1942年サイドバルブエンジンのWLA売約です♪

こんばんわオオガキです!

今日は多くのお客様のご来店がありました一日でした。雨もポツポツありながら止んだりして結局テスト走行はボチボチのみ。今年の梅雨長くないでしょうか~~(^_^;)

⇑⇑とってもエンジンの始動性が良いコノ子ですが、ついにオーナー様が決まることとなりました!久々にエンジンをかけたというのにもかかわらず、スムーズな始動となり何の苦労もありません。今日は12Vバッテリーが弱くなっている約9Vくらいの状況のバッテリーを使用してエンジンスタートです。6V車に12Vを使うと電気系部品が壊れちゃう可能性高いですのでお気を付けください。

⇑⇑とってもキレイな海だ~っと、日本のどこでしょうか?って、実はここはアメリカです!ロサンゼルスに納車させて頂きましたお客様より頂戴しましたが、こんな素敵なところまでツーリングしてきたとのことです(^^)

おっ、しっかりと走ってくれているみたいです♪納車直後にはチョボチョボ気になることが続きましたが、今ではスムーズに乗れていらっしゃりある程度安心して下さってきたご様子です。道中さまざまなシーンで声をかけられるようです。何年式?自分で作ったの?などなど、気兼ねなく声をかけてくれるお国柄です!

閑静なビーチで丸一日寝っ転がっていたい。。。素敵すぎますよね~~(^^)行って何するわけでもないですが、ぼけ~っと眺めていられればOK?

エンドウ氏&オイバヤシ氏、何やら車体を見つめて構想中~。これもまた必要な時間で整備の探求は必須であります!

リーフスプリンガーのショベルボバーちゃんのカスタムがいよいよ始まりました!まずはエンジンを載せ替えて年式を変更します。

載せ替えたばかりのエンジンは了解しました。リチェックをして点検を繰り返して進めます。

ガスタンクの交換ですが、穴あけ加工してフレームにマウントさせます。フレーム側も加工してこの度のタンクに合わせて作ります。

丸まっているところに穴あけをするのは簡単ではありません。意外と曲がりやすく斜めな穴になることがしばしば。。。

N様ショベルヘッドくん、エンジン分解点検実地中です!すべてのガスケット類の交換はオーダーメイドなので、無料でご対応させて頂いております。

もともと付いていた強化タペット部品は、単品で購入したらとても大きな金額となります!

プッシュロッドも合わせて強化部品を使っておりましたので、この辺には手を付けずシール交換のみですリビルトします。

エボモデル同等のシステムなので、プッシュロッド調整も違います。基本的な考え方は変わりませんが、、、。

ゴメンナサイ、続きをまた明日?に書きます(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/63338/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
1942年サイドバルブエンジンのWLA売約です♪ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > 1942年サイドバルブエンジンのWLA売約です♪

    合計: 6730964
    本日: 2060

Return to page top