Home > Archives > 2020-02

2020-02

ロサンゼルスで走るアーリーなショベルヘッド★

こんばんは出張で長野県松本市に来ています!

先ほど、お客様のもとを離れ小休憩中です。長野県のお客様は多く度々お邪魔するきっかけがありますが、この時期に雪を心配せず来れた事にはびっくりです。

さて、ロサンゼルスで活躍してくれているショベルヘッド様より久々に連絡がありましたのでご紹介いたします♪

去年の6月にロサンゼルスに納車させて頂きました69年ショベルチョッパー様は、今でも元気に乗ってくださっているそうです↑↑

さすがのカリフォルニアもこの時期は寒く日本と似たような服装で過ごさなければなりません。バイカーの姿も少なくなる時期ですが、あいもかわらずスワップミートなどのイベントは開催され続けています。

オーナー様からのご連絡によると、スピードメーターは壊れてしまったのですが、それ以外の点においては簡単なメンテナンスの範囲内で済んでいて、楽しんでくださっているようです。以前にLINE電話を使って出先でのトラブルの対応をし解決できたこともありました。国が離れていても、現代では何とかなるように思える瞬間でした(^^)

これは日本で撮影のために使った関係ないナンバーですが、小さくてうらやましいですよね~♬車検はないのですが、税金は支払いをしなければならないので、そのステッカーがナンバーに貼り付けられます。

そして、今日送られてきた画像には、新しくGETした2021年のステッカーが付いていました。更新に必要な費用は158ドルだったそうです。しかもネットで手軽に更新ができて日本のような車検制度がなく所有することが楽そうです。日本でいう250ccまでのオートバイのようです。

 

修理ついでにプチカスタムを頂戴しましたが、、、オーナー様しか気づけない追加部品がこの画像に移っています↑↑

正解は、、、

この真鍮ボルトです。黒ホイールなので小さなボルトも良く目立ちます♬

真鍮のガソリンキャップにはエングレービングがほどこされていますが、時間もたっていい感じに鈍い色合いになってきました。これもまたカッコいいと思います♬

 

カスタムでお預かり中のエボソフテイル様は、クロームメッキが完成してハンドルを装着しているところです!

完全なワンオフ品となりますが、高さも幅もオーナー様とお打ち合わせして決めたポジションとして作らせて頂いています。スプリンガーのトップティに直接溶接したパイプは途中から曲げてアクセントを作ります。レバーなどのクランプをなるべく内側につけられるポイントにもなります。そのためハンドル幅も狭くできます。左はウィンカースイッチのみとして他のスイッチはすべて車体側へ移動させます。ちなみにスイッチはクロームメッキの物を使用します予定です。

 

同じくハンドルカスタム中でしたエボリジット様も黒塗装が終わりまして取付配線加工中です。ブラックとシルバー、さらにゴールドの3色コラボがバランスよくまとまっていると思います。シンプルなボバーによく似合うハンドルデザインです。

 

ではでは、今週はこれまで。

月曜日と火曜日が休みとなりますので、水曜日にまたお会いしましょう(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

彫金カスタム満載のショベルチョッパーが間もなく完成★

  • 2020-02-15 (土)
  • BLOG

ド迫力のエングレービングカスタムを更に追求したショベルヘッドが組みあがってきました♬画像では伝わらないかもしれませんが、パッと見でスゴイ雰囲気をかもち出しています。

メッキでピッカピカになったフェンダーは、バイクに取り付けると周りのブラックパーツのおかげで引き立っています!

店頭から旅立つ前にぜひ一度見てみてほしいです(^^)

ムーンアイズ製エマージェンシータンクは、彫ってくださいと言っているような部品です♬

 

まもなく仮組を終わろうとしているショベルヘッド様ですが、細かいところを先日お打ち合わせした内容で改良していきます。

アンダーソンのレプリカのステップにしました!ヴィンテージ感が好きな方には特にオススメパーツです。

ロッカークラッチは、ツマ先のペダルを2インチほど高く上げました。デザインはもともとの雰囲気をくずさないように。。。

シフトノブは納車までにゆっくりと悩んで決めていただけます(^^)

 

当店ならではのカスタムstyleと言えば「グースボバー」と言って頂けるようになって10年は経過したと持っていますが、日々進化をしています。今回もまた少し改良を加えサンプルとしてアメリカへ間もなく運びます。来週には社長が渡米しフレーム専門ショップに持ち込んで生産してもらう予定です。

オイルタンクも当店の指定する形で作ってもらいますが、既製品ではありそうでない形状でいつも作っています。容量は約2リットルで大きくはありませんが最低限は確保できるサイズとしています。

 

明日は日曜日でオオガキは長野県へ出張です!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ツインカムエンジン搭載でオールドスクールなフルカスタム★

  • 2020-02-14 (金)
  • BLOG

こんばんわオオガキです!

5月17日に開催される予定の「ジョインツカスタムバイクショー」の代表タカハシさんが今日遊びに来てくださいました(^^)毎年約1万人弱のご来場者さんでにぎわうイベントですが、広々とゆったりした空間が好きです。会場が広いためブースに立ち寄ってくださった方とのコミュニケーションも取りやすく、そこがジョインツのイイところです。日本の真中に位置する愛知県のポートメッセ名古屋で開催されますので、ぜひ群馬県の当店までお越し頂けない方もコノ会場でお話ししましょう☆

前後16インチの当店が得意なボバーstyleにチョッパーテイストを混ぜ合わせたボバーチョッパ~♬ご注文後カスタムをしてから納車させて頂くプランとなっています!エンジン以外の部品はすべて非純正でフレームからのフルカスタム車です。

ツインカムエンジンは今では型遅れかもしれませんが、まだまだ力強く健康体であることは間違いありません。旧車と違ったパワフルな走りと故障リスクの少ないエンジンはやっぱり魅力であります。現代のオートバイと一緒に走ることもできるカスタムハーレーです。

リヤフェンダーを短く仕様変更ですが、フェンダーを固定するだめのブレイスは取り付けせずシンプルに固定します。タイヤ剥き出し量が多ければ多いほどワイルドでカッコい~~☆

 

佐賀県よりオーダー頂いておりますT様projectは、ショベルヘッドエンジンを搭載してボバーstyleを完成させます!

スプリンガーフォークはネオファクトリー製のクロームメッキを選びました。当店では年間で30本以上スプリンガーフォークを使用していますが、クオリティは安心の商品です!

セルスターター付きの仕様としますので、オイルタンクやバッテリースペースの確保には要注意です。キックスタートオンリーの車体と比べて各部品のスキマが無く取り付けは何かとギリギリとなってしまうのです。まずはフレームを塗装するためにフレームに関する加工を先におこなっていきます。

ピーナッツタンクを取付ますが、全体のバランスを見てタンクの前後位置を決定します。これも好みがあると思いますが、当店では基本位置を決めているのでその基本に従ってマウントさせています。

 

↑↑こちらのフレームは塗装したてのチョッパー用フレームです!色名はキャラメルキスと名付けられていて艶消しのアーミーっぽい雰囲気の色です。

砂漠の砂のような雰囲気を感じます。チョッパーでこのようなツヤの無い色を使ったことはこれまでにありませんが、組み立てがとても楽しみです♬

そのかわりエンジンの周辺には金色の光沢を目立たせます!車体全体にもバランスよく金メッキを散りばめてツヤ有りとツヤ無しで遊びます。ちなみに金メッキはクロームメッキの3倍くらいのお値段で面積がでかくなると高価です。

フルオーダーのプロジェクトのため、何もかもがバラバラでリビルトされますが、エンジンも今現在はまだバラバラです。修理しながら再度組み立てていきフレームに搭載します。

ホイールも色替えしているため、一度組み込んだタイヤもはずして塗りなおします。仮組では想像もできなかったチョッパーが完成されそうな気がしています。。。(@_@)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

歴史の長い「ヤングマシン」にカスタムショベルが紹介されました!

  • 2020-02-13 (木)
  • BLOG

↑↑オーダーメイドにてご依頼を頂き、この春に完成予定のショベルチョッパー★先日、雑誌ウィズハーレーに掲載されましたが、この度WEBサイトにも掲載されましたので、ご紹介させて頂きます!真鍮部品のバランスがとても良く、現車を見てくださっているお客様たちの評価もとても高いチョッパーです。ブラックが基調となりシンプルな雰囲気と思いきや、ゴールドがあちこちで目立ちカッコいい仕上がりです。

https://young-machine.com/2020/02/11/70968/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ショベルヘッドのエンジン年式を調べよう♬

  • 2020-02-12 (水)
  • BLOG

こんばんわオオガキです!

この二月に入ってビックリするほど急激にお問い合わせが増えてきました。カスタムのご依頼も多いのですが、車両検討中のお客様が春までに、、、っと、こぞってご相談を頂きますが、まことに申し訳ないことに、ほとんどの場合春には間に合わせることができない状況です。車検が残っている車体なら間に合うかもしれませんが、仕様変更カスタムのご依頼があった時点で、間に合わなくなります。その辺も含めてご検討いただけましたら幸いです。

では、今日は当店が提示している年式についてのお話です(^^)

↑↑画像のエンジンは、刻印から判断して1973年式と判断できます。末尾にH3と刻印されていますが、そのHは7年という意味で、3はそのまま3年と読みます。よって73年式と判断しています。ちなみに1980年エンジンの場合は、J0と刻印されています。

↑↑画像のエンジンは、1983年式なのですが、どのようにしてわかるかというと、左から4個目のDが83年と判断できます。DCはモデルを判別し、Kは1340㏄ショベルヘッドとなります。81年式以降のエンジンは、左から4個目の文字で年式を判別できるようになっています。

一度、ご自身のエンジンを見てみて、調べてみるのも面白いと思いますよ~♬

少数ですが、上記二種類の刻印以外のケースもあります。それが知識不足によって純正ではないエンジンと呼ばれてしまっていることもありますが、ハーレーマニュアルブックでは紹介されていない刻印も存在する事実もあります。もし、お客様の個体が変わった番号であればぜひ一度ご相談ください!

なお、車検証上にはエンジン年式の記載は義務付けられていませんので、必ずしも車検証上の年式と思えるような数字とエンジン年式は一致していません。たとえば、1970年の車体に84年式のエンジンが搭載されていた場合は、日本の車検証上は70年式となってしまいます。その車体の年式というのは、アメリカでの登録書類上の数字が反映してしまうので、新品のフレームであってもその登録書類上の年式が日本では記載されることになります。日本とアメリカのルールの違いによって生まれる不一致でありますので、カスタムハーレーの場合は特にエンジン刻印だけを見て、当店では「〇〇年です」と申し上げています。

そもそもフレームから非純正であるカスタムハーレーの場合は、当時物がエンジンしかありませんので、エンジン刻印だけしか判断材料はないと言えます。また、アメリカ現地の登録書類って間違っている状態のまま訂正もなく現存しているんです。よくあるのが、数字の6がGになっていたり、数字の1がIになっていたり、、。こうなっていると輸入した後、結構めんどうなことになります。アメリカサイドでは書類が間違っているだけだから問題ないというでしょうが、日本人は柔軟ではないので車検を受けられません(+_+)

ちょっとした雑学でしたが、いかがでしょう。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

是非、ユーザー車検にもチャレンジしてみましょう♪

  • 2020-02-11 (火)
  • BLOG

オオガキは昨日、店休日のためMyCarのための車検に行ってきました!

一般的に車検を受けることに関しては、決して難しいことではないとと思っています。だいぶ昔のことですが、16歳でスティードを所有してから2年後の18歳の夏ごろ、初めてユーザー車検を体験してきました。事前に車検場に行って自分のバイクの写真を見せて「どこがダメで直してくればいいですか?」っと、聞きに行って指摘されたことだけ直して車検を受けたことが始まりでした。その当時、多くの雑誌でユーザー車検についての特集がされていましたので、それを見ながら気軽にできたと思ってます。ただ、問題なのは平日しか車検場は開いていません。

バイクで難しい検査と言えば、ライトの光軸合わせくらいでしょうか。でもそれは、車検場近くにあるテスター屋さんで調整してくれるので、専門の機械がなくても問題ありません。お店にもよりますが、ライト調整だけなら約1000円くらいだと思います。

オオガキはこの度36年フォードを丸二年乗ったので二回目の車検でした。まずは検査コースに入る前にテスター屋さんで一回りチェックしてもらいます。車の場合はチェック項目が多いので約5000円くらいです。

古くなっている車なら排気ガス検査の対策も必要になると思いますが、旧ハーレーの場合はどうでもいいお話で検査自体がありません。。。当店で扱う9割の車体が排気ガス検査該当なしです(^^;)

旧ハーレーには関係ありませんが、マフラーに検査器具をつっこんで数値をはかります。インジェクションの車体この場合、ここでNGが出るとちょっとめんどうなことになりますが、通常は問題なくOKが出るはずです。

ユーザー車検初体験の方は、どこの管轄でも見学コースというのがあると思います。そこで人様の動きを勉強して一連を見てみると少しは楽になると思います。コース内ではすべて指示が出るのでそれを見ながら進めるだけなので分からなくても大丈夫です!

カスタムバイクの場合は、ヘッドライトの検査は要注意です。光量が少ないとダメですし、ライトの角度が曲がっているとダメ、充電能力が弱くても問題になることがあります。見ず知らずの電球を使っている方は一般的な国産品に交換しておいた方がベターです。

自賠責保険の加入は車検場のどこかの事務所で加入できます。検査に使う印紙なども同じ場所で買えると思います。車検証と納税証明書さえ忘れずに行けば現地でなにかしら対応してくれますので、まずは行ってみてください。詳しく知りたい方はネットで調べれば今の時代ご丁寧に情報はたくさん得られます。書類の書き方から用意するものまで、節約されたい方はぜひチャレンジを!

 

ちなみに、マイカーの車検に発生した費用は、
・自賠責保険料23,970円
・重量税6,600円
・検査印紙1,800円
でしたので、32,370円が車検代金です。
※バイクだったらこの合計が2万円くらいで安いです。

維持費とすれば、
・自動車税年間8,000円(バイクはもう少し安いです。)
・任意保険料49,460円(任意保険はプラン内容によって値段は大きく変動します)
なので、車検代以外では57,460円です。

年間の車検代を含めた維持費合計は、89,830円となりました。
となると、毎月平均7500円を払ってこの車を所有していることになります。

バイクの場合は、オオガキMyCarに比べて全面的に安いので、維持費はそこまで気にならないことと思います。任意保険料は保険会社やプランによって違いが多いので、ネットで色々調べてみるといいです。安ければそれだけ保険内容が薄くなりますが、乗り方にあったプランを選んで加入されることをオススメします。任意保険無しでは万が一の事故の時、大変なのでなにかしらにご加入することが安心ですね(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ロングツーリングで役立つキャリヤ製作★

  • 2020-02-09 (日)
  • BLOG

こんばんわオオガキです!

今日は日曜日らしく、朝一番からお客様もいらして下さり一日中話しっぱなしの週末でした♬「こないだブログで見た〇〇なチョッパーを乗っていた風景、ウチのすぐ近くでしたよ!」なんて、納車記事を見てくださったお得意様より情報頂きました。小さなニーズのカスタムハーレーの世界で、共通の趣味のある方を最寄りで見つけるのには大変困難なことですが、偶然ってあるもんです。意外と気づいていないだけで実は近くに潜んでいるかもです。。。

カスタムを遂行中のフリスコなチョッパー様は本日キャリヤ製作中です!

長期にわたるツーリングのためにガッツリ積み込める用のキャリヤ&背もたれを!キャリヤの上にも載せて、背もたれの後ろにもくくりつけて。大量に荷造りが可能となります。

キャリヤ自体はあえて大きくはお作りしていませんが、当店では通常フレーム幅くらいのサイズでお作りしています。荷造りするものを考えてお好きな寸法で指定してください(^^)

 

カスタムにてお預かり中のショベルヘッド様ですが、タンク、シート、フェンダー、リヤホイール、など、大きな面積を大改造中です!

シートはヴィンテージシートのリアルなレプリカ品で、風合いもデザインもカッコよくできています。しかも手ごろな値段で購入できるオススメの一品です。

角棒を使ってのシーシーバー製作は、あえて先端を角ばっている状態でフィニッシュ。ナンバー&テールはシーシーバーに王道マウントさせました。

エイジングペイントでカッコよく仕上がっているピーナッツタンクはシートに近くなるようマウントさせています。

リヤ19インチホイールに変更しました。タイヤはファイヤーストーン製ANSでヴィンテージ感強めです。

 

メンテ&カスタム中のナックルグース様。前後19インチホイールという細身なボバー仕様が好きで作らせて頂いた作品です。

フットコントロールを改造中です。エンドウオリジナルステップを使ってシフトチェンジ周辺を製作中です。

クラッチケーブルを固定するためにエンジンマウントからブラケットを作ってケーブル用のネジ山を用意しました。

新しくなった19インチ用のエイボン製MKⅡは、パッと見ほとんど印象が違いません。でも以前モデルとは型番が変わり、何かが進化したようです。。。

19インチにこのタイヤをハメ込むとタイヤ直径は21インチタイヤよりも大きくなり車高もグッと上がります。低すぎて困ってしまっている方にはオススメしたいホイール&タイヤです。

同じ19インチでも様々なタイヤサイズがありますし、空気を入れてみないとタイヤ直径までは把握できません。見た目にも影響するタイヤなので、大切なカスタム要素の一つです!

 

ではでは、明日は休みなのですが個人的に車検場へ行ってきます(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ショベルヘッドエンジンの分解~♬

  • 2020-02-08 (土)
  • BLOG

久々にオオガキ、エンジン分解を連続しておこなっています!

ショベルヘッドって、おのおのボルトナットの形状やサイズが決まっているため、大きなバケツにすべての部品を一緒に入れてしまったとしても、元通りにもどすことはできます。仕事として普段から触っている方にとっては、当たり前なことかもしれませんが、それほどシンプルな構造だということでもあります。点検もせず、ただただ分解するだけなら1~2時間で十分ですが、通常は点検や修理の予定を立てながら分解するので時間はもっと必要です。

この度はクランクケースのみを部品取りにするために、容赦なくガンガン分解していきます!

まずはプッシュロッドからハズしますが、プッシュロッドはエンジンの回転に合わせて上下運動します。ロッドが下がっている時ににプッシュロッドを縮めてハズします。

次に、上半分から分解するのが一般的ですが、クランクケースの状態を早い段階で確認したいので、下から分解し始めます。腰上と呼ばれるのは黑いシリンダーからです。腰下と呼ばれるのはそのシリンダーより下を指します。

次に、プッシュロッドをコントロールしているリフターが収納されているタペットブロックを分解します。ここをハズすと腰下の一部がのぞけるようになります。

穴の中からギヤケースの内部を見たり触ったりして点検できます。ここまでの作業はそんなに大変ではありません。

カムカバーをとるとカムシャフトなどのギヤが見えるようになります。ギヤにはアイマークがあり間違って組み込むと調子悪くなってしまうので注意です。

オイルポンプは精密機器で小さな部品なので作業しにくいです。車体にエンジンが乗っている状態ですとより一層触りにくくなります。

腰上の分解を一部省略して、シリンダーにヘッドが付いた状態のまま一気にとっちゃいます!昔、出先でエンジン分解をせざるを得なかった時にはスピード重視だったので、同じようにして修理したことがありました。

クランクケースは圧入されているので専用工具があると便利です。

ココがエンジンの本体と言えるクランクケースです。このケースに年式などの文字が刻印されていたりと、重要な部品になります。アメリカでは多くのユーザーがハーレー社の物から社外メーカーへ交換することが強く評価されています。やはり年代物であるエンジン部品は新しく強くすることが本国ではニーズがあります。遠藤自動車では9割以上がハーレー社のエンジンを扱っています。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

彫金(エングレービング)満載のショベルヘッド★

  • 2020-02-07 (金)
  • BLOG

ここ二日間は、ようやく冬らしい寒さが訪れています!

しかしながらあと1か月もすると少しずつ暖かくなってきて、バイカーがウズキ始めるころです。冬眠明けのエンジン始動一発目は、大量のエンジンオイルが排出可能性があります。エボ一部モデルやショベル以前モデルは、車体下部に切りっぱなしのホースがありますが、そのホースから排出されるためトレイを引いておきましょう。長い間エンジンを始動していないと、エンジンオイルが上部から下部に落ちてきてしまい、その落ちてきたオイルがドビャ~とあふれ出します。この現象は異常ではありませんので、あまり気になさらず出てしまった分のオイルを足してあげましょう。

では、皆さんの大好きなショベルヘッドをご紹介いたします♪

左右対称のデザインとなった初めてのハーレーエンジンはショベルヘッドです!このことから日本人にとっては人気が高い理由かと思います。このエンジンにたっぷりと彫金をしてカッコよく変身しています。

SUキャブレターの純正エアクリーナーの一周彫り込んだ姿はインパクト絶大!予想以上のカッコよさに感動しました♬

スチールなので彫り込んだ後はクロームメッキでピカピカに仕上げます。アルミに彫り込んだ姿とはまた違ったイメージを持っています。

カムカバーは厚みがあるため深くしっかりと彫り込まれています。掘られていないところを磨き上げてへこんでいるところとのコントラストを楽しんでいただけます。

一番の見せどころであるヘッドには隅々まで彫り込んで全力で主張します!ショベルだからこそできる魅力のひとつです★

さらに金メッキされたボルトナットによってヘッド周りはゴージャスになりました。高級感があふれまくっている1台の完成です!

そして、初挑戦のスチール製のフェンダーに彫金し、クロームメッキで仕上げるカスタムも頂戴しました。

リブフェンダーの特徴でもあるエンド部はクロームメッキで陰影をつけてよりカッコよくなっています。

メッキ前の下地処理もキレイにおこなうことによってメッキはより一層キレイに仕上がります!

 

当店オリジナルの真鍮製ポイントカバーを作らせて頂きました。こちらは茨城県K様専用品です。

ご希望の文字を掘ることも可能です。なんでもご相談ください(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

本革のようなハイクオリティなウェストバック「FANNY PACK」<税込¥8,800->

バイカーアイテムとしては定番ともいえるダイヤステッチのウエストバック。もちろんショルダーバックとしても使用できる小ぶりなバックですが、このバックのイイところは何よりも革質です。本皮に見違えるほどのクオリティを持つシンセティックレザーと呼ばれる合皮が使われているところ。撥水防水性が高いので突然雨に降られても気になりません。さらにお値段は税込8800円とリーズナブルです。カスタムバイクに乗られるユーザーさんにとって必須な形態工具なども十分に収納できるサイズ感ですので、車体にバックをつけたくない方にもコレがオススメです。当店舗にて在庫販売しておりますので、手に取って感触を味わってみてください。

↑↑ブラック

↑↑グリーン

↑↑バーガンディー

↑↑ターコイズ

↑↑アイボリーホワイト

しっかりとしたYKKのファスナーは安心なポイント。

小柄な方から大柄の方まですべてをカバーできるよう、ベルト調整をしても使い勝手のイイようになっています。

 


詳しくはメーカーWEBサイトにて!!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2020-02

    合計: 7910234
    本日: 2591

Return to page top