ハーレー専門誌「WITH HARLEY」で紹介して頂きました★

こんばんわオオガキです(^_^)

雑誌がどんどん少なくなっていく時代の中、新たなハーレー専門誌が登場したのはご存知でしょうか?

「WITH HARLEY」と名付けられた本は、今のところ年4回の販売とのことです!早速、第一号誌より当店も協力させて頂きまして、先日取材に来て下さった時の記事が載っていましたのでチラッとだけUPしちゃいます。

デカデカと正面入口に並べているエンジン達をドアップで載せてくださっていました!!インパクトは抜群ですが、バイクがたくさん並んでいるところ画像は??というほどの印象付けるページです(^^;)

 

ワイドタイヤのツインカムリジットチョッパー様は、車検と少しのカスタムをして納車準備に進みます!

エアクリーナーを交換します予定ですが、もとのS&S製よりもこれだけ小さくなってスマートになります!

フォーク製のマーシャルです!クラシカルなイメージであらゆる車体に似合うと思います!

ただのカバーではなく、ちゃんとしたエアクリーナーとなっていますので、よりオススメです!実はフォークさんは、千葉県南部の業者様でしたので最近の災害によって商品を生産することが困難となっていました。少しずつ回復しているようですが、まだまだ大変なご様子です。。。

車検のために事前審査という手続きをしますが、そのためのデータを作成するため最高出力測定に行ってきました!事前審査がOKとなれば車検に持ち込めるようになります♬

 

⇑⇑こちらのグース様は納車前の整備を本格的にスタートいたしました!まずは目立つオイル漏れから対処していきます。

ガソリンタンクは内部洗浄をするため外しました。

通常はワコーズ製のピカタンを使っています。いろんなメーカーさんから販売されていますが、使いやすいのでオススメです。

リヤのホイールベアリングは損傷していたので、新品交換することになりました。

この子の特徴でもある手動進角装置。操作しながら乗る必要があるんですが、簡単なのでご安心ください。キックスタート時や信号待ちの時は時計回りにイッパイ回しておきます。

信号が青になってから発信直前に、反時計回りに2/3から3/3回して、発進します。60キロ以上速度が出る場合は3/3(イッパイ)回しておくことが大切です。走行している最中は操作する必要はありません。というよりも操作できる位置にありません。。。(^^;)

 

ところで、最近の当店ではSUキャブを失ってしまい通常使用するキャブレターがまだ決まっておりません。⇑⇑これはEVOやTCの純正キャブレターで「CVキャブ」と呼ばれるものです。メイドインジャパンともあって文句のないクオリティなんです。

実は写真のキャブはその純正キャブのレプリカなんです。今はもう純正キャブの生産が終わってしまっているのでレプリカしか新品では買えないのです。レプリカが安定して供給されるようであれば第一にオススメしていきたいキャブとなります(^_^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/65377/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ハーレー専門誌「WITH HARLEY」で紹介して頂きました★ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > ハーレー専門誌「WITH HARLEY」で紹介して頂きました★

    合計: 6961001
    本日: 2060

Return to page top