Home > NEWS Archive

NEWS Archive

Showクオリティなフルカスタムショベル販売中~~♬

こんばんわオオガキです!

今日は納車となったカスタムハーレーが4台もありました(^^)
写真を撮ったのですが、、、なんと帰宅前に会社にSDカード忘れてきました。。。ので、今日はブログには載せられません。

ということで、最近入庫したばかりのショベルヘッドを動画にてご紹介することにします!

こちらの車体は、私たちが仲良くしているパートナーの「Gクラシック」さんが製作したフルカスタム車なんです♪カスタムショーにも出展していることもあり、見たことのある方もいらっしゃるかと思います。カスタムペイントとエングレービングは、Gクラシックの代表である赤坂さんの得意な分野であり、隅々まで手抜きの無いクオリティーを感じ見れます。

純正部品が残っているのは、
・エンジン
・フレーム
・スイングアーム
・フォーク
・ホイール
って、ところです。
それも、カスタムペイントとエングレービングによって、純正らしさは消えています。

カスタムされている部分は、上記以外すべて、といったところですが、ミッションは純正ではなく5速ミッションに載せ替えられています。見た目をシンプルに追求するため、4速ミッションのstyleを5速化したミッションですので、エボ5速ミッションとはまた違うんです。

コンパクトな車体としていますので、日本人サイズにちょうどいい乗りやすいポジションとなっていますので、初心者様にもオススメできるチョッパーだと思います。

乗出し価格は、2年車検付きで、300万円弱です!

お問い合わせお待ちしております<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


WEB公開が間に合っていない販売車両が5台もあります(^^;)

昨日、買取の多い時期と申しましたが、そのおかげでネット上に紹介できていない車体があります(>_<)

この時期だけのことではないのですが、とにかくご検討中の方はご来店頂き、実車を見てまたがったりして頂くことがオススメです。ご紹介していない車体がもしかしたら一番気に入って頂けるかもしれません。また、実際に目の前にしたときに画像だけで見ていた時と違ったイメージがわいてくることもあります。とにかく、気兼ねなくご来店頂きたいと思っています♬

では、最近入庫したばかりの一台をお見せします!

エボエンジン搭載のソフテイルをカスタムしたハーレーです!元ベース車両は車検証見ればわかるのですが、画像だけでは判断できないほどイジってあります。ザックリ言えば、エンジン、ミッション、プライマリー、フレーム、を残してそれ以外はホボホボ、カスタムされているといっていいでしょう。

90年代前半?くらいの年式です。不具合はいまのところ感じませんし、エンジンなどの機関部に関しては純正のままの部分が多く残っていると思うので、安心できる要素がたくさんあります!エアクリーナーはS&S製に変更されていますが、キャブは純正CVで安定しています。

エボ純正スプリンガーではなく、74スプリンガーフォーク。純正に比べて性能は落ちますが、見た目はコンパクトでシンプルになります!

ブラックベースにカッコいい柄のペイントがなされています。ハーレーロゴは純正でよく見かける王道なデザイン。全オーナー様の保管状態も良かったのか、全体的にキレイなままとなっています。

とても乗りやすそうなポジションのロボットハンドルは、ライザーでクランプされているので、交換したい場合も気軽におこなえます。スイッチ関係は移設されているので、見た目はスッキリ仕上がっています。

タックロールのソロシートは反り上がりが強いタイプなので、乗りやすいと思います!まだまだキレイなので交換されてからあんまり時間がたっていなそうです。。。

シーシーバーは角棒を使ってクルっとループ型で作られています。ツーリングの荷造りもバッチリOKです!

スイッチはハンドル側から車体側へ移設され配線はすべて引き直されています。あきらかにプロの手によって作られたしっかりとしたカスタム車です!

ご興味のある方は、どしどしお問い合わせください(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


遠藤自動車の4輪店舗へ行ってきました!

こんばんわオオガキです♬

先週末から本日も出張で外回りをしていました。出会いと別れの多い春ですが、バイク屋も一緒で買取も販売も多い時期なんです。ここ二ヵ月間、懐かしい思い出話が多く改めて気持ちが引き締まる時間が多かったです(^^)

では、今日は遠藤自動車の四輪店舗に行ってきたので、少しお見せしたいと思います!

もともとココでオオガキはスタートしたのですが、その時は二輪と四輪が半分半分くらいでした。今では店舗が分かれココは四輪専門の店舗になっています。ここ最近あたらしく看板が付いて国産旧車も扱う店に変身です。社長の車屋業スタート時と同じ、原点に戻っていきます!

もちろんアメ車のクラシックカーの方がまだまだ多い在庫数ですが、今現在本格的にご紹介しているWEBサイトはまだありません。

ラットロッドも数台販売中です!

去年のコヨーテミーティングでお披露目したF100パネルバン。

こちらはDATSUNコーナー♬

60年代~70年代☆

若い世代の方でも「湾岸ミッドナイト」を知っているならわかりやすいかもしれませんが、「悪魔のZ」よりも少し新しい年代の280Z。

基本的に当店にある国産旧車は米国からの輸入物なので左ハンドルです。

旧い車も良いですよね~~♬オオガキもちょっと勉強しなくては!と思います。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ショベルヘッド×ワイドタイヤカスタムって珍しい?

こんばんわオオガキです!

今日は朝一番からお客様と談笑してスタートとなりまして、午後からは出張で外回りして直帰となりました。それにしてもビックリしたことは、この時期に雪がちゃんと降ったことです。道路が白くなることはなかったのですが、道路以外の部分はしっかりと雪が感じられました。群馬県太田市ではほとんど無い事です。

4月に入ったらさすがにあったかくなると思いますので、いよいよライダーの季節になるはずです!この辺で冬用オイルを捨て新しいオイルに交換しましょう♪20w-50番もしくは50番のオイルがオススメです。60番はまだ早いかと思いますが、内部クリアランスの大きいエンジンだったら60番でも良いと思います。

 

↑↑約3年前に納車させて頂いたショベルワイドカスタムですが、車検のためにお預かりしていました!ガレージ保管で大切に保管されていて、キレイなままで乗られています。

エンジンはクランクケースからヘッドまで梨地肌を研磨しポリッシュ仕上の光沢の強いショベルヘッドなんです。もともとアメリカにてポリッシュされていたのですが、オーナー様によってさらにキレイに変身していました。

あいかわらず人気の強いSUキャブですが、中古市場も値段が上がっている傾向にあります。しっかりとオーバーホールしてコンディションさえ良ければUSEDだってイイと思いますが、使ってみなければ良し悪しがわからないのがキャブレターの怖いところです。

大フィンtypeのポイントカバーは、カムカバーのまるみを生かして作って頂いています。

250ワイドsizeの後輪は、現代のハーレーにとっては珍しくないかもしれませんが、リジットフレームでコンパクトなstyleのバイクなので、ワイルドな雰囲気はグッと感じます!

BDL製のオープンベルトプライマリーに付属するクラッチにも、当店オリジナルの真鍮プレートが付けられます。

革バックは受注生産でお好きな寸法でお作りすることができます。これは大きめなサイズにしています。

多くのお客様が「乗りやすくなった~」っと言ってくださるバックアップtypeのソロシートですが、ワイドタイヤモデルならワイドタイプがオススメです!

 

↑↑こちらはまた一つ出来上がった彫金作品です!オープンベルトプライマリーのベルトガードとして役立っているプレートを、真鍮で削り出してソコにエングレービングをほどこしています。

時間がたって、へこんでいるところだけが黒ずみ、表面だけ光沢を残す、そんな楽しみ方もあると思います。

 

↑↑東京都K様projectのショベルエンジンは、彫金でギラッギラになっています♬車体全体にも追加するためにさらに増やしたので、完成の姿が楽しみです!

SUキャブのドームキャップも今こしらえているところで、またさらにカッコよくなります!

エンジンを彫ると、ほんと迫力がすごい!!

エマージェンシータンクはボトル代も含めて約10万円です!どんな車体にも増やせる予備ガスタンクなので、皆さんもぜひ。これだけ一ヵ所彫金があっても違和感なくアクセントになってイイと思います♬

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


納車ラッシュ到来♬4月はピークを迎えます!

いよいよ、2020年の納車ラッシュも始まりましたが、今月と来月は次々に納車予定のスケジュールが埋まっていきます!そして、本日もまた一台のカスタムハーレーが出庫いたします(^^)

大阪よりお引き取りに来てくださったオーナー様は、このショベルちゃんのために増車したハイエースで、本日は起こし下さいました♬ハンドル高さがちょっと荷室に対してギリギリだったので、積み込み前にハンドルの角度を変えて調節済みです!

ラダーレールはうらやましい幅広typeの頑丈なヤツをGETされていまして、おかげで私達も欲しくなってきました(^^;)

しっかりとズレこみ防止対策をして、お帰りになった際の一人で荷下ろしするときのイメトレもバッチリしておきます!

ホイールクランプで白なんてあるんですね~~。。。カッコイイな~~♬

お手伝いしながら積み込み完了★ここから約10時間の帰路の旅へ出発されました。雨でも気にならない屋根あり配送は完ぺきな納車方法です!道中長いのでお気をつけて~~(^^)/

 

群馬県T様のショベルprojectが、また再始動しました!先日の打合せによって決まったカスタムを更に追求していきます。

この度は、ショベルヘッドエンジンにパンヘッド時代のリンカートキャブレターを組み込むことにしました。リンカートはヴィンテージ感たっぷりなアイテムで、キックの始動性もいいのでコンディションさえよければオススメしたいキャブです。ただ、時代的にとても古いのであたりはずれの激しい物でもあるともいます。

ボディーは真鍮製なのですが、このキャブは黒塗装されているタイプです。今のところ仮の物ですが最終的には調子のイイ個体で組み立てます!ショベル用のKITがあるわけではないのでマニホールドとキャブの間に変換アダプターを作って取り付けています。

ベンチュリー径が細く、エンジン内部の弱い負圧でもしっかりとガソリンを吸い込んでくれるところが、旧車に向いている理由の一つです。

スロットルワイヤーを繋ぐブラケットは変換を使うことによって通常のスロットルケーブルを使用することができます。本来はインナースロットル専用のシステムになっているので、ショベルヘッド以降のスロットルには対応していないキャブなんです。それを変換して使用できるようにしていくわけです。

シートべースは標準的なものですが、反り上がりの強いstyleにしました。加速時のお尻のズレこみはとても不愉快なことなので、なるべくそれが無い方が良い。

1㏌の短いバネはほとんど効果はありません。ただただ、見た目にちょうど良いと判断されれば使用価値は十分にあります。

純正シートポストを利用してシートブラケットの軸を作りました。

さて、オオガキは明日納車旅に出かけます。
月曜日お休みを頂いたら火曜日も出張となっています☆

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


カスタムハーレーをエングレービングでさらに差をつける!

最近の遠藤自動車で少しづつ増えているカスタムの一種である「エングレービング」ですが、一点一点手彫りのためほかの車体と比べて、より一層の差をつけることができます!彫った部品の色が変わるわけではないので、遠くから見たときにイメージは変わらないかもしれませんが、一点のみを見ても芸術を感じる楽しみがあります♬

今日はまず、フルオーダーで製作させて頂いております東京都K様のショベル310ワイドチョッパーprojectの作品を一部ご紹介させて頂きます!

バイクの中でも目立つ存在となっているハンドルライザーです!先端のトンガリ部品までデザインを繋げて素晴らしい作品となっています。

実は3ピースに分かれているんですが、一体物に見えるよう固定した状態で彫りデザインを繋げています。長いライザーであればあるほどカッコいいかと思います。

次はオイルタンクです!この車体はオイルタンクを横に突き出しているため、車体左側においてはとっても目立つ存在なんです。しかもアルミ製だったため、彫ってくれ~と言っているようなモノでしたので。。。

溶接ビードはあえてそのまま残しているところも、完成してみると逆に残っていることがカッコいいと思いました。

これだけでも、飾っておきたい気がします♬

こちらはプライマリーのベルトガードです!せっかくのフラットなアルミプレートなので、同じく彫ってくれ~って感じの場所でした。

彫り込む対象物の形状によってデザインを検討し、車体イメージに合うようにおまかせで決めさせて頂いています!彫り師は、当店からすぐ近くのショップ「Gクラシック」さんです。オーナーの赤坂さんが施工します。

次は別車体へ対する彫金となりますが、、、

なんと、家紋を掘りました☆これまた予想以上にカッコよく仕上がっていました!

真鍮のガスキャップは、金属が薄いため深くは掘れませんが、十分な立体感があります。

う~ん、細かい!!この細かさのおかげで薄い物だってカッコよくなっちゃいます♬

どしどし、ご相談ください(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 


★ハーレーダビッドソン:82年ショベル:リジットスプリンガー★カスタマイズド大阪府F様

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆ココをポチっと! 
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
お手数おかけしますが最後にポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


増し締めとオイル交換は必須!カスタムハーレーに乗るなら定期点検はおこたらないこと。

こんばんわオオガキです!

本日ご紹介したいカスタムハーレーは、納車後たった一ヵ月で約2000kmも走っているショベルヘッド様をお見せしたいと思いました(^^)

↑↑こちらの神奈川県から起こし下さったショベルヘッド様は、本日オイル交換も兼ねて点検に来てくださいました。先月エンジン分解修理をへて納車させて頂き、まだ一ヵ月たっていないくらいの短い時間で約2000Km走っているからビックリです。その間、オーナー様自身でもオイル交換は数回されているので、慣らし運転中の注意点はオススメ通り行ってくださっていました。

オーバーホール仕立ての個体なら、早め早めのオイル交換がオススメですが、当店は300~500キロ毎に交換をオススメしています。それを数回繰り返して、出てくるオイルを見ながら交換サイクルを検討していきたい時期です。

毎度オイルフィルターを交換しちゃうくらいでもイイと思います。もったいない気すると思いますが、大切な時期なので慎重にメンテしていくことがオススメです。

ついでにタペットスクリーンの掃除も!

ひとまわり点検してチェーン調整もおこないました。サンダンス製のハイスペックなモノなので伸びにくくてとても優秀です。

チェーン調整をするには、まずリアホイールのシャフトナットを緩めます。ハズスほどまで緩めなくても大丈夫です。

次にホイールアジャスターナットを緩めて、、、

このアジャスターを少しづつ締め込みます。左右を同じ量だけ締めていくことが重要です。

ジョッキーシフト仕様の方は、ココのシフトレバー付け根の小さなスクリューを定期的にチェックした方がいいですよ~。

SU純正カバーに彫金した結果、とてもカッコいいエアクリーナーに変身したと思います☆

緊急の時にも役立つ予備タンクも、存在感が強くて欠かせないアイテムに!

フェンダーに彫金&クロームメッキは、青空の下で見れば最高級の輝きでした♬

 

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


コロナウィルスの感染防止のため、アメリカメーカーも出荷停止になっています!

ご愛読の皆様へご連絡いたします<(_ _)>

ご存知のように新型コロナウイルスの感染拡大は、米国でも大きな社会問題となっております。州(米国)によっては業務停止・自宅待機などの行政処置をとるところもあり、製造・出荷作業に影響を及ぼしております。また、行政処置も日々流動的で予断を許さない状態となっており、混乱が続いております。

当店としては大打撃ではありますが、アメリカメーカーのパーツに頼っている割合は大半以上を占めていて、先日の業務停止命令が一部だされたことによって、入荷できない状況がすでに始まってしまいました。これから先を想像しますと、空輸だけでなく船便も影響が出ないとは言い切れません。アメリカのメーカーと言っても製造元はアジア圏であることが多いです。そこも影響が出ていますのでアメリカ国内だけのお話ではありません。

よって、当面の間はカスタムに関してのご対応が、いつも以上に遅くなってしまう確率が高くなっているため、ご検討中の方はその時期を先延ばしにしていただくことをオススメいたします。取り寄せ部品が無いカスタムであれば影響はないと思いますが、その都度ご相談ください。また、トラブル時の修理については、日本国内の部品屋さんでも多く在庫している物がありますので、今のことろはまだ供給については問題ないかと思っています。いずれはなくなってしまうとは思うのですが、、、修理に関しては最速で直したいかと思いますので自粛せずご相談ください。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


遠藤自動車はクラシックカー専門店でもあります♬

長野県S様のオーダーメイドprojectは、いよいよエンジン腰下半分をフレームに載せるところまできました。エンジンはオーバーホールをするため全分解からスタートしています。ここ最近はオオガキも工具を持って過ごしています♬

エンジンの中でも大変重要なオイルポンプと呼ばれる装置ですが、これはエンジン内のオイルを循環させるための精密な機械です。内部構成部品はそれぞれ密なクリアランスを持ち、エンジンオイルを圧送できるようになっています。オーバーホール時にオススメしているのは新品交換です。この度はS&S製を選んで装着させて頂いております。

組み付けもトルクレンチでそれぞれ適正なバランスで締め付けるべきところ。部品の歪みが発生しないように気を付けて正確に組立ないとなりません。

カムカバーは仮物ですが、この姿で腰下と呼べるエンジンとなったわけです。ここからミッションと連結して次の製作過程へ進められます。

これはレギュレーターですが、この真下にオイルフィルターも付けられる都合の良いブラケットを使っています。カスタムすると無くなってしまうオイルフィルターを後付けするときによく使っているアイテムです!

続いてはミッションオーバーホールをして車体へ搭載させます!

 

3階では社長が看板作りをしていました!4輪店舗のための新たなデザインです。

ここ最近の遠藤自動車は国産旧車を中心に扱っています。もちろんアメ車の方が多いのですが、社長は毎日レストアを繰り返しています。

オオガキも最近、かわいいサイズの国産旧車も好きになってきたところです(^^)

↑↑FORSALE中のほんの一部の車両ですが、ご興味のある方は是非お問い合わせください!

今現在の店舗はハーレー専門として営業していますが、引っ越しして7年が経ちました。昔を知ってる方は懐かしいかと思いますが、旧店舗は4輪専門として今でも活躍しています(^^)v

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > NEWS Archive

    合計: 7304990
    本日: 2693

Return to page top