Home > USEDBIKE > TWINCAM Archive

TWINCAM Archive

★ハーレーダビッドソン・2013年1580ccツインカム・リジットスプリンガー:車体本体税抜価格¥2,880,000-★

 

 

2013年式のパワフルなツインカムエンジンをリジットフレームに載せたフルカスタムハーレー!まだまだ日本国内では希少なツインカムのリジットカスタムを当店にてお作り致しました。エンジン意外はすべて非純正品とワンオフ品で構成し、OLDスタイルを安心で現代事情に合うように目指し完成しております。純正のハーレーではあり得ない領域までに手を加えてカスタムしているため、同じ車両が横並びすることはまず無いでしょう。一生所有するかもしれないバイクが特別な一点モノであることは何よりも自慢できるポイントです。車両重量も住専と比べ大きく軽くなりコンパクトで車高も低く、小柄な日本人にはより乗りやすいポジションとしています。気軽にUターンできちゃう軽快さがあります。ビギナー様でも不安が少なく乗れる1台です!

グーバイクサイトにて、より詳しくご覧いただけます⇒
http://www.goobike.com/bike/stock_8400640B30170708001/

フェイスブックページでもご覧いただけます⇒
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.1392418367540660.1073742066.171214682994374&type=1&l=9a11a7034a

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


オーダーメイド時のご参考に!ただいま在庫しているエンジン年式一覧♪

こんばんわオオガキです☆

本日は3月1台目のご注文を頂くことができましたので、早速売約しましたパンヘッド様をご紹介いたします!

↑↑こちらのエンジンミッション以外はほぼ新品部品と製作部品で作り上げましたシンプルなボバーパンヘッドです!前後は19インチの大きいサイズをあえてチョイスしているところがコノ子の特徴です。前後19インチを装着すること自体はとても少ないカスタムでありますが、オオガキとしてはとても好みなカスタムstyleです。車高も通常よりしっかりと確保でき、細身のタイヤのおかげで山道もわりとスイスイ走れてしまうところも魅力です。また、真横から見た時のタイヤの大きさが目立ってくれるところもオススメです。フレームはパンヘッド時代の純正リジットフレームと同じ形のレプリカ新品モノを使用しながら、オイルタンクやロッカークラッチ前後のブレーキ周り、スプリンガーフォークなど、パンヘッドの純正らしい部分も残しつつのフルカスタム車両です。タンクを見た目優先で細くしている点は容量不足でデメリットかもしれませんが、、、カッコイイと思っているのでお許しください(>_<)

お問い合わせの多い車両でしたのでblogにて取り急ぎのご報告させて頂きました!

さてさて、ロサンゼルスにて買付出張中の社長業務も早くも中盤に差し掛かって日本へ送る出荷準備も併用して段取りをしているようです。コンテナの出荷を送らせてしまうとドンドン日がズレこんでしまいますので何かと大変な段階です(@_@)そして、ただいま買いつけが完了している車両の年式だけを一覧にしてみますので、オーダーメイドなどの場合の生まれ年などの年式指定の際にお役立てください。すでにご注文は承っておりますのでこの機会を上手にご利用くださいませ!

ツインカム:1450~1580cc計4台在庫有

エボ:1999/1998/1997/1992

ショベル:71/72/73/74/75/77/78/80/81/82/83

アーリーショベル:66/69

パンヘッド:48/61/61

ナックル:37/40/41/46/47

サイドバルブ:6台在庫有

上記は現在店頭にて在庫しているエンジンも含めております。随時ご予約承っておりますので、ご紹介した内すでに2台は売約済みでございます。オーダーメイド時はお気軽にご相談下さいませm(__)m

 

さてさて、ちょっと前のお話ですが先日の日曜日に整備させて頂いたオープンベルトプライマリーの調整についてちょろっとご紹介いたします!

乗出されてから約3年たとうとしているこちらのちょっぱー君。たまたま寄って頂いた際に気付けたプライマリーベルトの緩みの調整を急遽することになりました!

オープンベルト仕様の方はわりと多く経験されている症状だと思いますので「やったことある~~」な人もいるかと思います(^^)

まず、汚れた軍手で申し訳ございません。。。m(__)m

ベルトを押し上げてみたりして動き幅が大きい場合は調整したいところです。動き幅が無いのも問題がありますし、冷えているときと暖まっているときと変化しますのでご注意ください。一番イイのは暖まっているときに動き幅をチェックすることです。暖まっているときには約1センチ未満くらいの動き幅でイイと思います。あくまでもザックリとした意見ですのでココにベルトの材質が違いこの通りではないことを把握してください。

良く緩んでいるのがこのミッションを固定しているプレートのフレームとの固定部分のボルトナットです。ベルト調整前にまずは増し締めです。4カ所あります。

まずはミッションをプレートに固定しているこのスタッドボルトのナットをゆるめます。4カ所ありますがプラスペダル下付近にも1カ所ボルトがあります。全部緩めましょう!

そのナットは緩み止めが付いているナットが通常多いですが、緩み止めが劣化していては意味がないので新品交換するか検討しましょう!念のためネジロック材を塗ってもイイと思います。

さらにワッシャーは歪みにくい厚めのモノがオススメです。

ベルト調整が終わると次にチェーン調整が必要になってきます。これも約1センチ前後でちょうどイイと思います。

タイヤを後方へズらしたいのでまずタイヤを固定しているアクスルシャフトをゆるめます。

後方へ調整するためのアジャスターを締め込むためにこのナットをゆるめます。

そして、このアジャスターでタイヤを後方へ押し込んであげるとチェーンを張ることができます。貼り過ぎた場合はアジャスターを戻して調整して繰り返し確認してアクスルシャフトを締めなおして完成です!

こちらのホイールは福島県S様グースネックproject用のホイール&タイヤです!前後のサイズを21×19に変更しましてアメリカにて特注ホイールを製造してもらいました!最近入荷したばかりですが早速タイヤをハメてローリングシャシ―を組み立てていきたいと思います。ただ、メッキフレームに対してのプラスαのカスタムペイント中なのであと少しこのままお待ちいただきますm(__)m

アルミ削り出しデザインのクロムメッキ仕上げ!ピッカピカのテッカテカです。車両全体をブラックとクロムメッキのコントラストでカッコよく作りたいと思っています。

これはなに??な地味なパーツですが、ウィンカーを取り付けるためのスタッドボルトです。中に配線が通るように加工して完成しました。材質はステンレスのため錆びにくくきれいに維持ができます。これも些細なサビも許さないオーナー様のこだわりを追及して細部にわたって作らせて頂いております(^_^)v

こちらはなんでしょう~~?上のシャフトはミクニ製HSRキャブの純正アイドルスクリューです。下は同じキャブ用に作りました真鍮製のワンオフアイドルスクリューです。シンプルに短く最低限の動きができればOKな仕様でカッコよく☆指で回すところはローレットをかけて引っかかり良くしました!暖機運転中に頻繁に使用するアイドルスクリューなので見た目も向上で操作性も向上できればなお嬉しい事です。

こちらは滅多にお目にかかれないデザインのホイールです(^^;鏡のように光り輝いているクロムメッキなディッシュホイールです。東京のオーナー様からのご依頼でチョッパー製作に使用させて頂くため特注しました!

カメラマンオオガキもシッカリ映し出してくれているコンディションです!でも実はカタログ上ではポリッシュ仕上げだったのでメッキ仕上げの予定では無かったんですが、、、(^_^;)いずれにしても結果オーライであったので良かったのですが、カタログのミステイクもいまだに注意できなかった自分に反省です。基本初めて発注するものについては本だけでなくWEBサイトも確認して情報を収集しないと危険です。それがハーレーチョッパー業界?と言ってもイイと思えるほど警戒が必要です。高額商品なので皆さんもお気を付けくださいませ~♪

ではまた明日~~(^^)/~~~—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > USEDBIKE > TWINCAM Archive

    合計: 5857908
    本日: 2542

Return to page top