Home > Archives > 2018-10

2018-10

FLHなショベルヘッド一台の御納車!また新たなショベルヘッド一台の御注文!

こんばんわオオガキです!

本日は朝一番からにぎわった店内でした♪♪修理やメンテナンス、御商談や御相談、などなど、天気がイイ日曜日らしい一日を過ごせたような気がしています。そして、あらたな一台の御注文の御依頼を頂くこととなりまして、今月もまだまだ忙しく勤めさせて頂けそうです(^^)

本日御注文いただきました車両は、現在未完成の状況で二階工場から一階へ下ろす前の段階の車両でしたが、ちょうどご希望に近いイメージでしたので、その車両を少しオーナー様仕様に変更してからのお渡しとなります!

 

では、雲ひとつない晴天の中納車となりましたショベルヘッドをお見せします♪

アメリカより輸入してきたショベルを選んで頂き、ワルっぽいFLHストリップチョッパーを目指しました。50年代の雰囲気を持つフロント21インチホイールとワイドグライドフォーク、ハーレーカスタムの王道なエイプハンドルバーが魅力です★

両出しのマフラーは重さを感じさせないスラッシュカットマフラーを取り付けました。爆音仕様でまるでアメリカのスワップミート会場にいるような感覚です(^^♪

乗り心地は考えず、薄く綺麗なコブラシートは日本製のシート!これもFLHを軽めにカスタムしていくにはオススメな選択肢です。

チョッパーカスタムだったらなんにでも似合うアンダーソンのステップ♪

カリフォルニアのナンバーを日本仕様へ変更しましたが、フェンダーとナンバーを上手に使って、工具や部品などを最低限携帯する予定です。

 

そしてオオガキは午後から横須賀へ向かいました!

カスタムとメンテナンスの御依頼を頂戴しにまいりまして久々のご対面でした!約二年経つところですが、まだまだピッカピカに維持されていてライトアップされてshowのようでした!

ショベルヘッド搭載のグースStyleです!ツインプラグ仕様になっているのでコイル二個設置し燃焼効率を高められます。アメリカではとてもメジャーな内燃機カスタムです。

パッと見は紺色に近いのですが、明るいところで見るとあざやかなブルーにも見えます。パールやメタリックのペイントは光の加減で見え方が違うのも楽しみの一つですね(^_^)v

 

ではでは、今日はこんなところでブログを終わります。。。

どうしてか??ブログをやっているとだんだん眠くなってきます(ノД`)・゜・。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

1000キロ以上離れた山口県へ御納車★

こんばんわオオガキです☆

本日は群馬県からは遠く遠く離れた山口県より、納車のためお引取りに来てくださったオーナー様がいらっしゃいました!グーグルナビで調べてもノンストップで13時間の道のりですので、本日はどちらかで一泊してからの明日のご到着だと思われます。

お仕事がらご使用になっているハイエースで積み込んでのお帰りでした。もちろんバイクを積み込むための道具はこの度のためにご用意して下さったモノばかり。。。

車高が低いカスタムバイクではバイクラダー一本ではフレームがぶつかってしまってスムーズに載せられません。。。なので、ラダー二本を並べてなるべくゆるやかな坂にしてあげます。

バイク屋でもない限り、お一人で積み込むのは困難だと思います。下ろす時ももちろんですが必ずお二人以上でトライして頂くことが安心です。

バイクを固定するために必要なラッシングベルトはホームセンターでも購入できます。4本あれば間違いありません!

フロントホイールをロックするためのホイールクランプがあれば便利だと思います。メンテナンスの時にも便利なものですので、車両購入とともにそろえてしまっても損は無しです!

本日は初乗試乗中に雨が降ってきてしまって少しの練習で終わってしまいましたが、お帰りになってからまたゆっくりと楽しんで頂ければ幸いです♪カスタムハーレーならではの味わいはこれからじっくりと。。。(#^^#)

 

では、本日も工場の様子をご紹介いたします!

ロサンゼルス出身のショベルチョッパーくん、整備&カスタムの真っ最中です!本日はサイドナンバーの製作でした。

もともとアメリカにて買い付けた時には縦型ナンバーでしたし、日本サイズのナンバーでは無いので車検のために改善が必要です。

もともとついていたブラケットを生かしながら横向きに改造させて頂きました。もともとのイメージは大きく変えずに、、、自然に変更していきたいと思います!

ミッドコントロール仕様に変更してジャパニーズsizeにします!足を曲げて乗りたい?足を伸ばして乗りたい?お好みがハッキリわかれるステップ位置ですが、なによりもオーナー様のサイズに合っていることが楽しく乗るための大切な条件です。

ウィンカーはアメリカの定番チョッパーなら付けないことが一般的。。。ショベルの年代ではウィンカー無しではダメですので取り付けないとなりません。

ジョッキーシフトは既製品でよく見かける商品をヒネリ加工され素敵な一点物になっています。

4.5インチ直系のエアクリーナーはアメ車でもよく見かけるエアクリーナーです。ホットロッドでチョッパーには良く似合います。雨も防げて小ぶりで文句なし!!

お次は当店の販売車両として製作している一台です。

変わり物??な雰囲気で登場なショベルヘッドですが、この度は74スプリンガーフォークではなく、リーフスプリンガーを使用したボバーカスタムにチャレンジしています。

車のサスペンションとして現代でも見かけるリーフスプリングを生かしたフォークです!これは昔のオートバイの純正でも採用されていたstyleです。

クラシックmodelで採用されていたリーフスプリンガーフォーク。カスタムシーンでもボチボチ使われてきていますが、日本では圧倒的に少ないカスタムパーツです。

以前にアメリカ研修ツアーの時に買ったインベーダーホイールもこの度使用します!スッキリを求めるには最高のホイールです。この度のカスタムコンセプトは、グースStyleではないのにそれ相当なロー&ロングなカスタムハーレーとすることです。フレームネック角度を通常の30°のままをキープしながらもリーフスプリンガーを使いながらフロントホイールを前方へグッと突き出します。完成形はどんな感じか??楽しみです。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

47年式ナックルヘッドで1台作りませんか~?

こんばんわオオガキです☆

いよいよ10月も中旬になりまして、バイクシーズンもいよいよ終盤となってきてしまいました。雪の降らない地域の方であれば一年通して乗ることは可能ですが、やはり今くらいの時期が気持ち良く走れる最後の季節だとも思います。乗り遅れの無いよう少しの不具合は気にせずに乗り切ってしまいましょう(^_^;)

そして、冬眠中にガッツリメンテナンスするという流れが一番イイかとも知れません。。。ONとOFFの切り替えがあるほうが何かとキリ良く考えていけるもんです。

 

では、おかげ様であいかわらず最近も多くお問い合わせを頂戴しておりますが、車両のご購入検討中の皆様はご来店前に、まずご希望の車両の在庫確認を頂いてからお越し頂けると幸いです。ネット上に公開している車両が売約になっている状況も多くありますので、遠方よりお越し頂いたのにも関わらず在庫無しの場合がボチボチございます。また、御注文の意思が強くご来店の日に現車を確認してからその日にご契約して頂けるような場合は、お越し頂く前に取り置きの御依頼をご連絡くださいませ。通常、手付金無しで商談中取置(他の方に販売しない約束)とさせて頂ける期間は3日間としています。

何でもお気軽にご相談下さい(^^)/

 

ではでは、まずは工場へ移動します!

神奈川県S様projectはココまで進みました!配線等はまだこれからですが車体周りの組立をしている最中です。

エングレービングを手加減無しにエンジン周りに入れさせて頂いております。

ハンドメイドのため、一点一点デザインは変化しますが、それを味として楽しんで頂けます。

マニホールドにも!

ブラスパーツも盛りだくさんで、ブラックとのコントラストを楽しみます♪

ミッションにも隅々まで彫り込んで一点物の作品に!

ブラスパーツは磨く楽しみが一番感じられる素材です。

チェーンは消耗が少なくメンテナンスが少なくて済む強化typeです。サンダンス製のリバーシブルチェーンはチェーン自体の厚みが薄型なのでオススメです。

続いては、銅メッキが激渋なショベルヘッド様。

ロー&ロングなボバーショベルですので、急な段差の乗り上げにはご注意ください。。。

恒例と言ってもイイのですが、ミッションのオイル漏れ対策をし始めました。この部分のオイル漏れは4速ミッションの場合とても多く、半分以上の皆様がオイル漏れと格闘していると思われます。。。

エンジン部に付いている充電系の部品は、後々交換することは簡単ではありませんので、ぜひ新品交換をオススメしております。この度もオススメのハイグレード品の3点セットを交換することになりました。レギュレーター/ステーターコイル/オルタネーターローター、のSETをひとまず新品にしちゃうことが安心です。

点火系部品も故障しやすい部品ではあります。こちらは充電系よりも後々の交換は楽ですが、故障する句を減らしたい方には納車前に故障しにくいアップデート品に交換をオススメしたいところです。

コノ子の特徴はネック角度が寝ているところ。フレームの問題なので後々の改造は容易なことではありません。

続きましては、アメリカより輸入して来たばかりのチョッパー様。

まずはアメリカ仕様から日本の車検制度に合わせるための改善が必要です!やはり日本には車検がありますので、最低限の安全を確保するためのカスタムはしなくてはなりません。。。

そもそもウィンカーすらついていないのがアメリカのチョッパーですのでまずはステーを製作します!

スピードメーターも付いてませんでした。。。ので、車両イメージに合わせてブラックでシンプルだけど高性能なモトガジェット製メーターを取り付けました!

フロントウィンカーはステーのつけどころが無かったので、ステーを作って不自然にならないよう固定いたします。ウィンカーは車体イメージに合わせて後ほどブラックに塗ります!

最後にお知らせしたいのは、当店で只今販売用として組み上げているナックルエンジンです♪

オーダーメイド用としてリビルトしましたナックルです!アメリカ国内で綺麗に修復されていた個体でしたが、当店内でも点検のため分解して再度組直したばかりです。外観はブラストやポリッシュでとてもキレイなナックルに生まれ変わっています。

ナックルヘッドはエンジン上半分の素材が基本的に鉄でできています。ですので、通常黒塗装されていることが多いです。パンヘッドやショベルヘッドなどのアルミであれば塗装しなくてもサビませんので素材のままとなっています。

1947年式最終ナックルエンジンで一台作ってみよ~とご検討中の方、ドシドシご相談下さいませ♪一台の製作費用は500万円~となります!!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ロサンゼルス出張「今年最後のアメリカ仕事は?」

こんにちわオオガキです(^^)/

実は今、旧遠藤自動車店舗におります!なぜなら先日の台風でガラスが割れてしまったので修理して頂くのに立ち会っています。。。

 

そんな中、本日は社長による今年最後のアメリカ業務の一報を少しご紹介させて頂きます。
年に3~4回のアメリカへの出張をしていますが、約1ヶ月にわたってハーレーの買い付けを主に行っています。部品の調達やイベントへの参加など、動き回る業務ばかりです。

さて、まずはこのブログではおなじみのハーレー店へ行ってきた様子です。

強烈なインパクトのトラックとトレーラーが店前を飾っていますが、日本では見られないカッコ良さが満点です。ハーレーshopとして長い歴史を持つパシフィックコーストサイクルのサービスカーです。これでスワップミートなどイベントをあちこち走り回っているからホントにカッコい~☆

こちらの60年代FordトラックもFORSALEとのことです。現地価格で5500ドル!!買いたくなってしまうお手頃価格です。キレイに仕上げていないだけでバンバン調子よく走っています。

ハーレーだけでなく、車の販売も手広くやっているショップです!私達もハーレーを中心に扱っていながら、四輪旧車も販売していますので似たようなスタンスです(^^;)

住宅街に並んでお店があるので一見分かりにくく。。。

ゲートをくぐるといきなりバイクが並んでいます!

歩くスキマもなくバイクがギッチリありますが全てFORSALE。

組み立てる準備をしているフレームは、カッコよくお立ち台に上げられています。

工場のなかはリフトでイッパイですが、整備中の車両などが並んでいます。

右がオーナーのマイクさん♬この写真ではとても穏やかな雰囲気が感じられますが、きっと昔はナカナカの不良だったはずです。。。

 

お次は、恒例の夜の売買へ。

ハンバーガーショップでの納品納車。。。人の出入りが多いこの場所はLAでは安全な場所でありスタンダード(#^^#)

現金の売買が基本中の基本で、相手方にとって都合がいいように取引することが、長いお付きあいの秘訣でもありますよね(^^)/買付というのは売って頂けなければ始まりませんです。。。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

ロサンゼルス出張「ポモナスワップミート&クラシックカーショー」

いつもご愛読ありがとうございます。今日もオオガキです。

基本的に毎営業日に一回の更新を目指していますが、まれにサボることは申し訳ございません。。。そんなイイワケをし始めたのもかれこれ約10年前でして、その中で約8年間くらいは周4~5回ペースで更新させて頂いてきました。何事も毎日積み重ねていくことって大変ですよね。。。(^^;

 

では、本日は歴史ある「ポモナスワップミート」の風景をご紹介させて頂きます。1975年から続いている全米ナンバー1のスーパーイベントです。今年の社員研修では一人のスタッフがこの会場で個人的にビートルを買いました。そんなおもしろいイベントですので一度はぜひ行ってみてはいかがでしょうか??

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ロサンゼルス出張「El Camino Vintage Motorcycle Show & Swap Meet」

こんばんわオオガキです!

今日もまた、アメリカにいる社長よりイベント情報が送られてきました♪

この度のイベントは、エルカミーノカレッジという大学で開催されているスワップミートに行ってきた様子です。ヴィンテージバイクを中心としたイベントで、バイクを店に来る人もいれば、中古部品を売りに来る人もいたり、なにかとおもしろいイベントです。ハーレーのみならず、日本車も登場するイベントなので、様々なジャンルを楽しめます。

どんな感じだったか?

大量画像にてご覧ください(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ブラスパーツを使って愛車をドレスアップ!

こんばんわオオガキです☆

今日は半袖では寒かった(>_<)この時期は衣替えのタイミングが難しいです。。。と思って次の日に長袖で出勤すると暑かったり。。。

 

では、今日は早速、遠藤自動車オリジナル部品のご紹介です。

以前より販売させて頂いております⇑⇑こちらの真鍮ナットですが、初回ロットがすべて完売して二回目の生産ロットが入荷しました!

エンジン上部に使用できる「ロッカーアームシャフトナット」です!一台分で税込10692円と販売させて頂いています。初回ロットよりもわずかですが値上がりしてしまいましたが、車体左側のゴールド色を増やしたいときには最適だと考えましてお作りしています。

ネジ山サイズさえ合えば他の場所にも使用して頂くことが可能です。ネジ山はUNF7/16-20です!

 

お次は新しくカスタムがスタートしましたショベルチョッパー様のご紹介です!

アメリカより輸入したままの姿で、とてもカッコいいチョッパーです!

納車前にミッドコントロールにして腰への負担が少なくなるように仕様変更中です!

ジョッキーシフトはいじらずソノママをキープしますが、左側もミッドコントロールになります。

ハンドルはチョッパーなら王道のエイプハンガーStyle!オオガキも高校生の時にまず憧れてから今でも好きなアメリカンなハンドルです。

ドッグボーンライザーを使っているところはハーレーならではであり、スプリンガーフォークハーレーのカスタムの原点です★

続いては、本組をスタートしたばかりのショベルチョッパー様です。

前後ブラックホイールでシブく作り上げます予定のK様project☆

FRONTは19インチのスターハブホイール!

REARは16インチのスターハブホイール!

ドラムブレーキを使用する際の基本的なホイールは当店ではスターハブホイールです。ハーレー純正ではミッドスターハブホイールも72年式までドラムブレーキ用ホイールとして使われていました。

リヤフェンダーはシルバー塗装ではなく、鉄地にクリヤー塗装しているだけですので、塗料の色とは違う質感が楽しめます。

続きましては、earlyshovel様の仮組のご様子を。。。

本日はマフラー製作をしているところでした!マフラーのイメージは大体あるのですが、長さや具体的な形状は未定のままご提案のための仮製作中です。

ハーレー純正のリジットフレームstyleは、フレーム中心にブレーキのための構造が存在するため、通常のカスタムリジットフレームと違ってマフラーが作りにくい。。。なんて言い訳がありますが、ギリギリのスキマを狙って作っていきます。

FRONTビューはこのように、フレームパイプの前から配管していきます。

フットコントロールのプレート自体を外方向へ移動しまして、その間にマフラーパイプを通します。。。こんなふうに作っていることは初めての挑戦となります。

お次は、当店の販売用車両製作の様子を。

まだまだ安心のツインカムエンジンを利用したグースボバーStyleを仕上げる予定です!遠藤自動車こだわりのdesignでありますグースフレームは年々追及し続けて進化しております。

当店では定番として使われるオイルタンクもまたメーカー既製品ではなく、当店指定のdesignでアメリカにて製作して頂いております。

この度は高年式エンジンにもかかわらず、4速ミッションを使って組み立てます。これにてジョッキーシフト仕様にされたい方もカスタムしやすく、キックペダルの旧イメージがしっかりと残ってくれます。

セルスターターはもちろん機能させながらオープンベルトプライマリーにします。4速ミッションだからこそ得られるスッキリとしたプライマリー周りもグ~です(^^)

最後にご紹介しますのは、、、

ナックルヘッドエンジン、リビルディングです★アメリカより輸入したエンジンを再度当店内でも分解点検して組立ています。ここ最近はドンドン高額になってきたナックルですが、当店もしばらく買付できていない状態です。どんどん苦しくなってきています。。。

ナックルヘッド最終年式の1947年!1936年から製造されたナックルヘッドですがエンジン形状が人気があり、生産台数は多くはありません。だからこそ希少で高価な存在となってしまったのでしょう♪

ピストンは新品にてボーリング済みでした。

ヘッドは鉄製のため、パンヘッド以降モデルよりも熱をもってしまって故障リスクが高い原因です。いまではドイツ製のメーカーから形状が同じのままアルミ製で作られたヘッドが販売されています。

この面からのオイル漏れは有名どころであり、どうにも対策すること自体が難しいところ。純正にこだわらず新品部品に交換してしまえば解決はできます。ひとまずこの度はこのまま頑張ってみることにしています。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

当店女性オーナー様が今月のバージンハーレーに掲載されました!

こんばんわ、おはようございます、オオガキです♪

昨日10月12日発売のバージンハーレーに当店のお客様が3ページにわたって紹介されました!

ぜひぜひ今月号をGETしに書店へ(^^)/

取材の当日は私も同行してきましたが、その時の様子を書かせて頂いています。本と合わせてご覧になって頂ければ嬉しいです。⇒⇒http://endo.staba.jp/wp/news/55707/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ロサンゼルス出張「1983年ショベルリジットチョッパーGET!」

こんばんわオオガキです★

本日も社長より最新情報の連絡がありましたのでご紹介します!この度の買付では、手を加えずそのまま販売できそうな車両が普段よりも多くてびっくりです。

前回もちょこっとご紹介していますが、1983年のキレイなショベルチョッパーです!

価格はまだ未定ですが、FORSALEです!!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ちょっぴり太めな200ワイドなショベルロングチョッパー製作中~★

こんばんわオオガキです!

今週は本日より営業がスタートしております。

ただいまアメリカでは2018年の買付出張を終えようとしていますが、まもなくコンテナに積み込んで船便を手配するところです。現地ではインターネットを使用しないユーザーさんも少なくはなく、足を運んで直接取引することは多くあります。ですので、社長が朝早起きして夜遅くまでガンガン走り回って探しています。やはりインターネット上だけで見つけられる範囲では、日本で生活している方も買えるわけですので、数は集められないのが現実です。

 

ではでは、工場の方をのぞいてみます!

ただいま、オーダーメイドにてご依頼を頂いている最中のショベルprojectは、ある程度カタチとなってきましたのでまもなく最終的なお打合せをして仮組が完了するかも?な段階です。

本日はマフラー製作でしたが、まずはオーナー様とお打合せしたばかりの雰囲気を現車にて再現してみました。イイとかワルいとか話し合いながら、修正も含めてジックリ作り上げていきます!

マフラーエンド部はターンアウト仕様にしています。車検制度も変わり現在では排気方向が外に向いていても適合となっていますので安心です。

初めて取寄せてみましたmade in USAのアルミ製フィンドオイルタンクです。直系は5インチなのでせまいスペースにも装着可能です。サビにくく、放熱性も良く、オススメしやすいオイルタンクです。

タンク横でのシフトチェンジ仕様でお作りしていますが、ツイストの角棒で目立ちながら、、、先端にアンティークガラスノブを取り付けました。これだけでもとてもカッコいい。。。(^^)

フラットフェンダーはエンド部をデザイン加工して、トガリを加えてみました!

薄い素材に厚みを持たせてペラペラ感をなくします。。。

サイドナンバー仕様!

角型のチョッパー王道な雰囲気のテールライトです!

シートはワンオフで作りますので、鉄板ベースから製作致します!

 

続きましては、すでに売約となっている車両ですが、、、

一階にて展示する前に商談成立してしまったショベルリジットです★年齢問わずで乗って頂けるボバーStyleですが、真鍮部品は無しで完成といたしました♪

SUキャブレターが無くなってしまって、次の候補を探していますが、デロルトキャブレターも昔ながらのモノで旧車向きと考えられています。当店でもSUキャブがたくさん買えなかった15年前くらいの時にはよく使っていました。メンテナンスもしやすくオオガキ的には好きなキャブです。

ハンドルはちょっとだけUPなシンプルdesign。乗りやすく取り回しもしやすくオススメです。

山口県M様のワイドグースショベルの整備が本格的にスタートしました。

プッシュロッド周りの調整を念入りに。。。

種類はイロイロありますが、この子にはアルミのプッシュロッドが使われていました。ロッド自体に調整機構が付いているもの。

マニホールドにはオススメのサンダンス製シールKITを装着です。それでも二次エアとも戦いは無くなりませんが、、、。今のところイチオシはサンダンスの商品です。

プッシュロッドの下側にはタペットリフターと呼ぶ部品がありますが、油圧式と機械式があります。こちらは機械式で調整も定期的にして頂く必要のあるタイプです。アメリカから来るショベルの多くが機械式に変更されています。

 

ではでは、本日はココで。。。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2018-10

    合計: 5938706
    本日: 3145

Return to page top