Home > Archives > 2020-01

2020-01

リジットフレームカスタムばかりの当店なので、今日もリジットチョッパーのご紹介。

こんばんわオオガキです♪

ここ最近、急激にカスタムのご相談や車両購入のご相談が増えてきました!先週末については同じ車体に対して3人ものお客様が集中してお問い合わせがありましたのでビックリでした。偶然、検討中の車両がカブってしまうことはあると思いますが、なぜ今日に限って~っと思う日もあります。そんなことですので、ご来店の直前には一度検討中の車体が売約になっていないかどうか?をお問い合わせいただくことをオススメいたします。新車と違って中古車両は世界に一台だけですので、お見逃しの無いようご検討お願いいたします。

では、仮組が完成しつつあるショベルヘッド様をご紹介です。

約一年前からオーダーメイドにてご依頼を頂いております↑↑リジットスプリンガーprojectですが、現車確認をして頂くための準備が整いました。まだ仮物も多くありますが、まずはまたがって頂いてあれこれ想像していただくことが第一です。

タンクにはエンブレムをつける?って予定ですので、何となくイメージで張り付けています。これがないのとあるのではイメージのしやすさに違いは大きくあると思っています。

マフラーはアップスイープの短めで。。。シンプルな雰囲気を残します。

スプリンガーフォークのバネはパーカー処理をされたブラック仕様です。これはヤレを楽しみたい方にオススメのバネです。

今は亡きSUキャブ。。。当店は中古でも買いあさっています(^^;)でも中古の場合はバイクを走らせるところまで進めないとコンディションがイイかどうかはわからないんです。。。

フラットフェンダーにアーリーテールランプをセンターに固定。最近サイドナンバーばかりで久々のカスタムです。でも、これが本来の姿なのでサイドよりもセンターが好きな方は多いと思います。

スピードメーターは当店オススメのモトガジェット製スピードスター。真鍮ではないversionもカッコいいですよね♪

ロッカークラッチはパンヘッド時代までの純正フットクラッチです!当時のハーレーは足クラッチと手クラッチの両方が存在しました。

 

↑↑同じくオーダーメイドprojectのアーリーショベル様。ボバーstyleを目指してカスタム進行中です!

フランダースのレプリカハンドルをセットしてみましたが、純正タンクとこのコンビはバッチリ似合います。

スプリンガーフォークの基本形はドッグボーンライザーを使います。ハンドルの作り方次第ですが、ライザーを使わないで、スッキリ作ることももちろん可能です。この辺はお好みで選ぶところです。。。

リヤフェンダーのデザインと長さを模索中~~。

この度のプライマリーはチェーン駆動です。オープンではなくスチールプライマリーカバーを使ってカバーをします。

チェーンはサンダンス製のハイグレード品を仕込みます!これでオイルレスOK。耐久性UP。文句はありません。

シートはサドルtypeですが、当時のボバーらしくシートポストを利用して作ろうかと検討中。。。

 

こちらは当店オリジナルのグースネックstyleのフレームですが、ただいまアメリカのパートナーに仕様変更の依頼をするため、試作品を作っています。基本形は変わりませんが、年々変化しているんです。

あいも変わらずつらぬいていますのは、エンジン前のシングルパイプダウンチューブ。見た目のスッキリ感とワンオフ感が強くなるポイントと思っています。

「グースネック」と呼ばれるのはガチョウ=グースというところから。日本語読みでいうと「ガチョウの首」と言っているようなものです。本来はカスタムstyle全体の意味を指しているのではなく、この部分のフレーム形状のことを指しています。ただ、日本ではグースという言葉が長年浸透していて、低くて長いカスタムstyle全体のことをグースstyleと呼ばれています。

ロングフォークのチョッパーがお好きですか~?コンパクトなボバーっぽいのがお好きですか~?低くて長いグースがお好きですか~?ってこんな感じです(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ブレーキディスクローターもカスタムパーツのひとつ♪

こんばんわオオガキです!

今日は「ウィズハーレー」による取材のため、午後はにぎわっていました♬画像では紹介できませんが、モデルの朱香さんと国友愛佳さんも来てくださっていて、動画や紙面のための撮影が行われていました。さらには、ちょうどご来店頂いていたお客様にもご協力頂いて、とても自然な当店の日常を撮って頂くことができました。公開されるのはまだまだ先のことだと思いますが、完成が待ち遠しいです。

さて、二階工場をのぞいてみます☆

↑↑こちらのワイドタイヤなショベルグースは、カスタムのため入庫中です。大きくはシルエットを変えませんが、さらなる進化をとげるための細かなグレードアップを目指します!

意外と気になさらないポイントとなってしまっていますが、ブレーキディスクローターも様々な種類が売っていてカスタムの一種なんです。ブレーキ性能を上げることも目的ですが、見た目の変化も楽しめます。

サンダンス製のフローティングディスクですが、色を3種から選ぶことができるセミオーダーのような商品です。一枚43,800円+税ですので、前後ともに交換すれば約10万円となります。安いとは言えないかもしれませんが、それだけの効果を得られるわけですので納得のお値段とオススメしています。

ローターのピンはサンダンスブランドの印字があり、このピンの色も選ぶことができます。今回のローターは3種色すべてを混合している仕様としてみました。

後輪も同じ仕様になりまして、前後ともゴールドが混ざり、レーシーなイメージが強く高級感も増えました!

 

新潟県よりお預かりしているショベルチョッパー様は、カスタム進行中でございます。今現在はハンドル&ガスタンクのカスタムです。

ハンドルはこれからチョップしますが、まずはライザーが入荷したのでソレを取り付けてから様子見ます。オーナー様のご来店を待ってハンドルについての細かな相談をしたいところ。。。

ライザーはカスタムテックの真鍮製プルバックライザーです。あえてポリッシュされていない製品を購入して車体全体のヤレに似合うように加工していきます。

ガスタンクはもともとのタンクを改造してロートンネル仕様に変身させています。強めにUPさせることがこの度の目的です。

ハイトンネルだった部分を埋めてガス容量も増えてくれます。見た目だけでなく機能UPにもつながるカスタムとなります。

タンク角度が変わることでキャップ位置も上部に移設しないと満タンにしにくいままです。一度切り取ってサイド移設溶接してこのようになります。これで8リットルくらい入りそうな気がします。。。

さらにタンク自体をなるべくシートに近づけるためにブラケット改造。

通常の位置よりも約10㎝は後方へ移動できたので、結構見た目の違いが感じられると思います。。。

 

↑↑こちらはヴィンテージ消火器ですが、これを携帯ガスタンクとして改造をしているところです。消火器だった構造をこわしてただのタンクとして作り直します。

このキレイな色になっているところを機械加工屋さんに部品製作してもらって続きは当店で仕上げます。まずは給油するときにノズルが入るキャップが必要です。そのキャップ穴をノズルが入るギリギリのサイズで作っています。

消火器の時はこの構造ではありません。ここが外れるようにはなっていませんので、そもそもの構造改革をほどこしています。完成まではあと少しですが、すでにカッコよすぎる携帯タンクの完成が想像できています!

 

では最後に、、、ウィズハーレーに以前紹介して下さった動画を改めてココに貼り付けます。今日教えていただいたのですが、なんとウィズハーレーチャンネル内では断トツの再生回数だということを教えてくださって、久々に見てみました。純粋にうれしいことです。。。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

カスタムフロントさんにて「ショベルワイドグース」を紹介して下さいました♪

https://customfront.jp/custombike/custom330/

是非↑↑こちらの記事ご覧ください!!
動画も作ってくださっていますので、走行している雰囲気を味わってください♪

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

★カスタムハーレー:89年エボ:ソフテイルスプリンガー★カスタムマイズド茨城県H様

 

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆ココをポチっと! 
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!

 

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
お手数おかけしますが最後にポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

4件のお客様に会いに!愛知県までの納車旅♬

こんばんわオオガキです!

週末の日曜日はココのところ毎週納車旅が続いていますが、今日は4件のお客様宅へ伺ってきました♬群馬から一番遠い地域は愛知県のお客様宅でしたが、東名高速でも御殿場周辺は朝6時前後で結構な量が降っていました。暖冬といわれていますが、今日は冬らしさを体感できて観光気分も多めです(^^)

本日の第一号目のカスタムハーレーは↑↑こちらの330ワイドタイヤのスペシャルチョッパーです!ホットロッドショーにも展示させて頂いた作品ですが、この度は車検とプチカスタムをほどこしました。

朝一番の9:30に愛知県のお客様宅へ到着!今日はキャラバン&トレーラーで配達していますので、ご自宅から少し移動したところで下して、ガレージまで♪

カリフォルニアstyleのお家にチョッパーが似合いすぎています(*^-^*)それにしてもインパクトが強烈ですね~~。

↑↑こちらのショベルチョッパーも以前作らせて頂きました。奥様用としてご用意して下さった作品です。フレームからカスタムペイントで隅々まで柄を入れてこだわっています。

さらにはエンジンミッションにもエングレービングをほこどしています!どこを見ても激しい~~♪

遠藤自動車でもありえない設備、バイクリフトを埋め込んだガレージ!まさにプロ以上。。。

すべては紹介しませんが、車も好きな方なのでビックリなお宅訪問でした(^^;)

 

続いては↑↑こちらのショベルチョッパー様に会いにまいります!約2年ぶりにお会いしまして、この度は乗り換えのため引き上げさせて頂きました。約3年前に納車させて頂きましてから、雨にぬれず大切に維持されていた車体ですので、とってもキレイな外観のままでした。ツーリングでも故障が少なくオーナー様はほとんど苦労なく乗ってこれたとのことでした。

カスタムペイントも特徴ですが、ゴールドをベースにキャンディブラウンで柄を作りブロンズリーフでイラストを追加、、、とっても手の込んだペイントです!後ほどforsaleでご紹介しますが、気になった方は早速ご相談ください。

 

続いては、約3年ぶりに訪れたこちらのガレージに。。。また来れたんだな~っと思い出に浸る瞬間です!

ワインレッドが美しい↑↑ショベルヘッド様です!ホイールまでワインレッドなのでホットロッドな雰囲気がオオガキの好きなところ♪

マフラーなんてショートながらもハイセンス!フィッシュテールをカッコよく使ったデザインは最高です♪最近少なくなってきたフィッシュテールですが、オオガキは大好きです。

トレーラーに二台乗せるのは余裕な空間があります!三台まで載せられるのでキャラバンに二台乗せると計5台運べます。

 

最後に↑↑エボソフテイルちゃんにも会いに来ました!どんどんエボ人気も上がってきて需要が増えていると感じています。値段も少しづつ上がっていますし、特にスプリンガーカスタムは高価です。

ハンドルがかなり攻めているデザインですね!手首がイカれてしまうかと思うチョッパーらしい仕様がイイ。

 

朝4時から走り始めて、帰宅は夜10時。今日も壊れずに走ってくれて良かったです。現代の車って壊れないからすごいですよね。。。当たり前なくらいの話かと思いますが、、、。でも、トレーラー引っ張っていると、燃費がすごく悪くなります。多分1ℓあたり5~7kmくらいしか走ってないと思います。それだけがネックです(^_^;)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

たくさんの思い出をありがとうPacific Coast Cycles★「In Loving Memory of Mike」第二弾

昨日の続きになりますが、パシフィックコーストサイクルのマイクとの思い出話を書きます(^^)

パソコンの中を探していると結構アメリカでの画像が残っているもんです♪その中でもマイクは会うたび撮っていたので色々見つかります!そのなかでも抜粋してUPしたいと思います。

常に元気でユニークな存在で笑いが絶えない人でした♬とにかくハーレーが良く似合う~。まさにレジェンド!!

遠藤社長はマイクと約30年の付き合いだそうです!遠藤自動車がスタートしたのは約45年前からですので、半分以上マイクの存在があったわけです。そのパートナーがなくなってしまうことはとても悔しいことです。。。(>_<)

マイクから譲ってもらった車体は数知れません。。.↑↑こちらのツインカムエンジンを搭載しているリジットカスタムもマイクから買ったもの。現在の当店で作るツインカムリジットカスタムの原点ともいえる1台です。

彼が乗るサービスカーはいつもカッコい~♬何度か乗り換えている様子を見てきましたが、どれも譲ってほしいと思ってます(^^;)それにしても後ろに止まっている車はパトカーです。日ごろからポリスが店に遊びに来てました。ポリスがエンジンとか持って来る様子を見るとびっくりしますが。。。

左にいるスタッフは「トニー」。チョッパーが大好きな男!!マイクショップではいろんな人が登場します♪

今では当店内に展示しています↑↑こちらのサイドバルブエンジンのチョッパーを製作した張本人です!ハイセンスでこだわりの強いオオガキ好みな作品です♪

これがマイクとの合言葉のような恒例ポーズ★遠藤自動車はいつも買う側ですので支払う側、その度現金をもってこの決めポーズとなります!これは2008年からず~っと続いてきた笑える映像。。。

↑↑こちらのフォードもマイクから購入したスペシャルな1台。内外装すべてが仕上げられているので、どこも手を尽くす箇所がありません。とってもアメリカンなカスタムカーですよね!

私達が作ったショベルグースは、しばらくの間パシフィックコーストサイクルに保管していました。その間マイクは様々なイベントに展示していたのです。カスタムショーでもアワードを頂けたり、雑誌社の取材を受けていたりと知らないところで活躍してくれていたみたいです。

LAカレンダーショーでの受賞の際には、約30万円分のギフトカードのような物を頂けたのですが、、、使うには条件が色々あって、なんだかうれしいようなそうでもないような~っと笑い話あり。。。

シグナルヒルの綺麗なところでの撮影の一コマ。

この時撮影された写真が載っている雑誌て何なんだろう~~?のまま。。。見てみたかったな~っと(^^;

毎度ロングビーチのスワップミートには出店しているマイクですが、社長も買い付けで良く行っているので、この姿はたくさんPCに保存されていました♬

マイクの息子ちゃん達。右のエリックは残念ながらすでに亡くなってしまっています。マイクによく似てユニークで笑いの絶えないキャラでした。マイク一家には「DOMO~!」っとあいさつするのが基本でお約束のセリフで楽しかったです。

そのエリックのための寄せ書きは倉庫の壁に大きく張り付けられていました。一個くらい日本語で書いておけば良かったかな~っと今更後悔。。。

マイクと娘ちゃんのアンナ。スワップミートでたまに見かけられる光景でした!さすがマイクの子供って感じで、明るくてやっぱりユニークな女性です☆アンナはこれからどうするんだろう。。。

とりあえずカメラを向ければすかさずポージング(^^)左奥に見えるペプシコーラマシンは、お金を入れると吸収されるだけの罠です。。。(笑)今は直してあるのかもしれませんが~。

よく考えたら、あんまり整備している姿って多くは見なかったな~っと。。。なにかと動き回って忙しい様子は毎日のことでした。

いつも電話に追われていた様子の方が強く残っています!

SUキャブレター不足の時期に、マイクからいっぱい売ってもらいました。マイクのネットワークはすごいんですよ~。とりあえず相談しておけば何とかなります!


そして、最後に会った2019年の6月の出来事を振り返ります♪これが最後になってしまったのは、本当に残念ですが。。。

バックヤードに入るためにはこのゲートを開放して入ります!朝、マイクよりも先に出勤しているときは、ココの前に座って待ちぼうけ。その時にお客様が来ちゃうと片言英語でめちゃくちゃな会話がスタート(^_^;)

在庫車がとっても多かったです!歩くスペースも少ない状況で、マイク一人でコントロールするのは大変だったと思います。それでもマイクショップはロサンゼルスで一番の販売店だと思ってます♪

このフレームをのせている台は、とても組み立てしやすい高さですべての部品がついてもヒックリかえらない優れモノなんです。日本人にはちょっと高いかもしれませんが、仕事しやすかったです!

屋根の上に保管しちゃうというワイルドなスタイルも好きです!サビにくいこの地域なら中古部品ならこれもありですね。うらやましい限りで。。。

エンジンリビルトコーナーには相変わらずエンジンが数台乗っていました!こんなガレージが自宅にあったらすごいですよね。

天井には遠藤自動車オリジナルのコヨーテタンクがありました!その昔、マイクに何個かプレゼントした最後の一個でどこにも売らないと言ってました。まれにアメリカのチョッパーでコヨーテタンクがついているのを見ますが、10個もこの国にはないはずなのでとてもびっくりします。

アメリカのバイクショップで古いモデルのショベルやパンなどを中心に扱うところはほとんどありません。旧車は主にプライベートビルダーが頑張って仕上げています。プロが数多く扱うとすれば数えられる程度しかありません。

壁一面に敷き詰めている部品たちはすべて売り物。これなら見やすくて最高です。カッコもいいしマネしたいですね。

アメリカのナンバーってなんていうか良い飾りになりますよね。日本みたいに必ず返納しなければならないわけではないので、こうできるんだと思います。

オリジナルコンディションのパンヘッドはFORSALEでした。Goodプライスで個人的に欲しかった代物。日本へ来たら600万くらいにはなりそうですね~。

2008年に数か月間滞在していた時の思い出の写真が事務所に貼ってありました♬もう一度ココに来たくなります!

この大きなトラックにさらにトレーラーを繋げるってところがアメリカです(^^♪ これならたくさんの部品とバイクを積み込めます。

スワップミートでは常連のマイクですから、こんなトレーラーがお似合いです!どんな会場でも、これならすぐに店が見つけられます。

これは売り物だったんだろうか~?それともマイクの??たぶん艶消黒のボディにホットロッドっぽくピンスト入れたりするのが好きだったんだと思います。同じ仕様の車をいつも乗っていた思います。オオガキはこの雰囲気が好きです!

これがマイクとの最後の記念写真となりました!みんなでこのポーズを決めるのは初でした。マイクにとってこれが少しでも良い思い出になってくれたでしょうか?今となっては聞くこともできませんが、そのように願いたいです。。。

とにかく楽しいことばかりだったPACIFCCOASTCYCLES☆そしてMike★

 

ありがとうございました<(_ _)>

 

どうか安らかに。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

たくさんの思い出をありがとうPacific Coast Cycles★「In Loving Memory of Mike」第一弾

ほんとうに残念なことなのですが、、、

遠藤社長が長年付き合ってきたロサンゼルス最強のハーレーショップである、パシフィックコーストサイクルのオーナー「マイク」が、2020年1月21日の朝この世を去ってしまいました。。。突然の出来事で今でも信じたくない気持ちでいっぱいですが、ここ数日ポッカリと穴が開いたような気分です。

マイクの娘さんがここ数年はマイクと一緒に仕事をしていて、インスタなどのWEB上に最新情報を日々UPしていました。そこで、先日突然ダイレクトメッセージが送られてきて、亡くなってしまった事実を知りました。

なので今日は、マイクとの思い出を語るための、追悼ブログとします。

はじめに、マイクの娘さんが発信しているコメントからご紹介します。


Life is a wild, unpredictable ride. As some of you may know, my dad had a major stroke on Saturday that he was unable to pull out of. Early this morning, he went peacefully. No more pain, no more hospitals, no more bullshit. He is my everything and an incredible man, and will be missed by so so many. He never wanted his death to be sad, and he’s told me this many times. I cannot wait to hear all the crazy stories everyone has about him. Drop some memories below 🖤 I will be doing my best to keep everyone updated on all that is to come, it is overwhelming to think about how many people he knows, so please be patient with me. ‘Catch you on the next lap’


上記のコメントをグーグル先生の自動翻訳で訳しますと↓↓、、、何となく意味が理解できそうな気がします。。。英語が得意な方がいらっしゃいましたら、ぜひ素敵な日本語訳を教えてください<(_ _)>

「人生は予想外のワイルドな乗り物です。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私の父は土曜日に大きな脳卒中を起こしましたが、彼は引き出せませんでした。今朝早く、彼は平和に行きました。これ以上の痛み、これ以上の病院、これ以上でたらめはありません。彼は私のすべてであり、信じられないほどの男であり、非常に多くの人に見逃されます。彼は自分の死を悲しむことを望みませんでした。私は誰もが彼について持っているすべてのクレイジーな話を聞くのを待つことができません。以下にいくつかの思い出を残してくださいeveryone来るべきすべてのことについて全員に最新情報を提供するために最善を尽くします。彼が知っている人の数を考えるのは圧倒的です。 「次のラップでキャッチ」」


わたくしオオガキがマイクに初めて出会ったのは、17年前の2003年、まだ18歳で初めての海外渡航で何事も緊張していた時です。遠藤社長に連れて行ってもらった初めてのアメリカ本国のハーレーショップで、日本のバイクショップと全く違うイメージを持つカッコよすぎるバイク屋だと思ったことは間違いありません。一見、怖そうな人間が店の中にいて危険な雰囲気を感じましたが、社長と話している姿がとても笑顔満点でおもしろいファンキーなオっちゃんとなりました。

毎年恒例のマイクショップツアーは研修旅行で必ずあり、新入社員にとっては大切な勉強会となっていたのです。そこで、異例の業務ではありましたが、2008年~2009年において数か月マイクと一緒に働くことになったのが、私にとってはマイクとの一番の思い出になっています。

ココがPACIFICCOASTCYCLESフロント部!ヴィンテージなアメ車の販売もやっているんです。

ゲートをくぐるとこのようにバックヤードに続く道となります。すでにココにもバイクが並び青空駐車されています。この時点で悪そうでカッコいいと思ってます。

バイクだらけ。。。新旧問わずの在庫ですが、古いモデルがメインとなっています。

屋根の無いところにバイクリフトがあるって日本ではなかなか見られないワイルドな光景です。これもまた雨の少ないカリフォルニアだからこそできるstyleなんだと思いますが、良い陽気のなかバイクいじりができてホントいい経験させてもらいました(^^)

左のショベルは、そのころメキシカンのお客様が購入されて納車前のお待たせ状態。右のショベルは、私たちが組み上げていたボバーカスタム。現地で仕入れて現地で組み立て整備する。。。当然ながら困ることのないスピードで組むことができました。

そのオーナー様との映像が残っていました。マイクがキックしている姿はめったに見れないので、こうしてみても新鮮です。

ガレージの中にもたくさんバイクリフトがあり、組み上げ用の台もたくさんあります。常にマイクは何かしら組み上げていたんです。

エンジン陳列がまたカッコいいでしょう♬テーブルの高さが日本よりも高いのでイイ目線でこの映像が見られるんです。

なんだろう。。。この姿がすでにカッコいいですよね!アメリカ人に対するあこがれですかね~♬当店のツインカムリジットカスタムのスタートは、パシフィックコーストサイクルで見たこの時の絵が発端となっています。マイクはツインカムエンジンが誕生して間もなく、リジットフレームに載せたカスタムを作っていました。

時々、こんなお遊びもあり♬日本人が好むテイストはちょっとアメリカ人とは違うので、批判も多かったですが、好きな人は好きでマネしたいと言ってくださるお客様もいました。このようなちょっとした時間もハーレーのおかげで共通の趣味となり片言の英語で楽しめました。

仕入れてきたチョッパー達は一時的にマイクショップに保管してもらったり、マイクが乗って遊んだりと、、、。こんな大きなサイズもチョッパーの場合は、マイクが乗ると似合う!

よくわかんないんですが、いろんな人が遊びに来てました(^^;)毎日のように。。。遊びに来てるんかな~って、仕事してないの~って思ってました。

アンソニーがまだロサンゼルスで仕事をしてくれていた時、グース用のフレームを作ってもらってコノ滞在期間でもグースカスタムを製作していました。この状態がその第一歩目でした。エンジンとミッションとオイルタンク、の最低限の姿。

グースが完成すると、マイクが「乗ってみる」となって突然スタートしました。この時はまだ私も乗っていなかったので色々心配でしたが、ノープロブレムと言ってササ~っと走り出します。

とにかく楽勝に運転して帰ってきた姿には驚きました!まあレジェンド的存在のマイクですから当たり前かと思うのですが、グースはハンドルが重いため少しくらいはフラつくかと思っていましたが、そんな気配すらない。いきなりスっ飛ばしてビュンビュン走る★

そして、マイクに看板を借りてパシフィックコーストサイクルとして展示したカスタムショーでは、偶然2位を頂戴できてそれもまた記念になりました。

スワップミートに出かけるための専用トラックもカッコいいですよね♬マイクがグースを飾ってくれました!結構評判も良く会場内で少し乗って見せたりなど宣伝効果は大きかったと思います。本気の商談もいただけたのですが、販売はしなかったんです。これもまたいい体験!

マイクにとっても私たちにとってもスワップミートは売りにも来ますが買いにも来ています。今後好かうための部品をここでも調達して、さらにオーダー品の場合はこの会場で納品していただく約束もできるし、なにかと定期的に開催されるこのイベントは大切なんです!

この数か月の滞在の最終日、あいさつに来た最後の記念写真♬
まさかこの時、もう会えなくなるなんて思いもしませんでした。。。

懐かしい思い出ばかりです。

 

追悼ブログはまた明日も続けます!
今日は第一弾として2010年までの記事となりました(^^)

 

マイク、あの世でもチョッパーライフをおくってくれ~~★

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

リーフスプリンガーのカスタムバイクは珍しい~~★

こんばんわオオガキです!

あっという間に1月も後半となってきましたが、真冬のこの時期にも関わらずご購入検討中の方が多い気がしています。そして、暖かい日が続いているせいか店頭前の道はバイカーの姿が例年より多くみられます。雪の多い地域の方々からも日中なら乗れる~っと聞く機会も多いので、なんとなく今年はバイカーが増えそうな気がしています。。。

さて、群馬県太田市では雪は少ないので、冬でもご来店くださるライダーさんがいます♪

リーフスプリンガーフォークを使ってリジットフレームにインベーダーホイールをセットして完成されたボバーチョッパーです!納車になってまだ日は浅いですが、すでに1000キロ走行しており、オイル交換などのメンテナンスを繰り返しています。

今日もリヤチェーン調整のため起こし下さいました!リジットフレームでは激しい振動のため摩耗が激しいんです。とくに新品チェーンの乗り始めは調整を繰り返すことになります。増し締めはもちろんのこと、乗り始めこそいろんなトラブルが起きる可能性が高いので、いまこそドンドン乗り込んでメンテナンスを繰り返すことがオススメです。

すっかりキックスタートは慣れていた様子でサクッと始動させていました。約30分ほどメンテナンスでエンジンを停止させているとスッカリ冷え込んで少々暖機時間が必要です。夏場では簡単には冷えませんが、、、。

リーフスプリンガーだからこそロー&ロングstyleになりやすい。その特徴を生かしてカスタムすればカッコいいバイクになるはずです。変わり種がお好きな方にはとてもオススメカスタムパーツです。といってもなかなか購入先が少ないので、GETしたい場合は長い目でお待ちください(^^;)

 

とびっきり長い約40インチオーバーサイズのスプリンガーフォークを使ったロングチョッパ~が久々に帰ってきました!車検のため二年に一度はお会いしています。この長さは簡単には乗りこなせないスペシャルなバイクです☆

この長さを運べるトラックはそうありません。毎度とどけてくださるトラックは↑↑ランプロジェクトさんの特装車です。シャコタンの車もスムーズに乗せられる凄い屋根有りトラックなんです。特殊な車体をお持ちの方はぜひご利用ください!

 

カスタムにてお預かりしているショベルヘッド様は、前後ホイールサイズを変えてガラッと仕様変更しています!

ガソリンタンクもイメチェンしてハイトンネルからロートンネルへ。そしてエイジング加工のフレアー模様がヴィンテージ感あってカッコいいと思います。

クロームメッキのキャップはヘアライン加工でマットな仕上がりです。ここだけピカピカではおかしいですもんね。。。

18インチになったリヤホイールに、リブフェンダーをつけてシーシーバーを製作する予定です。ANSのオフ車っぽいタイヤがまたGOOD★

 

↑↑こちらはオーダーメイドにてお待たせしているショベルヘッド様です!すでに一年お待たせしてしまっていますが、ようやくここまで形になってきています。まだ仮組状態なのですが、まもなく仮組を完了させ塗装工程へ進める段階のちょい手前です。

エンジンは1978年式のショベル。中身の整備は仮組終了後に一気に進めさせていただきます。オーダーメイドのため、基本的にすべてのガスケット交換をさせていただきながら内部点検をして修理が必要な部位は新品交換とします。

ブラックホイールに16インチのファイヤーストーン製デラックスチャンピオンをセットです。ヴィンテージカスタムの王道だからこそ、安定のカッコよさがあり人気が廃れることもないでしょう。。。

1.5インチのオープンベルトはスリムに見せるための最大のポイントです!ベルト幅は2”や3”など種類がありますが、太くなればなるほど耐久性が増すメリットがあります。でも見た目の好みが一番大切かもしれません。

オイルタンクは純正タンクと同種形状のホースシューtypeです。中にバッテリーを格納できる点はメリットであり、オイル容量も3リットル確保できるので健康にも良し。迷ってしまっている場合は、ぜひ純正typeが結局オススメです。

 

ではでは本日はここまで。。。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

雪山越えて、エボチョッパーをお届けいたしました

今年は暖冬とのことですが、雪国経験が全くゼロのわたくしエンドウヒデノリが、新潟県までお届けに行ってまいりました。

雪国ということでお届け前日の積込み時から、それはもうハラハラしておりました。
果たして雪の無い路肩にバイクを降ろせるのか、
氷が張っていたらバイクを支えることが不可能では、、
そもそも雪山を越え、お客様のもとへ到着できるのか、、、

会社を出て群馬県内はいつも見慣れた景色です、しかし関越トンネルに近づくにつれ徐々に警告が増えていきます。
天候の急変に注意しろ。チェーン脱着所は〇キロ先。トンネル先は制限速度時速50キロ!

警戒レベルが全く想像できないので、トンネルを出たら早速チェーンを巻きます。
脱着所には車が全く無いことに気づきます。
、、、ここで車が動かなくなったら命に関わるな、とそわそわしながら再出発します。

後続車はビュンビュン過ぎ去っていきます。
こちらはチェーンを履いてしまったのでスピード出せません。
みぞれが降る中、ノロノロ、ガタガタ進みます。

進みますが、一向に雪道が出てきません。
そう。道路には雪が無いのです!
道路の外は雪景色なのに、道路には雪が有りません。
素晴らしい、日本の高速道路!
チェーン要らなかった!!!

山を越えると、辺りにもう雪は有りません。
雪が無いので皆さん普通に過ごしていました、関東平野の暮らしとおんなじに。

 

無事到着し、お客様と合流、練習場所に移動します。
雪も氷も無く試乗に差し支えるものもないグッドコンディションです。

まずはエンジンをかけましょう。
ガソリンコックを開け、アクセルを数回煽ってガソリンを送ります。
あとは身体が暖まるまでキックです。

キックが重いイメージが強いエボリューションエンジンです、今回もとっても重い踏み心地です。
体力温存の為にも、低い位置から蹴り下ろす方法がオススメです。
踏みごたえがある部分を、時計でいうところの8時くらいに持ってこられると楽になると思います。

車両によっては、キックした勢いで車両がマフラー側に倒れ込んでくることもあります。
左手の位置や、ハンドルの切り方、蹴った後の重心の残し方などを工夫しながら、楽に&勢いよくペダルを踏み下ろせる組み合わせを見つけてください。

コツがわかってくるとスマートにかけられるようになります。

アイドリングが安定すればいよいよ発進です。
『もも裏』ヤケド注意~

ミッドコンはより高い位置にあるので、こんな姿勢で乗るんですね。

いざ発進!

ぐる~っと広いコースを一周するころには、あっという間に車両に慣れたご様子。

フロントブレーキが無いことも、特に不安を感じていらっしゃらないようでした。心強い!

試乗の後はメンテナンス事項をお伝えします。
雪が多く、バイクのオフシーズンがある方はバッテリーのマイナス側端子を外しておくと安心ですね。
暖かくなって乗り始める直前に、改めて満充電してあげると更にグッドです。

 

帰り道、谷川山系の雪景色は絶景でした。
天候に恵まれると雪国も良いもんですね。
本日はありがとうございました☆

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

冬場こそバッテリー充電管理が重要~♬

今日は営業日ではありませんが、オオガキのMyCarの修理をしたのでちょびっとブログします!

バイクとはあまり関係ないのですが、無理やり共通ネタを書かせて頂きます(^^;)

今年に入って早速のトラブルを体験した↑↑フォードちゃんですが、今日その修理の続きをして再始動させました♪トラブルの症状は、始動不可能。。。といったあからさまなヤツでした。初めに疑うのはバッテリーが弱いのか~?ってことで、バッテリー充電やら新品交換、などなど。

オオガキが個人的に使っている充電器は「オプティメイト6」です。オートバイから普通自動車さらにトラックなどのほとんどの12V車にも対応しています!明日乗るって決めている日以外は、常時コレを繋いでいます。私の車の場合、二週間乗らなかった時の始動時は、普段より弱弱しくスターターが回るイメージなので、充電器を繋いでいることで理想的な状況で保管できます。

コンセントの抜き差しが面倒なので、ONーOFFスイッチはココで直接できるようにしています。あとは全自動の充電器ですので、次回乗る時まで繋げっぱなしでいいんです。

冬場によくバッテリートラブルが多くなりますが、単純に気温が低いことがきっかけとなります。一般的なバッテリーは気温に影響されてしまうため、乗る頻度が少なくなるライダーの冬こそ、バッテリー充電が大切になってきます。ダメになる前に充電しないとバッテリーは交換するしかなくなってしまいます。

、、、で、今回のトラブルの原因は、スターターモーターの故障でした。エンジンからモーターを外して内部をチェックしたのですが、見た目では異常なし!

結果、モーターからの動力をエンジンに伝えるためのギヤ周辺の損傷でした。機械的な部品の故障なので分かりやすくてラッキーです!モーターが回っていてもギヤが回っていないので、エンジンが回されず始動できなかったのです。

部品は当然アメリカからの取り寄せとなりましたが、アメ車の部品は困ることのないほど大量のレパートリーが販売されていて、どれがいいのかわかりませんでした(^^;)とりあえず、made in USA を選んで買ってみました。

なんと安い、、、41ドルです。1ドル110円くらいですので、4500円くらいでした。類似した部品はハーレーにも存在しますが、ハーレーよりも安く買えるように思えました。

しかし、送料は63ドル。。。部品より高いのは何となく悲しいですが、、、アメリカから飛行機に乗って4日で届いたので、むしろ安いと思います!アメリカに行かなくても買えるわけですし、日本の部品屋さんが持っていなくても直接発注できる現代ならヴィンテージも乗りやすくなったのではないでしょうか(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2020-01

    合計: 7759553
    本日: 745

Return to page top