330ワイドタイヤチョッパー製作の計画スタート★

こんばんわ、おつかれさまです、オオガキです!

3連休の一日目の土曜日はいかがお過ごしでしたでしょうか?当店は遠方からのお客様もいらっしゃったりと、連休らしいスタートとなっていました。ご購入検討だけでなく、カスタムの参考として見に来て下さるのも大歓迎ですので、どうぞお気軽にご来店下さい。

さて、この度330ワイドタイヤ仕様のprojectを頂戴したばかりなのですが、改めて部品を探していますとヤハリあいかわらず少量の部品なため入手が困難な状況でした。初めて330ワイドタイヤprojectを頂戴した時にも苦労して探したので、この度もそこからつまづいています。。。

330ワイドタイヤといえば、このサイズ感!!

迫力満点です(^^)/

 

では、工場の方をのぞいてみましょう!

オーダーメイドにて御依頼頂きましたI様ショベルヘッドprojectは、仮組OKとなりまして塗装のための分解をスタートしました!フレームだけの状態まで全部バラバラにいちゃいます。

マフラーにはワンポイントでエングレービングをほどこすことにしまして本組を楽しみに進みます!

ツールバックを装着するためにライトステーを修正致しましたが、丸棒にてこのようなデザインでお作りしてみました。この度はブラック塗装が中心となりますので、メッキ部分はより目立つ方向性として進みます。

↑↑コチラは石川県M様グースprojectです!しばらく手が止まってしまっていましたが、ここにきて一気に組立がスタートしています。

キャンディブルーのラップペイントでとてもキレイに仕上がっています★遠くから見たら通常の青にも見えるかもしれませんが、近づけばよ~く見たくなる感じです(^^♪

リブフェンダーはエンド部のデザインを生かしてラインを入れています。ホワイトとの二色使いもまたイイ雰囲気で完成しました!

オイルタンク左側にはオイルの量を確認できるレベルホースを取り付けました。これで簡単に確認ができるようにもなりアクセントにもなります。

エンジンは分解点検を終え、スムーズにリビルトさせて頂きました。

当店では通常、部位によって違いますがメタルガスケットを使用することが多いです。ときには、昔ながらの神ガスケットやコルクガスケットが有効と判断されることもありますので、いつもケースバイケースで判断は変わります。

↑↑続きましてもグースStyleのご紹介です。パンヘッドエンジンを搭載したprojectですが、前後ホイールをブラックとして重厚感をアピールしてみました。

エンジンはアメリカにてリビルトされているため外観もキレイな状態です。さらにキャブレターは当時モノのリンカートキャブで挑戦しています。コンディションが良ければこのままスムーズに進められそうなとことです(^▽^;)

もちろん当店での王道メニューなオープンベルト仕様&スーザイドクラッチ!

クランクケースはドイツ製の新品ケースに交換していますので耐久性も安心でオススメです。古くなればなるほど心配となる耐久性ですが、純正品とほぼ同等なデザインで作られた新品ケースなら文句なしのオススメ品です。

フロントブレーキは本来、年式的にはドラムとなりますが、走行性を安定させるために小さめなディスクを装着してみました。

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/50939/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
330ワイドタイヤチョッパー製作の計画スタート★ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > 330ワイドタイヤチョッパー製作の計画スタート★

    合計: 5857908
    本日: 2542

Return to page top