69年ショベルチョッパー、木枠梱包されロサンゼルスへ出航~♬

こんばんわオオガキです!

いよいよ春となって、力仕事をしていれば汗も出てくる時期となってきました。こうなればあっという間にライダーが増え、土日の納車旅も楽しみが増えます♪パーキングエリアによるとまれに見るチョッパー達をどうしても探してしまいます。。。

そして、相変わらずの納車ラッシュは続いていますので、毎日のように車体撮影は繰り返されていますが、今年の春はホントに多い気がしています。今週末も納車予定となっている方がいますので、ご紹介できればと思っています!

 

では、ロサンゼルス行きのチョッパーの現在の様子を。

輸出時の梱包を専門に業務されている会社様に預けたチョッパーちゃんは丁寧にシッカリと梱包されていました。バイクが暴れないように木枠を組んでベルトで固定しています。

もちろんキズが付かないように配慮されて、海の潮風でサビないように車体下にもアルミシートを敷いてあります。

最終的には車体全体をくるんで可能な限り密閉状態になりました。これで2~3週間揺られるコンテナの中でも車体が錆びることなく海を渡ることができます。

万が一こけてしまった事があっても外部からの攻撃を少なくするための木枠でのガードをして完成です。せっかく丁寧に作らせて頂いた車体が残念な状態では悲しいのでココにコストがかかってしまうことは妥協できません。まもなく日本港を出るところです。。。

 

お次は、当店では少ない純正フレーム有りきのカスタムショベル様。

ボバーstyleとして確立しているショベルヘッドをご注文後に、さらにオーナー様仕様にリメイクさせて頂いております。スプリンガーフォーク取付とオープンベルトプライマリー仕様に変更です。

当店では圧倒的な人気を誇るスプリンガーフォークですが、様々な種類があってパッと見で判断できる方も少ないと思います。オオガキとしてはこの判断においてはそれなりに自信がありますが、数多く見させて頂いてきてそれぞれのメリットデメリットも語れますが、現在ではネオファクトリー製の74スプリンガーを使用することがメインです。良かったら昔の記事も呼んでみて下さい!

ハンドルはワンオフのプルバックstyleを作らせて頂きました。腰を曲げずに楽な姿勢で乗れる点はロングツーリング時も負担が少なく楽しめます!

通常ならスプリングを使って固定するサドルシートですが、サスペンション付きフレームなので、ここには使わなくてもイイか!ってことで使っていません。

エンジンはあえてキレイすぎない外観の個体を選んで作っていました。これも含めて気に入って下さった??かどうかはわからないのですが、オオガキとしてはこの車体イメージに合うように選んでいるつもりでした(^^;

OKOと呼ばれるキャブレターは「V-TWIN」製のオリジナルブランドです。クラシカルなバイクに使用されるstyleですので、ショベルヘッドやパンヘッド以前modelには良く似合うと思います!内部のジェットなど調整部品は日本製部品も代用できました。

 

では、明日はジョインツカスタムショーの準備のため、朝から積み込みスタートです!今年は計7台を積み込みまして、そのうち3台が販売車両です。中古車ブースというエリアが初めて用意されますので、ぜひぜひ買いに来て頂ける方にもアプローチしにまいりたいと思っております(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/60182/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
69年ショベルチョッパー、木枠梱包されロサンゼルスへ出航~♬ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | CUSTOMER | NEWS | ロサンゼルス日記 > 69年ショベルチョッパー、木枠梱包されロサンゼルスへ出航~♬

    合計: 6503098
    本日: 1695

Return to page top