カスタムハーレーのキックスタートは簡単ではない??

こんばんわオオガキです!

今日はすっかり寒くなって暖房が必要?かと思うような気温でした。夏が終わると一気に寒くなってしまうのが寂しいことですが、この時期こそ旧車にとっては最高の季節となります。風を当ててあげればしっかりと冷えてくれる秋は、長距離走行も心配が少なく人間にとっても寒すぎない中で乗ることができます(^^)

そこで、本日は撮影のひとコマの中で、キックスタートを連続したシーンがありましてyoutubeに載せてみました!今さっきまでは普通に始動できていたのに、突然うまくいかないことがなかったでしょうか?そんな時は何かしら理由があるわけですが、ほとんどのケースではキックのやり方が悪いんです。とは言うもののソノ何が悪いんでしょうか?それが分かるようになるまでにはきっと長い月日が必要なことだと思います。言葉では伝えられない車体に対してのコツをつかむしかないです。。。

⇑⇑GOODコンディションなS&S製エボエンジン搭載のチョッパーですが、キックはショベルに比べれば重くちょっと気合を入れる必要があります(^^;)どうやればうまくいくの~?って悩む時間を、ひたすらキックする時間に変えて連続で鍛えましょ~★

 

では、工場へ参ります!

⇑⇑新潟県よりご依頼頂いておりますチョッパーprojectは、いよいよここまで組みあがりました!

エンジンはピッカピカのショベルに元通りとなりました!

SUキャブレターには真鍮で削り出していますENDOオリジナルパーツを追加させて頂いています。

ショベルヘッドの弱点であるマニホ―ルドからの2次エア吸入対策は、サンダンス製のリークレスマニホ―ルドKITを使いました。グレードアップした様子で真鍮製のパーツがステンレス?のような素材に進化しています。

エンジンが組み立ったからこそ取付ができるようになるマフラー。エンジンを始動させれば表面が焼けて変色した姿もかっこよくなります♬

当店では少ないのですが、足クラッチを代表とするのは、この「ロッカークラッチ」です!ナックルやパンでは純正採用されていたシステムなので、ノンロッカー(スーサイド)クラッチよりも安心感があります。カカト部分を踏み込んでクラッチを切りますが、そこで足を放してもペダルが戻らないでいてくれるので便利なんです。ノンロッカークラッチが不安な方にはオススメです♬

 

では、また明日~(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/65406/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
カスタムハーレーのキックスタートは簡単ではない?? from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > カスタムハーレーのキックスタートは簡単ではない??

    合計: 7588384
    本日: 2966

Return to page top