Home > Archives > 2018-02

2018-02

ツーリング最適なキャリヤをどのように作るか!つけっぱなし派?とりはずし派?

こんばんわオオガキです!

ラジオが流れてきてビックリでしたが、なんとフィギュアスケートで金メダル銀メダルが日本人となったみたいですね(>_<)くわしいわけでもなく、いつも見てるわけでもないのですが、日本人としてうれしく思います☆今晩はヤフーニュースを見る楽しみができました♬

 

さて、このブログをいつもご愛読している方にはあまり役立たないかもしれないホームページを最近ブラッシュアップしましたのでちょこっと覗いて見て頂ければ幸いです⇒http://www.endo-staba.jp/

当店が目指すのはカッコつけないWEBページなので、動画が流れたりするページでは全くないのですが、その辺もあえてそうしていて、その辺ごと楽しんで頂きたいと思って作っていますm(__)m

 

では、本日完成したロゴをまずご紹介します。

ショベルヘッドオーナー様のために製作させて頂きましたロゴですが、上手に使い分けてカッコイイヘルメットをお作りしたいと計画中です。いよいよペイントスタートいたします(^^)

↑↑こちらはまもなく公道走行をデビューできそうな群馬県Y様ショベルヘッドちゃん☆まだ仮の外装が付いていますが、これはこれでブラックで引き締まっていてカッコイイ~~♪

自転車Styleのシートはダイヤステッチのモコモコ仕様でふんわりお尻にもやさしいカスタムシートです!

クラシカルなstyleにとって最強のスプリンガーは本来1948年式パンヘッドで使われていたのが最後です。そのためレプリカ新品といっても当時の車体に合わせて考えた車両ですので、強度面では現代にくらべ劣ります。よって、あんまり効きのよすぎるブレーキを付けていると、バキっと折れてしまうことなんかも過去に見てきていますので、お気を付けください。なるべく後輪ブレーキで止まる走行を心がけましょう♪

スプリンガー左側にあるネジ穴はケーブルをまとめるためのクランプをつけてあげられるようになっています。名にこの穴??って思われる方も多いのですが、製作の使い方はコレです!

カスタムにてお預かりしていますショベルヘッド様のフロントフォークを外して油圧式フォークに変身させます!

まずはハンドルストッパーを改造して安全に走行できるように対策しておきます。

35mm径のナローグライドフォークを使用します。ショベル時代の中古品のため、全バラしたら再メッキ&再ペイントしてキレイに再生してあげるプランです。スプリンガーフォークの魅力もあればグライドフォークの魅力もあると。。。カスタムは永遠に続けることが可能です(^^♪

いよいよ最終地点となってきましたショベルヘッドproject!本日はキャリヤ製作をしていました。

ロングツーリング専用の取り外し可能なキャリヤをお作りしています。取り外した時にもカッコよくいられるように余計なモノは付けないようにしたいところ。

まずはフェンダーを止めているブラケットの固定ボルトを利用すること。

シート側に便の良いボルト穴が無かったので、付いていない時にも目立たないような位置にネジ穴をお作りしました。キャリヤが無い時が長いわけですので、その状態が一番カッコイイ状況になっているべきですよね♪

ハンドル周りの細かい作業を進めております。

グリップ左側にはウィンカー用のボタンスイッチを装着です。左と右に分かれてウィンカー操作ができる事が一番のポイントです。

グリップ右側にはスタータースイッチとして装着です。エンスト時にとっさに押したい場所といえばココです!

新品で買ったばかりのシートですが、裏側を切ったりして加工しながらシックリくるように装着完了です。このシートは幅も細いため既製品のシートの中でも非常にチョッパーに似合うシートだと思います。

↑↑こちらは最近良くご紹介しているエングレービング満点のショベルヘッドミッションです!隅々まで彫り込んでインパクト絶大☆

キックカバーは一番目立つところで、簡単にカバー交換がしやすいところなので、第一歩目としてはオススメしやすい部分です。

トップカバーとケースそのモノは、ミッションをフレームから下ろしてからの作業になってしまうので、整備のついでなどに検討して頂くことが理想的ではあります。

 

ところで、今日の群馬県太田市は強烈な風にやられている状態です。。。

なんだかシャッターが飛んで行ってしまうような気がするくらいドッタバタなっていますが、、、

お隣さんが普通の住宅だったら大迷惑だと思われる騒音です(^_^;)

明日もうるさかったらゴメンナサイ。。。

 

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ショベルヘッド以前モデルなら良くある修理「プラグネジ山再生」

こんばんわオオガキです!

旧車に乗るって楽しいことばかりではありません。カスタムバイクを乗るって大変なこともあります。今日はいきなりデメリットのお話から(^_^;)イイことばっかり言っていてもウソみたいになるので。。。

コチラは当店でもモットモ多くとり使っていますショベルヘッドエンジンのヘッドです!ただいま修理中の映像ですが、、、

携帯が必須です!っと、いつも言っていますプラグの取付ネジ穴が損傷してしまったので、再生するため溶接して直しております。様々な方法があると思いますが、溶接して穴埋めしネジ山を再生するという流れが一番一般的と思います。プラグ交換のメンテナンスは皆さんが通る道でもありますので、この悩みを持っている方はきっと多いと思います。

燃焼室側もシッカリと埋めてあげなければ、再生しても貧弱なネジ山になってしまうのでダメです。しかしながらバルブシートがすぐ近くに存在して溶接がしにくいところです。。。外側も内側も溶接で埋めましたら、使用する予定のプラグのネジサイズに合わせて機械加工してネジ止め復活とします。この修理だけでも高額な修理となってしまいますが、エンジンを分解するキッカケがあって怪しいネジ山であった場合は、ついでに直してあげられれば一番気持ちがいいもんです。プラグの交換時はいきなり工具で締め付けず、指の力で締め込んだ後に工具を使って増し締めしてあげる感覚が大切です(^^)/

続いては、真逆にオーバーホールを終えて組立をし始めたショベルヘッドエンジンのご紹介です。

福岡県F様ショベルヘッド様となりますが、この度はクロムメッキカバーに交換させて頂くプランでオーバーホールしておりますので、テッカテカのピッカピカに仕上げていく予定です!

シリンダーは中古ですので、半艶の黒パウダーコートにてリペイントしました!

新品のピストンをGETしたらサイズに合わせてボーリング加工します。ホーニングのクロスハッチが美しく見惚れてしまえる状況。。。

クロムメッキにされたいとご相談があれば、まず新品カバーに交換することをオススメしております。中古のカバーを再メッキしてもイイのですが、仕上がりのキレイさに絶対的な差が生まれます。やはり使い込んだカバーではオイルが巣穴から浸透してしまっていたりして、メッキが上手に載らなかったりします。よって、カバー自体が作りたての状態にクロムメッキすることが理想的となります。

ヘッドは中古を修理して使っていますので、ウェットブラストにて外観もキレイにお掃除してあげます。エンジン丸ごとこの工程を行うことによって新品エンジンと同等の輝きが楽しめるようになります。完組をお楽しみにお待ちください★

↑↑こちらは神奈川県I様パンヘッドくんのワンオフシートです♬

バックアップStyleにして加速時のお尻のズレ込みを抑えてあげるための反り上がりです。合わせて車両に取り付けた際のシルエットも気にしながらスポンジの厚みを検討しております。

先がシュっと細くなっているクビレtypeのシートベースにお尻が当たるところはシッカリとスポンジを載せてあげて乗り心地も考慮しながらスッキリとさせたい方向けのシート形状としています。

この度は本革の茶色を使用していますので、乗れば乗るほどシワが寄ったりして味わい深くなります。縫われて引っ張られることですでにシワが入っていますが、ココも味の一つとします。合皮の場合は雨にも強く伸びも良いので破れにくいため一般的で多いと思われます。

↑こちらは福島県のS様プロジェクトです!そろそろ仮組終盤となってきました。

ご指定の「坂下ハンドル」が届きましたので装着です。各スイッチを取り付けるための加工に進みます。

バッテリーはオイルタンクにスッポリ収まるようにお作りしています。セルスターター付きのため余裕はありませんが、シート下とバッテリー周辺に何かしらの小物は隠せそうです。

マフラーもこんなふうに完成となりました!

エンジンからキャブ下を通るパイプの形状はなるべく曲線を描けるように配管して機能的にも問題が無いように心がけて完成です。

 

ではでは、本日はココで完結とさせていただきますm(__)m

 

明日は、土曜日ですのでにぎわってくれると嬉しいです★

 

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

SUキャブレターが廃盤するかも??それとも復活できるのか??

こんばんわオオガキです♬

今日は朝から夕方まで出張していたので、一瞬で一日が終わってしまった気がしています!おかげ様のテンコ盛りの業務にアタフタしちゃっていますので、何とかしないとイケないです(^_^;)

では、本日は初めに当店が大好きなSUキャブレターのお話しをします。

ココ半年前くらいからずっと入手困難な状態で、当店としても在庫を確保することがほぼ不可能な状態になってしまいました。リベラプリモというメーカーからの商品でしたが、その会社自体が機能していない状態とのことで供給が不可能な状態なんです。よって、現在はキャブレター本体だけでなく、消耗品すらも探して買わないとならない状態ですので、この先々困ることになりそうな状態です。なるべく状態をよく長持ちさせておくためにも、3ヶ月以上乗らない時間を作らないようにしたりと、ゴム系の部品が損傷しにくいような心がけをしていかないとなりません。一カ月に2回くらい乗れればよほどのことにはなりにくいので、定期的に乗り続けてあげましょう。ソロソロ在庫が薄くなってきた当店も、次の推しキャブレターを決めなければなりません。。。

これからのご注文のお客様にはSUキャブレターを標準仕様として御見積していたとしましても、変更となることもございますので、気になっている方はお早目のご決断でご相談下さいませm(__)m

 

では、工場をのぞきます!!

エンドウ氏が整備している子は、ロサンゼルスのボーンフリーイベントにてGETしてきた素敵なチョッパー様。

ガソリンコックが損傷して交換が必須な状態でしたので交換いたしました。以前とほぼ同等のデザインが手に入れられなかったので、似たようなコックを取付しております。ミドリのレバーを回転させてONOFFします。

この状態でOFFとなりますので、バイクから降りるときはOFFを心がけましょう!チョッパー乗りの皆さんは基本コックOFFがオススメです。負圧式コックを利用していないチョッパーが多いと思いますのでお気を付けください。

キャブカバーは小ぶりなカッコイイやつを持ってきて下さったので交換させて頂きました!

キャブボディが良く見えるようになったことがイイところですね~♪

おまけにスロットルワイヤーが切れかかっていたので交換させて頂きます。インナースロットルなので交換はちょっと大変ですが、ついでにグリスUPができたのイイ機会だったかもしれません。。。

キックカバー交換でお預かりしていましたショベルチョッパー様。本日マフラーの修正も完了して装着です!

キックカバー形状が変わった事でマフラーが干渉してしまいましたが、マフラーを切って凹ませるような改造をしましてこのように完成でございます。ギリギリのクリアランスです(^^ゞ

群馬県Y様ショベルヘッドちゃん、配線引きもホボ完了となりましたので次工程へ進んでいます。

スイッチ周りの配線はハンドルパイプ内を通しているので、パイプ周辺はキレイにシンプルに仕上げています。

配線はハンドル中央から穴をあけて外へ出しまして、フレームやバッテリーに向かって配線されていきます。そのとりまわしも見た目を考慮しながらの作業となります。

昨日に引き続いてマフラー製作中のパンヘッド様はこんな風なマフラーとなっています。

シンプルではありますがボバーStyleにはもってこいのデザインで、キレイに並ぶようにステーを作りながら固定していきます。

もともとショベルヘッドStyleのフットコントロールでしたが、パンヘッドStyleでないと、この取り回しが難しく変更させて頂きました。マフラーもフットコン真下で凹ませてありギリギリのクリアランスでマウントしています。

さて、↑↑こちらのショベルヘッドエンジンは、東京都K様フルオーダーメイドprojectのエンジンと決定しました!

もともとアメリカにてリビルトされて外観もキレイになっていたエンジンですが、これからより一層キレイになるようにクロムメッキ加工しながらの再度のオーバーホールを当店でさせて頂きますプランです。

キレイとは言うものの、当然中古品を直しながらのリビルトですので、よく見れば中古感のある部品も通常存在しています。そこまでもピッカピカにしてあげちゃおうというプランもございますので、オーダーメイド時にはその辺も含めてご検討頂くことがオススメです。

1979年式FLH1340ccに使われていたエンジンです。projectの第一歩目がスタート致します(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

マフラーってカスタムの中で上位の悩むポイント!!!

こんばんわオオガキです☆
ちょっと早めに更新スタートしました。

今日は「バレンタインデー」ですね♡

この記事で初めて♡を打ってみましたが、とってもムズムズするもんです。。。
昨日はちょうど休みでしたので、ショッピングに出かけていましたが、チョコの特設がにぎわっていておもしろかったです♪♪オオガキは甘いモノ大好き人間なので日常的にチョビチョビ食していますが、チョコ嫌いな男性もいると思いますのでそんな人にとっては微妙なイベントなのかもしれません。。。っと、チョッパー屋さんにとっては、似合わないお話でした(^_^;)

 

 

では、カスタムバイクのご紹介から。。。

NEW&OLDミックスなショベルヘッド様、整備&カスタムがひとまず完了となりました。追加カスタムを残してまずはオーナー様の元へお返し致します。

エングレービングでワンオフ度がレベルアップしましたベルトガード装着です!

近づけばより一層見たくなる芸術品。

当店ロゴ入りのワンオフフロアボードの外周ボルトを黒に交換しただけでもイメージが変わって良し★

モトガジェット製メーターのブラケットを、包み込むようなデザインに変更して小カスタム成功です。

最後にキャブレターのエアクリーナーをファンネルに交換しちゃいました。しかも透明な樹脂製のワンオフ品。

大きなゴミをキャッチするための網すらもワンオフ。二個と同じモノはない作品となりました。

エンドウ氏が製作工房へ来ていますが、神奈川県I様パンヘッドボバーprojectの続きです!今日はマフラー製作を進めています。

もともと既製品として存在しているマフラーの一部を利用するため、ブラケットをワンオフします。

マフラー固定時には慎重にフレームとマフラーの平行具合や地面とのバランスを検討します。溶接が終わってもう一度組み付けた後に数回調整を繰り返すことは日常的で、ピッタリエンジンの排気口にハマる形状ではない車両たちなので、いかようにもズレてしまうから困ります。よって、ある程度の調整が後々にできるように取付穴もジャストsizeでは作らない方がイイかなっという判断も多いです。

キレイに並べられているフレーム達を見るとまるでフレーム専門店のように見えますが、、、それぞれのブラケット類を溶接して塗装工程に進むための待ち中です!

塗装前の下処理の研磨はアミーゴちゃんのおかげでスイスイ進みます♪雪が降ったら自転車通勤NGなのでお休みです(^_^;)

外装の下処理もお任せです!ミガキ系業務はすでに3年間の担当のおかげでパーフェクト★

サカイ氏が今日携わっていたのもマフラー製作。他車両に使うための仮製作をしているところですが、、、

当店で一番人気のあるターンアウトStyleのマフラーを作っています。

ショベルヘッドエンジン用ではお作りしていましたが、エボエンジン用が無かったのでサンプル品の製作をしているところです。後ほどエボ・ツインカム用として販売できるかもしれませんですm(__)m

 

ではでは、本日はここらへんで失礼いたします♪

明日は朝イチより出張してきますので、オオガキは店を留守にします。。。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

足元を豪華に飾る「ジュエルスポークホイール」

こんばんわオオガキです!

三連休の最後の月曜日、お陰様で多くのお客様とお話させて頂くことができました(^-^)カスタムについて、整備について、ご購入について、、、様々なご相談を頂きながら過ごさせて頂いた楽しい三日間でした。その中でも整備について「オイル漏れ対策」についてご相談がありましたのでちょこっとお話します。

ショベル以前モデルでは、オイル漏れは付き物、、、そのように私もいつもお話ししております。しかしながら、オイル漏れを極力ゼロに近くすることも可能ではあります。オイル漏れというのは部品と部品の合わせ面からでてしまいます。エンジンだけでもその合わせ面は複数十カ所存在しますので、漏れる可能性は多く存在しているわけです。そこで、通常その合わせ面にあるガスケットやシールが損傷して漏れてしまうという事が一般的ですが、それを交換してあげても漏れてしまうという事も多くあるのが旧車なんです。なぜ漏れるか?といいますと、その合わせ面それぞれの個所が少しづつ歪んでしまい、まっすぐな面では無くなってきてしまうから漏れてしまいます。よって、簡単にお話ししますとその面をすべて研磨し真っ直ぐにしてあげれば良いのです。しかし、問題はソレに必要なコストとなります。数十カ所存在するすべてを面研磨していたら通常のオーバーホールで25~50万円だとすれば、その1.5~2倍くらいに膨れ上がることになるかもしれません。ですので、通常であれば当店ではどうしても大切な合わせ面だけを面研磨して組直すこととしています。

まとめますと、オオガキとしては一般的に旧車はオイル漏れが付き物、といいます。漏れても足せばイイと語ります♪どうしても気になるという事であれば対策は有りますのでご予算と向き合いながら検討させてください、そんなところです(^^)/

 

では、今日完成しましたワンオフパーツをご紹介いたします!

キラーダイヤモンドカットの真鍮ペダルです!右と左はあえての長さ違いです。ギザギザのカットのおかげで引っかかりが強く滑りにくい点が乗りやすくなっています。見た目は強烈なインパクトがありワンオフ感抜群です!!

見えにくいところに勝手に入れさせて頂きましたm(__)m

香川県オーナー様のご依頼の元、完成してまいりましたショベルヘッドくん。テスト走行もひと段落着いたところでちょっとハプニング!

フロントフォークに存在するブレーキロッドを固定するタブが曲がってしまった(◎_◎;)初めて利用する部品でしたのでちょっと予想外でしたが早速改善に進みます。

しかしながら、前後21インチの細身なグースネックに最高に似合うスプリンガーフォークです!目の前で見るととてもカッコイイフォークです。74スプリンガーのオールド感もカッコいいんですが、スーパーナロースプリンガーもまたカッコイイ~★

それに似合うヘッドライトはこんな小さいモノがベスト!道路を照らす装置としては、、、(^_^;)って感じですが、小さいながらもなかなかの威力です。

フリスコチョッパーなショベルヘッドくんはまず修理&カスタムから進みます!

キックカバーはパンヘッドStyleのクラシカルなカバーに変身です。ついでにマフラーが干渉してしまう結果になったのでチト改善中です!

オーナー様が取り付けたオイルクーラーは油温計まで付いている優れものです。小スペースで後付けにでもカッコよく落ち着く良いアイテムです!

コチラは当店が昔から生産しているENDOアタックバー★普段販売していなかったので知らない方がほとんどだと思いますが(^_^;)

ENDOアタックバーはバー中央をとがらせています!

ライザークランプ部分の両端もトガリ!配線中通しにも対応できるようにお作りしています(^^)近いうちに販売もできるようになるかもしれません♪

では最後にインパクト絶大のホイールをご紹介して終わりたいと思います。

受注生産品のジュエルスポークホイールです!太いスポークをグリグリ加工してゴージャスなインパクトのある特注品です。あらゆるサイズに対応していますので、多くの方に合わせることが可能です。この度はフルオーダーメイドにてご依頼を頂けましたプロジェクトでご提案させて頂きまして使ってみたいと考えております(^^)/入荷しましたらあらためてUPしたいと思います。

ではでは、明日は振替でお休みを頂きますので、水曜日にまたお会いしましょう!

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

30インチオーバーロングのパンチョッパー公道デビュー★

こんばんわオオガキです!

朝、出勤した時「暖かい♪」っと思うスタートでした。じょじょに春に近づいているような気がして嬉しいことでもありますが、春までに、、、の予定の御依頼も多く残っていますので、焦ってくる思いもあります(^^;

さて、本日は三連休の中日でもありますので、たくさんのご来店がございました♪
外国の方も来て下さりとグローバルな感じでハーレー屋っぽく営業できた気がしています。

そこで、良くあるご相談の一つでもありますネタをちょっとお話いたします。
当店では、初めてのハーレー、免許とりたて、の方など初心者様も多い店だと思っておりますが、そんな方々が「旧車」「カスタム」などの現代ハーレーではない車両を選んで大丈夫なのか?というご相談は本日で二件ございました。このようなお悩みを抱える方に少しでも参考になればと思いまして記事をつづります。。。

★旧車またはカスタムハーレーを選ぶと、

メリットについては、、、
・メンテナンスを楽しみやすい
・トラブルが起きても修理ができた時の楽しみがある
・部品が安いから修理もカスタムもしやすい
・クセをあるからこそ乗り慣りこなす楽しみがある
・乗り慣れるまでの苦労が思い出となり語る楽しみがある
・壊れるかも?の不安があるからこそ少しの距離の走行でも達成感がある
・するつもりはなくても数少ないジャンルであるからこそ自慢である
・オンリーワンのファッションでありコスプレでもあり
・歴史を刻むだけ価値が上がり手放す際に高値になるかも?

デメリットについては、、、
・故障の不安といつも向き合うことになるかも?
・上手に付き合っていけるまでの苦労はある
・トラブルのせいで予定通りにツーリングに行けなくなるかも?
・現代ハーレーと一緒のツーリングはスピードを合わせてもらって下さい
・カスタムハーレーならではのクセが辛いと感じるならば楽しめない
・タンクが小さいなら休憩はマメだし走る前の給油ポイントを調べる手間あり
・お店探しが大変なこともあるかも?
・24時間レスキューサービスの加入はオススメです
・どれだけ投資してもメンテナンスフリーといえるほど安心感は得られない

↑↑今思いついたことをズラッと並べましたが、意味伝わりましたでしょうか(^_^;)
「旧車」「カスタム」においては、デメリットもあるかもしれませんが、オオガキ的にお話ししますと、そのデメリットが楽しいと感じられるようになった時に買ってよかったと思われる瞬間なのだと思います。当然私スタッフは、そのデメリットが楽しくてこの仕事を選んでいるわけでもありプライベートでも普通とは言えない何かを乗っています!そんなお話を今日お付き合いの長いお客様ともお話していたのでまちがいありません。

 

ではでは、余計なお世話なお話は置いときまして、、、本日の遠藤自動車を見てみましょう!

本日は福島県よりオーダーメイドにて完成となりそうなパンロングチョッパー様の公道走行を見にご来店下さいました!お二人とも当店にて製作させて頂いている御得意様です。

担当はハシモト氏。。。この違和感のあるピースで本当に大丈夫なのか( ̄▽ ̄;)

オープンベルトのグルグルはハーレーだからこその魅力。カスタムゆえの魅力。。。

初乗りはさすがに緊張します。こんな長さのバイクを毎日乗るわけではないので多少の覚悟と緊張を持ちながら発信です。もちろん転ぶわけにはいきませんし。。。(^^)フィッシュテールから鳴る音はオオガキ的に大好物です。この度は消音効果の少ない仕様なのでより一層イイ音が鳴っています。ぜひ店頭にてお聞きください♪♪

二階ではワンオフシーシーバーの業務遂行中です!

 

角棒でこんなイメージです!車両のバランスを考えますとこのくらいの長さかな~っと。

こちらのバランバランはI様shovelhead。塗装ステップへ進みます。

同じくバランバランはS様shovelhead。塗装ステップへ進みます。

お二方ともココで折り返し地点となりますm(__)m

石川県M様グースprojectは本日ガソリンタンクを装着です!ラップのブルーとホワイトのコラボがキレイです。

あざやかであり個性あるブルー。

コチラはエボリジットチョッパー様。メッキフレームから他メッキパーツでピッカピカな存在感です。

ワンポイントで金メッキしたボルトナットを装着です。

どこからどこまで付けるかは少しづつ検討していきたいと思うところです。。。

修理&カスタムでお預かりのショベルヘッド様。

以前にロッカークラッチでミッドコントロールという初挑戦をさせて頂いたchopper君です。

シフトレバー先には真鍮ボールをお作りして装着です。

この度修理していますので、キックカバーの交換です。ついでにキックカバー形状を旧型に変更してカスタムとしても楽しみます。左側はパンヘッド時代などのモデルで丸み帯びているところがクラシカルでイイところです。

肌は梨地となります。ピカピカがお好きな方は磨き上げればOKです。キックスタート車両ならカバー交換の日も来るかもしれません。。。

 

ではでは、明日も営業いたしますので、ご来店お待ちしております(@^^)/~~~

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

330ワイドタイヤチョッパー製作の計画スタート★

こんばんわ、おつかれさまです、オオガキです!

3連休の一日目の土曜日はいかがお過ごしでしたでしょうか?当店は遠方からのお客様もいらっしゃったりと、連休らしいスタートとなっていました。ご購入検討だけでなく、カスタムの参考として見に来て下さるのも大歓迎ですので、どうぞお気軽にご来店下さい。

さて、この度330ワイドタイヤ仕様のprojectを頂戴したばかりなのですが、改めて部品を探していますとヤハリあいかわらず少量の部品なため入手が困難な状況でした。初めて330ワイドタイヤprojectを頂戴した時にも苦労して探したので、この度もそこからつまづいています。。。

330ワイドタイヤといえば、このサイズ感!!

迫力満点です(^^)/

 

では、工場の方をのぞいてみましょう!

オーダーメイドにて御依頼頂きましたI様ショベルヘッドprojectは、仮組OKとなりまして塗装のための分解をスタートしました!フレームだけの状態まで全部バラバラにいちゃいます。

マフラーにはワンポイントでエングレービングをほどこすことにしまして本組を楽しみに進みます!

ツールバックを装着するためにライトステーを修正致しましたが、丸棒にてこのようなデザインでお作りしてみました。この度はブラック塗装が中心となりますので、メッキ部分はより目立つ方向性として進みます。

↑↑コチラは石川県M様グースprojectです!しばらく手が止まってしまっていましたが、ここにきて一気に組立がスタートしています。

キャンディブルーのラップペイントでとてもキレイに仕上がっています★遠くから見たら通常の青にも見えるかもしれませんが、近づけばよ~く見たくなる感じです(^^♪

リブフェンダーはエンド部のデザインを生かしてラインを入れています。ホワイトとの二色使いもまたイイ雰囲気で完成しました!

オイルタンク左側にはオイルの量を確認できるレベルホースを取り付けました。これで簡単に確認ができるようにもなりアクセントにもなります。

エンジンは分解点検を終え、スムーズにリビルトさせて頂きました。

当店では通常、部位によって違いますがメタルガスケットを使用することが多いです。ときには、昔ながらの神ガスケットやコルクガスケットが有効と判断されることもありますので、いつもケースバイケースで判断は変わります。

↑↑続きましてもグースStyleのご紹介です。パンヘッドエンジンを搭載したprojectですが、前後ホイールをブラックとして重厚感をアピールしてみました。

エンジンはアメリカにてリビルトされているため外観もキレイな状態です。さらにキャブレターは当時モノのリンカートキャブで挑戦しています。コンディションが良ければこのままスムーズに進められそうなとことです(^▽^;)

もちろん当店での王道メニューなオープンベルト仕様&スーザイドクラッチ!

クランクケースはドイツ製の新品ケースに交換していますので耐久性も安心でオススメです。古くなればなるほど心配となる耐久性ですが、純正品とほぼ同等なデザインで作られた新品ケースなら文句なしのオススメ品です。

フロントブレーキは本来、年式的にはドラムとなりますが、走行性を安定させるために小さめなディスクを装着してみました。

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

オイル漏れが減げしいと悩む一番のポイント??

こんばんわオオガキです!

なんだかあっという間に週末となってしまいましたが、明日より三連休の方も多いかと思います。当店は通常月曜日は定休日ですが、祝日は営業いたしますので12日月曜日は営業させて頂きます。ぜひぜひ遠方の方もお時間作って頂き遊びに来て頂ければうれしいです☆

ところで、中古ハーレーライダーがどうしても悩んでしまう「オイル漏れ」ですが、先日は新車で購入した4年落ちの純正ハーレーでも保管している床に数滴垂れるという漏れ話を頂戴しました。新しいモデルでも仕方のないことだと思うこともありますが、構造自体がきっと漏れを止めるために難しい条件がそろっているのでしょう。それが旧車になれば余計に同じことが言えるわけですからある程度仕方無いと思って頂くほかございません。もちろん、その中でも対策しながら漏れをなくす方向性を目指すことができます。その件はお気軽にご相談下さい。

オイル漏れで一番困ってしまう漏れ箇所は、おそらくミッションのスプロケット周りからの漏れです。どうしてかといいますと、チョッパーの場合チェーンカバーが付いていないことも多く、スプロケ周りから漏れたオイルがチェーンについて巻き上げてしまうことです。すると来ている服はオイルの一本柱が立ち上がってバイク専用品と化します(^_^;)これに悩まされるオーナー様はきっと多いはずです。漏れても巻き上がって来ないための「チェーンカバー」を作っておくと後々便利になるかと思います。

 

では、本日の工場をのぞいてみましょう♪

マフラーからの白煙修理のためにお預かりいたしましたショベルヘッドくん、とっても調子が良く走れていたのでもったいないのですが、オイルの足す量も日に日に増えていますのでこの辺でキリをよくオーバーホールとしました。

この度はエンジン半分の腰上と呼ぶ範囲を修理します。念のため、腰下部のカムカバーも空けて内部の確認はします。

腰上といえばシリンダーヘッド周りの修理が基本です。

ロッカーアームは点検しながら調整してスタンバイします。

ピストンは、この度はまあまあコンディションでこのままでもイケるし、新品交換という選択肢も一般的です。

その際はシリンダーをワンサイズ大きく削ってあげないとイケません。

いずれもその判断は状況に応じて変わりますので、あ~するこ~するの定義は作ることができないものです。。。

明日、またお打ち合わせにご来店下ささるS様shovelhead★

ガソリンタンクにすこし芸を加えてワンオフ感を強めます。上部のプレートはタンク形状にたいして少しづつ曲げて作りしています。

ところで↑↑こちらのガソリンタンクはT様エボソフテイルくんのタンクですが、タンクについていたステッカーを外してみたら補修痕が見えてきました(^_^;)この辺をどうして隠そうとするか?御相談したいところであります。。。

ただいまハンドル製作していました、K様ワイドチョッパーくん。もともとのハンドルの寸法をもとに変形させながらお作りしています。

先端部をとがらせてワンオフなハンドルに!

ミラーはもともとシャープなデザインを選ばれております。

フォークシールのオイル漏れのためシール交換もしますが、これだけのロングフォークでは感知は難しいかもしれません。でも一度は試してみないと分からないのでまずチャレンジです。

以前のハンドルとの差はこんな感じです!少し手前に、ちょっと幅広くなので、乗りやすくなっていると思います。

↑↑こちらのグースネック様は久々の登場ですが、福岡県のF様ショベルくんとなります。エンジンのいろんな部品が加工から戻ってきたので早速組み立てます。

まずはクランクケースのブラスト加工からスタートしますが、マスキングをして余計な傷を作らないように保護します。カバーやシリンダーは仮物でフタみたいな感覚で使うモノです。

このクランクケース部をキレイにするためブラストで掃除します。これこそエンジンを車体から降ろした時でないとできないことです。キレイな車両をお求めの方はポリッシュプランかクロムメッキプランをご注文下さい!!

今日も短い記事ですみません、、、
また明日書かせて頂きますので、、、
ぜひのおいてみて下さい(^^♪

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

今日の車検は様々なジャンルで挑んできました(^^)/

こんばんわ、おはようございます、オオガキです!

昨日はブログサボってしまいましたm(__)mなんだかんだで遅くなってしまいまして力尽きるという結果になりましたが、本日は気合いを入れなおして更新させて頂きます♪♪

では、本日のオオガキは何をしていたかといいますと、、、

3~4年ぶりに車検場へ行ってきました(^_^;)↑↑この子の新規登録を担当してきましたが、久々の車検場の変化に少し戸惑いながらコースへ挑む感じで!

↑↑こちらの継続車検のショベルチョッパーくんもご一緒です!継続なのでスムーズに合格頂いて完了という感じでした。天気も良くいい一日です♪

 

さらに今日はトレーラ2台とオオガキフォードも私物で申し訳ございませんが行ってきました!

見事、検査には合格できまして、日本で初登録となりますため、車台番号が発行されました!あとはナンバーを登録すれば公道を通常通り走ることができます★

社用で使うためのハーレートレーラーはナンバー登録まで完了です。とってもゴロの良い数字が頂けてなんか嬉しい気分♪

キャンピングトレーラーも登録完了!いつでも旅に出れる仕様です。

そんな感じで、今日は朝イチから夕方まで久々の車検出張業務でございました(^^)/

 

ではでは、店に戻りますが。。。

 

本日はなんと2台のチョッパーくんの御注文を頂くこととなりました(^^ゞ

下記に続けてご紹介させて頂きます。

↑↑埼玉県N様、ご注文ありがとうございます<(_ _)>

栃木県Y様、ご注文ありがとうございます<(_ _)>

例年2月~5月までは当店にとって一番お問い合わせが増える時期ですので、気になる車両がありましたらなるべく早めなご検討をオススメさせて頂きます!

 

ではでは、工場の方をのぞいてみますと。。。

群馬県Y様ショベルヘッドちゃん、配線引きを本格スタートしましてエンジンに冷え入れるための下準備中です。

隠すところのないチョッパーの配線引きはセンスが問われるモノです。安全でなおスマートにしないとイケないところが非常に難しい。。。

スピードメーターはブラックパネルのカッコイイdesignの小型メーターに決定しました。

運転中一番操作しなくてはならないウィンカースイッチは、やはりオススメなボタン式で左右が独立しているタイプがイイです!冬用のゴツゴツしたグローブ越しでも操作がしやすくないと大変な面があります。

お次は、最近連続しています、エングレービング特集です!

エンジンについています「オイルポンプ」を彫ってみました★

エンジンを正面から見て左側に付いている小さな部品ですが、意外と目立った存在だったので彫ってみたくなりまして、早速お願いしましたが結果最高に良しです!!

何回見ても細かな作業で全てハンドメイドと思うと素敵な存在だと思います!ちなみにこのオイルポンプはS&S製の新品を利用していますので元々がキレイな状態であるためより一層仕上がりも良くなります。オーバーホール時などに是非ともおすすめしたい箇所の一つです。参考価格は20,217円です。

 

 

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

本日もエングレービングのご紹介です★

こんばんわオオガキです♬

本日の遠藤自動車は日曜日らしく、にぎわった1日となりました!春に向けてのご検討中のお客様も多くなってきました2月ですが、現在完成車両をご注文して頂いた場合、ゴールデンウィークに間に合うかどうかは、絶妙なところです。。。車両によっては間に合うかも??そんないめーじですので、改めましてご検討よろしくお願い致します。

さて、本日は新たなフルオーダーメイドによるprojectの御注文を頂くこととなりました(^_^)vエンジンはショベルヘッドでワイドタイヤStyleのカスタムとなります。ブログでのご紹介もご協力くださいましたので、製作過程は楽しんで頂けると思います!早速部品注文からスタートさせて頂きます。。。

 

ではでは、最近当店ではエングレービングの御相談が一気に増えている状態なのですが、今日もまたひとつ完成した作品がありましたのでご紹介させて頂きます(^^)

ショベル以前モデル用の4速ミッションを丸ごと彫り込んでみました★

いかがでしょうか??画像でも強烈なインパクトを感じれると思いますが現物を直視するともっと素敵です♪当店が目指す上品なイメージのカスタムにとても良く似合うエングレービングだと思っています。様々な技法があると思いますが、そのセンスは彫る方がいかに注文者の車両イメージを理解してくれるか?です。

では個別にご紹介しますが、ショベル前期モデルまで使用されている「ラチェットトップカバー」です↓↓

ミッション:ラチェットトップカバー参考税込価格¥20,217-


ミッション:ミッションケース参考税込価格¥28,080-


プライマリー:オープンプライマリーベルトガード参考税込価格¥26,956-

しかしながら芸術の世界です!カスタムペイントも芸術の世界で同じかと思いますが、金属加工の場合は失敗が修正できない部分が多いため、さらに過酷なジャンルだと思われます!!

 

お次は、昨日まで販売中であったショベルチョッパーくんをご紹介します。

↑↑前回の輸入便で届いたばかりのロサンゼルス出身のチョッパーですが、本日より非売品になりましたのであらためてご紹介いたします。

デルクロン製のクランクケースに組み替えられたワンオフ感バリバリのチョッパーです。

エンジン造形すらもワンオフしてあります。

クランクケースにもデザインし、カバー類も手作りとなっています。

ホイールリムは黒かと思いきや、実は銅メッキ仕上げなので古っぽさの味わい深さがまたちょっと違うんです。

テールランプもワンオフ。

フェンダーブレイスもカッチョい~★

サイドスタンドはなんと板バネ??

危険なにおいプンプンのオープンチェーン!

そんなショベルヘッドでした。
ご検討中の方、申し訳ございません。。。m(__)m

では、明日、明後日はお休みとなります。

水曜日よりまたお会いしましょ~~(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2018-02

    合計: 5095497
    本日: 1715

Return to page top