納期が長すぎて。。。ご迷惑おかけしております。。。

こんばんわオオガキです☆

今月は幸いなことにご注文も多く忙しく勤めさせて頂いております<(_ _)>現状で順番待ちを数えてみましたところ、なんと38名ものお客様の納車をお待たせしてしまっておりまして、当店としては例年よりも長い納期にご協力をお願いしてしまっている状況となってきました。ゴールデンウィーク前までに一気に納車させて頂く流れにはなっておりますが、2月以降の御注文のお客様はその後のお渡しとなってしまうかもしれません。。。せっかくのシーズンなのですが申し訳ございません。

さて、本日はオオガキ、久々にご対面となりましたショベルヘッドさんのメンテナンスをしました!

長野県M様ショベルくんは冬眠を経てソロソロ今年のスタートとなるところで事前の整備です。

エンジンよりカチカチと音が鳴っているのでまずは点検したくお越し頂きました。早速プッシュロッド周りの点検から。

プッシュロッドカバーを開けて中身を見ますと、下の方に調整機構が存在しています。この度は純正のプッシュロッドと純正の油圧タペットが使われている車両です。

油圧タペットを抜いて頂いてから掃除をしてあげますが、まずはこのように細い穴から棒でも突っ込んであげて中のオイルを抜いてあげます。そのうちに上下が分解できるようになりますので、分解したらパーツクリーナー等で洗浄してあげましょう。洗浄が終わればまたもとの位置へ戻してあげます。

このようにプッシュロッドの調整はココの部分でおこないます。真中のナットはロックナットですが、上はプッシュロッド自体、下のナットはアジャスターの回すところですので、基本的に下のアジャスターをグリグリまわしてあげましょう。純正油圧タペットの場合はまずタペットのバネがすべて沈み込むまでプッシュロッドを伸ばしてあげます。そこから参考までに約1回転半プッシュロッドを短くしてあげます。専用のゲージが売っていますが、手持ちでなくても大雑把に調整して頂くレベルでも十分に走行できますのでチャレンジしてみて下さい。終わったらシッカリとロックナットを締めあげて完了です。

アメリカから輸入するショベルヘッドの多くは油圧タペットでないことが考えられますので、皆さんがこの度と同等かどうかは見で見てみないと分かりませんが、同じかどうか?知っておくだけでも走行中の異音などの参考材料としてはイイかと思います。

続きましては、細身なパンリジット製作中の神奈川県I様号☆入荷待ちであった部品も届きましたので早速リスタートです!

この度はミクニ製HSRキャブレターを使用することになっていました。パンヘッドエンジンでもスムースな走りを体感できるように検討しています。

HSRキャブはパンヘッド用として既製品がありませんので、マニホールドとの合わせにオリジナルパーツを使用して装着しています。そのためブラケットなども専用にお作り致します!

この度対策させて頂きますのは、左足のコントロールKITですが、従来の既製品ではよく壊れるトラブルがありましたので、いよいよ当店オリジナルの強化パーツを発信できることになりました。お悩みの方が多くいらっしゃった部分でありましたので、新しい対策部品をご期待くださいませ♪

損傷の確率が高かったシャフト部は溶接固定ではなく、ネジ固定ですので金属疲労もそこまでないかと考えます。緩んでも増し締めで済ませられればより一層OKな仕様です。

どんなStyleにも万能な小ぶりなテールランプです!ボバー系カスタムの場合で似合わないということはホボ無いかと思うアイテム♪♪

本革茶色でお作りしておりますダイヤステッチシートは使えば使うほどシワがより味わい深くなるシートです。

埼玉県O様ショベルヘッド君も二階工場にてガンガン整備中です!完成していたはずの車両ですが、エンジン周りの外観ミガキをするべく、バランバランになっている状況~。。。そのついでにイロイロ対策部品を組み込んじゃいましょうなプランです。

まずは、充電系電気部品のオルタネーターKITをハイグレード新品に全交換しちゃいます。ココは後々交換したいと思っても脱着工賃だけでも大きくなってしまう箇所なので今のうちがオススメです。

プライマリーを外してエンジン外側に装着されているので、簡単には手が届かないところ。。。

こちらのショベルヘッド様は富山県域となっておりますが、いよいよ納車日が近づいてきました。まだ整備中ではあるもののテストランはソレナリに経過していますので、間に合うかな~~っと(^^ゞ

最後にカスタムさせて頂いたのは、ピンストライプのハーレーダビッドソン。。。ステッカーなどとは違った印象になるように、らしい雰囲気にしてみました!

最後にお見せしたいのは、ドカーンと届きました段ボール!中身はS&S製のパンヘッドエンジンです♪後ほどまたお見せしたいと思いますが、排気量は1500cc以上でメンテフリーのフルトランジスタ仕様の純正パンヘッドをより強く作られたスペシャルな一機です。chopperゆえにハーレーブランドにどこまでこだわるかは人それぞれと思いますが、当店は基本的にハーレー社エンジンが多いものの絶対ハーレーではないので、お客様のニーズに合わせてご対応させて頂いております。

ではでは、本日はここらへんでおしまいです(*^^*)

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/51781/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
納期が長すぎて。。。ご迷惑おかけしております。。。 from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > 納期が長すぎて。。。ご迷惑おかけしております。。。

    合計: 6338841
    本日: 2879

Return to page top