Home > Archives > 2018-10

2018-10

260ワイドなツインカムリジットハーレーFORSALEです☆

こんばんわオオガキです★

今日は10月最後の日でしたが、一台のショベルヘッドの旅立ちが決まりました!つい最近ネット上にご紹介したばかりの車両でしたが、本日ご来店下さったお客様の即決により売約となりました<(_ _)>

⇑⇑こちらのボバーなショベル様ですが、フロントは21インチでスリムなイメージを持つハーレーです。重たいハーレーとの印象とは真逆で排気量の大きい車両には思えないコンパクト差が推しです!大型バイク初乗りの方から熟練の方まで楽しんで頂ける万能なstyleで、乗りながらの仕様変更にも対応しやすい点は、長く付き合っていきやすいモデルと考えています。

アメリカでリビルトされたエンジンは綺麗に直され、当店でも分解点検をしています。ゼロから組直している車両ならではのポイントだと思いますが、綺麗外観をお求めの方にとっては後回しで考えることをオススメできない内容です。フレームからエンジンを下ろさないとできないメニューは盛りだくさんですので、ぜひとも始めからキレイに直すことを視野に入れてご検討くださいませ♪

この数日間で多くのお問い合わせを頂いておりました車両ですので、恐れ入りますがブログにてご報告を省略させて頂きます<(_ _)>

 

そんな中、平日にもかかわらずにぎわった店内でしたので、ちょろっとその様子をお見せしたいです!

当店お得意様であるショベルヘッド様は二号機で登場でした!一号機もショベルヘッドですがそれぞれ違う面がありカスタムを楽しんでいらっしゃいます(^^)

フロントホイールはブレーキ無し!極々シンプルなホイールハブがカッチョイイんです。これ以上にシンプルなハブは他にありません。

予備タンクをつける位置としてハイセンスな場所でありますが、マフラー形状次第ではこのように付けることができます。これもまたカッコイイ一例ですね!

点検でお越し下さったショベルグース様は納車からまだ数ヵ月というところですが、スキマを見つけて乗って下さっていますのですでに2000キロ近くの走行距離です。グイグイ慣れていらっしゃいます。

オイル交換を簡単にできるよう取り付けたドレンコックは、レバーをONにするだけでエンジンオイルを排出できます。

モウラッシュ製のハイクオリティな革バックは容量は少ないけれど見た目のスリムさが推しです!細身のバイクだったらより一層似合うdesignとなっていますのでオススメ致します♬当店からでもご注文承っておりますのでご相談下さい。

SNSの情報によってオオガキの知らないところでドンドン広がっていく輪にびっくりさせられますが、本日は当店内で初ミートの方々です。4名ともハーレー乗りで話題はつきません。。。

 

では最後にFORSALEな車両をご紹介します!

ワイドなタイヤは260サイズで迫力満点なカスタムハーレーです!フレームはサスペンションの無いリジットフレームですので、余計な部品が無くタイヤのワイドさが強調され、純正フレームを生かしたカスタムよりもさらに目立つ仕様です。

スプリンガーフォークはパンヘッド時代で生産が終わった74スプリンガーのレプリカです!現代のスプリンガーと違って強度面や精度は落ちますが、見た目のオールド感と車体全体のバランスはカッコよくなります。見た目重視だからこその選択です♬

純正ハーレーと違って劇的に軽量化され、足つきも良くなり日本人サイズの方にとっても不安が少なくなります。サスペンションが無いので乗り味は良いとは言えませんが気持ちで乗り越えて下さい(^^;ブラックとシルバーでまとめシンプルにしてみました!

タンクを細く設定することでさらにタイヤの太さがアピールできます。ガソリン容量は6リットル程度ですが、慣れればなんとかなる範囲だと言いたいです!リッターあたり15キロ走るとすれば80キロ以上は走れます。

肩幅で方より少し低めポジションとなるENDOアタックバーLOWは乗りやすいと大変好評です。スポーツスタータンクには文句なく似合うdesignとしています。

シルバーを艶消しとしてマットブラックの多い車体に合わせました!ツヤを出したい方はお気軽にご対応できますのでご相談下さいませ。

もちろんの事、オープンベルト仕様です!危険を感じた場合はカバーをつけてあげればOKです。

なんといっても、大パワーのツインカムエンジンとアナログのキャブレター化がオススメのポイントです。現代では味わえなくなったキャブレターのドコドコする不安定感と、マフラーから鳴る今時ではないサウンドが楽しめるところを楽しんで頂けます。車検はもちろん対応していますのでご安心下さい!!旧車ばかり乗っている私達がコレに乗るとビックリな余裕あるパワーが楽しいんです★

3年車検付乗出税込価格は3,996,000円です(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

よくあるトラブルの症例2件。参考までにご覧ください(^^)/

こんばんわオオガキです☆

あっという間に10月も終わろうとしています。。。気づいたら過ぎていってしまう毎日が恐ろしいです(-_-;)寒くはなってしまいましたが、ハーレーにとってはいい季節です!いまこそエンジンのことを気にせずロングツーリングを楽しめる時期となりましたので、ガンガン乗ってあげましょう♪

でも、この時期に多いのはバッテリートラブルです。寒くなってきてバッテリーの元気が足らなくなってしまいます。セルスターターが付いている方はセルが回らない。。。という結果で気づけるのですが、キックスタートの方は意外とエンジンが始動できてしまうので気づきにくいんです。小型バッテリーの方は高価なバッテリーでは無い車両が多いと思いますので、調子が悪いと思ったらまずは交換してみて下さい。電圧が12V以上あるからと言って必ず安心できる状態ではありません。。。

 

では、先週実際に合ったトラブルの一例をご紹介です。

プライマリーベルト切れ!あるあるトラブルの一つですが、この場合はもう手段がありませんのでいさぎよくレッカー移動のご手配を。。。新品であれば5年~7年間くらいは切れている現状を見ません。でも、異物がはさまったりと偶然が起きることは有るので、〇〇年もちます、、、ってお話は難しいです。長い方は10年以上切れていない方もいらっしゃいますので、交換時期はなんとも言えません。

こちらも有名なトラブルで充電不良問題。走行中、走れなくなる系のとらぶるなので、これまたレッカーするしかないです。ハーレーに限らずであるあるだと思いますが、に取り付けられている二点がダメになると交換はヤッカイです。なので、バイクを購入される際は、前もって新品交換しておくこともオススメです。当店でのオーダーメイドの際は強くオススメしている内容です。

お次は納車後初のオイル交換の場面を。

こちらのショベルヘッド様は雨が無ければホボ毎日乗られています。そろそろ冬用のオイルにしちゃおうと交換です。

バイクがまっすぐに固定されていた方がオイルを抜くのがスムーズです!

ショベルヘッドは基本的にオイルタンク内のオイルしか交換できません。エンジン内部は汚れたオイルが残っています。、、、ので、早く交換しないとイケないんです。

タンクにドレンボルトが付いていたのですが、やりにくかったのでオイルポンプに繋がっているホースからぬいちゃうことにしました。

エンジンが冷えている時にオイルを抜こうとすると、こんな細い糸みたいな量しかオイルが出てこないんです(^_^;)このあとは一時間くらい待たないと全部ぬけなくて悲惨な思いをしますので、ぜひぜひ暖機後にオイル交換しましょう!この度使ったオイルはシングル50番ですが、また来年の1月頃に真冬用20w-50に入れ替えます。

キックスタートでエンジンがかかりにくい。。。っと悩んでいる方は、ぜひ20w-50を使ってみて下さい。冷えていても柔らかい粘度のオイルであれば、キックの感触から違いがあります!

 

続きましては、、、

アーリーショベル様projectです!ホボホボ仮組も後半の段階です。

高身長の方なので、ステップ関係は通常よりも前方へ移動してお作りしています。アメリカンサイズがちょうどいい感じです!

いろいろな額延長しましたので、通常使っていないバネを追加して確実にブレーキペダルの戻りをサポートさせます。

クラッチペダルもカカトをステップから離さずに操作できるように作り変えました!180㎝くらいの方がチョウドいい位置関係としています。

マフラーはアーリーショベルらしい取り回しとしました♬

マフラーを固定するステーも当然作らなければならないので一点一点お時間を頂戴してしています<(_ _)>

ソフトクリーム型のシートスプリングの方が乗り心地はイイと思います。くの字のヘアピン型の方は折れてしまうこともあるので、苦労されている方はこちらの形状へ変更してみて下さい!

 

ではでは、本日はココまでです(^^)/

 

 

 

タンクの高さだけでも雰囲気が変わる?どちらがお好きでしょうか☆

こんばんわオオガキです!

今日は久々に暖かくてバイク日和でした♬当店のお客様からも、あちこちからツーリング情報をお聞きすることができました。天気のおかげか?トラブルの緊急電話も多かったですが(^_^;)そのトラブルは現場でも何とか対策できることも多いので、工具と部品は携帯をオススメしています。それでもどうにもならなければ、いさぎよくレッカーしちゃうしかありませんです。その苦労だっていずれは楽しいと思えてイイ思い出となると思います!!

さて、本日はお打合せであった⇓⇓アーリーショベル様は、ガソリンタンクの固定する高さを最終決定する日でしたが、微妙なちがいだからこそ簡単には決められず難しいポイントです。

二枚の写真はどちらもガソリンタンクしか違いません。左が低くマウントしているハイトンネルタンク。右が高くマウントしているミドルトンネルタンク。多少の違いなのですが、遠くで見くらべれば、よ~く違いが感じられます。もちろん、店内で二台同じバイクを並べてみることはできないので、画像のように写真を連結した状態で参考にしました。どちらもカッコよくて、どちらを選んでも間違いとかがあるわけではないと思いますが、この度のスタイルにおいてはオオガキ的な好みでは右のミドルトンネル仕様でした!さて皆さんはどちらがお好みでしょうか(^^)/

 

お次は、二階工場でカスタム中のチョッパー様をご紹介します!

310ワイドなショベルチョッパー様ですが、いよいよ仮組も後半となってまいりました!とにかくこの後方ビューはたまりません。。。

リヤフェンダーは重く振動が強いのでフェンダー一体型のステーをフレームまではやしました!

さりげなく固定するため、最低限のデザインでマウントしてあげます。あくまでも補強ステーでありますので、ごつい雰囲気でなくてもOKです。

フェンダー前側でも複数個所固定しています。

後輪に2個PMキャリパーをつける理由は、フロントホイールにブレーキを付けないからです。右手のブレーキレバーと右足のブレーキペダルを後輪ブレーキにそれぞれつなげます!

マフラーはこんな形で仮製作中です!シンプルではあるものの、フレームがワイドタイヤ仕様ですので既製品が取り付けられることもなくすべてワンオフです。

エンド部は40度程度にターンアウトしました。アクセントにエンドキャップもお付けしています。

少しでもガソリンが使いきれるようにガスコックをなるべく下に移設しました。小さなタンクでは500ccでも多く使えると嬉しいはずです。

続きましては、70年代ロングチョッパーを目指すprojectです。

フロントフォークはリアルな70年代製のヴィンテージスプリンガーを修理&再メッキして装着です!フロントブレーキが装着できないほどの細い幅ですので、もちろんブレーキ無しのスーサイドです(;^ω^)運転にはくれぐれもお気を付けください。。。。

70年代を飾るための有効なホイールと言えばインベーダーホイールです!5本スポークがとにかくシンプルでスッキリです。

ただいまハンドル製作とガスタンクを決めている最中です!ハンドルは2ベントのプルバック系でお作りします。

 

では最後にご紹介しますのは、オーバーホール仕立てのショベルヘッドちゃんです!

1340ccの1979年式のショベルヘッドですが、本日オーバーホールを兼ねた点検を完了したところです!エンジンは分解組立後テスト台にて試運転もさせてチェックしてあります。もちろん車体に載せた上での最終チェックは必須ですが現段階では整備完了です♬

3G~H9の打刻から、1979年式のFLH80というモデルだということが分かります。

FLH80とは⇑⇑こんな姿の車両が純正となります!エンジン以外何にもカスタムには使いませんが。。。(^^;

ヘッドカバーはツヤの無い仕上げとなっています。ピッカピカがお好きな方はバフ研磨で光沢がでます。

シリンダーヘッドもシリンダーもキレイに直してあります!

オイルポンプはクロムメッキで仕上げられたキレイなコンディションです!こちらのエンジンはすぐには車体への組立が始まらない状況ですので、オーダーメイドなどの御依頼時に選んで頂けます。79年生まれの方やオーバーホール後の乗り出しをお求めの方にはオススメです<(_ _)>どしどしご相談下さいませ♪

⇑⇑こんな状態で試運転させています。ただいまナックルヘッドエンジンを実行中です(^^)

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

細身なシルエットのボバーStyleなショベルヘッドFORSALEです★

当店で大人気スタイルのボバーStyleをちょっと細身に変化させ、より軽めな雰囲気が伝わってくるカスタムハーレーの完成です!フロントホイールは21インチ、リヤタイヤは16インチで、前後16インチのボリューミ~な雰囲気が一気に細く軽めに見えます。細いタイヤをはかせることによって生まれるハンドリングの軽快さは街乗りが主な方にとっては大切なポイントとなるでしょう。

当店ではオーソドックスとも言えるサスペンションの無いリジットフレームを利用して、当店オリジナル部品と一点物を織り交ぜながら製作しました。基本的に新品部品を多く使っていますので、画像の通り綺麗な外観を当面のあいだ維持できます。前後ともにディスクブレーキを使っているので、オールド時代のドラムブレーキの苦労はありません。

バイクの原型は何ですか?のご質問には言葉が選べません。。。エンジン以外は非純正品のため元モデルはないと言った方が正しいと言えます。よって、一度手にした純正のショベルヘッドをココまでカスタムで近づけるには大変な道のりがあります。このStyleを気に入って下さっているようでしたら、ぜひともこの機会にご検討ください。

 

カラーリングはゴールドを基本として、アイボリーとハーレー純正ロゴを組み合わせたオールドスクールなカスタムペイントとしました!部品にもゴールド色の真鍮部品を散りばめ全体的にゴールドがいきわたるようにバランスをとりました。

当店ではスタンダード?なくらい人気の足クラッチ&手シフト仕様!車のマニュアルを操作していることとと同じような感覚で運転して頂けます。通常のシフトチェンジと違って少しクセがあるからこそ楽しいと思えるカスタムです。

カスタムハーレーでは王道なオープンベルトプライマリー!グルグル回る魅力がたまりません。またメンテナンス性の良さは圧倒的でオーナー様自身で修理する際にも分かりやすい構造です。また、乾式クラッチのカラカラ音が旧車らしく人気があります。

ショベルヘッドエンジンはもともとアメリカにてキレイにオーバーホールされた個体でしたが当店でも再度分解点検しています。オイルポンプとキャブレターは当店にて新品で取り付けています。日本人の大好きな三拍子をキレイに刻んでいる個体ですので、その点を大切にしている方はぜひエンジン音を聞きにご来店下さいませ。

全てコミコミの3年車検付乗出税込価格¥2,881,440-で販売スタートです<(_ _)>

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

スタッフ緊急募集☆常勤2名の求人!カスタムハーレー専門店で一緒に働きませんか??

店長のオオガキと申します<(_ _)>

ご愛読の皆様もお初の方もご覧頂きまことありがとうございます!

 

この度は、また新たに一緒に働いてくれるスタッフを募集することとなりました♪♪おかげ様で毎日が忙しい日々を送らせて頂いておりまして、まだまだスタッフが必要となってきている今日この頃です。

募集している業務内容としましては、ハーレーの一般整備、カスタムをはじめ、塗装や営業、WEB作業、機械加工、清掃、、、などなど、あらゆる業種があります。特にこの中でも、〇〇業務に興味がある、〇〇業務なら経験がある、など、ご希望の業種に合わせて勤務して頂くことも、検討させて頂いております。

とくに強く募集していますのは、
・塗装業務×1名
・整備カスタム業務×1名
・カメラ撮影WEB業務×1名
となっております!

・就活中の学生さんや、バイク業関係の経験がなく整備士免許をお持ちでない方も、喜んでお待ちしています。
毎日一緒に勉強して覚えて頂ければそれでOKです。年齢男女問いません。

多くのスタッフが未経験としてスタートし、現在では戦力者と変身しています。

・もちろん、経験者の方もお待ちしております。
 例えば、今までに機械加工業の経験がある、塗装業の経験がある、パソコンを利用した業の経験がある、など、
 今までに当店が力を入れていなかった分野の方もお待ちしています。

・カーディーラー店などで営業の経験がある方は、ぜひ当店の乏しいコミュニケーション能力に花と成ってください(^^;

・定年退職された職人さん、、、良かったらお力添えを。。。

・パートさんやアルバイトさんも募集しています(時給800円~(経験者は能力に応じて))。詳しくはこちらで!

 

★求人募集要項★

就業形態:フルタイム

募集職種:まず、上記コメントをご参考にお願いします。カスタムハーレーの製作や整備がメインの業務です。また、お客様のハーレーの車検、それに伴う整備と一般的な点検、修理、洗車などがあります。点検結果、修理、見積もりなどをお客様へ説明。必要に応じて納車業務も行って頂きます。多少のパソコン入力業務有ります。塗装業務担当、WEB業務担当、その他、上記コメント内容の専門職など。お客様をご対応をする営業職でありますので、苦手な方は裏方の業務に徹して頂きます。当店は基本的に長い経験を重ねて覚えられる業務内容ばかりです。日々勉強の毎日となると思われますが、キャリアアップして頂くことで任せられる仕事内容が増え、新たな業務にチャレンジして頂けます。変わった職種ゆえ、可能性は無限大となりますので、様々な分野に飛び込んでください!

初任給:15万円~(見習期間約6か月は13万円)/経験者は実力に応じて検討いたします。

昇給・賞与・諸手当:年2回有り(人事評価に応じて決定、加えて業績に応じて決算賞与有)、残業手当有り、通勤交通費有り(当社規定による)

勤務地:群馬県太田市新田小金井町345-1、ハーレーダビッドソン専門店舗内、国内外出張勤務有り

勤務時間:実働8時間

休日休暇:毎週月曜日及び第1第3火曜日(定休日が祝日の場合は出勤、翌日振替休日)
夏冬長期休暇(業績に応じて決定)、有給休暇無し
特別・慶弔休暇有り

必要資格:普通自動車運転免許、大型二輪運転免許(バイクに乗る業務にたずさわる場合)

特記事項:バイク通勤も自転車通勤もOK、ハーレー購入にあたって社員割引有り

選考方法:まずは「求人募集みました!」で、担当オオガキまでお電話ください。その後面接。。。

 

※※この記事を書いております私は、高校卒業後ココ遠藤自動車に勤めさせて頂きました!お世話になり始めて約16年がたちますが、たくさんのお客様との思い出が詰まっています。。。高校時代からバイクが好きずぎて全力投球していましたが、念願のバイク屋となって今現在もココにおります。もちろん、何の仕事もできない状況からのスタートでしたので苦労は多くありましたが、手とり足とり修行させて頂きまして、楽しく今でも勤めています。バイクが好きなら、まずはやってみませんか?「人生は一度好きなことだけやれ!」これが社長のメッセージです(^^)この言葉通りにわたくしオオガキも歩んできております。。。

総勢12名のスタッフと働いております。
下記リンク先にてスタッフ紹介ページもご覧いただけます!
http://www.endo-staba.jp/company.html

 店長 大柿淳

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2010年式ツインカムリジットカスタムFORSALEです!

こんばんわオオガキです☆

ココ最近一気に寒くなってきましたが、さすがに夏用オイルのままではいられません。。。これからの季節は旧ハーレーでもマルチ20W-50か、シングル50をオススメしています。冬は乗らない派?乗れない派?の方々にとっては、今年最後のオイル交換となりますが、今交換したオイルを来春も使おうとしちゃうことは良くありませんのでご注意ください(^^;

そして、この時期に良くある事ですが、寒くなってきて今までと違った不具合が出るようになっている方もいらっしゃると思います。例えば、加速不良になってきた、、、始動性が悪くなってきた、、、アイドリングでエンストしやすくなった、、、などなど。多くの場合が、寒くなってきたせいで今までよりも多くのガソリンを欲しがっている状況が考えられます。キャブレターにてサクッと調整することができますので、個々のキャブレターを調べてアイドリング~低速時の混合気を濃い方向へ調整してあげましょう♪

 

では、工場にて製作中の車両達をご紹介です!

初めて買ってみましたネオファクトリー製のナロースポーツスタータンクは、かなり細めのデザインとなっています!細身のスタイルを目指している方にとってはオススメしやすく、お値段も手ごろなのでぜひWEBサイトをご覧ください♪

この度は260ワイドタイヤを使ったリジットカスタム中です!ワイドタイヤの乗り心地ってどうなの?のご質問は多いですが、決して山道が得意な方ではありません。。。街乗りであればそこまで気にならない範囲ではあると思っています。でもでも、峠道の多い地域にお住いのオーナー様も複数いらっしゃいますので、乗れないわけでは無いですし、ワイドタイヤの見た目がお好きならぜひ乗ってみてほしいスタイルであります(^_^)

チェーンにインパクトをあたえるためにはヤハリ色付きの強化チェーンがオススメです。チェーン調整の回数も少なくなりますし、上下運動が少なくて余計な異音も聞こえにくくなります!

チェーンの反対側のブレーキローターもゴールドを取り入れるためサンダンス製の高精度なアイテムを導入です。これがまた迫力高し!

フットコントロールは攻撃的にトンガリブラスステップを!滑り止めが無いので雨の日は最悪です(^^)v

ツインカムエンジンを搭載して安心とハイパワーを楽しんでください仕様です!あっという間に100Kmだせます。。。でも、リジットだから段差で吹っ飛ばないように気を付けて下さい(^^;)

 

続きましては、ココ最近増えてきましたフロントフェンダー製作のシーンを。

23インチホイール用にお作りするのは初めてです。バガーStyle用の大きなフェンダーを買ってガリガリ切り刻んで小さくしました!

雨が地面から降ってこない程度の最低限の長さでsetです。これ以上短いとちょっと不安かな~っと思います。

スプリンガーから吊り下げブラケットを作ります。車体イメージに合うように。。。

スプリンガーのフロントレッグ軸を使ってフェンダーステーを製作します。

フェンダー側の固定にはスパイクナットを使って攻撃的に!

ジョッキーシフトも製作中です!

ノンロッカーtypeスーサイド(自殺)クラッチをお楽しみくださいませ(#^^#)

ところどころにスパイクナットを!

 

続きましては、エンジンオイルの流れのお話をします。

エンジンによってイロイロですが、多くのショベルヘッドの場合まずはエンジン上部にオイルが供給されて、後にエンジン下部にオイルが流れていきます。

オイルの流れを決めているのはオイルポンプやらそれに伴う部品たちで決まります。年式に合ったオイルポンプを使うことが必ずではありません。修理の過程であえて年式違いのオイルポンプを使って強化することもありますし、社外メーカーのオイルポンプを使えばエンジンに加工してでも取り着ける必要があります。

まずはこの穴からエンジン上部にオイルが供給されます。4~5ミリ程度の穴ですのでゴミが固まったりするとふさがってしまってアウトです。古すぎるエンジンオイルをそのまま使ったり、数年ぶりにエンジンを始動させた場合などに、まれにつまりが発生することがあります。

そして、この小さな穴からエンジン下部にオイルが流れます。ここからカムカバーへと流れていきますが、カムカバーにも形状種類があってミスマッチングで焼き付いてしまうことがあります。また、社外カムカバーに付け替える時などは良く確認しないと年式があっているからと言って購入した部品をそのままつけてしまったらアウトかもしれません。エンジン側に改造が加えられていることも多くありますので、自身の年式と同じ部品を買うことがすべてではないということが旧ハーレーをいじくる時の難しいところです。。。

ガスケットも同じことが言えますが、年式だけで判断するのは危険です。現状の部品を分解してからよく確認して何年式のガスケットが適合なのかを考えなければいけません。なので、見てみないと分からないんです。。。というイイワケのようなご説明をする機会が多いのですが、分解してから部品を発注する、、、ってことで、時間がかかってしまう整備もあるということもちょこっとだけ知って頂ければ幸いです(^^)

 

ではでは最後にご紹介したいのは、最近出来上がったばかりの販売車両です!!

当店の得意なボバーとチョッパーをMIXした2010年の高年式ツインカムエンジンを搭載したオールドスクールなカスタムです★前後16インチホイールとヴィンテージルックのタイヤにスポークホイール。現ハーレーでは少ないですが、旧ハーレーでは一般的な構成です。フレームもまたオールドを追及するためにサスペンションの無いリジットフレームを使って可能な限り最低限の部品で作り上げています。

1948年まで採用されていた74スプリンガーフォークのレプリカ新品はネオファクトリー製で調整をしっかりしてあげることで満足な作動を見せてくれます。ガラッとイメージの違うフォークなので、現代のテレスコピックフォークが好きな方とスプリンガーが好きな方で極端に分かれると思います!

小ぶりなサイズのタンクはピーナッツタンクと呼ばれるオールドスクールなら定番のアイテムです!容量は約7リットルですので、リッターあたり15~20キロ走るとすると、100キロくらいはガス満タンで走れます。カラーリングは派手すぎずシンプルすぎずでソリッドカラーのツートン仕様です。

当店オリジナルのENDOアタックバーは、ちょうど肩の高さと肩の幅くらいなので、楽な姿勢で乗ることができます!真鍮部品も多めに使用してハンドル周りを飾りつけしています。

カスタムの定番と言えばオープンベルトプライマリー☆グルグル回るシステムはハーレーならではで魅力の一つ。車体全体を軽く見せるには必須なアイテムです。逆にドッシリしたい方には純正のようなクローズドプライマリーがオススメです。

現代のハーレーでは無いチェーンドライブはカスタムならではです。もともとベルト駆動の車両をチェーン駆動に変更すると改造申請が必要だったりと法的な申請も大変になります。この辺の問題はすでにクリア済みなので気になりません。

ステップ周りは真鍮製のローレットdesignでまとめました。ギサギサが滑り止めとなりますが、ブーツがキズだらけになりますので、嫌な方はペグだけゴムに変更するとイイですね(^_^;)

本来、74スプリンガーの時代はドラムブレーキですが、ハイパワーのエンジンなのでせめて小さなディスクブレーキを、、、という意味でつけています。基本的にはリヤブレーキをメインで使ってフロントブレーキはサポート役として少々使用するくらいがちょうどいいです。

インジェクションが必須なこの時代ですが、そこをあえてアナログ化しちゃうのが当店のカスタムです♪アメリカでナンバーワンシェアのS&S製Eキャブレターを使って小さなアメ車用エアクリでセットアップ完了です。キャブレターのおかげでマフラー交換なども容易にできます。アナログのメリットも探せば出てくるもんです。。。(^^;

 

車体税抜価格298万円でFORSALEです★

旧車に乗り慣れた状態からこの子に乗るとビックリするほどのパワーを味わえます!!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

旧ハーレーではエンジンブレーキを使ってはいけない??

こんばんわオオガキです!

本日はグッと冷え込んで涼しいというよりも、寒いと感じる一日でした。。。ご来店頂いたライダーの方々も寒そうです(^^;一瞬でいい季節が終わってしまうのはとても残念ですが、四季のハッキリした日本のイイところでもありますので、文句を言うわけにはいきませんです。。。

ところで、「エンジンブレーキ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、その御相談も多いのでちょこっとご意見させて頂きます。

エンジンブレーキとは単純に走行中スロットルをOFFにした時に自動的に減速している状況を言いますが、本来のブレーキをあまり使わずにエンジンブレーキだけで減速することはエンジンにとっては良くありません。タイヤの回転でエンジンが無理やりに回されているようなイメージになりますので、エンジンに対するストレスにはなります。もちろん、少しも使ってはいけない、、、ということは有りませんが、エンジンに負荷をかけるよりもブレーキ部品が消耗してしまう方が安く済みます。。。山道の峠などではブレーキばっかり使ってペーパーロック現象(ブレーキ力が弱くなる現象)が起きてしまうのも怖いので、エンジンブレーキもソコソコの使用でブレーキを激しく使わないためにスピードを抑えて山道は走ってあげて下さい。私達が主にたずさわっている旧ハーレーにおいては、とくにエンジンブレーキを多く使うすることはオススメとは思いません。マフラーからパンパン大きな音が鳴ったりとする場合は、その音が鳴らないような優しい走行をオススメ致します<(_ _)>

 

ではでは、工場の方へ。。。

明日納車予定でありますフリスコなショベルチョッパー様。更なるカスタムをして変身完了しました!リヤタイヤを細身なタイヤに変更し、フェンダーをタイヤに合わせてお作りしました。二人乗仕様だったフェンダーも短くしてソロ専用となりました。マフラーもちょいナナメUPの仕様に改造です!

トランペットのマフラーの音は多くのユーザーさんが好む人気のサウンドです。パイプのみのマフラー形状の音よりも重たく響くしぶいサウンドが鳴ります。

ドラッグなイメージを持つFRAMのオイルフィルターをアメ車の部品を使ってチョッパーに合わせます。エンジンのためにも良く見ため向上でオススメカスタムです★

ロッカークラッチからハイミッドのノンロッカークラッチに改造いたしました。オオガキ的には、慣れてしまえばチョッパーstyleはロッカークラッチよりも疲れないで乗れると思います♪

細身なタイヤに合わせて細く作ったリヤフェンダーのおかげでとてもスッキリとした雰囲気です。

フェンダーブレイスは全体的に丸棒を曲げてテールランプもチョコンとフェンダーに載せてシンプルにまとめました。ナンバープレートはテールランプと別体なので、ナンバースクリューにLEDのナンバー灯をつけて固定します。

 

お次は、銅メッキで渋めなショベルヘッド様。

まずは最低限の整備とオプション整備を終えて、一発目のテストランディングのためキックスタートです♪本格的な調整が終わるまでは店内でもキックの連続をすることも多々あります(^^;冬でも暖かい。。。

この度はメンテナンスフリーを追及するため、ダイナ2000iを導入しました。基本的に調整が必要ではないので故障するまでずっとそのままOKです。フルトランジスタと呼ばれる点火部品です。

あわせてダイナ2000iとセット購入できるイグニッションコイルも交換しますが、3Ωとなりますのでコイルをsetで購入しない場合も5Ωコイルのままでは使用しちゃダメです。

ミッションのオイル漏れで有名なスプロケット周りの対策も終わりまして、、、あとは乗るだけです。

充電系点火系ともに全新品交換していますので、しばらくは安心できるはず。。。です<(_ _)>

ちなみに、当店で展示販売している完成車両は、全ての車両が⇑⇑この電気部品が新品交換されているわけではありません。基本的には故障していない場合は中古のままです。もちろん見た目で明らかに異常がでそうな雰囲気のモノは新品交換しちゃいますが。。。状況は車両によって違いますので、その都度ご相談頂ければ幸いです。

 

では最後にご紹介したいのは、、、

遠藤自動車で昔作っていたオリジナル真鍮シフトレバーです!ショベル前期型のラチェットtypeのミッションに対応しています。残り4点のみとなりますので気になった方はお早めにご注文下さい。税込価格16200円です。取付に加工が必要ですので、車両を修理やカスタムでお預かりしているチャンスで交換させて頂けるとバッチリです★

この部品の真鍮バージョンとお考え下さい<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

FLHなショベルヘッド一台の御納車!また新たなショベルヘッド一台の御注文!

こんばんわオオガキです!

本日は朝一番からにぎわった店内でした♪♪修理やメンテナンス、御商談や御相談、などなど、天気がイイ日曜日らしい一日を過ごせたような気がしています。そして、あらたな一台の御注文の御依頼を頂くこととなりまして、今月もまだまだ忙しく勤めさせて頂けそうです(^^)

本日御注文いただきました車両は、現在未完成の状況で二階工場から一階へ下ろす前の段階の車両でしたが、ちょうどご希望に近いイメージでしたので、その車両を少しオーナー様仕様に変更してからのお渡しとなります!

 

では、雲ひとつない晴天の中納車となりましたショベルヘッドをお見せします♪

アメリカより輸入してきたショベルを選んで頂き、ワルっぽいFLHストリップチョッパーを目指しました。50年代の雰囲気を持つフロント21インチホイールとワイドグライドフォーク、ハーレーカスタムの王道なエイプハンドルバーが魅力です★

両出しのマフラーは重さを感じさせないスラッシュカットマフラーを取り付けました。爆音仕様でまるでアメリカのスワップミート会場にいるような感覚です(^^♪

乗り心地は考えず、薄く綺麗なコブラシートは日本製のシート!これもFLHを軽めにカスタムしていくにはオススメな選択肢です。

チョッパーカスタムだったらなんにでも似合うアンダーソンのステップ♪

カリフォルニアのナンバーを日本仕様へ変更しましたが、フェンダーとナンバーを上手に使って、工具や部品などを最低限携帯する予定です。

 

そしてオオガキは午後から横須賀へ向かいました!

カスタムとメンテナンスの御依頼を頂戴しにまいりまして久々のご対面でした!約二年経つところですが、まだまだピッカピカに維持されていてライトアップされてshowのようでした!

ショベルヘッド搭載のグースStyleです!ツインプラグ仕様になっているのでコイル二個設置し燃焼効率を高められます。アメリカではとてもメジャーな内燃機カスタムです。

パッと見は紺色に近いのですが、明るいところで見るとあざやかなブルーにも見えます。パールやメタリックのペイントは光の加減で見え方が違うのも楽しみの一つですね(^_^)v

 

ではでは、今日はこんなところでブログを終わります。。。

どうしてか??ブログをやっているとだんだん眠くなってきます(ノД`)・゜・。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

1000キロ以上離れた山口県へ御納車★

こんばんわオオガキです☆

本日は群馬県からは遠く遠く離れた山口県より、納車のためお引取りに来てくださったオーナー様がいらっしゃいました!グーグルナビで調べてもノンストップで13時間の道のりですので、本日はどちらかで一泊してからの明日のご到着だと思われます。

お仕事がらご使用になっているハイエースで積み込んでのお帰りでした。もちろんバイクを積み込むための道具はこの度のためにご用意して下さったモノばかり。。。

車高が低いカスタムバイクではバイクラダー一本ではフレームがぶつかってしまってスムーズに載せられません。。。なので、ラダー二本を並べてなるべくゆるやかな坂にしてあげます。

バイク屋でもない限り、お一人で積み込むのは困難だと思います。下ろす時ももちろんですが必ずお二人以上でトライして頂くことが安心です。

バイクを固定するために必要なラッシングベルトはホームセンターでも購入できます。4本あれば間違いありません!

フロントホイールをロックするためのホイールクランプがあれば便利だと思います。メンテナンスの時にも便利なものですので、車両購入とともにそろえてしまっても損は無しです!

本日は初乗試乗中に雨が降ってきてしまって少しの練習で終わってしまいましたが、お帰りになってからまたゆっくりと楽しんで頂ければ幸いです♪カスタムハーレーならではの味わいはこれからじっくりと。。。(#^^#)

 

では、本日も工場の様子をご紹介いたします!

ロサンゼルス出身のショベルチョッパーくん、整備&カスタムの真っ最中です!本日はサイドナンバーの製作でした。

もともとアメリカにて買い付けた時には縦型ナンバーでしたし、日本サイズのナンバーでは無いので車検のために改善が必要です。

もともとついていたブラケットを生かしながら横向きに改造させて頂きました。もともとのイメージは大きく変えずに、、、自然に変更していきたいと思います!

ミッドコントロール仕様に変更してジャパニーズsizeにします!足を曲げて乗りたい?足を伸ばして乗りたい?お好みがハッキリわかれるステップ位置ですが、なによりもオーナー様のサイズに合っていることが楽しく乗るための大切な条件です。

ウィンカーはアメリカの定番チョッパーなら付けないことが一般的。。。ショベルの年代ではウィンカー無しではダメですので取り付けないとなりません。

ジョッキーシフトは既製品でよく見かける商品をヒネリ加工され素敵な一点物になっています。

4.5インチ直系のエアクリーナーはアメ車でもよく見かけるエアクリーナーです。ホットロッドでチョッパーには良く似合います。雨も防げて小ぶりで文句なし!!

お次は当店の販売車両として製作している一台です。

変わり物??な雰囲気で登場なショベルヘッドですが、この度は74スプリンガーフォークではなく、リーフスプリンガーを使用したボバーカスタムにチャレンジしています。

車のサスペンションとして現代でも見かけるリーフスプリングを生かしたフォークです!これは昔のオートバイの純正でも採用されていたstyleです。

クラシックmodelで採用されていたリーフスプリンガーフォーク。カスタムシーンでもボチボチ使われてきていますが、日本では圧倒的に少ないカスタムパーツです。

以前にアメリカ研修ツアーの時に買ったインベーダーホイールもこの度使用します!スッキリを求めるには最高のホイールです。この度のカスタムコンセプトは、グースStyleではないのにそれ相当なロー&ロングなカスタムハーレーとすることです。フレームネック角度を通常の30°のままをキープしながらもリーフスプリンガーを使いながらフロントホイールを前方へグッと突き出します。完成形はどんな感じか??楽しみです。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

47年式ナックルヘッドで1台作りませんか~?

こんばんわオオガキです☆

いよいよ10月も中旬になりまして、バイクシーズンもいよいよ終盤となってきてしまいました。雪の降らない地域の方であれば一年通して乗ることは可能ですが、やはり今くらいの時期が気持ち良く走れる最後の季節だとも思います。乗り遅れの無いよう少しの不具合は気にせずに乗り切ってしまいましょう(^_^;)

そして、冬眠中にガッツリメンテナンスするという流れが一番イイかとも知れません。。。ONとOFFの切り替えがあるほうが何かとキリ良く考えていけるもんです。

 

では、おかげ様であいかわらず最近も多くお問い合わせを頂戴しておりますが、車両のご購入検討中の皆様はご来店前に、まずご希望の車両の在庫確認を頂いてからお越し頂けると幸いです。ネット上に公開している車両が売約になっている状況も多くありますので、遠方よりお越し頂いたのにも関わらず在庫無しの場合がボチボチございます。また、御注文の意思が強くご来店の日に現車を確認してからその日にご契約して頂けるような場合は、お越し頂く前に取り置きの御依頼をご連絡くださいませ。通常、手付金無しで商談中取置(他の方に販売しない約束)とさせて頂ける期間は3日間としています。

何でもお気軽にご相談下さい(^^)/

 

ではでは、まずは工場へ移動します!

神奈川県S様projectはココまで進みました!配線等はまだこれからですが車体周りの組立をしている最中です。

エングレービングを手加減無しにエンジン周りに入れさせて頂いております。

ハンドメイドのため、一点一点デザインは変化しますが、それを味として楽しんで頂けます。

マニホールドにも!

ブラスパーツも盛りだくさんで、ブラックとのコントラストを楽しみます♪

ミッションにも隅々まで彫り込んで一点物の作品に!

ブラスパーツは磨く楽しみが一番感じられる素材です。

チェーンは消耗が少なくメンテナンスが少なくて済む強化typeです。サンダンス製のリバーシブルチェーンはチェーン自体の厚みが薄型なのでオススメです。

続いては、銅メッキが激渋なショベルヘッド様。

ロー&ロングなボバーショベルですので、急な段差の乗り上げにはご注意ください。。。

恒例と言ってもイイのですが、ミッションのオイル漏れ対策をし始めました。この部分のオイル漏れは4速ミッションの場合とても多く、半分以上の皆様がオイル漏れと格闘していると思われます。。。

エンジン部に付いている充電系の部品は、後々交換することは簡単ではありませんので、ぜひ新品交換をオススメしております。この度もオススメのハイグレード品の3点セットを交換することになりました。レギュレーター/ステーターコイル/オルタネーターローター、のSETをひとまず新品にしちゃうことが安心です。

点火系部品も故障しやすい部品ではあります。こちらは充電系よりも後々の交換は楽ですが、故障する句を減らしたい方には納車前に故障しにくいアップデート品に交換をオススメしたいところです。

コノ子の特徴はネック角度が寝ているところ。フレームの問題なので後々の改造は容易なことではありません。

続きましては、アメリカより輸入して来たばかりのチョッパー様。

まずはアメリカ仕様から日本の車検制度に合わせるための改善が必要です!やはり日本には車検がありますので、最低限の安全を確保するためのカスタムはしなくてはなりません。。。

そもそもウィンカーすらついていないのがアメリカのチョッパーですのでまずはステーを製作します!

スピードメーターも付いてませんでした。。。ので、車両イメージに合わせてブラックでシンプルだけど高性能なモトガジェット製メーターを取り付けました!

フロントウィンカーはステーのつけどころが無かったので、ステーを作って不自然にならないよう固定いたします。ウィンカーは車体イメージに合わせて後ほどブラックに塗ります!

最後にお知らせしたいのは、当店で只今販売用として組み上げているナックルエンジンです♪

オーダーメイド用としてリビルトしましたナックルです!アメリカ国内で綺麗に修復されていた個体でしたが、当店内でも点検のため分解して再度組直したばかりです。外観はブラストやポリッシュでとてもキレイなナックルに生まれ変わっています。

ナックルヘッドはエンジン上半分の素材が基本的に鉄でできています。ですので、通常黒塗装されていることが多いです。パンヘッドやショベルヘッドなどのアルミであれば塗装しなくてもサビませんので素材のままとなっています。

1947年式最終ナックルエンジンで一台作ってみよ~とご検討中の方、ドシドシご相談下さいませ♪一台の製作費用は500万円~となります!!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2018-10

    合計: 6093240
    本日: 2161

Return to page top