LA滞在記①

こんばんわオオガキです★

この度のアメリカ仕入れは通常とちょっと体制と目的が違うので、「LA滞在記」とご紹介させていただくことにしました。仕入れも兼ねてカスタムハーレーの組上、イベント参加など様々な様子がありましたので、滞在記と題してみました(^_^)

では早速タジマチャン到着1日目のブログといきます。社長と二人になったので仕入れ時の積み下ろしや移動も楽になったのではないかと予想しています(;^ω^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コロラドより買い付けましたチョッパーです。日本ではなかなかお目にかかれないカスタムスタイルではないでしょうか?アーミーカラーにホワイト、オイルタンクにはピンストが入っています。まさにアメリカンテイストで、好きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フロントフォークはインディアンリーフスプリンガーフォークが装着されております。その昔存在した形のフォークのレプリカ物ですね。ホイールはおそらく23インチの大径ホイールです。ブロックタイヤでオフロード感が満載です。アーミーカラーのイメージに共通点がございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結構太い幅のブロックタイヤですね★リヤブレーキは2個になっております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2インチオープンベルトにジョッキーシフト、チェーンテンショナー、サイドナンバー。そして、エンジンはショベルヘッドですが、クランクケースがデルクロン製のアルミ削り出しケースになっている模様です。砂型製作のクランクケースと違い、ケース自体の強度も高くレースの世界では一般的なモノと思います。最近、クランクケース割れトラブルが連続しているので、これを見るとなんとなく安心してしまいます(^_^;)ショベルヘッド時代はクランクケースの割れトラブルは少ないんですが、パンヘッド以前は珍しいトラブルではありません。その点は社外メーカーのクランクケースも捨てがたいと考えています♬♬あとはお好みですね!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてこちらもフルカスタム済みのチョッパーです。まさにイメージは60年スタイルですね!トランペットマフラーのスタートはこの辺です。オーナー様いわく、あの有名なデンバーズチョッパーが製作したバイクとのことです。60年代から始まった老舗チョッパー屋さんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パンヘッドモデルのプライマリーカバーが装着されています。これもまた、この時代を思わせるパーツです。ショベルへッドにつけているということが、オオガキ的には面白さを感じるところです。そして、エンジン左側についているポリススタイルのジョッキーシフトがお茶目です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

リヤは油圧式のドラムブレーキ。70年初めまではドラムブレーキが純正採用されていました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フロントもドラムブレーキです。この時代スプリンガーフォークばかりでなく、油圧式のFLグライドフォークを使うのも多かったみたいです。

ん~~~、はやく現車が見てみたいです(^_^)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてさらにナックルヘッド様をGETした模様です。2台も!!リビルト済みなので、外観はとっても綺麗です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナックルヘッドが高騰していますのですでに入手困難な状態です。あらゆるネットッワークを利用して探しております。

 

本日は、画像がこれしかなかったので、ここまでです★

ではまた次回ヽ(´▽`)/

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://endo.staba.jp/wp/news/25408/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
LA滞在記① from ENDO AUTO SERVICE

Home > BLOG | NEWS > LA滞在記①

    合計: 7836045
    本日: 2494

Return to page top