Home > USEDBIKE Archive

USEDBIKE Archive

車検残有りのカーゴトレーラー(6×10)122万円でFORSALEです★

こんばんわオオガキです☆

いよいよ、2017年も終わりを感じるころになってきてしまいました。。。時間が過ぎるのがあっという間に感じます。

私事ですが、1936Fordのピックアップを最近GETしたのですが、早速のミッショントラブルに差し当っています(^^;走らせてからたったの約3kmほどで洗礼を浴びさせて頂いております。おかげ様で早速アメ車のお勉強ができるような状況に必然的になりました!もともと「動かないかもしれない」と思っていた車両でしたので、わずかでも乗れたことに満足しているこの頃です。。。

では、バイク屋のお話に戻ります!

明日、車検に挑む予定のショベルチョッパーちゃんです!当店の積載車には載せられないので自走にて行ってきます。納期も遅れていることですし、車検場までの距離も利用して調整しながらの車検となります。本来ならばおかしな話ですけども、、、(^^ゞ

長くてハンドルも軽くフラフラ、、、慣れるまでは恐怖感との戦いに根性で挑むしかないでしょう♪♪

さて、スターター付オープンベルト仕様に改造しておりますショベルグースちゃんですが、オイルタンクがスターターに干渉しまして、オイルタンク側の改造も必要になってしまいました。ギリギリ当たらないかなぁ~な予想も、ギリギリ当たる(+_+)って結果になっています。

多いのがモーターのケーブル取付部が干渉してしまうケースです。ギリギリすぎると振動でショートしちゃうのでNG。切ったり貼ったりしてタンク側を改造させて頂きます。

この度のようにセルスターターを後からお付けする際には進めてみないことがありますので、ご自身でカスタムされる方は特にお気を付けください!溶接加工ができることが前提になるお話しになってしまいますので。。。

さらにはバッテリーサイズも大きくならないとモーターが回せません!このスペースをどのように用意してあげるかも車両に対してそれぞれ検討してあげましょう。

前後のタイヤ交換が完了しまして、USDE車といえども気持ちよくスタートして頂けます。

メッツラー製マラソンは耐摩耗性もソコソコ期待できますので、ロングツーリング多めの方にもオススメ★

本日は裏の駐車場の整頓していたのですが、いつのまにかトレーラー屋さんになっているんです(^^)/

販売中の車両は9台ありますが、似たようで違いがあるトレーラー達ですので、実車をご覧頂くことでよりイメージが湧いてくると思います。

いつもイベントで使用しているトレーラーも乗り換えのため販売しています!ナンバーも付いていますし、まだ車検も残っていますので、すぐに欲しい方にいかがでしょうか?当店はさらに大きなサイズに乗り換える予定ですのでいつでもお譲りいたします(^-^)

名義変更等費用+消費税込みで122万円でFORSALE☆

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


アメリカ出身のナローグライドなショベルチョッパー!

こんばんわオオガキです♪

ソロソロ12月3日日曜日に開催されるホットロッドカスタムショーが迫ってきました!当店は出展しますので前日の土曜日から会場に搬入致します。その準備は金曜日となりますので店頭はガヤガヤしてしまうと思いますが気にせずご来店下さい(^^;この度はスタッフ3人で出動予定ですので店営業は通常通りでございます☆ショーのチケットがまだ無い方は当店にもまだ少し残りがありますのでご連絡ください。。。

では、本日の工場をのぞいて見ます!

前後が細身なグースprojectはホボ仮組完成しつつあるところです。12月中のご対面で最後のご確認となるよう調整させて頂いております。

SUキャブレターのエアクリーナーは取っちゃおう!そこで変わるものはファンネルですね♪念のためにメッシュプレートをはさみこんで大きな異物だけはキャッチできるように対策しておきます。駐車場でいたずらするヤツもいるかもしれませんしコレだけでもあれば安心です。

主張が少ない長さのため、キャブレターそのものがシッカリ見えてくれるとことがイイんです。

↓↓お次は神奈川県I様パンヘッドエンジンオーバーホールの一部を。

エンジンの大元であるフライホイールの修理からスタートしています。この画像はすでに修理後の状況です。

この度はコノ棒状のコンロッドを含むベアリングやブッシュ等をすべて新品交換しております。エンジンの中心であるベアリング周りをしっかりさせておくことで安心できますので将来的な面を見ると安心できます。

ピストンが固定されるブッシュも負担が大きくなっている場所なので、新品交換してピストンピンに合わせて研磨しておきます。これで理想的な上下運動ができるようになります。

おまけな情報ですが、点と線がそれぞれタイミングマークとなっていますが、マル点が圧縮上死点、線が進角点、となっていました。パンヘッドの純正はほとんどがこんな感じです。年式によっても違ったりしますので、参考程度にお考え下さい!点火時期に必要な情報でした(^^)

↑↑こちらはフレームからクロムメッキでピッカピカになってきていますエボチョッパー様。

スプリンガーは一度分解しましてからバネのみを金メッキ加工させて頂きました。

ホイールもすべてバラバラにして、、、

ニップルを一個一個金メッキに!!!このほかボルト類も金メッキにしています♪

↑↑ロッドショーまでに配線引きまで進めることにしましたS様ショベルヘッドくんです。

遠藤自動車オリジナルの大フィンtypeのポイントカバーは真鍮製の豪華なアイテムとなりました!存在感が半端じゃありません。。。

↑↑M様260ワイドグースprojectも少しづつ進んでいます!今日は前後のホイールを組み上げている最中です。

当店が作るワイドグースStyleのネック角度は47度!!!これは通常存在しない角度なのでハンドルが重たくて操作が困難となります。、、、ので、当店では基本的にスプリンガーフォークの作動軸のロッカーアームを延長してトレールという数値をいじってハンドルに伝わる重さを軽減させています。これが有るのと無いのでは全然違うんです(*^^)v

ワイドStyleはなんといっても後方からの見た目ですよね~~★

3階ではアオキちゃんがカスタムペイント中~★

アシンメトリーなグラフィックを描いて、、、

見る角度が違えば柄も違う。。。

↑↑こちらは石川県M様ショベルくんのための外装3点セットです!現在下地にキャンディブルーのラップペイントを施工中。。。

この後に白いラインが入る予定です!

黒色ラップのおかげで明るすぎないブルーで仕上がる予定です!

 

では最後にアメリカで走って遊んだショベルチョッパーをご紹介させて頂きます。

今年2017年春頃ロサンゼルスにて見つけたショベルヘッドです!6月の社員研修の時にひとつのイベントとしてこのチョッパーを移動の道中、スタッフが交代で乗って遊んだ思い出もある車両です。作り込みは各所アメリカンな雰囲気がありながらも日本人の好みにも近い仕上がりで、このまま乗って頂くのもオススメな一台です。

イチ推しポイントとしてはフロントフォークです!ナローグライドのフロント周りに倒立フォークのように見えるボリュームのあるカバーを取り付けで細身のタイヤをセットするというハイセンスなところがイイんです。フロントブレーキもなくスッキリしてシンプルでもあります。

タンクはマルタン具タンクなので8~9リットル入ると思います。小さなチョッパーの中では多く入れられるタンクではありますのでロングツーリングを少しでも快適にしたい方にはちょうどイイです。そしてワイドでゆったりしたハンドルも乗り心地が良く疲れない姿勢を保てるところもオススメです。

ブラックとワインレッドでシブくキレイなペイント!エンブレムもバランスよくsetされています。

ベンディックスゼニスのキャブレター!今では少なくなってきましたキャブだとも思いますが、ショベルヘッド時代の純正キャブなので相性が悪いことは有りません。また古いデザインがアメリカでは人気でショベルにはよく使われているシーンも見かけます。

19インチの小さなホイール径がカワいいチョッパーStyleを決めています。ブレーキが無いまま乗れればシンプルでカッコイイのですが、安心をとってブレーキをつけることも可能です。ちょっと加工しないとイケませんが安全面を考慮すればしかたありませんです。。。

クランクケースは安心のS&S製に変更されています。元はハーレ―純正エンジンであり、ケースのみを交換しているように見えます。アメリカでは純正のままよりこのようにカスタムされてことが人気がありますのでよく見る仕様です。実際問題一番大切な場所にお金がかけられているわけですからメリットは多くあります!内部をまだ分解していませんので排気量はハッキリ判断できませんが、おそらく1200ccであろうと思っています(^▽^;)外観で判断して結果なのでウソかもしれません。。。

詳しくはこちらのサイトで!!

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


FLHを少しカスタムしたイイ頃合いのショベルヘッド☆

こんばんわオオガキです!

今日は1日中天気予報もソコソコで雨もなかったのでロングテストランもできました♪♪1時間を超えるテストランの場合は天気が微妙だと決行しにくくズルズルと先延ばしになってしまします。

組み立てたばかりの時期はなにかといろんな支障が出やすいので、繰り返しテストと調整を繰り返したい頃なんです。まれにスムーズ過ぎるくらい順調に整備が終わった車両でも納車後に不具合が出てくる事だってなくはありません。どこまでテストしたらよいのか?この境界線は定められることでもないのですが、当店では基本的に最低でも100キロ以上の慣らし運転をしますが、それも不具合が起きなかった時点から連続走行で100キロ以上を到達できるまで行います。車両によっては500キロ以上テストランすることもあります。カスタム内容の初めてのチャレンジが多ければ多いほどその距離も伸びる傾向にあります。やはり未開拓なことをするときには想像通りに行かないこともあるので、オーダーメイド車両は最後の最後まで納期もハッキリお伝えできないところはご迷惑をおかけしてしまいます(^▽^;)

納期がハッキリ言えないなんてなんだか殿様商売みたいで申し訳ない気持ちがありますが、引き続き改善に挑戦しながら頑張って参りますので、よろしくお願い致します!!!

 

では本日高速走行テストに挑戦してきたナックルヘッド様からご紹介です。

エンジンのリビルトをしたばっかりなので100キロ走行超えた時点で早速オイル交換します!組み立てたばかりの時ほど不純物が発生しやすいので早いサイクルで交換してあげたい時期です。

オーナー様ご指定のローズオイルは今日現在で販売されているオイルメーカーの中でも旧車に対して特化していて耐久性などを追及したオイルとなります。2輪だけでなく4輪の方でも知る人ぞ知るオイルブランドです。1ℓ4000円ですが様々な添加材を含んで有り贅沢なステータスを持っています。

セラコートにて赤色に塗りなおしましたヘッドは今のところ色の変化も無く現状を維持できています。ナックルヘッドの高温に耐えられるのであればハーレーエンジンのほとんどに耐えられることが証明できそうです!

ドラッグレーシーなタイヤはワイルドでカッコイイ♪柔らかい分消耗は激しそうですが(^^;)

明日納車予定となりました310ワイドなショベルヘッド様。本日は念入りに増し締め点検とミガキ業務です。

ムーンアイズ製のエマージェンシータンクはフレームにブラケットを溶接してシッカリと装着しました!ちょうど良く開いていたスペースに置くことでより一層カッコよくなっています(^^)

ブラケットは通常ブラックですが、クロムメッキで仕上げさせて頂きました。これだけでもピカッと綺麗に感じます☆

ETC取付も完了です!やはり便利ですよね♪カードを抜き差ししたい方にとってはオススメのスチール製ケースは鍵付きで盗難防止にもなっています。革製品もありますがこんなケースもいかがでしょうか??

3.35インチという幅広のベルトドライブは凶器です(・_・;)この度はカッコよく巻き込み防止のためのガードを10mmのアルミ板から製作しました!

こんなデザインにしてみました!必要の無いところにはデザインとして板を抜いてみましたがイイ感じにできたと思っています(^^)/

ワルい匂いプンプンしているショベルチョッパー様は本日車検にてお預かりしました!お作りしてからちょうど3年経ったころですが、あっという間に時間が流れてしまっているといつも感じます。。。3年前の納車時から少しづつ変形していき現在のStyleが完成しております(^^)

オーナー様ご自身で製作されたシーシーバーは強度も十分でロングツーリングの荷造りなんて余裕のお話し!

革バックもモーラッシュさんのワンオフ!

遠藤自動車ロゴの入った革一枚だけのワイルドなシート!スポンジが無いのに乗り心地はそこまで気にしてないですよ~の余裕(^^;ロングツーリングも多いオーナー様なので凄い!!

21インチにしてからはオフ車用のタイヤをハメて遊び心満点なチョッパーに。取り回ししているときでもゴツゴツ揺れを感じれます。

エンジンがあったまっているうちにオイル交換しちゃおうと早速抜き取り中です!走行距離に対してはちょっと黒く汚れている様子に見えたので次回も早目の交換をオススメさせて頂きました♪旧型エンジンはタンク内のオイルしか捨てられず、エンジン内のオイルは残ったままなんです。なので、簡単に汚れてしまうことも想像つきます。

オイル交換時はついでにタペットスクリーンも清掃した方がイイです!この中にフィルターが入っているので取り出してからパーツクリーナー等でシュウシュウ掃除してあげて下さい。

当店でオススメしているトルコオイル+イオンエフェクトでエンジン内部のクリーンアップも手伝って頂きましょうの計画です!エンジン内の汚れは分解しないととれませんが、ケミカルの力を借りて少しでもいい環境づくりはしてあげられます。約2ℓのオイルタンクのチョッパーのオイル交換時には税込850円で添加させて頂きます!

 

ソレでは最後に本日も新たな販売車両をご紹介させて頂きますm(__)m

昨日のアメリカ便で到着したばかりのショベルヘッドちゃんです!FLHの原型をある程度生かした状態でのプチカスタム車♪ハーレーらしさの残ってる方がお好きな方も多くいらっしゃると思いますが、なかなか当店では少ないジャンルの車両で久々のご紹介です★

ローダウンもキレイにしてあり純正ガスタンクも魅力です!マフラーも純正デザインを短くしたような改造でソロシート。FLHらしさを残しながらハジからハジまでカスタムされています。

FLモデルの象徴であるナセルライトは生かしたままでボリュームが合ってカッコイイと思います!ハンドルもワイドのクラシカルな雰囲気が似合っているところも好きです♪

ショベルヘッドengineは1982年式1340ccとなります。現在でもコンディション良く深い整備は必要にも思えません状態です。もちろんご契約後にはシッカリと点検させて頂きたいのでこのままお渡しするわけではないので少々お時間頂戴致します。

適度にヤレた雰囲気の純正ペイントが残ったタンクがカッコいい~♪♪

カリフォルニア出身!!アメリカのナンバーって小さくてカッコイイですよね~(^^)

車体本体税抜価格¥1,780,000-
3年車検付乗り出し税込価格¥2,106,000-

グーバイクサイトで80枚の画像と動画がご覧いただけます!!

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


アメリカン仕上げのショベルチョッパー入庫しました♪

こんばんわオオガキです!

本日はアメリカより送ったコンテナ便が到着した日でした☆今月初旬にも一便目が到着したばかりですが二便目もついに到着しました。この度はトレーラーの輸入も同時進行でしたので多くの車両&部品をGETすることとなったのです(^^)

では、早速いつものようにコンテナ到着の様子からご紹介します♪

店内のスペースをつくるためにガンガン外へバイク達を並べていきます!この風景もまた広々としてカッコイイんですよね~♪ヤッパリ屋内で見るのと違った魅力があるんです。

あさイチよりコンテナを店頭に付けて頂いて早速荷下ろしスタート!今回もいきなりトレーラーが現れました。

しかもこの度のトレーラーは高さが大きくなっていたのでタイヤを外してコンテナに積み込んでいる状態でしたので、下すのにはかなりの緊張と苦労がありました(^^;

まずは積載車の荷台とコンテナの高さを合わせるためにステップを作ってあげて少しでも楽にしてあげました。

トレーラーを出す前に室内の荷物からドンドン出して軽くしないと!!

分解していないハーレーちゃんも収納済み!

このままの形でも販売できる二台がまず登場です!

ウィンチを使ってすこ~~しずつ引っ張って出します。この時はまだタイヤが無いので、木端でスライドさせながら引き出しました!

そしてハブが外へ出たところでタイヤをハメてみます。でもまだまだタイヤが宙を浮いているので木端で引っ張り続けます!

なんとかコンテナ内から離脱!とくに怪我も無く大成功でした(^^ゞ

でも、タイヤ幅は前回同様でギリギリどころかハミ出ていましたので一歩間違えれば落下。。。

続いてバイク達を出してから奥のトレーラーをまた出さないとなりません。

バイクがしっかり固定するために木端でガンガン固定しておいているので長い船旅でも動くことも無く無事に到着です。

他部品達がガンガン積み込まれているのでソコも固定されている木端をでかいバールでゴンゴン壊してはずします!!

またもやトレーラを奥から引きずり出すためウィンチを準備!

タイヤ幅がコンテナ室内に対してビッタリなので緊張して出さないとならない状況。。。

部品の中には今では入手困難となってしまいました310ワイドのモンスタータイヤを入荷しました!もちろん新品ですので交換時期が来たお客様はお早めにご注文頂けますと確実に確保できますm(__)m

私達が仲良くしているアメリカ現地のショップ「パシフィックコーストサイクル」のオリジナルツールバックも頂いてきました!これがまた厚いレザーで作ってあるのですが柔らかい生地なので新品時からある程度の使用感が感じられるのでソレがまたカッコイイテイストです。

赤茶と茶の2種のみ頂いてきましたが、フニャっとした雰囲気が好きな方にはオススメなツールバックです。

早速分解しまくって玄関に飾らせて頂きましたエンジンはこんなにも集まってしまいました(^^;

インパクトが絶大過ぎる状態で困惑しています。。。いまなら年式もホボ揃っている状態ですので年式指定の追加料金も無くお作りできます。ぜひこの機会にご依頼ください( ^ω^ )

分解しない車両はこの度は5台!

そのうちの一台だけ今日はご紹介します♪

4輪国産旧車も大好きな紳士なオーナー様が乗っていたコンパクトなカワいいチョッパーです!ネック角度が寝かされていて車高のバランスも低くちょうど良い頃合いになっているところがキレイに見えるポイントです。通常ナローグライドフォークをそのまま装着した場合は前上がりな車高となりますがネック角度の調整によってバランスをとっているチョッパーなんです。

一見ディガーStyleにも感じるボバーみたいな位置付けが良いような気がしていますが、アメリカで昔から安定した人気のディガーStyleの象徴であるフロントホイールの小径化がコノ子の推しどころだとも思います!

エンジンは1980年式!現在でもリズムよくアイドリングしてくれています。動画は後ほど改めてご紹介しますが、、、。

ピーナッツタンクはヴィンテージのイギリス産のタンクです。とてもスリムでスッキリ見えるところもカワいいポイントになります。今では手に入らないレアなタンクなのでお好きな方にとっては大切なアイテムとなります。

フロントに18インチという選択はめずらしく、また細身のタイヤを履かせることは70年代のStyleでもあります。

リヤはズッシリと16インチでシッカリ走れるように考えます。サイドナンバーは右側っていう部分もユニークですね!

テールライトもお茶目なヤツです!

ワンオフシートは全てをダイヤステッチにすることではなく一部プレーンな面積を用意することでまたオシャレな作品に思えます。

ターンアウトマフラーから鳴る音はとってもワイルドです!!

カリフィルニア出身という証明書みたいなもんですね!ご購入の際は記念にプレゼントさせて頂きます。

オープンベルトにロッカークラッチ、ジョッキーシフト!

リヤブレーキはドラムです!

メカニカルトップと呼ぶパンヘッド以前のモデルのミッションシステムとなっています。この辺もこだわりのカスタム内容です。

エンジンのヘッド部は安心でシッカリしているSTD製に交換されています。純正品の良さもありますが、なんといっても強度面や疲労を考えるとココはしっかりしているものの方が安心はできます。

マフラーの固定は3本ボルト止め。通常のショベルは1本止めなのでよくボルトが取れたりネジ山が壊れたりします(^^;

ネック周りの改造はとてもきれいに処理されていて加工がホボ分からないように仕上げられていますので几帳面な仕上げ方ができる方が作ったのだと想像できます。

車体本体税抜価格¥1,980,000-
3年車検付乗り出し税込価格¥2,322,000-

ざっと、そんな感じでご紹介させて頂きました(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


こだわりのエボリジットチョッパーご紹介します!

こんばんわオオガキです☆

冒頭で申し訳ないのですがわたくし、、、店頭にてスッ転びまして足をネジネジしてしまった結果、「痛い」となってしましましたm(__)m完全に運動不足な気配で悲しいのですが、業務にも支障が出るので大変反省しています。。。しかも、10日後にはホットロッドカスタムショーがありますので、当日にも問題が出るとえらいことなので早めの回復をさせたいと思います(・_・;)

さらには本日は雨が降ってきたので予定外にテストランができなくなってしまって参っております。そろそろ今月末12月末に納車予定のお客様のテストが追い込まれてきてしまいましたが、引き続き全力で進ませて頂きます!!

ではまずは、本日車検でお預かりしていたショベルくんの御納車でしたので走り去っていく姿をお見せするところからスタートです。

自然に遠藤自動車と言えば、になってきたボバーStyleのショベルヘッド様!ちょうど国内新規登録から3年経ったところで初めての継続車検となりました。経ってみればあっという間ですが、こうしてまた二年、さらに二年、と、一緒に年をとっていくことができれば嬉しいです。

この度は、ちょこっとカスタムもさせて頂きましたので、また一層の愛情が擦り込まれていくことを願っています(^^)/

続きましては長野県のワイドショベルくんカスタムの中間報告となります!なにやら強力なブラケットをフレームから生やしていますが、、、

荷台を固定するためのブラケットでした!以前よりお持ちの部品をお預かりしまして御納車前に取り付けておきましょうなプランです。

重たい荷物にも十分に耐えられるようガッチリ固定させて頂きます!

イかした溶接面で製作中のハシモト氏。仕事中のアイテムにも妥協はしません!!

三階ではアオキちゃんによるペイントが続いています。日中は車両製作、夜はペイント業務、そんなローテーションで!日中は専属のペイント担当ちゃんがいますので、夜だけ♪

ディープグリーンをちょっと明るめに調合してこんな色合いがカッコイイ!艶消し仕上げでも素敵でした♪

↑↑ただいまハンドル製作中~☆お客様から頂きました御依頼より具体化してお作りしています。細身でプルバックなワル系のハンドルとなります!

機械での大量生産がしにくい形状であればあるほどワンオフの魅力は上がります!スプリンガーフォークの場合、トップティーに直接溶接することによってシンプルでワンオフ度は上がります。その代りハンドル交換がしにくくなってしまいますが、その辺はお好みのお話です♪

↑↑さてこちらはショベルヘッド純正のフレームです。通常はサスペンションが付いていますのでスイングアーム部は画像にはありません。アメリカ本国では最近ドンドンこの純正フレームを改造してリジットフレーム化しているカスタムが増えている様子です。他メーカーの既製品でも似たサイズのリジットフレームは購入できますが、年々流行りが変わってきているようにも思えます。日本ほどは強烈にハヤりスタれは無いと思っていますが、現地の様子をいつも見て気にしていないと、外国製品を扱う業としてはイロイロと不便なのでどうしても目がいきます(^^)

赤が強いインパクトを持っているナックルグース様。エンジン整備を追及している最中で、御天道様(おてんとさまってこういう感じかくんですね~。。。)とニラメッコなところです!

この度は整備とともにヒートガード製作を頂きましたが、カーブ部分のヒートガードは既製品ではピッタリくるものがあまりありませんのでお作りしています。

アルミを切ったり貼ったり叩いたりして地道にお作りしますが、最終的にピッカピカに磨くも良し、磨かないのも良し。お好きな方向性で決めましょう!!

リヤタイヤは18インチですが、16インチの太目なシリーズよりもハイボリュームなリブドタイヤ!横幅は5.00あるので16インチタイヤとほぼ同等でありながら、ホイール径が大きいので16インチよりも大きく見えます。前後ともこの同じタイヤでボバーStyle作ったら凄いインパクトかもしれませんね。。。

↑↑こちらの革製品はETCを収納するためのケースです!厚めのサドルレザーを使っているので重量感があります。

そう簡単には型崩れしないハズの設計なので、乗れば乗るほど味わいが深くなりカッコよくなってくれると思います。

ワンポイントでターコイズブルーを使って、女性にもオススメなデザインにしてみました。FORSALEな製品ですのでよろしかったら買って下さい(@^^)/~~~¥16.956-(税込)

雨だと店内がこうなっちゃいます(;^_^Aごちゃごちゃしていてせっかく見に来て頂いた方には大変失礼なのですが、現状どうにもできない状態になってしまっているのでお許しください。。。早めに何とか対策をいたしますので、、、。

ところで、グーバイクサイトに新着車両を載せていますので、ご興味のある方はこちらをポチっといってみて下さい!!

ではでは、最後に最近入庫しましたエボのリジットカスタム車をご紹介して終わりたいと思います♪

国内オークションにて見つけました92年式のフルカスタムエボチョッパー!隅々まで手が加えられ、乗りやすさをオススメできる1台です。V-twin製のレプリカリジットフレームを使用しているところがもっとも推しポイントとなります。通常エボエンジンは載せられない空間ではあるものの、このフレームはエボエンジン用に設計された日本ではとても珍しい作品です。オールドスクールを追及していくと気になるアイテムだと思います。

ミッションは5速で、2インチのセルスターター付きのオープンベルトプライマリーが使用されています。ココにも高価なカスタム内容が施工されていると思うと非常にお買い得な車両だと思っています。キックスタートは慣れるまでの苦労も楽しいのですが、セルスターターが付いていれば、、、っと、思う瞬間は何度もあるかもしれないのがホンネです。ビギナーさんほどオススメな車両となります。

1340ccの純正エボエンジンは現状でもまだまだコンディション良くこのまま乗り出していただけます。もちろん長い先を見ての前もってのオーバーホールもご対応できますのでご相談下さい!オーバーホールはエンジン個体によってそれぞれコストもオススメも変化しますが、当店では平均的に20~40万円がオーソドックスな内容となると思います。ご参考にお考え下さいm(__)m

シンチュウ製の高価なドッグボーンライザーだけでも美しい。。。♪磨いて楽しみのも良しです!

80枚の大量画像がグーバイクサイトにてご覧頂けます!

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


90年エボソフテイルカスタム入庫しました♪

こんばんわオオガキです!

今日はからっ風の強い群馬県太田市らしい一日でしたがたくさんのご来店がありました。多くのお客様から「風つよいね~」というお話があるので、やはり他の地域にくらべれば強いみたいです。。。ココで日々生活をしているので気づかないことなんですが、当店にお越しの際は風の通しにくいアウターを着て頂いて、ご来店頂いた方が外に並んでいる車両をゆっくり見て頂けると思います(^^;

早速ですが、310ワイドなBIGタイヤを持つショベルヘッド様の納車前整備が今日も続いています!誰が見ても普通ではない存在感であるこのタイヤは公道で見ればよりビックリなカスタムバイクです。

ただいま整備中ではありますが、ショベルヘッドの基本ポイント点火式が装着されています。ココは消耗品が3点存在している場所で、ポイント、コンデンサー、ガバナ、の3種の部品で成り立っています。でも、調整などのメンテナンスを必要とする箇所であり、急な故障を招く部品もあります。部品を携帯して頂かないと対応できなくなってしまいますので、緊急時にレッカーしたくない方には携帯命令を発動しておりますm(__)m

そこで、ポイント、コンデンサー、の2種の部品をデジタル化してしまうことで、その故障リスクを減らすことができます。画像の部品はダイナSと呼ばれる部品ですが、必ず壊れないとは言いませんがそれなりに頑張ってくれるヤツなのでオススメしています。この度は、アイドリングも安定しやすい点も含めて310ワイドなショベルくんをダイナSに変更させて頂きます!ご購入時には前もって対策しておくこともイイでしょう♪

↑↑こちらのローリングシャシは神奈川県I様ショベルボバーprojectのシャシです!エンジンはショベルヘッドからパンヘッドに変更して頂きましたので、ただいまエンジンオーバーホール中です。エンジンが無くても組み上げることができる限界のところで部品を待っています。

ハンドルはシンプルにお作りしていますが、グリップ位置などを含めてオーナー様ポジションに合わせながら検討して完成しています。

ヘッドライトはこのようにブラックボディにメッキリムなんていう小技だけでも印象が違うもんです。既製品では全ブラックか全メッキのライトが通常なので、プチカスタムとなります!

キックスタートオンリーな車両であればバッテリーは最低限で良し!当店では50cc用の小さなバッテリーを通常使用します。これなら急なバッテリートラブルでもホームセンターで売っているバッテリーで対応できますので便利だと思って決めています。さらに小型化しようとすればまだ選択肢はありますが、一般的な場所で手に入れられなくなりますので。。。

↑↑前後が細身なグースネック様もホボホボ仮組が完成しそうなところです!リヤフェンダーを少し長くしまして二人乗りに対応できるようスペースを作らせて頂きました。

フェンダーブレイスはフェンダーを囲うようにマゲマゲしまして完成とします。

試作品ではポジションが前方過ぎてしまったので、グリップ位置を1個~1.5個分体に近い方になるよう作り替えで降ります。オーダーメイド時やハンドル製作の際はまたがって頂きながら理想的なポジションをお作りしたいと思っています。

さて、三階では今日はアオキちゃんによるカスタムペイント施工中です。

グラフィックペイント完成しましたらまた詳しくUPします!

↑↑こちらは通常よりも幅広でスポーク数も多い250sizeのワイドホイールです。この度はリムをブラックにするため細かいスポークを一本一本マスキングしてリムだけを塗装します(^^;マスキング時間が2時間くらい必要です。。。

重たいホイールを支えるための固定が無かったので製作しちゃった廃材利用の冶具!中古のブレーキローターを土台にしながらフレームパイプで完成♪♪

ではでは、本日の最後にはFORSALEな一台をご紹介いたします(^^)/

90年式エボエンジンを搭載したソフテイルなヘリテイジをカスタムしたチョッパー入庫しました!全体的にバランスよくカスタムされていてコンディション良しな車両です。元オーナー様は遠藤自動車と長年で深いお付き合いのヴィンテージカー専門店にお勤めのメカニックさんです。なので細部を見ても違和感のない上手なカスタムがされ、安心できる整備も施されています。

現在は抹消済みのため、2年車検取得後のお渡しとなります!また、車検や整備を必要とされない場合は現状販売での即納も可能です。

現在車検無し(抹消登録済)
車体本体税込価格¥1,382,400-(消費税抜価格¥1,280,000-)
2017年内御契約に限り:乗り出し価格¥1,500,000-(消費税、基本点検整備、登録諸費用込み、2年車検付)

※車検整備無し:現状販売税込価格¥1,300,000-
(大変恐れ入りますが、現状販売でのご注文の際は車検や整備などに対しての技術的サポートは致しかねます)

現状態でもセル一発始動で難なく走行できる状態です!艶消しの茶色系のペイントのおかげで、どれだけヤレてきても似合ってくれる雰囲気があります。乗れば乗るほど味が出てカッコよくなってくれるでしょう♪♪今では新品購入がほぼ不可能なSUキャブレターが装着され古き良きオールドスクールなチョッパーにとっての高ポイントが付いています。ワイドグライドフォークはシッカリとショックを吸収してくれるため、スプリンガーフォークとは比べ物にならない快適な走行ができるシステムです。

リジットフレームではなくソフテイルフレームですので、ボルトナットの緩みも少なく、高速走行時の段差でも怖い思いをすることは少ないと思います。ある程度ハーレー純正品が存在しながらのカスタム車はイロイロと安心な材料は多いです。

足でクラッチを切るシステムのロッカークラッチとタンク横に目立つハンドシフトがGOODです!操作性も非常によく作られていて初めて乗ってみた今日でも違和感なく操作することができました♪

なかなか巡り会えないカスタムハーレーですのでこの機会をお見逃しなく(^^)/

 

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ボバーStyleなアーリーショベルのリジットカスタム販売スタート★

おはようございます、こんにちわ、オオガキです☆

今日はグッと冷え込んで群馬県太田市でも最高気温は10度になってきました。寒いとはいえ、まだまだバイクを乗ることに支障はないと思いますが、徐々にまたがることが苦になってくる季節でもありますでしょうか。。。道路が凍ったり雪が降ったりすると乗れないと思いますが、負けずにバイカーを気取っていきたいと思います(^^;

さて、↑↑こちらのリジットチョッパーはオーダーメイドにてご依頼頂きましてココまで到達しましたところです!当店が得意なオールドスクールなチョッパーStyleで、トランペットマフラ―でダメ押しのカスタムを加えてよりクラシカル感が強まっています♪

ハンドルはワンオフとなりまして、細身のUPエイプバーを装着させて頂いております。オーナー様は三重県のためまだ現車を確認したりなどできていない状態ですが、当スタッフでまたがった姿勢などを想像しながら調整させて頂いております。

リジットフレームだからこそ得られるスリムなシルエットは、乗り心地は犠牲になるものの見た目の雰囲気は抜群となります。

エンジンは2007年式ツインカムエンジン1580ccを載せてあります。おかげで強烈なパワー感が楽しめている状況です。スロットルを開け閉めする際のONOFF具合がハッキリしていて、まさに暴れ馬な感じがヒシヒシと伝わってきます。これはリジットフレームだからこそであり、ツインカム搭載モデルのハーレー純正Styleではあり得ない感触だと思います。イイ意味で「乗り心地が悪い!」といったような振動を楽しんで頂けます。

↑↑お次はテッカテカのフレームを利用したチョッパーproject!東京都S様エボとなります。

クロムメッキでフレームからピッカピカに仕上げるという、「イージーライダー」のような企画です!

アルミの削り出しパーツもクロムメッキフレームと合わせてさらに綺麗に感じます。エンジンはただいま分解中ですが、エンジンのボルト一個からこだわり、スゴイ一機として完成させる予定です。

↑↑こちらのバランバラン映像は石川県M様グースprojectです!仮組完了となりましたので、ここで一度フレーム塗装から次のステップへ進みます。オーダーメイド車両の場合は基本的に艶有黒パウダーコートで塗り上げます。

↑↑こちらはまた新しいスタートである、M様ワイドグースprojectです!ワイドグース製作のご依頼は久々となりますが、完成はスムーズにいって約一年後ですので長い目でお待ちいただければ幸いです。エンジンはショベルヘッドです。

最近、AVON製タイヤの輸入制限ができてしまいコストが上がってしまったので、これからは当面の間リヤタイヤにメッツラー製の260ワイドタイヤを使用したいと思います。

↑↑新潟県オーナー様のショベルprojectは公道を走行しながらただいま調整中です!昨日はリヤブレーキの調整のため改めて分解して効き具合をよりよくしたく加工していました。

エンジン横に取り付けたモトガジェット製メーターはワンオフでブラケット兼エンジンハンガーを製作しています。これだけでもこの子の特徴であります!

ドラムブレーキの中の構成は基本的にどんな車両でも似たような構成です。ただ悩み種としては新品部品だらけの構成であればあるほどそれぞれのマッチングが良く無く、苦労する面が多いという事です。ブレーキのお話だけでなく多くの分野に対して同じ話ができ、そこでどれだけの時間を割くのか?そこが最後まで見えないのでご迷惑をおかけしてしまいますm(__)m

赤に塗り上げましたナックルヘッド様★一番オイル漏れが困っちゃうバルブカバー部のリークレスを目指して再トライしています。薄っぺらい金属での構成なのでパっと見で漏れるでしょ?な構造にはなっています。でも現代のケミカル材のパワーも利用して漏れが止まればなお良しです!

どんどん値段が高騰してきているナックルヘッドは、当店もなかなか仕入れることさえできなくなってきました!それは値段だけの問題ではなく数の問題も比例していますので、5年後10年後にご購入を検討している方は早め早めがオススメなのは間違いありません。全世界で愛されているハーレーダビッドソンだからこその現象だと思います♪

では最後に本日新たにボバーをご紹介させて頂きます★

まだテスト走行を繰り返していますが、ほぼイイ感じになってきましたのでご紹介しちゃいます♪ゼロから当店にて製作させて頂きましたアーリーショベルカスタムです!!今では大変希少な存在になってしまったアーリーショベルはパンヘッドを超えるお値段になってしまいました。66~69年の製造4年間でしたので玉数も少ないというわけでしょう。

この度のコンセプトは、コンパクトでシンプルとブラックな雰囲気、そして汚れれば汚れるほどカッコよくなるテイストも織り交ぜてみました!当店の約15年前くらいの時代の雰囲気を思い出させてくれる仕様でオオガキとしては懐かしい思いがあります。

この度はスマートさ意識したく前後ホイールは18インチで細いシルエットを作りました。ブレーキも前後ともにドラムのためよりスッキリ見えています。そもそもリジットフレーム×スプリンガーStyleが純正であったころ、最終は1948年となるのですが、この頃は前後ともドラムブレーキでした!その時代のシャシを基本として外装を改造しているつもりです。

1966年FL1200ccのアーリーショベルヘッド。アメリカではジェネレ―ターショベルとも言われています。ジェネレーターとは発電機のことで、69年と70年で発電機のシステムに変更がありました。69年までがジェネレーターですので、そのように呼んでいると思ってます。

ちなみに、アーリーショベルの純正はリジットフレームではなく、セルスターターも付いたモデルです。この度はパンヘッド時代のリジットフレームと同じ形状のレプリカフレームに載せています。その点もこだわる方は大切なポイントになります。

コンビニに行く程度でもクルクル走れるスマートさが売りです!!キック始動さえ慣れて頂ければ通勤で使うことも気軽に行けるようになってくれるかもしれません(^^;)

1.5インチオープンベルトプライマリー!

パンヘッドリジット時代の基本であるロッカークラッチ仕様!

カスタムならではのジョッキーシフトにアンティークなガラスノブ!

当店得意のシンプルなオリジナルハンドル「シーガル」

47~50年のナックル用エンブレムを飾ってみました!

フレームの中でも高価な取引である、純正レプリカフレームを採用しています。後輪のアクスルプレートは特徴の一つ!鋳物で作られた造形が美しい~♪

パンヘッド時代にはネック部にネックシャフトを利用したハンドルロックが付いていました。カギは紛失してしまっていますので現状では使用できませんが、新品に交換して頂くことで使用できるように改造できます。

整備が完了しましたら詳細をUPさせて頂きますが、本日お値段つけさせて頂きますのでご検討材料に加えて頂ければ幸いです!(^^)!

お問い合わせお待ちしております。。。

現在車検無し(国内未登録)
車体価格¥3,650,400-(消費税抜価格¥3,380,000-)
乗り出し価格¥3,834,000-(消費税、基本点検整備、登録諸費用込み、3年車検付)

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


デルクロンクランクなショベルヘッドチョッパーFORSALEとなります★車体本体税抜価格¥2,580,000-

こんばんわオオガキです☆

本日は朝方から走り始めて9時頃には富山県へ突撃していました!道中大雨で強風でタッパの有るキャラバン号はフラフラだったのが怖かったです((+_+))

約4年前からお付き合いが始まりましたお客様よりご依頼頂き、素晴らしい作品をお譲り頂いてきました。遠方であったため日常的にお付き合いはできていなかったのですが、当初車両製作のご依頼を頂いてからの思い出を振り返ると、より一層お会いする機会が少なる今後がやっぱりさみしいもんです。。。きっと、一般的なバイク販売店と違って、よりお客様と深いお付き合いが必要となる店だと思います。だからこそ思い出深くなります。バイクを手放されてもバイク好きな方であることは変わりませんので、またきっとお会いできる日が来ると、、、願って変わらず遠藤自動車を守っていこう!そんなふうに年々強く感じています(^^)

 

さて、ただいまアメリカ出張中の社長よりGETしたばかりのチョッパー画像が送られてきましたので早速ご紹介致します。すでに輸出準備の倉庫にスタンバイされている状態なので、次コンテナ便に入って日本へ送る予定です♪♪もちろんFORSALEの車両ですのでお気に召した方がいらっしゃいましたら、どしどしお問い合わせ下さいませ(^^)/

コンパクトなアメリカン仕上げのショベルチョッパー★さわやかな白で塗られた軽快なチョッパーですね!しかしながら、細かい点がとっても時間を費やした作品だと感じれるすばらしい一台です♬

フレームはこだわりながら改造されたリジットフレームです。おそらくショベルヘッド純正フレームを基本とし、サイドバルブmodelのネック周りを移植しシングルダウンチューブ化、後輪アクスルプレート部もリジットmodelのデザインを移植しながら作り上げられています。

マフラーはワンオフで2in1の爆音仕様になってると思われます!なるべくシンプルに見せれる最良のデザイン♬

ロートンネルのピーナッツタンクにはフレイムス柄でシンプルでチープに!ヴィンテージチョッパーに良く似合うカッコ良さです♪

ハンドルはUP過ぎずボバーな範囲内でのルーズなワンオフ品。テープ巻きのグリップが味満点です!

エンジンケースはワイルドに形状を改造され、マシニングによる削り出し面の多いデルクロン製クランクの名残りは無くなっています。これもなかなか日本で見ない芸です。

アメリカンチョッパーの王道フロントブレーキレス!ようするにスーサイド(自殺行為)仕様なわけです。

レタリングも色を入れるだけで全然イメージが違くなりますね♬

ワンオフのオイルタンクがスッキリしていて興味をそそります。さらに、タンク横でシフトチェンジしていたあの頃のメカニカルトップのシフトに変更されています。シフトチェンジ操作は慣れてきたころによりカッコつけられるカスタム内容です♪オオガキが乗っていたパンヘッドもかつてはこの仕様にしていました。慣れるまでは大変ですが~~(^^ゞ

その他、細かい点がワンオフされていて個性が強いチョッパーバイクです!!お好みが合えばオススメレベル強なショベルヘッドと思います。

販売価格はまだ¥ASKですm(__)m

 

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


車検H30/10まで残っています!ショベルヘッドチョッパー販売中~★

 

    

~コメント~

約4年前に当店にて製作させて頂きましたショベルヘッドチョッパーです!第一オーナー様乗り換えのために下取りさせて頂きました1台ですので、コンディションも良好のままキープされています。ガレージ保管であったため外観もキレイなままです。製作時から約1500Kmほど乗られた状態のため、慣らし運転はもう少し必要だと思いますが、初期慣らしは済んでいるためチョウド良い頃合いです。

標準よりも少し大きなサイズのワンオフフレームとチョイロングなスプリンガーフォークがポイントです。ミッションはエボmodelの5速ミッションを搭載しておりますので、走行性能はエボらしい雰囲気で高速走行も楽しめます。クラッチはプロクラッチという強化品が装着されているため、切れ味の良い高性能な走りを得られます。キックスタートのみの始動方法となっている点は、苦労と闘って自身の腕を磨きカッコイイ姿勢を見せつけてあげましょう♬

車検残H30/10迄有
車体価格¥2,354,400-(消費税抜価格¥2,180,000-)
乗り出し価格¥2,462,400-(消費税、基本点検整備、登録諸費用込)

・基本的な点検整備をして、車検、登録をしてからのお渡しとなります(通常納期約1~2ヶ月)!!カスタムやオーバーホール等をご希望の場合は、お気軽にお申し付けください。また、現状販売(車検や整備等無し)でのご購入の場合は即納いたします。その場合、車体価格より-20万円で販売させて頂きます。業者様向けの販売も取り扱っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ、お待ちしておりますm(__)m

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


いつの間にか「遠藤自動車と言えばグース?」な、動画ご覧ください(^▽^;)

こんばんわ、おはようございます、オオガキです★

今日は久しぶりに雨も降らず、涼しい気がする夏を過ごさせて頂きました!平日でしたが朝イチよりご来店も多く、朝から閉店までにぎやかに過ごしておりました。さらには、昨日に続きまして本日もまた新たなプロジェクトのご依頼を頂戴いたしました♪♪当店では珍しいかもしれませんが、4速フレームと呼ばれる純正フレームを利用したチョッパーprojectとなります。販売用車両製作時にはチョボチョボ作らせて頂いておりますが、オーダーメイドでは珍しく久々のお話しではあります。製作過程はご紹介させて頂けることになりましたので随時製作過程を書き込んでまいります(*^^*)

では、今日の工場をのぞいてみましょう!

ツインカムソフテイルのマフラーカスタムをしている最中の絵です!オーナー様自身で購入して下さったモノがそのままでは取付ができなかったため、加工してどうにか装着する方向で進めています(^^)v

違う車種用のために干渉するポイントが数か所ありましたが、ガスであぶって叩いてヘコましてみます。

車体との固定ステーも合わず製作させて頂きました!この辺のワンオフついてはお得意のコースなので即対応にて納車させて頂きます( ^ω^ )

東京都S様エボチョッパーprojectはまもなく仮組完成します。シーシーバー製作も終わり、細かい点とシートベース製作を残していますがお盆前にも折り返し地点へ行きたいところ。。。

チェーンガードも油跳ねを前もって対策しておきます。クロムメッキ多めのマシンになるので油漏れが気になってしまうからこそのご提案です。

グースフレーム用にワンオフしましたタンクのサビ取り&コーティングをしているところです。多くご依頼頂いているグースStyleにはこのタンクを使うのが基本となっていますが、毎度改造してそのフレーム用に合わせて製作しています。よって、一個一個違うのでお隣に並んだグースと交換したりすることはできません(^▽^;)同じように作っていますが、違ってしまうハンドメイドです!福岡県F様分と石川県M様分のタンクとなっています。

オーナー様にごれんらくです(^^;長らくお待たせしているロングスプリンガーフォークがソロソロ入荷する連絡が入りました♪お盆明けにも続きの製作ができるように準備してお待ちしています。

こちらのローリングシャシは群馬県S様ショベルプロジェクトです。塗装も完成して本組をスタートしています。エンジンはガスケット全交換のため、バラバラにしてから再度組立て順に進めてまいりますm(__)m

群馬県K様ショベルヘッドくんはお盆前ギリギリには車検に挑もうと全力で進んでいる最中です(^^;

エンジン分解して発見した要修理箇所の加工が内燃機屋さんから戻ってきましたのでビュンビュン進ませます!!

バルブガイドとバルブの隙間が多くなっていたので、バルブガイドをバルブに合わせて製作して交換しました!画像のモノは使用しない方のガイドです。ガイドにもたくさんの種類が存在して特徴がそれぞれ違います。当店では長年お付き合いしてる内燃機加工専門店にてオリジナルで作って下さったモノを入れ替えて完成させることが多いです。

このバネの内側に存在するのがバルブガイド!「オイル下がり」っていう症状に影響する部品はココです。

上空から盗撮しました!当店裏側が全開田んぼです♪

後ほど大量画像をご紹介しますが、販売用のエボグースの動画撮影をしました!

3年車検付税込乗出価格¥3,726,000-
※今現在のご注文の際は、整備が残っていますので約4カ月の納期を頂戴いたしますm(__)m

 

ところで昨日、長年お付き合いしているパートナー様の工場に初めてお邪魔してきました(^▽^;)

当店で製作させて頂いている多くのチョッパー達のフレームはこちらのパートナー様にてパウダーコートで仕上げております♪当店にてショベルヘッドのオーダーメイドprojectをご依頼頂いたことがきっかけで、業務上でもパートナー様となった理想的な歴史があります(^^)

普段はオートバイ関係とは一切関係の無い業務をされていますところを、無理やり差し込んで施工していただいております。完璧な仕上がりでいつも安心してお願いできるパートナー様ですが、今更初めてのご訪問で申し訳ないです。。。(・_・;)

おおきなサイズの製品を塗装されているので釜自体も大きく、滅多に同じ大きさの釜を持っている会社様も無いと思われます。

製品製作も自社内で行っているために、製作後は塗装までして出荷するという流れが一カ所で済んでしまう理想的なシステムがあります。

高価な設備がズラッと並んでいて当店とは全然違う魅力のある工場見学でした( ˘ω˘ )それぞれ違う会社様の魅力を上手に振り分けながら、長く深くお付き合いができれば最高です♪遠藤自動車社内だけですべてを行うことはほぼ不可能ですので、バイク屋という立場ではありますがたくさんの外部の職人さんの力を借りて日々業務に携わっております!これからはさらにスピードUPを高めるため範囲を広げられればと思っています★

 

ではでは、本日はこの辺で。。。

 

明日明後日は天気が良ければいいですね~~(@^^)/~~~

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


1 / 6123456

Home > USEDBIKE Archive

    合計: 4885658
    本日: 2129

Return to page top