Home > Archives > 2020-02

2020-02

ゴールドリーフにピンストライプ。カスタムペイントは様々☆

こんばんわオオガキです!

ここ最近いつも同じことを書いてしまいますが、今月はとにかく商談が多くビックリでした。一週間に約3台前後売約になるようなイメージとなっていて、この一ヵ月だけで10台以上売約いたしました。当店在庫も一気になくなっていくわけですが、人手が足りていないので納期についてはどのお客様も驚かれております。また、納期が遅いためにご注文を諦めているケースもここ数年間少なくありません。

そこで、改めてブログでご連絡いたしますが、今現在は当店にて車両購入して下さったお客様のみのご対応と限定させて頂いております。修理やカスタムなど部品販売も含めて、他店様でのご購入の方や個人売買でのご購入の方につきましては、恐れ入りますが当面の間はご依頼をお断りしております。ご理解にご協力お願い申し上げます。

※ヘルメットやグローブ、ゴーグルなど、アパレル関係品については、すべてのお客様に販売しておりますので、店頭にてごゆっくりご覧くださいませ<(_ _)>

 

では、本日の工場をご紹介です!

東京都Y様ショベル号のためのカスタムペイントが完成しましたのでココでUPさせて頂きます。基本はワインレッドでベースを塗り、差し色としてロゴをゴールドリーフで置き、アイボリーでピンストを入れる。シンプルながらも高級感も出て引き立ったロゴとなっています!

オイルタンクにもガソリンタンクに合わせて模様を描いていますが、同じくゴールドリーフも使いながらバランス良く描かれています♬この度はGクラシックの赤坂さんにお願いした作品となります!

細く作ったリブフェンダーにもリブのイメージを壊さないように模様を描きました♪リブがあるのとないのでは模様イメージは大きく変わりますが、やはりリブ付きならばその形状が崩れない方がベストと思います!

ゴールドリーフにはさまざまな種類がありますが、この色ムラのあるタイプがカッコいいと思います!もちろん、ケースバイケースですし好みの問題ですが、オオガキは好きです。

車体に取り付けるのが楽しみです(^^)

 

新潟県O様ショベル号はエンジンリビルトを終え、カスタムした部品の取付に進んでおります!

エンジンにつきましては、約70%OHプランのため腰上すべて+腰下の半分程度をコンディション関係なく無差別に部品交換して修理しています。残り約30%については状態をチェックして必要な部分のみの修理対応という内容です。

分解したついでに計測するボア&ストロークですが、1340㏄の0.020オーバーサイズというピストンを使って組みなおしています。

オイルポンプはS&S製の新品ポンプに交換済みです。ここはとても重要な部品ですので、エンジン分解をしたついでになるべく交換をオススメしています。

シリンダーヘッドはブラストにてキレイに直し、シリンダーも黒く塗り直しています。

ジョッキーシフトもこの度作らせて頂きましたが、丸棒でシンプルに全体曲線styleです。ノブは当店オリジナルのアルミ製。

ワイヤー式のフットクラッチシステムは作るのが大変なんです。既製品も存在はありますが、ポンつけでは調子が悪いことが多く、結局作り直してしまうことになります。5速ミッションで足クラッチを検討中の方には参考になると思います。

アメリカから輸入して未登録の車体なので、ミニドラムブレーキをひとまずつけて車検規制に対応させました。効き具合はあんまり期待してはいけませんが、車検が合格できるレベルにはなります(^^;)

 

東京都T様ナックル号は90%リビルトされ、あともう少しでエンジン始動ができる段階まできております。修理ついでにカスタムも並行して進んでいます。

マフラーは加工する必要があったので再メッキすることになりましたが、久々にピッカピカを見て逆に違和感があります(^^;)走り出せばすぐにでもメッキが焼けてしまうので、周りのテンションとすぐにでも合います。

最低限のハンドル幅とコヨーテタンクの細さはGoodコンビネーションです!

高性能でヴィンテージ感のあるモトガジェット製メーターですが、大きさも最低限なのでこれ以上に小さなメーターは今のところハーレーで使うものの中ではないと思っています。

 

ではでは、今日はこれにて終わりとします!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

ショベルヘッド不発のキックスタート??5分間踏み続けてようやく!

アメリカより輸入して整備もしていない状態ですが、とりあえずかけてみよ~かとキックしてみるも、なかなかかからない。。。久々にエンジンをかける時ってのは苦労することも多いと思いますが、コノ子は5分踏み続けて始動してくれました。キックの踏み方やスロットルとエンリッチナーの使い方など、少し参考になればと思って動画を載せました!

かからないときには、とにかく踏み続けるしかありません。ただ、ずっと同じ方法で踏み続けるのではなく、スロットルを回したり回さなかったり、チョークなどを使ったり使わなかったり、様々な方法をトライして一番良さそうなかけ方を見つけてください。長い間のり続けなければつかむことはできないと思いますので、半年や1年であきらめては勿体ありません。

キックスタートを楽しむなら努力と気力と根性が大切!

いや、何よりも大切なのは、体力かな~~(^^)
真冬こそ大汗かいて特訓しましょう!!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

冬季アメリカ買付出張①スワップミートInロングビーチ

つい先日、遠藤社長による年3~4回の買付出張がスタートしました♪

早速、定期的に開催されているスワップミートに足を運んだ様子が送られてきていますのでご紹介させて頂きます。この度の出張では買付もメインではありますが、社長が長きにわたってにわたってお付き合いしてきたPACIFICCOASTCYCLESのオーナーであるMIKEが亡くなってしまい、そのお悔やみに渡米していることでもあります。私にとってはマイクショップの今後の展開がとても気になるところです。。。

これはマイクが28歳の若きころの写真だそうです!私が見てきたマイクからすると、とても若く人違いかと思うほどですが、やっぱりカッコいいバイク乗りだったんだなぁっと、思います。写真からするとバイクはショベルのローライダーあたりでしょうか?

3月1日に、日本でいうお葬式的なイベントをおこなうとのことです。「カスタムカーやバイクで来てよ」っていう何ともアメリカらしい映画みたいな雰囲気を想像していますが、実際にはどのような感じになるのでしょうか。遠藤社長はこの日参加する予定なので、少しでも風景がわかればまた続きを書きたいと思います。それにしても、カッコいいポスターを作るもんですね♪

日曜日に開催されていたロングビーチでのスワップミートには、マイクの娘さん「アンナ」と以前のスタッフである「トニー」が、そのイベントの告知のためいつものスペースでいつものトラックで来ていました!マイクの若き頃の写真とともにココに座っていたそうです。このスワップミート会場はマイクショップから数分で到着できるホームみたいな場所ですから、マイクを知らない人なんて誰もいないはずです。

亡くなってしまったことは新聞でも紹介されていたようです。英語が読めないのが悔しいですが、なんて書いてあるのか?知りたいです。。。

マイクの死よりも先に息子さん「エリック」も亡くなっています。その画像がとても懐かしい姿です。このように新聞記事に大々的に載るなんてスゴイことなんではないでしょうか?

そして、ここはマイクショップ「パシフィックコーストサイクルス」。座っているのはオーナーとして引き次ぐことになった娘さんアンナです。どうやら店をたたまずに継続していくことになったとのことで、個人的にはとてもうれしく思います。当面の間、現場を手伝ってくれるのが右のトニーですが、若いころからチョッパー大好き野郎さんです。6月に研修旅行に行く予定ですが、その時にまたこの店に遊びに行けると思うと楽しみがまた増えました♬真中のオイチャンは当店のパートナーのサイモンなので、スタッフさんではないですよ~(^^;)

スワップミート会場に戻りますが、↑↑こちらのパンチョッパーGETしました♬大昔当時の部品も多くそろったままのディガーstyleとドラッグstyleがミックスしたような車体です。このこはヴィンテージが大好きな方にとっては貴重な存在でマニアさん向けチョッパーとも思います。あの頃は~~っと語るような希少カスタムバイクです。

そして、↑↑もう一台もパンヘッドのリジットチョッパーGETのようです!このまま乗るのも良しですが、カスタムベースとして選ぶのもイイ車体だと思います。マグネトー点火システムが付いているのはとてもマニア向けのエンジンです。

サイモンも毎度このスワップミートで買い付けてくれているので、長年き続けている有名人だと思います。少なくともオオガキの知っている16~7年、さらに15年以上付き合っているはずなので(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あいかわらず面白そうで、車体以外にも何かしらGETできたようでした!ハーレーに問わず新旧問わず様々なジャンルの部品が売られていますので、その点もイイところです。いくらネットが便利な時代でも現物を見て買いたい物はがほとんどです。日本でもこのような定期的なスワップミートがあると良いのですが、なかなか年に一回程度しか開催できない現実もあると思います。用が無くてもツーリング先として行くもの面白いですしね。もう少し小規模でサクッと開催できると当店でもできるような気はするんですが~~。なかなかバイクイベントに協力的な世の中ではないので、難しいんだとも思います。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

強風の中、二台のショベルヘッドが長い道のりを帰宅しました。

今日は朝一番でお客様がご来店下さり、そこから閉店までしゃべりっぱなしの一日となってくれました♬日曜日らしく楽しい一日を過ごせましたが、車両購入の検討中の方が一番驚くことは現在の納期です。。。完成している車体でも多くが4~6か月お待たせしてしまいます。車検が残っている車体は追加カスタムが無ければ早くお渡しできますので、ご参考に検討して頂けると幸いです。

まず、朝一番で店頭より自走にてお帰りになったショベルヘッド様をご紹介します!

ショベルヘッドで人気のローライダーを乗り続けて10年以上経過していますが、コレとはまた別の一台とのお付き合いから数えると15年以上のお付き合いとなります。いつも350キロ離れた静岡県まで自走でお帰りになります!ご連絡がないので、今日も無事に到着されている様子です。

ヤレヤレなショベルヘッドが好きな方ならぜひ見て頂きたいクオリティです!走り込んだ証拠があちこちに感じられる車体です。

この度は点火部品を一式新品交換して当面の安全に投資をさせて頂きました。イグニッションコイルをはじめプラグコードも新品です。

純正のフルトラ点火が少し不安に見えてきたので、これを機にダイナSにしてAPMの高性能ガバナを使ってセミアナログ点火に仕様変更です。

3.5ガロンの純正タンクは小さくて見た目は最高ですが、容量がすくないためアメリカでは大きなサイズに交換されることが一般的です。ピーナッツタンクなどに比べれば十分に多い容量ですから、そこから考えれば余裕の容量。。。その人それぞれの走り方によって求められるものは違うと思います。

 

もう一台の自走納車であったショベルさんは↑↑こちらのエングレービング満載のハーレー♬お帰りの際立ち会えなかったので撮影できなかったのですが、無事に帰られたのだと思っています(^^;)

ゴージャスなショーモデルのカスタムハーレーです♪またあらためてカスタムをご紹介したいと思っております。

 

ここでちょっと珍しいカスタムアイテムをご紹介します!

Sure Shift(シュアシフト)と呼ばれるモトガジェット製の部品ですが、、、今何速に入っているのか?わからなくて困るって方にオススメなものです。このパネルに表示されて確認ができるのですが、旧車にもつけられるものなので、ぜひ気になっている方はお試しください。35000円くらいの部品なので安くはないのですが、こんな優れものは他にはなかなかありません!

 

では、明日は祝日ですが月曜日のためお休みさせて頂きます<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ショベルヘッドと角型のライトはチョッパーテイストたっぷり♪

こんばんわオオガキです!

すっかり群馬県太田市は暖かくなってきており、バイカーもたくさん見かけるようになりました。久々に乗り出す際にはメンテナンスが大切ですが、まずはバッテリーの状態が一番心配です。弱くなっている状態のバッテリーで無理やり乗り出すと寿命は一気に短くなります。充電器でしっかり回復させてから乗り出すようにしましょう。旧いオートバイのトラブルでナンバー1のバッテリーですので、車体購入時に同時に用意することが一番オススメです。

では、今日のお題の角型ライトのカスタムからご紹介です。

カスタムにてお預かりしているショベルヘッド様ですが、プチカスタムを行っているところです!

テールライトを角型に変更し、シーシーバーにナンバーと一緒に移設しているところです。

昔からある王道のテールランプですが、チョッパーには何でも似合うと思います。ナンバー灯もしっかりとついているので車検対応なところもオススメです。

フロント部には70年代のシアーズ製フォグランプを装着しました。デットストック品なので未使用で新品同様です。この時代日本製造が多かったのですが、これもまたその一つです。

スプリンガーに近く遠からず。多少の角度調整はできますので地面をなんとか照らせます(^^;)角型ライトが加わることで一気にチョッパーな雰囲気が増してきます!

 

ミッドハイコントロールを製作中のショベルヘッド様の続きをお見せします!

マフラーをギリギリかわして当店オリジナルのローレットステップでお作りしていますが、いたってシンプルに平型のペダルを使用します。さらにブレーキですのでオイルの入っているマスターシリンダーに連結しなければなりません。

反対側も同等ポジションにセットしますが、こちらはシフトレバーもあります。ステップ位置の変更は様々な連動する機会が左右ともに存在するので意外と製作に時間がかかりお安くはありません。また車体が無ければほぼほぼ作ることができないです。

 

二階工場で長期にわたってリビルトしていたナックルヘッドエンジンが二機ショールームへ降りてきました!ここ数年間ナックルは仕入れることができていません。年々高価になり相場は上がる一方であります。そもそも個体が少ないので仕方ないことですが、世界で愛されているがゆえハドメが効かなそうな様子です。

今では販売車両を製作している余裕がない状況ですが、いずれまたナックルチョッパーを作って販売していきたいとは思っております。ただ、販売価格も500万くらいにはなりますので、そう簡単にご用意できる車体でもない現代です。

ナックルヘッドも年代によって構造が変化していて良し悪しが色々と言われていますが、修理をすればどうにでもなることなので気にしていては乗れません。旧車全般に言えることですが、故障はあって当然の年代をわざわざ乗ろうというのですから気持ちが大切です(*^-^*)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

角棒を不規則に曲げても良いデザインに♬

こんばんわオオガキです!

明日より3連休の会社もあると思いますが、24日月曜日は当店もお休みさせて頂きますので、ご来店の際はお間違いないようお気を付けください。また、ご注文を検討中のお客様につきましては、ご来店の当日もしくは前日に売約していないか?のお問い合わせを頂けますことをオススメいたします。この時期では毎日のように商談はありまして、ご来店の際には売約している可能性がございます。

では、工場のカスタムバイク達をご紹介いたします。

M様オーダーメイドprojectは今日はここまで進んでいます!車体全体のイメージができてきてバイクらしくなってきました。

ナロ杉なスポーツスタータンクをセットアップしまして、ナローなZバーでGoodコンビネーションです。

フルクロームのキレイなスプリンガーはチョッパーらしい選択肢で、アメリカンビルドなら王道です。当店ではボバーstyleがおおいためブラックスプリンガーで渋めにしていることが多いです。

オープンプライマリーは当店カスタムでは定番ですが、キックスタートオンリーの場合とスターター付きの場合とで、見た目は変化します。基本的にはベルト幅が1.5インチが一般的で2インチや3インチなどあります。

 

カスタムにてお預かり中のショベルヘッド様は、今日はハンドル製作中となっていました♬

幅約35㎝のナローなプルバックハンドルを作らせて頂いています。トップティに対しては直接溶接してワンオフです。

補強も兼ねているこの棒は角棒を不規則にネジってアクセントとしています。規則的なネジネジもカッコいいのですが、これはこれで手作り感が強くなってイイと思います!

ついでにタンクをさらに高くするためにスペーサーを用意してタンクの角度を変えました。タンク側に改造を加えると大変なので、簡単にできる範囲の一歩です。

 

↑↑ヴィンテージな消火器を改造してガソリン予備タンクに改造完了しました☆

綺麗な部分を作らせて頂いて改造しましていますが、本体と接着して今の形となっています。もちろん、ガソリンを給油する口があるのでネジ式でフタを開け使用することができます。

車体へどのように取り付けるかが問題。真鍮製ゆえに重い。。。しっかりと固定しなければなりませんが、フレーム側への溶接加工が今更できないためボルトオンでカッコよく固定したい!

 

 

昨日に続き、オーダーメイドの長野県S様ショベルprojectのエンジンOHの一部をご紹介です↑↑。82年式の純正ショベルエンジンをバラバラにしてリビルトしていきますが、新品交換部品を多く使って修理しながら進めていくプランです。

1340ccの排気量でもともとはスタンダードサイズのピストンが付いていました。これは新品で0.010in大きくなっているピストンを使ってくみなおします。それにはシリンダーをボーリングしてサイズアップします。モリブデンコートがされているTWINPOWER製をチョイスしています。

シリンダーの内壁を研磨して大きくしたピストンが入るようになり、最後にホーニングをしてエンジンオイルがなじみやすいようにクロスハッチ(X状の線傷)で仕上げます。

82年式はシリンダー外壁に穴があり、ここからタペットブロックへオイルが流れるように、ラインが追加されています。オーバーホールの過程でこの穴をつぶすこともありますが、この度どうするかはまだ考え中です。

これがもともとついていたピストンです。しかも純正のままのスタンダードサイズでした。要するに37年間一度も交換されていなかったわけです。これは久々にめずらしいモノに出会えました(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

久々に乗ろうとするとクラッチが切れない、、、

こんばんわオオガキです!

今年はホントに暖かい冬だと思います。もちろん大雪で悩まされている地域もあると思いますが、多くの地域でライダーが早くに乗り出しそうな陽気な年です。当店も2月の今月は例年よりも早くにご注文が重なっている状況です。

そこで、冬場2~3か月乗らなかくて久々に乗ろうと思ったら、1速に入れてガチャンっと鳴りながらエンスト、、、なんて症状が出ている方もいるかもしれません。その時はクラッチ板の固着が原因の可能性が高いです。ちょうど同じ症状が出ている車両があったのでその整備をオオガキが担当します。

売約しましたナックルヘッド様の車検取得のための整備をスタートしました↑↑。かつてオオガキが乗らせてもらっていたことがありましたので懐かしい思いもありながら復活させます。

チェーンを潤滑させるためでもあるこのオイル排出パイプから、長期間エンジンを始動させていないと、大量のエンジンオイルが流れ出てしまいます。それがクラッチ板に付着して張り付いてしまい固着してクラッチ動作に不具合が出ます。

ここがクラッチです。この中を分解しなければ掃除ができませんので分解していきます。この度は分解方法は省略しますが、、、

クラッチ部品を取り外すとオイルだらけです。パーツクリーナーを使ってガンガン清掃します。クラッチ板も同様にガンガン洗浄してあげてください。オイルっぽさが無くなったら元に戻してあげれば終わりです。難しい作業ではありませんので、ぜひともチャレンジを!!

 

続いては、オーダーメイドの長野県S様ショベルprojectを再スタートしましたので、少しづつご紹介です。

フレーム塗装のための仮組を終えて各部に溶接加工をし、つい先日塗装から戻ってきました。塗装はパウダーコートと呼ばれる粉体塗装の黒です。エンジンやミッションなどの整備も進行中で各所の修理はすでに完了していますので、後々組立工程と進みます。

バイクを組み立てるにはフォークを取り付けるためのネックベアリングをフレームに取り付けるのが先。通常のフレームはネックベアリングを収めるためのカップが交換できるようになっていますが、カスタムフレームの一部ではベアリングカップは交換できません。それでもベアリングは交換できるようになっているので問題はありません。

ネオファクトリー製のスプリンガーフォークは、これまでに見てきたスプリンガーの中でも安定したコンディションでオススメしています。他メーカー品も年々改良を加えられてきて精度はどんどん上がってきています。

フレームにネックストッパーを取り付けてフォークを差し込みます。ネックベアリングの締め付け具合はベアリングのガタが無くなる程度でフォークの左右回転が重くないレベルで。ベアリングのコンディションや周辺の具合も考えて感覚で締め付けます。

リヤタイヤはコッカー製ベックの5.00-16を採用。クラシカルなイメージを追求するためにはもってこいのカッコよさです!乗り心地も柔らかくリジットの振動をマシにしてくれます。

フロントも同じタイヤでセットアップです!前後ともにディスクブレーキを使って組み立てます。

当店の定番ともなっているAJP製キャリパーを使った8.5インチというサイズの小型ブレーキKITは、制動力は少ないのですが最低限のブレーキとしてご説明しています。スプリンガーフォーク自体が1948年で廃番したレプリカ品ですので、強度もその時代の求める程度しかありません。ということはフロントブレーキが現代のブレーキによってパワーアップしすぎるとフォークが損傷してしまいます。よって、ブレーキ力を求める方にはスプリンガーフォークそのものを別メーカーの商品に変更をオススメしています。

サイドスタンドを取付無ければ二輪は転倒してしまうので、早い段階で取り付けておきます。

そして、ローリングシャシーになりました。もともと仮組して部品も用意してありますので、ここまではサクサクっと進みます。

外装の塗装はまだですが、ピーナッツタンクのハイトンネルを使うプランです。

シートは当店オリジナルのくびれベースのバックアップの強いシートです。ダイヤステッチの本革品を受注生産にてご用意させて頂いております。

おしりがスッポリと収まるように反りを強く加速時にもストレスが無いようにと設計してます(^^)

 

今日はココまでです。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」に行ってきました☆

月曜日と火曜日はお休みを頂いていたのですが、
当店舗から一時間離れた「伊香保おもちゃと人形自動車博物館」というところへ行ってきました(^^)

これまでに行ったことが無かったのですが、行ってみたらビックリなクオリティの博物館でした。中に入るとギッシリと詰められたコレクションが展示されていて好きな方にとっては興味深い場所になると思いますので、ぜひ当店に来てくださったついでに寄って見て頂ければと思います!

施設名のとおり、自動車、おもちゃ、人形、と懐かしいと思える物がいっぱいです。おもちゃと人形についてはあんまりわからないのですが、自動車については主に国産旧車やモーリス車が多かったです。車のことが詳しくないオオガキなのでちゃんとご説明できなくて申し訳ないのですが、100台近く展示されていたと思いました。

では、画像だけドカ~~っと並べますのでご覧ください♪

「驚かせてこそ博物館」

まさにおっしゃるとおりだったと思いました♬一人で来ていたならばとても長い時間遊んでいられたはずです(^^;)バイクは多くはなかったですが名車ばかりで、雰囲気良く飾られていてガレージ作りの参考にもなるのではないでしょうか?入場料も1100円と安いのでとにかく行ってみてって感じです。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ロサンゼルスで走るアーリーなショベルヘッド★

こんばんは出張で長野県松本市に来ています!

先ほど、お客様のもとを離れ小休憩中です。長野県のお客様は多く度々お邪魔するきっかけがありますが、この時期に雪を心配せず来れた事にはびっくりです。

さて、ロサンゼルスで活躍してくれているショベルヘッド様より久々に連絡がありましたのでご紹介いたします♪

去年の6月にロサンゼルスに納車させて頂きました69年ショベルチョッパー様は、今でも元気に乗ってくださっているそうです↑↑

さすがのカリフォルニアもこの時期は寒く日本と似たような服装で過ごさなければなりません。バイカーの姿も少なくなる時期ですが、あいもかわらずスワップミートなどのイベントは開催され続けています。

オーナー様からのご連絡によると、スピードメーターは壊れてしまったのですが、それ以外の点においては簡単なメンテナンスの範囲内で済んでいて、楽しんでくださっているようです。以前にLINE電話を使って出先でのトラブルの対応をし解決できたこともありました。国が離れていても、現代では何とかなるように思える瞬間でした(^^)

これは日本で撮影のために使った関係ないナンバーですが、小さくてうらやましいですよね~♬車検はないのですが、税金は支払いをしなければならないので、そのステッカーがナンバーに貼り付けられます。

そして、今日送られてきた画像には、新しくGETした2021年のステッカーが付いていました。更新に必要な費用は158ドルだったそうです。しかもネットで手軽に更新ができて日本のような車検制度がなく所有することが楽そうです。日本でいう250ccまでのオートバイのようです。

 

修理ついでにプチカスタムを頂戴しましたが、、、オーナー様しか気づけない追加部品がこの画像に移っています↑↑

正解は、、、

この真鍮ボルトです。黒ホイールなので小さなボルトも良く目立ちます♬

真鍮のガソリンキャップにはエングレービングがほどこされていますが、時間もたっていい感じに鈍い色合いになってきました。これもまたカッコいいと思います♬

 

カスタムでお預かり中のエボソフテイル様は、クロームメッキが完成してハンドルを装着しているところです!

完全なワンオフ品となりますが、高さも幅もオーナー様とお打ち合わせして決めたポジションとして作らせて頂いています。スプリンガーのトップティに直接溶接したパイプは途中から曲げてアクセントを作ります。レバーなどのクランプをなるべく内側につけられるポイントにもなります。そのためハンドル幅も狭くできます。左はウィンカースイッチのみとして他のスイッチはすべて車体側へ移動させます。ちなみにスイッチはクロームメッキの物を使用します予定です。

 

同じくハンドルカスタム中でしたエボリジット様も黒塗装が終わりまして取付配線加工中です。ブラックとシルバー、さらにゴールドの3色コラボがバランスよくまとまっていると思います。シンプルなボバーによく似合うハンドルデザインです。

 

ではでは、今週はこれまで。

月曜日と火曜日が休みとなりますので、水曜日にまたお会いしましょう(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

彫金カスタム満載のショベルチョッパーが間もなく完成★

ド迫力のエングレービングカスタムを更に追求したショベルヘッドが組みあがってきました♬画像では伝わらないかもしれませんが、パッと見でスゴイ雰囲気をかもち出しています。

メッキでピッカピカになったフェンダーは、バイクに取り付けると周りのブラックパーツのおかげで引き立っています!

店頭から旅立つ前にぜひ一度見てみてほしいです(^^)

ムーンアイズ製エマージェンシータンクは、彫ってくださいと言っているような部品です♬

 

まもなく仮組を終わろうとしているショベルヘッド様ですが、細かいところを先日お打ち合わせした内容で改良していきます。

アンダーソンのレプリカのステップにしました!ヴィンテージ感が好きな方には特にオススメパーツです。

ロッカークラッチは、ツマ先のペダルを2インチほど高く上げました。デザインはもともとの雰囲気をくずさないように。。。

シフトノブは納車までにゆっくりと悩んで決めていただけます(^^)

 

当店ならではのカスタムstyleと言えば「グースボバー」と言って頂けるようになって10年は経過したと持っていますが、日々進化をしています。今回もまた少し改良を加えサンプルとしてアメリカへ間もなく運びます。来週には社長が渡米しフレーム専門ショップに持ち込んで生産してもらう予定です。

オイルタンクも当店の指定する形で作ってもらいますが、既製品ではありそうでない形状でいつも作っています。容量は約2リットルで大きくはありませんが最低限は確保できるサイズとしています。

 

明日は日曜日でオオガキは長野県へ出張です!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2020-02

    合計: 7211355
    本日: 831

Return to page top