Home > Archives > 2019-01

2019-01

ブレーキも付けない?ナローなヴィンテージスプリンガーのカッコよさ☆

こんばんわオオガキです♪
最近パソコン内の動画やら静止画を大掃除している毎日です!
膨大な量の整頓なのでパソコンが2機無いと通常業務ができなくなるので二刀流です(^^)

今日で一月も終わりとなりますが、年始早々のOFFシーズンも多くのご相談を頂戴できた一か月でした。2月もご予約をボチボチ頂いておりまして、にぎわった月になればいいと思っています☆

↑↑3階部品倉庫にて眠っている、ちょっとロングなスプリンガーフォーク。70年代のヴィンテージ物となりますので、見た目のキャシャさ加減や細部の小ささがチョッパー製作にはほしい雰囲気です。

スプリンガーと呼ばれる理由はスプリングが剥き出しだから、、、といってもイイと思うくらい分かりやすいデザインです。機械的な装置でオイルなどで管理される現代のフォークとは違って原始的です。

 

スプリンガーフォークの弱点は、このロッカーアームとなります。長年の疲れがたまって損傷していきます。それを直してあげながら作り上げればもう一度ちゃんと乗れるチョッパーの完成です。

ヴィンテージスプリンガーの多くが、ブレーキが取り付けられないレベルでの幅のモノが多いです。なので、完全にブレーキレスとするか、ミニドラムブレーキにするしかありません。

でも、それがまたかっこいいのです(*^^)v

 

エンジンのオーバーホール時には様々な部位を調べて異常がないか?点検します。とくにこれまでに動いていなかった車両の場合は、現在どのような状況なのかが不明で以前に雰囲気まで不明なので、予想外のことが起きていることもあります。

いい加減に組み立てられた個体の場合は、内部部品の構成ミスを気づきにくい時もあります。そうすると、乗れるは乗れるけどイマイチ調子がすぐれない車両となってしまうんです。

ピストンを上死点にした時に、フライホイールにて確認できる上死点マークがズれていることもあります。フライホイールが純正以外のモノに交換されている際などは要注意です。エンジンを分解した際は、この作業を念入りにチェックしたいところ。

また、私たちの業務では、ショベルエンジンを毎日のように分解整備するので、それぞれの個体の点検内容を写真に残して記録しておきます。それでなければ、頭の中でどの個体がどれだか?わからなくなってしまうので。。。(^▽^;)今日はその一部をお見せしました。

 

↑↑このスケッチはロングチョッパーのためのロングロッカーアーム製作の絵です。ラフなスケッチをしてパートナーにてデータ化していただきます。デザインはそれぞれの好みがありますが、このロッカーアームの穴の位置関係でハンドル操作の「重さ」が大きく変わります。なんとなく、、、なところもありますが、トレールと呼ばれる値を希望の数字にするためにザっと計算しています。

 

本日、予備検査を取得してきました↑↑ショベルチョッパー様♬こまかな整備を繰り返すためテストランを始めます。カスタムが終わっでもまだまだ整備が残っていますので、今はまだ納期を確定できませんがスムーズになるよう心掛けてまいります<(_ _)>

 

では、また明日もご覧くださいませ!!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

納車済み車両約10台を一気にご紹介いたしました!

オーダーメイドにてご依頼頂きましたカスタムハーレー達を一気にUPさせて頂きました♬

2017年の納車であった車両でご紹介していなかった車両の一部です。今現在ご紹介できていないお客様には申し訳ございませんが随時更新をしてまいりますので気長にお待ちくださいませ<(_ _)>

こちらで納車済み車両一覧がご覧いただけます(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2台のチョッパーを引き上げに行ってきました!

本日はオオガキ、朝イチより車に乗ってぐるぐる回ってきました。

まずはいつもお世話になっているメッキ工場にお邪魔してきて、メッキのお願いをしてきました。初めての訪問でしたのでいろいろ案内してくださりm(__)m

とても小さい粒子にメッキするという私にはさっぱり理解できない事をやっておられましたが、国内でもできるところはめったにないそうです。

何かと現物を見ることができて、とても勉強になりました(^^)

次にお会いしたのは↑↑こちらのナックル様☆カスタム&整備のためにお預かりさせて頂きます。相変わらずキレイなアイドリングだったのでYouTubeにupしておきました♪♪endoautochannel見て下さい。

2台目には3年半振りにお会いするショベルチョッパーです。車検にあわせてカスタムをたっぷりご依頼頂きました!さらに気に入って頂いくためリメイクさせて頂きます。

今日はこれにて直帰です(^^)/

銅メッキが魅力なショベルヘッドチョッパー♬

今日は週末の日曜日ですが、みなさんバイクは乗りましたでしょうか~☆

本日もオオガキが書きます<(_ _)>

相変わらず風の強い群馬県太田市ですが、昨日に続いて本日もバイカーが遊びに来てくださいました!スキマ風の多い店内はあまり暖かくないのですが、バイクに乗っていた直後なら温かく感じてくださったと思います。こんなことをブログで書いていると旧店舗で知り合ったお客様からは「あの時を考えれば全然余裕だよね!」っと、笑い話を頂けます。今でもその店舗は四輪のショールームとして成り立っていますが、吹きっさらしの冷暖房無しの工場にて商談して御契約して頂くことが通常でした。なので、寒い日はお客様は震えながら打合せしてご注文書にサインをして頂いていたんです。スタッフは寒いと分かっていて防寒しているので大丈夫なのですが、、、(^^;

そんな懐かしいお話をついこないだしたばかりでした♬

 

では、今日久々にエンジンを始動させた女性オーナー様のprojectを改めてご覧ください!

2018年のホットロッドカスタムショーに展示させて頂きましたショベルヘッド様ですが、エンジンを修理のためにショー後に分解をしていました。いよいよ組みたたりまして本日久々の火入れとなったわけです。

月日が経ってピンクがかった銅メッキもすっかり落ち着いた色の銅色になってきました!艶消しのタンクに光るアクセサリーがカッコよく映えます。

さりげなく花をモチーフとしたエングレービングも推しポイントです★

エンジンにもチラッと銅を!

プライマリーにも!

サンダンス製の7本キャストホイールは高価ですが、ハイクオリティーなアイテムなので強くオススメします!

ボタン式スイッチが一番操作性はイイと思います!自動で点灯が消えるモジュールを使ってさらに効果的に♬

ブラックなハンドルにブラックなスイッチなので主張せずシンプルに、右手ボタンはセルスターター発動ボタンとなります!

 

京都オーナー様へお届けするショベルヘッドちゃんは大きな部分のカスタム完了です!ここから作ったパーツをクロムメッキ仕上げで完成させますが、メッキ工程の時間は3週間前後必要なのでしばらくは手付かずで休憩です。。。

マフラーは当店オリジナルのターンアウトStyleですが、車体に合わせてワンオフさせて頂きました!

ウィンカーは車検対応のサイズに交換いたしました。

リヤフェンダーの固定を強くして二人乗りができるように強度アップです!

もともと鍵が付いていなかったチョッパーなので、イグニッションスイッチを取り付けて最低限の防犯対策を!

 

さて、明日はお休み頂きまして火曜日からの営業となりますが、オオガキは朝一番から出張して南関東をグルグルまわってきます(^^)/

ではまたお会いしましょ~~♬

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

強風だって負けずに乗るチョッパー達!!

こんばんわオオガキです(^^)

今日は、ビックリするぐらいの強風だった群馬県太田市ですが、そんな中でも数台のチョッパー様達がご来店下さいました♬

いつも一緒に走っていらっしゃる二台のショベルヘッド様も2019年になって初めてのご来店でした。「太田市に近づくほど風が強くなってるよ~」って会話がお会いした直後にありましたが、この近辺では強風で有名な地域なので、ご来店の際は暴風対策をお願いいたします(^^;

ビートル製のPTRヘルメットがヴィンテージ感が強くチョッパーにも良く似合います!

同じモデルのエイジング加工仕上のヘルメットは今では廃盤となってしまいましたが、これもまたシブくてカッコイイんです!

レプリカ74スプリンガーと、、、

ワイドグライドFLフォーク、、、

どちらもカッコイイのでカスタムの際は迷うポイントだと思います((+_+))

 

⇑⇑キレイでカッコいいワーゲンバスでご来店下さったのは、当店でショベルヘッドを買って下さったオーナー様です!二輪も四輪もヴィンテージだらけで、自動車に囲まれた理想的なライフスタイルですね(*^^*)

 

強風で外は寒いので今日は工場内業務の方が快適です( ̄▽ ̄;)アメリカ行きのチョッパーproject、今日はエンジンリビルディングです!

フライホイールと呼ばれる中心核を分解修理します。この状況を一度バラバラにしてから、、、

コンロッドビッグエンド周辺のサイドプレイを調整するためのワッシャーが損傷していたので、ワッシャー自体を製作して方の少ない状態に直し、クランクの芯出しをしてフライホイールのオーバーホールは完了です。ちょっと専門用語過ぎて意味わからないと思いますが、、、(・・;)分かる方はコアな方ってことで。。。

ベアリングは圧入となるので専用工具でギュイギュイはめ込んであげます。

腰下の半分が完成です!

右クランクケースをはめてあげてから、ギヤたちを入れるため次の工程へ進みます。

新品のオイルポンプに変更して、オイルシステムを強化します。

S&S製のビレットオイルポンプです!純正品にこだわって修理するのもひとつの手段ですが、新品交換に勝るものはありません。

カムシャフトなどのギヤが何を使用しているか?この時に写真に残しておかないと確実に忘れちゃいます。。。

これで、腰下と呼ばれる部分の完成です。

ピストン周りは元々が新品交換済みでしたのでピストンリングの交換だけして再度組直します。

シリンダーヘッドも修理済みでバルブシールなどのガスケット類を交換して完成!

アーリーショベル最終年式1969年★

外観もキレイに直しましたので新品同様の見た目に復活です!

スプリンガーのフロントレッグのみクロムメッキにしてチョッパーらしい姿に仕様変更です。

キャブはアメリカでもっともポピュラーなS&S製Eキャブレタ~♬

レプリカでは無い姿のディストリビューターは純正品で、何個も見つけられるものではありません。

仮組の時と違ってキレイに塗り上げられ、クロームメッキでピカピカになると、またイメージが違ってワクワクしてきます(^^)

ハーレーダビッドソン。黒一色でシンプルもイイのですが、ワンポイントがあっても引き締まってイイと思います♬

 

ではでは、本日はコレにて終了です<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ツイストがハジからハジまでねじ込まれたチョッパーproject★

こんばんわオオガキです!

本日は⇓⇓オーダーメイドにて御依頼を頂きましたショベルprojectのお打合せでした♬

いよいよ仮組もまもなく完了となり、全バラ工程へ進みフレームの塗装やエンジンの分解修理など、本組のための準備に進みます!

アメリカにてリビルトされているキレイなショベルヘッドエンジンです!カバー類もポリッシュされピカピカとなっています。よって、この度は外観に対しての特別なミガキ系の加工はせずに内部の点検整備のみ致します。

各部にハンドメイドのブラケットを作らせて頂きましたので、細部にわたって特徴的な一台として完成する予定です!各部をクロムメッキで新品同様なバイクとなります。

ジュエルスポークがガンガン目立っていますが、細身のスプリンガーに取り付けるための特別な改造もして、普段は経験しないカスタムをさせて頂きました<(_ _)>さらにロッカーアームを延長加工しながら車体イメージに合わせてデザインを作り替えます。

アルミ製のフィン付きオイルタンクも初登場です!ここは塗装せずにアルミのポリッシュを楽しんで頂きます♬

オイル交換用のドレンコックをお付けしました!交換時に楽ができる素敵なカスタムです。

フロントブレーキを付けずにスッキリさせるため、後輪に二個のキャリパーを用意して走行に不安が無いようにします。車重が後輪に多いため後ろブレーキの方を使用することの方がベストです!

タンクサイドシフトなので、ロングツーリング時に体力の限界がきても、操作しやすい仕様です!もちろん見た目の存在感が強いのもメリットです。

 

⇑⇑お次はマフラー製作の続きとなります。固定はまだ終わっていませんが、全体のイメージは出来上がりました。当店オリジナルのマフラー形状に似ていますが、少し取り回しを変えてあります。

フットコントロールのブラケットが大きくて通常使用しているマフラーが取付できませんでした。ので、ワンオフとなりました☆

ニョキっとセマイところから出てくるように作らせて頂きましたが、ギリギリのクリアランスでどこにも干渉せず完成です。

オイルタンクからエンジンへつながる配管にも干渉しないようにギリギリを攻めます。金属パイプで作られているのでマフラー側で調整するしかありません。

デロルト製キャブレターはヴィンテージエンジンには見た目も含めよく合うと思います!構造はシンプルでメンテナンスしやすく、補修部品も安く手に入ります。

 

さて、初登場?となると思いますが、N様ショベルprojectスタートです!

加工は先に済ませてパウダーコートにて塗り上げて完成していたフレームに前後のタイヤをセットしていきます。ローリングシャシにすることが第一段階の組立工程となります。

バッテリーボックスを目立たないフレーム下部へ装着するため、製作工程は早い方となります。

セルスターター付きのカスタムとしますので、キック瀬引用の小型バッテリーは使えません。14というサイズの中でも一番薄型のバッテリーを選んで装着いたしました。タイヤとのスキマも約15mmでこれ以上はタイヤを近づけるわけにはいきません。高速走行時にタイヤが伸びて当たってしまうからです。

コッカー製のベックタイヤは16インチの中では一番直系が大きいと思われるタイヤです。よって車高は高くなりクッション性も上がり乗り心地は良くなります。リジットなら大切な要素となります。逆に今時のタイヤの場合は直系は小さく空気圧を高くしておかないとならないため、リジットの場合クッション性が悪く乗りにくいと言えます!

 

それでは、本日はここで終わります<(_ _)>

明日は土曜日、、、

たくさんのご来店があるでしょ~~か。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ツインカムグースまもなくFORSALE☆彡

まもなく完成予定のツインカムグースですが、全身ブラックな雰囲気を作ってみました!前後にブラックホイールを入れることでギュッと引き締まってシブいイメージとなります。また、ブラックだからこそ映える真鍮のゴールド部品も魅力的だと思います。

さすがの高年式エンジンのためパワフルでスムーズな走りをしてくれています。加速感はショベルにくらべて圧倒的なスピードです。ショベルばっかり乗っている状況から考えると驚きばかりです。こんなカスタム車であっても体力さえ続けば現行純正ハーレーともツーリングは可能となります。

キックスタートも付けて、セルスタートも付けて、なので通常通りに乗って頂けます!キックスタートは排気量が大きいので重たくて簡単ではありませんが、努力次第で慣れて頂けるレベルではあります(^^;たまに遊びで使ってみて下さい♬

ヘッドライトとテールライトはバードゲージ仕様です!ほかにも真鍮パーツ盛り沢山となっています<(_ _)>

 

 

⇑⇑京都のオーナー様よりご依頼頂きましたカスタムを遂行中です!まずは初めにマフラー製作から進みます♬

完成イメージは当店オリジナルのターンアウトマフラーなのですが、ステップ周りの構成部品に干渉してしまうため、似たイメージでワンオフすることにしました。輪切りパイプを繋げてお作りして溶接痕は後ほど削り落として完成です。

ジョッキーシフトは板プレートをクネっと曲げ加工してあります。これだけでもイメージUPです!

シフトノブにはドル硬貨が埋め込まれています。

クランクケースまでポリッシュ加工されているのでとてもキレイなエンジンです。通常ここは梨地と呼ばれるザラザラした面となっていますが、ショーバイクなどではザラザラ面を削って研磨し光沢を出すポリッシュ加工をしたりします。

 

 

⇑⇑S様ショベルヘッドカスタムも順調に進んでいます!白の細い二本線が特徴的なタイヤもカッコいいですよね♪♪消耗品なのでタイヤ交換時にイロイロ探してみるとおもしろいものが見つかります。

テックサイクル製のオープンベルトプライマリー用スターターKITを使用しています。この場合はクラッチ周りの部品に関して純正同等品がそのまま使えるため外観はクラシカルのままです。当店が多く使うBDL製のKITはクラッチ周りも高性能な部品に変更されるため外観が変化します。

テックサイクル製はスターターも専用品となります。交換の際は簡単ではないデメリットがありますが、修理はできるのでご安心下さい。

タンクキャップを真鍮に変更するのも目立って印象が変わるカスタムだと思います。5,000円くらいで気軽に交換できるのでぜひ考えてみて下さい!

 

そんでは本日はコレにて、、、<(_ _)>

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

パワフルなパンショベルチョッパー売約しました★

⇑⇑本日売約となりましたパンショベルです!

パンショベルとは、、、

聞きなれないモデル名だと思いますが、カスタムバイクだからこその名前です。パンヘッドエンジンの下半分を残し、上半分をショベルヘッドに改造して組み立てた状態を呼んでいます。66年~69年に販売されていたアーリーショベルと外観はほぼ同等なります。1960年代後半以降、パンヘッドを所有されていた多くのユーザー達が繰り返し壊れてしまうパンヘッドをより良くしようと考えた改造方法の一つです。ショベルヘッドが誕生したことで合体させることが増えてきたんです。

ここ最近ではとても珍しくなったパンショベルですが、15年前くらいのアメリカでは良く見かけることができる個体でした。私にとってはその時代背景を思い出させる素敵なチョッパーだと思います!パンヘッドよりもアーリーショベルよりもカスタム屋としては希少価値の高い存在です(^^)

 

ところで、素敵なカスタムペイントが完成しましたので⇓⇓ご覧ください!!

70年代のチョッパーに良く似合う細いフレアー模様のペイントで完成しました。太くシッカリとした印象とは違って弱弱しい雰囲気ですがそれがチョウド良くマッチしてしまうんです!

少し黄ばみのある白ペイントがメインとなるようにフレアー模様は最低限の存在となりました。

一色のグリーンとも見えますが、実は濃淡のあるグラデーションのおかげでカッコよく見えると言うところがポイントです!白のベース色をおかげで一色だけのグリーンだとすこしチープな印象となってしまいがちですが、立体感が出てより良く見えます。すこしのことですが見くらべられる状態なら大きな違いとなります(^^)

 

⇑⇑こちらはマフラー製作中のH様ショベルヘッド♬

知恵の輪のように絡む合っているので取り外しは容易ではありません(^^;

エンドには当店オリジナルの真鍮キャップを<(_ _)>

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

完成したばかりのショベルボバー売約しました<(_ _)>

こんばんわオオガキです!

本日は朝一番で納車旅に出かけております♬冬なので高速道路上でのライダーを見かけることは少なかったですが、立ち寄るパーキングエリアには少ないながらもハーレーを見ることができました。なんだかんだ気にしながらいつも走っています(^^)

本日の納車バイクは⇑⇑ショベルリジットなチョッパーくんでした!群馬県太田市からは遠い地域にお住いのオーナー様でしたが、偶然にもお仕事の都合で転勤となって群馬県太田市に引っ越しされたことをきっかけに御注文頂くこととなりました。それから当店にてお預かりしておりましたが、いよいよ本日本拠地へお届けとなりました。引き続き、楽しんで頂ければ嬉しいです(^^)/

さらに、修理にてお預かりする車両を引上げさせて頂きながら帰路へ向かっている最中です!

 

さて、店舗では多くのお客様がご来店下さっておりまして、一台のハーレーちゃんが売約となっています。。。

⇑⇑昨日ブログではご紹介したばかりのショベルヘッドちゃんですが、完成前より気にして下さっていらっしゃったお客様よりご注文頂くこととなりました♬まことにありがとうございますm(__)m

お次は、工場内をご覧ください。

大分県へお届け予定のエボチョッパー様のエンジン分解点検は進みます。排気量を計算して証明書を作って車検のための事前審査の手続きを開始します。

それぞれ清掃しながら交換すべき消耗品を交換して再度組直します。エボはショベルと比べて耐久性がグッと上がっているので、修理する範囲もそう多く出てきません。

⇑⇑こちらはH様ショベルprojectです!一気に仮組を進めてパッと見は完成図が分かる範囲まで到達しました♬

ただいまマフラー製作中ですが、ぐねぐねstyleなので機械曲げでは決して作れません。曲げパイプを刻んでつなぎ合わせながらお作り致します。このワンオフマフラーは製作時間も多く必要となります!

当店のカスタムハーレーではスタンダード?なオープンベルト仕様でフットクラッチ&ジョッキーシフトとなります!

フェンダーを何にするか?当店で一番人気のあるリブフェンダーはシンプルな塗装で仕上げた時にもワンポイントの主張ができます。逆にカスタムペイントをするにはリブが無い方が塗りやすいこともあります。

こちらもまた当店ではスタンダードですが丸型のオイルタンクです。オイル量を見るレベルゲージは既製品では存在しないためワンオフ感が強まります。純正タンクと言えば箱型なのでタンク周辺に空間はなくフレームにパンパンにマウントさせます。それもまたお好みで選んで頂くこととなります。

 

ではでは、本日の帰路の続きに移行しま~す(@^^)/~~~

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

当店一番人気のボバーカスタムショベルまもなく完成です♬

こんばんわオオガキです☆

旧車を乗るにあたって絶対的にオススメしているは、故障時の緊急搬送の準備です!故障するってわかっていながらも準備が整っていない状態では何も意味がありませんので乗り出す初日から忘れずに準備しましょう♬当店でイチ推ししているサービスは「ずっとライドクラブ:https://zuttoride.jp/road/」です。年会費9900円で搬送距離無制限&使用回数無制限という、これ以上ないサービス内容なのです。いつか加入しよう、、、なんて思っていると、もしかしたらこの先無制限ではなくなってしまう日が来るかもしれませんので、今の段階で加入しておくことがオススメです。

ロングツーリングはあまりしないお客様には、任意保険などの付帯サービスやクレジットカードの付帯サービスもオススメです!安い分、搬送距離無制限とはいきませんが、特別な年会費を支払う必要はありません。

いずれにしても、ご自身でどのようにバイクを楽しんでいくのかを検討して、それに見合う準備はしておかなければ万が一の時に焦ってしまいます。。。車両を購入する際は納車になるまでの時間で準備を整えましょ~!

 

では、本日完成となりましたばかりのFORSALEなショベルボバーをご紹介いたします<(_ _)>

遠藤自動車では一番人気との言えるボバーStyleのショベルヘッドです!元のバイクって何ですか?ってご相談も多いのですが、エンジン以外が全てカスタムなので、完全なオリジナルバイクだと思って頂いたほうがイイと思います。なので、一台を作り上げるにも時間が必要となり、完成すればまもなく売約となっていることが多いので、なかなか展示車両として在庫しておけない理由があります。

とくにオススメなのは、コンパクトで取り回しもしやすく、軽く小柄な方でも取り回しがしやすい点です。長い間乗り続けながら、少しづつ仕様変更を重ねていくこともしやすい形のため、私達としてもご提案しやすいカスタムハーレーなわけです。

動画もご覧ください<(_ _)>

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2019-01

    合計: 6667866
    本日: 3206

Return to page top