスイッチの存在はほとんどありません。隠すように、でも使用できるように、配線の事も考えて場所を決定することが一番イイと思います。

 

⇑⇑パンヘッドエンジンの一番上に存在するバルブカバーですが、彫金をほどこした後にクロームメッキできらびやかに仕上げました♫

ホットロッドカスタムショーにて展示しますので、ぜひご覧くださいませ!!

 

本日車検に行ってまいりましたエボリジットチョッパー様ですが、アメリカbuildらしい部分が多くみられて面白いんです。

バッテリーは超小型のリチウムバッテリーですが、容量はそれなりにあるから凄いアイテムです!バッテリーボックスに空間が生まれているので、予備部品や工具などを収納可能と思います。

充電はリチウム対応の充電器を買ってください。通常の充電器では対応していないことがほとんどです。この画像のオプティメイト製充電器はある程度弱ってしまったバッテリーでも回復させることができる優れものです!

 

ではさいごにヴィンテージなアイテムをご紹介させて頂きます☆彡

⇑⇑こちらが表題の「消火器」です。見た目は抜群にカッコヨクてなにか上手にカスタムで使えないかと考えておりましたが、この度本格的に使用できる部品として生まれ変えることにしました!全体が真鍮で作り上げられている点は真鍮好きの遠藤自動車にとってうれしい部品です。

このトッテですらカッコいいと感じます。改造した後にまたご紹介しますので、たのしみにお待ちください(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/66005/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
真鍮製のヴィンテージ消火器がとってもカッコい~☆ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > 真鍮製のヴィンテージ消火器がとってもカッコい~☆

    合計: 7026075
    本日: 756

Return to page top