Home > Archives > 2018-01

2018-01

冬場のトラブルナンバーワンのバッテリー上がり!対策はしてますか??

こんばんわオオガキです♬

今日は初のFordでの通勤をしてみました(^^)イロイロ調べごともありましたので乗ってきてみたのですが昨日乗ったばかりのおかげかエンジンのかかりで困ることなくスムーズな出勤ができました!直したばかりのシフトチェンジ故障は今のところ大丈夫。。。実際、同じトラブルが出先で起きてしまった場合はどう直そうかと考えましたが、まず車の下に潜れない状態なのでトラブルが起きた時点で運良く坂でもあればイイのですが。。。潜りさえすれば工具も簡単なもので直せるので安心です。何か対策を練らなければ、、、と。

ホントは真っ赤なキレイな色がベストな好みなのですが、これはこれで気に入ってしまったし、滅多に出会えないチャンスを逃せば次いつ手にできるかわかりませんので、塗装しなおすことで解決できることは後でもいいか、キズも付けば塗装が必要にもなるしって、適当に考えています。日本では人気のないジャンルなので乗っている人も少なくて日本語で検索かけても勉強材料ほぼ無いので読めないなりに英語のサイトとにらめってこしています(^^;)

コヨーテキャンプの際はナックルグースちゃんを乗っけて会場へGOする予定です♪

 

では本日はまた一台の仮組projectをご紹介させて頂きますm(__)m

神奈川県S様ショベルヘッドくんです!まだ仮物も利用していますが大きな部分においての製作は進ませて頂いております。

前後のタイヤが違ってみずらいとは思いますが前後16インチ仕様で決定です!タイヤはホワイトリボンでクラシカルに。

サイクルフェンダー短めでスッキリシンプルに☆サイドナンバーのおかげでリヤタイヤは丸出しになります。

今では当店での自慢のStyleになりましたコヨーテタンクも未だ生産のメド立たずで困っておりますが、在庫有る限りのご対応とさせて頂きます。

ターンアウト+ブラスエンド仕様をお作りしております。

フロアボードはハーレーロゴの入ったパンヘッド時代のレプリカ仕様です。

最新の遠藤自動車オリジナルプレッシャープレートも後々にエングレービングして完成となります。

真鍮製のドリルドテールも歴史を刻んでくすんだ状態もカッコよくなることと思います♬

エンジンはアメリカにてリビルト済みですので外観もキレイになっています!コンディションうんぬんにつきましては仮組後の分解点検で最終的に把握できますのでご安心下さい(^^)

それでは最後に最近とても多いお問い合わせのバッテリー上がりですが、充電器を持っていない方にオススメしています当店在庫品の商品をご紹介いたします。当店では通常2種の商品を在庫していますが、、、

コチラはキック車用にご用意しています充電器で7000円弱で販売中です。

コチラはセルスターター付き車両用にオススメしています10000円弱の充電器となります。

両方に使いたい方はどちらを選んで頂いても大丈夫ですが、2種類とも100Vのコンセントさえあれば難しい操作は必要ありません。バッテリーの+-にケーブルを加えておいて、コンセントに電源コードを差すだけでOK!そのまま数カ月放置していても問題ありません。とくに冬場に乗れない地域の方には必須な充電器となりますのでお持ちでない方はおすすめします。必ずといってもいいほど出会うであろうバッテリー上がりも充電器さえあれば解決です(^^)/

乗らない時が一カ月以上あるならバッテリー端子は外しておきましょう。少しでもバッテリーの元気を維持できます。セキリティ装置など備品が付いている車両は上がりやすいのでお気を付けください。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

久々にオオガキブログ(^^)/

みなさんこんばんわ☆

昨日今日は二連休を頂いてました!日頃オオガキにとっての休み時間は基本的に家族と一緒にいるので子供中心の遊びをしています。今日はちょっと珍しく車の整備して一緒にワサワサしていたんで、そんな様子をたまには載せてみたいと思いました♪

オオガキが昨年GET]したばかりの1936年フォードのピックアップトラックです。アメリカの最大オークションEBAYにて見つけて輸入してもらったアメ車だったのですが、車検を取得する前にシフトチェンジができなくなるトラブルが発生してました(^^;その修理を今日はやってました。

運転席の床はただのコンパネです!チョッパーみたいでおもしろい(^^)いい加減な仕上がりが気に入っちゃいます。しかも、コンパネを固定しているボルトも半分くらいがネジ山死んでいて意味のないボルトがありましたが、気にせず前へ進みます。

運転席内部からの整備だけでは解決できなさそうだったので、下に潜ろうにもシャコタンでオオガキでは潜れず、、、サビサビに変身してしまったガレージジャッキで不安な気持ちながら持ち上げてみましたが、まだ使用上に問題はなさそうでよかったです。10年以上前に自動車屋さんから中古で買ったもので久々にオイルくれてメンテナンスもついでに。。。

バイクのことしか知らないオオガキにとってはイロイロと分解前の写真納めが大切です。組み立てができなくなったら終了ですし。。。はじめてバイクいじりした時は組み立てのことは気にしてませんので、たくさんのボルトが余るわけでした(;^ω^)

とりあえず、終始子供と一緒なので、整備は進まない、、、。「僕もやる!」っと、工具をもって整備中です。おかげで今日もキズが3カ所は増えてました♪思い出として補修せず残します。

この時期だとエンジンのかかりが悪いので、前もってフル充電しとかないと今のところ上手にかけられないので毎度気をつけています。暖気後は好調なんですが、始動時はガスが薄い感じです。チョークがあるのでうまく使えるようになればいいんでしょうが、今の自分には修業が足らない感じでした。

高校性の時に遠藤自動車に就職することが決まった後に気合で買った充電器ですが、まだ元気に動いてくれています。当時25000円くらいしたのですが、今ではほかにもたくさん安い充電器があるので、多くのモノが買いやすくなっている時代だと思います。

妻が盗撮してくれていたので貰ってUPします。休みの日にワークシャツ着るのはしばらくぶりでした(^^♪

そして、原因もわかって加工してちょっと直してみました。機械系の問題で、ぶつかってはならない部分にぶつかっていたところをガリガリ削って解決したつもりです。そして試運転!

遠藤自動車のヴィンテージカー専門店へ散歩がてら行ってきました!電動ファンのスイッチ入れないで走ってきたらオーバーヒートしました(^▽^;)スターターてっきり忘れてテンション上がってやってしまいましたね~♪ちょうど遠藤社長がいたので水もらって無事解決☆

ド素人街道まっしぐらでございました(^^)v

 

さて、昨日につきましては、皆さんにも一度足を運んでいただきたいラーメン屋さんに行ってきましたのでご紹介させてください☆

群馬県の舘林市にあります手打ちの「佐野ラーメン」屋さんです。オオガキにとっては好きなあっさり系ラーメンです。

オオガキのイチオシは塩ラーメン。お湯のようにすきとおったスープですが、魚介系の後味が絶妙な好みなんです。見た目はシンプルで派手さはありませんが、はじめての方にはオススメしたいラーメンです。

醤油チャーシューメンもGOODです!チャーシューはバラ肉で旨し☆

麺は手打ちなので太さなどマバラでチュルンとすすって口に入っちゃう感じでガンガン食します。

日本食の経験もあるオーナーさんなので、サイドメニューもすてがたいんです(*^-^*)昨日はマグロの切り落としと赤大根いただきました。

さらに片栗粉のシュウマイも!これはオオガキの地元足利市のスタンダード肉無し片栗粉シュウマイです。もちもちした触感でオオガキは好きです。おやつみたいな感覚もあります。

ラーメンはおもに醤油ベース塩ベースの二種です。遠藤自動車にご来店の方で東北自動車道を使ってお越しくださる場合はぜひ館林インターを利用していただいて寄り道してみてください(^^)/

そのあとには、オオガキの実家へ。。。

遠藤自動車の段ボールがいっぱいになったので親の仕事場へ行ってパッカー車へ投げ込んで遊びます。子供が楽しんで手伝ってくれるので休日の楽しいイベントです♪

最後に近くのショッピングーモールにて、ここでも納車待ちで困っているお客様がいるようでした(/ω\)

 

ではでは、これにてオオガキブログ終わります!

約150台のチョッパー達を、ぜひ見に来て下さい(^^)/

おつかれさまです、やっぱり今日もオオガキです!

本日は朝から水が使えない状況のままスタートしましたので、朝からお越し下さった皆様にはトイレが使えなく、、、大変ご迷惑をおかけしてしまいました。改めまして申し訳ございませんm(__)m本日夕方に復旧しましたので次回はご安心下さいませ♪

また、本日は多くのお客様がご来店下さいまして、にぎやかな一日だったと思いますが、オオガキは朝一番で県内のお客様宅へレスキューに行ってきたところから始まりました。やっぱり、朝のキックスタートはナカナカうまくいかないもんですが、ひたすら踏んで踏んで体に覚えさせるしかないんです。この時期に一番多いご相談はまさに「エンジンがかからない」のネタです。

そんなときは、、、

・キックを踏む前に夏場よりも多めにガソリンを送っておきましょう。
・スロットルの開度を大きくしたり、小さくしたり、変化を付けながら汗だくになるまでトライ。
・イグニッションキーをOFFのまま、キックを2~3回踏んでおきます。これを空キックって呼びます。
・休憩するときはイグニッションキーは必ずOFFです。バッテリーが上がります。。。
・故障かな?って不安な時は、プラグを外して火が飛んでいるか?チェック。
・火が飛んでいれば故障していないと思います。冬でも半袖になるまで踏みましょう(^_^;)
・踏み方のコツは、、、体力温存のため、なるべく低い位置から踏む&大きい動作はしないように!
・バッテリー電圧は大丈夫??キックだって12V以上はないとかかり悪いですよ。。。
・ガソリンはちゃんと入ってますか??少ない時は補充してみてから再トライ。

↑↑ということで、気合いで乗り切るしかありません\(^o^)/
コツをつかんでくればコノ苦労も無くなるハズです。。。

その日が乗り出してから数か月後?何年後?かは、未知の世界です★

みなさん、旧車ライフを存分にお楽しみください。

遠藤自動車らしいインパラの御来店です。内外装ビッチリ仕上がっていてイイ音鳴っていました(^^)

こちらもまた、ビッチリ仕上がっていますビートル登場でした!クラシックな可愛さが好きです(^^♪

二台とも当店にてショベルヘッドを乗って下さっているお得意様です★

 

さて、本日は仮組を終えて本組中の女性オーナー様とのお打ち合わせがございました!

タンクやフェンダーなどはまだ仮物なのですが、現時点でもとてもカッコよく仕上がっています!今日はハンドル製作後の位置合わせにてお越し頂きました。

マフラーはシンプルなスラッシュカットですが、マットに抑えるためブラックで塗って完成です。既製品であるようにも思えるシンプルさがあるかもしれませんが、根元から全部ワンオフです。だからこその理想的な長さ形状に成り、オーナー様がまたがった時にもイイと感じられる状況としています。

仮物タンクといいましても、筆記体でデザインされたハーレーロゴが入っているだけでグッとイメージは違くなります。

ホイールは全ブラック仕上げでコッカー製ベックタイヤを履かせてボリューミーにクラシックに♬

ボバーらしいハンドルも理想的なポジションに合わせるためお作りしております。グリップの位置が体形に合っていないとロングツーリング時には大変な思いもあるかも?ですので重要なポイント。。。

エンジンは全分解後、磨き上げてピッカピカに再生させて頂いております。黒い部品は再塗装しシルバーのケース部分はブラストにて汚れをかき落として新品同様なエンジンに復活しています。ここから歴史とともに汚れていくことは、それはそれでかっこいいのではないでしょうか?

お次は久々の登場になってしまいました、香川県のオーナー様である前後21インチのホッソいグースちゃんです。シンプルイズベストを目指した結果は、予想以上なスリムさと軽快さが伝わってきています。

コダワリのプライマリーケースはショベル時代のモノではなく、パンヘッド時代までに使われているスチールケースを採用しています。剥き出しのオープンベルトプライマリーとはまた違ったカッコ良さがあります。

あえてクラッチが見えるようにカバーは付けません。さらにカバー取付部のネジ山を開けっ放しにするのではなく、黒メッキ加工したマイナスボルトでふさぎます。

ケースを一周固定している小さなスクリューも黒メッキ加工したこだわりのボルトなんです。小さなことですが、ハイセンスなカッコイイ一台が仕上がってしまいそうで楽しみです(*^^*)

ところで、二階工場を改めてみると、一階ショールームなみに整備待ち車両が陳列していました(^^;

全ての階にある車両台数は約約150台でした。5年前ココへ引っ越してきたときには、まだまだスペースに余裕がありましたが、、、(;^ω^)

グースネック量産屋ではありませんが、、、まとめてフレームに関する加工だけ先に済ませておきました!並んでいるとそれだけでプロショップみたいです(^^)

当店が得意とするグースStyleはフロント部分のフレームは一本パイプで基本お作りしています。強度は二本より落ちてしまいますが、スッキリさせるためには有効なカスタムなんです。

フレームワークも完了したので、あとはパウダーコートへ進めます☆

 

そんなところで、本日の業務は終了となります。

明日、明後日は、連休でお休みとなっておりますので、また水曜日にお会いしましょう~~(^^)/

久々に、連休中にオオガキBlogでも書いてみる気になっているので、もしかしたら書きます。。。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

サンダンス製キャストホイールがカッコいい~★

こんばんわ、おつかれさまです、本日もオオガキです(^^)
そういえば、この自己紹介する流れはいらないでしょうか?
でも、なんとなくだれが書いているのかわからないってのもおかしいかと思いまして。。。

先ほどニュースを見ましたら、なんとビックリ、2019年にはアメリカでハンドルもペダルも付いていない、自動運転の量産車を実用化する方針らしいです(@_@)もう少し未来のお話しだと思っていたのですが、さすがアメリカ!来年にもスタートしてしまうなんて驚きです。あと十年経った頃にはこの自動運転車両がどのくらい増えるのでしょうか?また、超々アナログの旧車のニーズはどうなっていくのか?楽しみでもあり心配にもなってきます。

では、話は変わりまして、本日の工場をのぞいてみましょう!

本日お打ち合わせとなりましたNEWプロジェクトの福島県S様ショベルヘッド!フレームにエンジンミッションを載せリヤホイールを仮に合わせてみました。エンジンのブラックとホイールのブラックがとってもイイ相性な雰囲気すでに出ています。

サンダンス製の高機能で超軽量の7本スポークキャストホイールに、現行モデルのエイボンタイヤを履かせてギュンギュン走れるチョッパーになりそうです。軽量化のためのデザインのおかげで、とてもスマートでシンプルなカッコ良さがあります。

エンジンはもともとアメリカにてリビルトされていますが、その際にリンクルブラックに塗られていた個体を選びました。後々色を塗ることは高価なカスタムになりますのでイイ巡り会いだったと思います。

お次は富山県M様ボバーなショベルくん。今日はブレーキ整備を中心におこなっています。

ドラムブレーキの難点は整備性が悪いことです。分解しなければ調整などができないこともあり、また固着してしまうとディスクブレーキより面倒なこともあります。

フットブレーキペダルが押し込まれると、このホイールシリンダーの中にブレーキオイルが送られてきて作動し、ブレーキが効く構造になっています。この内部の作動がシブいとブレーキが効きっぱなしになってしまうため、掃除したり交換が必要だったりします。

フットブレーキのオイルを入れるマスターシリンダーは、なかなかのクセ者で新品から具合の悪いアイテムが多くあります。当店にはたくさんのジャンク品が3階に保管されていますほど。。。(^ω^)

さて、こちらはパンヘッドエンジンですが、現代では簡単に入手できなくなってきまして残念です。

この度は純正採用されていたリンカートキャブを使用してみますが、ボディが真鍮だなんて昔の時代の部品って味わい深いモノが多く存在します。ここまでヴィンテージ感の強いキャブレターってなかなかないと思います。

当店得意のグースモデルを生産中です!販売用となっていますので気になる方はいつでも見に来て下さい。まだエンジンはかかりませんが随時情報を更新させていただきます。

1951年式です。クランクケースはドイツ製のモーターテクニック製のクランクケースに交換してあります。よって、強度面や現コンディションはとても安心できる状態のため、オススメしやすいパンヘッドとなります。全てが純正部品ってのは理想的かもしれませんが、時代とともに苦労も増えることも考えられますので、このような部品のおかげでハーレーは不滅と成れルんだと思います。

去年入社したばかりのアラキさんは、250ワイドseriesの組立を中心に勉強中です。まずは転がすための状態にすることがバイクの組立業務の基本です。

エンジンはツインカムエンジンを搭載します。もちろんキャブレター化してチョッパーを製作します♬

アラキさん、急ピッチで工具を揃えています。この引き出しが満タンになれば、とりあえず基本セットは揃う頃だと思います。

こちらのチョッパー様はエンジン修理中にプチカスタム開始です。

とっても危険なにおいのするパーツはなんだと思いますか??ネジネジ&トゲのコラボレイト。

正解はタンデム用ステップとなりました!折りたたむができませんので危険です。。。

後方から近づいても危険です。

適度にツイスト部品が存在し、ワルなチョッパーでカッコイイイんです★このネジネジの具合もお好みで細かいねじりが好きな方もいれば、荒いねじりが好きな方もいますので、ネジネジ製作の場合はその点から要ご検討です(^^)

では、本日はこの辺で終わりますが、明日も日曜日でご予約が多くありますので頑張って勤めさせて頂きます!

 

そういえば最後に、ちょっとハプニングが起きていますのでご連絡いたします。

水道管損傷のため、15時くらいまでトイレが使えない状況です(^^;)

ご来店のお客様にも大変ご迷惑をおかけしてしまいます。。。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2018年度初のオーダーメイドproject御注文頂きました★

こんばんわオオガキです♬

最近オオガキは、工具を持つ回数が減ってきてしまって残念でもありながら、新たな挑戦ということでワクワクしているこの頃ですが、ココ数週間は遠藤社長自らが現場に出て激を入れながら工場では働いております!2018年の新体制を整えるべく社長が現場で動く姿は、私にとっては懐かしい映像でもあり、当時を思い出させてもらえる一シーンでもあります(^^)

では、本日はまた新たなプロジェクトとなります、ショベルヘッドエンジンを搭載するチョッパー製作のご注文頂くこととなりました!

2018度初のセミオーダーメイドプランでお作りすることになりましたのは、78年式ショベルヘッドです!この子は偶然にも当店内にてオーバーホールしたばかりのエンジンで、このまま深い整備せずにお渡しできるエンジンでした。

2Fという記号により判別できるモデルはFXS1200です!バラバラとなった今では元の形は気にならないかもしれませんが、ご参考にして頂ければ幸いです。H8という記号により1978年式と呼べるようになっています。

ヘッド部はアルミのサンドブラスト仕上となっていますが、この度キレイにポリッシュ加工する予定でございます。

クランクケースが元々ポリッシュ済みである点は、キレイ仕上げをねらっているお話についてはとくにオススメとなっています。ケースまでポリッシュすることは国内では珍しいことだと思います。

これにて、セミオーダーメイドにつきましての2018年のご依頼は、残り9台までとさせて頂きますm(__)m

 

続きましては、本日お客様宅へお届けのため、輸送業者様デポへいってきた子をご紹介です。

エボエンジン搭載のリジットボバーカスタムです!富山県まで運んで頂くことになりますが、道中雪や雨が無いことを願っています(>_<)キックスタートは初めなかなか上手にできないものですが、一年二年時間をかけて自身のモノになり知らないうちに通勤でも対応できるようになれます。そこまでの苦労は「楽しみ」に変換して頂き新たなハーレーライフに挑戦して頂ければ嬉しいです。お困りの際はお気軽にご相談下さいますよう、お待ちしております★

 

お次は、エンジンオーバーホールに進みました茨城県S様プロジェクト。基本整備のガスケット交換のため、まずは全分解です。

ミッションも同様に進みます。ハシモトエンジニアリングことハシモト氏は久々のオーバーホール業務ラッシュが続いています。

まずはすべてのギヤ周りを抜き取ってミッションケース単体まで分解です。

ショベル以前モデルのミッションで一番困るのが、ミッションを固定しているマウントスタッドボルトネジ山部より漏れるオイル。。。ココは、車体に乗ってしまったら修理は不能です(^^;ミッションを車体から降ろしてヒックリ返さなければ対応できないイヤなところ。。。

ネジ山からの漏れって普通では考えにくいのですが、負担の大きいこの年代のミッションでは一般的ともいえる症状です。このボルトからのスキマができないように長年このんできたロック材を併用して固定しなおします。

そして、よくあるネジ山損傷修理はアルミ溶接してからネジ山再生をしないと直せません。エンジンもミッションもネジ山修理という通常の機械ではあまりない仕事が旧車には付き物です。。。

コチラは、富山県M様ショベルヘッドくんのリビルト風景となります。先ほどと同じくガスケット交換を中心にバランバランでいきます。

もともとアメリカにてOH済みでありました個体ですので、NEWピストン&ボーリング済みとなっていて一安心。ホーニングの傷もキレイに残っているためこのまま使用します。

オイルポンプは新品交換させていただきました!ポリッシュ済みのポンプなのでエンジンがさらに綺麗になっています。

ヘッド部はステムシールが付いていない仕様なので、シールのみ取付してオイル下がりによる白煙を少なくさせます。アメリカオーバーホールでは一般的に白煙を気にしませんので、長距離走行でも焼き付かないためにクリアランスは大きくとってあります。そのせいで白煙が出る個体は多いのですが、気にしなければ長年乗り続けられるタフな子になれる仕様だと思ってます。日本とはまた違った発想を持っているのは当然だと思いますが、本国の考え方はイロイロと勉強になることが多いです。

エンジンを分解しているといつも思いますが、整備マニュアル通りに仕事をこなしたがる日本人では絶対思いつかない直し方をしてあることもあります。それを見ると応用ばかりの世界で修理しているプロの方々の技術がすごく感じます。だからこそ数少ない旧車が残り続けられる国になっているのだと思います。ようするに、アメリカでは使えると判断できるものも、日本ではゴミになってしまうということです(^^)

コチラはただいま仮組中の260ワイドなグースprojectです。ついにバイクらしい雰囲気となってきました。

ハンドルとタンク製作もホボ出来上がってきています。通常よりも少しワイド幅で製作しているハンドルのおかげで取り扱いもしやすくなっていると思います。

続いてはリヤフェンダー周りの改造を進めたいところです!

最後にご紹介となりますのは、仮組が80%完了となってきましたショベルボバープロジェクトです。前後FLHキャストホイールが決め手のクラシカルなカスタムハーレーを目指します。

既製品では存在の無いタンクサイドシフトはもちろんハンドメイドでご用意させていただきました。シフトレバーの長さは操作しやすい範囲で決めてありますが、まだ修正させて頂くことは可能です。

エンジンを固定しているブラケットをワンオフしてシフトレバーの軸を取り付けます。強度もデザイン性も必要な部分のためよく吟味してお作りしているところです。

フロアボード仕様となってロッカークラッチでさらにクラシカルな方向性へ。パンヘッド時代までよく使われていた足クラッチのレプリカになりますが、慣れれば楽しいこと間違いありません( ^ω^ )

当店ボバーStyleの王道ピーナッツタンクとシーガルハンドル!迷ったらコレっといっていいほど操作性も良くシンプルで安定してカッコ良さがあります。

 

では、本日のオオガキはまたもや体調がすぐれていないので、おとなしく帰宅したいと思います(^_^;)一週間に一度は具合悪い気がしています。。。

明日も頑張ります!!!

 

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

オープンプライマリーだからこそ楽しめる!クラッチプレッシャープレート☆

こんばんわ、晩御飯食べ過ぎまして眠いながら打ちます、オオガキです(^^)

今週は新年のご挨拶という事で、多くの方にお会いしている日々です!パートナー様とも今年の計画を相談しながら、昨年できなかった挑戦を今年こそchallengeしていきたいと思っています。

電気自動車が増えていく中で、当店が中心としている旧車はどうなっていくのか?オオガキは今33歳ですが、あと30年経ったころ、まだ同じ趣味を継続していけるだろうか?そんな話も飛びかっていた今日です。自動運転がドンドン増えている中で、よりアナログなカスタムハーレーをご紹介し続けていきたいと思います★

ただいま販売中の車両は約90台ご用意させて頂いております。でも、店内に収まらず、、、(^^;

カスタムベースの車両も30台以上はキープしております。

ごちゃごちゃっとしちゃってますが、お気軽にご来店下さい(^^)/

さて、こちらは昨年お引き取りに行ってきました長野県オーナー様のワイドグースショベルくん。プラグのネジ山が損傷してしまったのでこの冬の間にネジ山修理の分解修理を済ませちゃおうな作戦です。合わせてカスタムも頂きましたので、同時に進行していきます。まずはお見積りから!

もともとはタダのアルミプレートであったカバーに彫金してデザインをワンオフしています。全てハンドメイドな仕上がりがカッコいいポイントです!

フロントホイールが80本のスポークともなればパっと見のインパクトは大きく存在感があります。とくにワイドタイヤStyleのカスタム車の場合は選択肢として40.60.80本とあり、それ以上も受注生産品にて存在します。

お次は、70’sスプリンガーをカッコよく装着していますショベルチョッパー様。ヘッド周りからのオイル下がり対策のため分解を進めています。イイ時期を乗って頂きココまで引っ張って頂いていましたので、春までには健康状態に回復させる予定です♪合わせて、プチっとカスタムもさせて頂きます。

こちらの裸フレームは、茨城県S様ショベルグースくんのバラバラの姿です。仮組も終わりイヨイヨ次のステップへ進ませて頂きます。

それぞれお作りした部品は、メッキ仕上や塗装仕上をチョイスし目指している姿を目指します!

 

では、今日は短くてアッサリでゴメンナサイ、、、ですが、最後に最近お話したばかりのクラッチパーツを改めてご紹介させて頂きます。

車体左側を華やかにするためにお作りしました、クラッチプレッシャープレートです。↑↑こちらの画像のプレートは御指定のロゴを彫らせて頂きました商品です。税込19,932円で承りますm(__)m

↑↑こちらは当店ロゴを入れさせて頂きましたが、よろしかったらぜひつけてやってくださいm(__)m同じく税込み19,932円です。

↑↑こちらは、エングレービングでカッコよく仕上げさせて頂きましたプレッシャープレートです。コチラについてはお任せ頂いて柄を彫らせて頂いております。税込26,892円で承ります。

ハンドメイドによる一点モノですので、その場その場の思い付きでカッコよく彫って頂きます。カスタムペイントで深くお付き合いしているGクラシックの赤坂さんによる作品です。車両の一部だけでも目を引く存在になってくれます(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

ガールズバイカーのための新たなプロジェクト発動♬

こんばんわ、おつかれさまです、オオガキです。

今日はいつもこのブログを愛読して下さっているお客様から「また更新してね~な!」っの、一言を頂けましたので、眠くならないうちに書き始めようと思いました(^^;)なんか、なんとなく?書いているだけの記事ではあるのですが、毎日のようにアクセスして下さっている方がいると思うと嬉しいもんです。ブロガーと呼べるような皆様のようにはできませんが、まだまだ続けていきたいとまた思わせて頂ける日でした!

では、まずは今週納車予定のチョッパーくんから。

先日大量画像UPさせて頂きましたツインカムチョッパーくんですが、この度は三重県までのお届けとなっています。早ければ今週中にもキャラバン号にて納車に行ってまいります♬週末の天気がイイことを願って(^^)

さて、こちらは新潟県のオーナー様のショベルヘッドちゃんですが、先日新たに変わったポイントがありましたのでご紹介させて頂きます。

オーナー様の御依頼のおかげでお作りすることになりました、チェリーレッドのサドルシートです!これまではブラック、明るいブラウン、濃いブラウン、3種でしたが、あたらしく登場です。通常在庫品ではありませんので、ご希望の方はお問い合わせ下さいませ。

サドルバックとガス予備タンクホルダーも同じくチェリーレッドで!画像では分かりにくいですが、例えばレッドウィングなどのブーツで使われている色に近い雰囲気があります。ココからまた使い込んで黒ずんで色が変わるところも見どころですね♬

お次は富山県M様ショベルヘッドのフレームの登場ですが、パウダーコートも上がってエンジン分解整備を進め始めたところです。

オーダーメイドの際は基本的に分解点検ガスケット交換を行います。当店にてすでに施工済みの個体はしませんが、アメリカより買い付けてきた個体については、あらゆる状況でもすべて確認は致しております。

この度はシリンダヘッド部の修理は内燃機加工を含めておこなうことにしました。別の期間はアメリカでのオーバーホールによってキレイに直されていましたので、調整のみして完了です。

続きましては、福岡県F様のshovelグースprojectです。フレームの塗装は以前より完成しておりましたが、メッキ加工にちょっとお時間がかかってしまいましたので、いよいよ本組スタートとなりました!

ハシモト氏が現在かかえているprojectは10台近くありますが、どれも部品待ち加工待ちばかりで合間を見ながらそれぞれの車体を組み上げていきます。オーダーメイドの場合、このように一つの部品が入荷しないせいで先に進めないことが多く、長期間にわたり組み上げていくことになってしまうことが申し訳ないこととなっています。

メッキ加工がキレイにいったライトステーはとにかく目立ちます★ワンオフ感満載の仕上がりですよ~~♪

オーナー様からの御依頼により、また新たな真鍮パーツをお作りできることになりそうです。このBDL製のボールベアリングクラッチASSYに対する初のカスタムパーツです。これこそ他店様ではなかったパーツになると思います。

こちらのバランバランな1台は埼玉県T様プロジェクトです。昨年の最終確認を経て早速分解させて頂きました。これよりフレームからそれぞれのパーツにつきましての塗装やエンジン周りの整備をさせて頂きます。

今年からENDOスタッフは新体制によって業務をおこなっておりますが、サカイ氏を筆頭にする班は販売車両を中心に製作してまいります。

その反対にお客様からの御依頼のもとお作りする車両を中心に製作してまいりますのは、エンドウ氏の班ですが店頭での営業にも力を発揮してもらうべく、御商談に席にもこれまでよりも多く御対応させて頂くことになると思います。

ところで、三階では250ワイドなショベルヘッドのフレーム補修塗装をしている最中でした。リヤ周りを大きく改造してしまったので、キレイに塗りなおしています(^^)/

 

ではでは、最後にご紹介となりましたのは、表題でも書きました新たなプロジェクトのお話です!!

福島県S様shovelheadプロジェクトで使用したいホイールが入荷しました!当店では使用することが初めてであったホイールでメイドインジャパンであるサンダンス製の素晴らしいパーツです。とても軽くショベル純正の9本スポークホイールと比べればビックリな軽量化となっています。走行性能はさすがサンダンス製ともあってバランスがと手スムーズに回転できるよう追及してある優れものです。

梱包まで文句なしの発送方法でした。キズひとつなく当店まで届いております(^^)

半艶ブラックってキズがついたりすると補修とか難しいので海外製の安価品の場合たいへん頭を悩ませる状況で届いたりします。文化が違うので仕方ないと思いますが、日本のお客様に販売する車両なのでキズがそのままでイイわけでもないのです。。。

ぜひ一度サンダンスキャストホイールをWEBで見てみて下さい★

リアルで手にした今ならとってもオススメしたくなるホイールでしたので、気になっていらっしゃる方は迷わず選んでください(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

★ハーレーダビッドソン:07年ツインカム:リジットスプリンガー★オーダーメイド三重県M様

 

   

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

 

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!

~~~カスタム詳細~~~

後ほどご紹介させて頂きますm(__)m

 

~~~コメント~~~

オーナー様のこだわりの御依頼のおかげで完成となりました、2007年式ツインカムエンジン搭載のフルカスタムハーレーです!この度のテーマは当店が最も得意な「オールドスクール」でしたが、パワフルに現代の事情にも対応できるように走れる、ツインカムエンジンをチョイス致しました。全体的なシルエットについてはオールドテイスト満載の仕様でありますので、インジェクションモデルであったこの度のエンジンもキャブレター化し、電装部品も可能な限り取り外しながら、アナログ化を追及しております。その結果、旧車よりもハードな振動と鼓動が楽しめるスペシャルな1台として日本でデビューしました。リジットフレームを利用することによって、極限までシンプルに軽量化され、開会なハンドリングを実現しています。重量感のある純正ハーレーとは打って変わったオールドスクールチョッパーです。また、ココまでのフルカスタムをした上でも規制に合格できるようノウハウを駆使してお作りしていますので気にせずガンガン乗り回して下さると幸いです。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

★ハーレーダビッドソン:74年ショベル:グースネック★オーダーメイド福島県S様

 

 

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

 

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!

~~~カスタム詳細~~~

後ほどご紹介させて頂きますm(__)m

 

~~~コメント~~~

オーダーメイドにて完成となりました特別な一台でございます!シルエットは当店が最も得意とする低く長くのシングルダウンチューブ仕様のグースStyleですが、ホイールやペイントなど、他細かな仕様につきましてはオーナー様との共同案で作り上げました作品です。この度のポイントはなんといってもクロムメッキでキレイになったフレームです。そこから一部カスタムペイントをほどこしバランスよくブラックとレッドを置きました。タンクやフェンダーはその反対にブラックを基調としてメッキの光を抑えるようなイメージで塗り上げております。ホイールも特徴的で前21後18インチの細身のシルエットでありながらも80本スポーク仕様で特注仕様となっています。また、全体に散りばめた真鍮部品とゴールド部品のおかげで高級感が増し、上品なフルカスタムハーレーと成ってくれました。なお、新しくご提案しております当店オリジナルパーツの「クラッチプレッシャープレート」「ロッカーアームシャフトエンドナット」は、この度の車両をよりカッコよくするためにお作りしました。キッカケを頂戴できましたことまことに感謝しておりますm(__)m

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

2018年初の営業日に、御注文ありがとうございます★

こんばんわオオガキです!

店内にてブログを更新するのはなんだか久しぶりな気がしています。。。ヤッパリ毎日のように書いてきたコノBlogも書かないこと自体がさみしいもんですね~(^^;

さて、オオガキはこの正月イロイロと遊びまわってきましたが、最後の休みの日にタマタマ行ってきた神社が皆さんにとっても良いネタになりそうな場所だったのでチラッとお話します。

神社の名前は「安住神社」でしたが、栃木県の塩谷郡というところにあります。そこは「バイク神社」として認定されているらしく、多くのライダーが駐車場に止まっていて近づいた瞬間ビックリする光景でした!たまたま病院へ見舞いに行ったついでに行ってみただけでしたが、偶然そんなところに巡り会えてイイ年になりそうです(^_^)

おそらくショベルヘッドエンジンに見えるロングチョッパーの写真映えスポットありました!!なかなかこんなマニアックなバイクをデザインするとは心を揺さぶられるモノです★

http://www.yasuzumi.com/bike.html
↑↑お守りなど、バイク用のイロイロ売っていましたので、ぜひ行ってみて下さい!!

 

 

では、本日カスタムのためお預かりさせて頂くことになりましたショベルちゃんです。

今日のために、ハンドル製作をしてお待ちしておりましたが、早速オーナー様がいらっしゃるうちにハンドル交換してイメージを追及しました。ボバーStyleから一気にワル系のチョッパーに変身です!!トランペットなUPマフラーもシーシーバーも21インチホイールも、このナロいなハンドルが似合っていますね~~★

S&Sキャブに短いファンネルを付けてshovelheadは丸見えに!ポイントカバーはナチスのシンボルマーク逆卍がワルくてカッコいい~っす♪

ではでは、2018年初の御納車でした1台もお見せして終わりにしたいと思います!

チョッパーStyleからクラシックなボバーstyleに変身を遂げました素敵なshovelhead様です。オーナー様は1年1万キロ弱のペースで乗り続けているベテランオーナー様ですが、この度レプリカstyleのソロシートとポリスtypeのハンドシフトチェンジにカスタムしましたので、またココからの再スタートって感じだと思います。このスタイルで初走行にも関わらずカメラワークさせて頂いてありがとうございました( ^ω^ )

純正のショベルFLHと違って軽めで軽快に走行できる点が推しポイントなカスタムハーレーです★

それでは最後に、今週の営業日のご連絡いたしますが、今週は8日月曜日は祝日のため営業させて頂きます。
よって、9日火曜日は振替にて店休とさせて頂きますので、ご来店の際はご注意くださいませ!

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

Home > Archives > 2018-01

    合計: 4985193
    本日: 1719

Return to page top