ショベルヘッドとツインカムエンジンについて。。。

こんばんわオオガキです☆

一昨日と昨日は連休を頂いておりました!ワタシは家族とディズニーランドに行ってきましたが強風豪雨の時間帯にちょうど良く入園してしまって運がよすぎる結果となりました(^^;あらかじめカッパは持っていたのですが何かに乗る度脱いだり着たりしなくてはならないのでやっぱり晴れがイイですね♪子どもが3歳になるチョイ前ですが、今まで怖いと言わなかった事が怖いと言うようになったりで、どうやら成長しているみたいです。ってことで、楽しい休日を過ごさせて頂きましたm(__)m

では、本日は最近急激に多くなったお問い合わせの車両についてご紹介いたします。

ショベルヘッドグースネックカスタム(リジットフレーム)

ツインカムグースネックカスタム(リジットフレーム)

上記の2台のグースネックstyleの違いについてザックリご紹介いたします。基本的には同じようなシルエットで完成していて、タイヤサイズとかカラーリングとかはちがいますが、今回はエンジンミッションなどの機関部についてお話します。

 

ショベルヘッドは、

・旧型エンジンならではのサウンドが現代には無い雰囲気。
・メンテナンス性が良く修理しやすい。部品も安い。
・外観サイズが小さくてコンパクト。
・高速走行ではゆっくりメがおすすめです。
・オイル漏れしやすい。
・故障しやすい。
・パワーはツインカムにくらべれば圧倒的に弱い。
・キャブレター周りの2次エア吸入しやすい。
・オーバーヒートしないようにしっかり心がける。
・暖機運転が多めに必要。
・メカノイズが多いので不安に思うことが多い?
・ショベルStyleの4速ミッションはギヤ操作にクセがあり慣れるまで違和感があるかも?
・キックスターターは安価。
・セルスターター付オープンベルトプライマリーをつける時は約25~35万円で高価。種類が少ない。
・バッテリーが少々弱くなっても走行に支障が出にくい。

 

ツインカムは、

・通常のオートバイと同じく不安が少なく乗れる。
・ハイパワー&ハイトルク感が味わえる。
・ショベルにくらべればオーバーヒートも気にならない。
・オイル漏れもしにくく故障も少ない。
・高速道路を不満なく走行できる。
・キャブレター周りのダメージが増えても悪い症状が現れにくい。
・エボstyleの5速ミッションは4速にくらべてクセが少ない。クラッチも軽く対策できる。
・セルスターター付オープンベルトプライマリーが基本。種類が豊富で選びやすい。
・キックスターターを取り付ける場合は約10~15万円と高額。
・キックスタートについては重くて体力勝負となります。
・足クラッチの手シフトに変更する際、難が多い。高額になりやすい。
・故障時は部品が高額なものが多く負担は大きい。
・バッテリー上がりは致命的です。

 

、、、という感じで、ザックリですが思いついたこと書いてみました。他にもたくさん違いがあるはずなのですが今すぐ思い出せないし文字では難しいので実際はお電話でご相談下さいまし( ^ω^ )

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/41521/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ショベルヘッドとツインカムエンジンについて。。。 from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > ショベルヘッドとツインカムエンジンについて。。。

    合計: 6094825
    本日: 1504

Return to page top