近年の遠藤自動車を代表とするワイドタイヤのグースネックstyle★

こんばんわ、おつかれさまです、おはようございます(^^)

さて、今週一気にご相談が増えましたのは、エンジンがかからない、、、。そんなトラブルです。冬になり一気に冷え込んだ頃に起きるトラブルといえばコレ!ってくらいメジャーなお話です。一番多いのはバッテリーの劣化による症状となりますが、電気周りだけでも可能性のある場所は複数ございます。

・バッテリーのダメージによりモーターを回す力が足りない。
⇒バッテリー交換、バッテリー充電、など

・バッテリーにつながる電気ケーブルの緩みによるパワー不足。
⇒増し締め、ケーブル交換、など

・スイッチを押してもスイッチ類からの電気信号が流れない。
⇒スイッチ交換、配線の断線確認、リレー交換、など

・スターターモーター自体の劣化損傷。
⇒交換またはオーバーホール、など

ザックリですが、以上のような原因が主です。バッテリー充電や交換、電気ケーブル類の増し締めは気軽に可能で簡単な作業です。まずは対策しやすいところから様子を見て頂きながら消去法で原因を追究してまいりましょう♪♪

 

ということで、本日はあさイチより長野県のお客様の元へヒトッパシリ行ってきました!!

白い雪の上でカッコイイワイドグースなショベルヘッド☆いつも磨き上げているオーナー様ですので、どんな時でもキレイな状態でキープされています。オーナー様自身で様々なカスタムもされていますのでお会いする度変身しているところも楽しいです♪

キャラバン号に載せて見てもヤッパリ低さがカッコイイStyleです。雪の多い長野県は遠藤自動車のある群馬県太田市と比べ全然違う気温にビックリします。冬眠のため春までお預かり致しまして、整備とカスタムを並行してまた次のONシーズンのための計画をお手伝いさせて頂きます。

お次は、オオガキの留守の間の御納車です!

先日の横浜ホットロッドカスタムショーに出展させて頂きました2000ccエンジンのワイドグース様が、本日神奈川県まで自走にてお帰りとなります。ショーに参加して頂いた後そのまま当店が引き取ってしまったので、当店まで引取りに来て下さいました。初めてオーナー様にお渡ししてからまだわずかの期間ですので、ご自宅までの200キロ弱の道のりも楽ではないかと思います。

車高の低いワイドグースは当店から公道に出るためにも擦りそうで危険です(^^;歩道のナナメが以外にも段差が高く警戒すべきポイント。。。そして、とっても風の強い本日に無事に帰れるかどうかがとっても不安な時間帯です。。。

ホボ高速走行だからこそ、強風のなか走ることが大変だと思います。。。暗くなってからご到着のお電話を頂きましたが、、、フラッフラで乗りずらかったと(^▽^;)でも、楽しんでくださっているご様子で嬉しいお電話でした♪♪

 

「グース」と呼ぶカスタムStyleが生まれ人気となったのは約15年前くらいだと思っています。当時は多くのカスタムバイク店が作ってブームとなっていましたが、当店もその一つのお店でした。それから次々に人気が増してご依頼は減らず増える一方のまま、今でも作り続けているStyleとなっています。今では他店様では見かけることが少なくなっていますが、当店では年々改良を加えながら新しい形に変化していっています。その進化系でもあるワイドタイヤを持ったグースStyleはダントツで遠藤自動車が発信しているカスタムであることは間違いないと思います。最近ではツインカムエンジンを搭載したり、パンヘッドエンジンを搭載したりなど、いつでも似たようで違う作品を作らせて頂いていますので、ご興味のある方は引き続きご覧頂ければうれしいです(^^)/

 

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/49897/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
近年の遠藤自動車を代表とするワイドタイヤのグースネックstyle★ from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > 近年の遠藤自動車を代表とするワイドタイヤのグースネックstyle★

    合計: 6093209
    本日: 2130

Return to page top