Home > BLOG Archive

BLOG Archive

オーダーメイドによる御依頼を一時休止させて頂きます<(_ _)>

いつもご愛読ありがとうございます。

ご購入のご検討中の方へ、ご連絡いたします。

当店にて大変ご依頼の多い「オーダーメイド」による御注文を、この度2019年4月30日をもちまして受注休止させて頂くこととなりました。お客様の御希望に沿いながら一緒に一台を作り上げることの素敵なプロジェクトでしたが、現在慢性的な繁忙状況が続き大変ご迷惑をおかけしております。その打開策として、年間受注数の限定をおこなったりと検討してきましたが、回復させることができなかったため、この度の方針といたします。

現段階では一時休止と考えておりますので、いずれはまた「オーダーメイド」をご提案できますように心がけて勤めてまいります。

4月30日までの御依頼につきましては、先日発表致しましたとおりの内容となりますので、ご検討中の方は再度ご確認お願い申し上げます。⇓⇓
http://endo.staba.jp/wp/news/50133/

なお、展示完成車両をご注文下さった場合は、追加変更カスタムをこれまで通り承っておりますので、お気軽にご相談下さいませ<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


2019年初御注文&初整備の御依頼を頂戴いたしました☆

こんばんわオオガキです!

今年こそは、、、っと気張ってブログを毎営業日することを目指して、PCを打ち始めました(^^;)スマホにて更新することもできるのですが、どうもPCの方が入力に慣れているのでスマホでは面倒に感じてしまいます。本来ならばスマホの方がサクッと更新できると思いますが、スマホの文字入力能力が低すぎてダメです。

ということで、今年もよろしくお願いいたします。

 

さて、本日はまず今年の営業日2日目にして、初の御注文を頂くことができました♬

⇑⇑こちらの240ワイドタイヤを履いたショベルワイドグースが売約となりました<(_ _)>大変人気がありましたモデルですがこの度は群馬県内のお客様のところへお渡しさせて頂きます!

後方からの見た目が強烈なワイドタイヤは、タンクが小さければ小さいほど目立ってくれます。タンクが小さいことの苦労はもちろん有りますが、この見た目を得るためには仕方のないことです。こんな派手なカスタムバイクですが、グースを選ばれる方の多くのオーナー様が長距離ツーリングを楽しんでいらっしゃる方々です(*^^*)

 

そして、お次は今年初のメンテナンスでお越しのパングース様です⇓⇓

長いお付き合いでありますこちら⇑⇑のオーナー様ですが、基本的にはなんでもご自身でメンテナンスされていらっしゃいます。定期的にオイル交換や車検などではお会いできますので、このブログにも登場し続けているパンヘッドであります。

オイル交換はできれば当店にて年二回くらい見させて頂ければ理想的です。その出てくるオイルを見ながら健康状態を確認させて頂けるからです。ご自身でオイル交換をしていかれる場合は、できるだけペットボトルなどの透明な容器に少量保管し続けて交換サイクルをどうしていくか?の参考材料にされるとイイです。

冬場のエンジン始動が困難な方にはオススメなマルチグレードオイル。20w-50はエボ以降モデル用ではありますが、ショベル以前modelでも問題なく使用できます。冬場の注意点は暖機運転中の激しい運転を可能な限り抑えることです。乗り始めて約30分くらいは落ち着いて走ってあげて下さい。シングル50番なので硬めのオイルを使っている場合はなお注意が必要です。

こんなジョウゴがあると便利です。ご自身のカスタムバイクに合わせて、ホームセンターでいいアイテムを探してみて下さい!小さいオイルはオイルを入れる時に少ししづつしか入れられないので不便です。。。

ジョッキーシフトは手慣れたもんで余裕のライディングです!グースネックstyleのハンドルの重さは初めの頃恐怖感が強いので皆さん苦労はあると思いますが、こうしていずれ慣れてスイスイ乗れるようにもなるという目標にして頂ければと思います(^^)/

続きましては、二階工場内へ移動します!

正月休み中にレッカーとなってしまったショベルヘッド様を早速分解点検中です。症状はオイルの循環が悪い?そんなところです。

とりあえずは分解していかないと安心できないので、見れるところまで分解して目で確認します。今のところ大きな損傷はなさそうです。

ギヤケースカバー内も重要で、ココに問題があると修理代も大きくなりますが、ココにも異常は見当たらないところです。

このタペットローラーのベアリングも結構な確率で損傷するものです。これはエボ以降モデルのビックベアリングtypeに変更ができますので、壊れた場合はソレもオススメしています。ショベルヘッド以前モデルも強化仕様とすれば対策はいくらでもあるんです。

続きましてはオイルポンプの分解に進みます。ココは消耗しやすい部品なので可能性は強くあると思いますが、まだまだ進めてみないと分かりません。。。

お次は車検にてお預かり中のパングース様⇓⇓

車検と同時に整備をご依頼頂くことはもちろん多いです。この度はマニホールドシールの交換の御依頼です。

オーダーメイドにてお作りしたマフラーですが、ヒネリ具合はいつもよりも強く流れるような曲線美があります!

通常よりも多く使えるように2ℓのガソリン予備タンクです。重いので取付はガッチリしていますので、取り外しは簡単とは言えませんが、万が一の時の安心感は違います。

マニホールドシールには様々な物がありますが、オススメはある程度決まっています。シールを固定するクランプも種類が多いのですが、良し悪しがあると思います。なので、当店で使用するのはある程度決まって同じ物を使って組み上げています。

 

ではでは、来週の営業は水曜日からとなります<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


新年明けましておめでとうございます<(_ _)>

ご愛読の皆様、ご無沙汰しておりますオオガキです♪

本日より2019年の営業がスタート致しました<(_ _)>

2019年の当店も、相変わらずのカスタムハーレーを中心に取り扱いさせて頂き、カスタム好きの皆様にお役に立てればと思っております。ブログを中心とし、各SNSにて、情報を発信させて頂きますので、本年も変わらずご愛読いただけましたら幸いです(^^)

また、遠藤自動車サービスとして創業45周年を迎えました!社長の遠藤が24歳にて独立起業し現在に至りますが、お客様にとって「良き店」となれるよう目指し、オオガキも共に精進して日々勤めてまいります。

 

宜しくお願いいたします!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村

 

 


2018年も大変お世話になりました(^_^)v

いよいよ今年の営業も最後の日となりました!

この一年もあっという間に終わってしまいました。。。年を重ねるほど毎日が早く流れていっているように思えます。その最後の営業日である本日に、滑り込みで御注文頂くこととなりました♪締めくくりとなった車両は⇓⇓こちらです。

2010年式ツインカムエンジン搭載のリジットチョッパーです!ハイパワーで現代の道路事情に対応しやすいフルカスタムハーレーとなっています。エンジン以外は非純正品とワンオフ部品の構成としていますので、ほかにない一点物のチョッパーなわけです。この度は兵庫県のオーナー様からの御依頼ですが、さらにオーナー様仕様に改造を加えてからのお渡しとなっています。

⇑⇑こちらの車両や他の当店が製作するツインカムリジットseriesは、後々エンジンを変更したくなった場合にも対応できるように考えています。例えば、エボやショベルに載せ替えることも可能です。もちろん、パン、ナックルも問題ありません。そんなカスタム車両ですので、長い目で見た時にいろいろと変化させながら乗り続けて頂くことが可能だと思います(^^)/

 

さて、本日の遠藤自動車は大掃除の1日☆

この店舗に引っ越しをしてから5年と半年たちましたが、当初に比べると販売車両の在庫も増えて、歩くスペースも少ないくらいバイクだらけの空間で見て楽しんで頂けるように来年もお待ちしております(^_^;)

 

 

では最後に、、、

昨日、年末のご挨拶にお越し下さったオーナー様の走り去っていく姿をお見せして、2018年最後の遠藤自動車ブログとさせて頂きます。

改めましてご愛読の皆様、今年も大変お世話になりました。このブログを見て下さり嬉しい限りです。また来年も引き続き更新してまいりますので、チョコっとした合間のお時間にのぞいて頂ければ幸いです!

良いお年を~~(@^^)/~~~

 

 

※※御正月休み中は、もしかしたらオオガキBlogをするかもしれません。。。

期待せずにブログを開いてみて下さい♬

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


2019年1月1日よりオーダーメイドの御依頼についての受注形態が変わります!

ご愛読の皆様、いつもありがとうございます<(_ _)>

本日は車両購入を御検討下さっている方に重要なご連絡を申し上げます。

2018年まで当店では、
・在庫完成車
・セミオーダーメイド
・フルオーダーメイド
上記の3種の販売形態をご提案させて頂いておりました。

近年は3種すべての御依頼を多く頂けることができまして、とても忙しい毎日を過ごさせて頂いていましたが、その分お客様にもご迷惑をおかけすることになってしまっていることも事実であり、2019年こそ改善をしたく検討しておりました。

そこで、2019年より、オーダーメイドに関する受注形態を変更し、皆様に新しくご提案させて頂きます。

——————–

オーダーメイドにつきましてですが、これまで通り
「セミオーダーメイド」「フルオーダーメイド」に分けて考えさせて頂いております。

セミオーダーメイドとは、、、
・当店がWEB上でご提案しております、セミオーダーメイドプランよりお選び頂き、お好みのカスタムハーレーをお作りするプランです!また、今までの当店製作車両を見本としながら、見本車両の約60%以上を同等に作り約40%以内をオーナー様仕様にカスタム内容を変更して、お作りすることもセミオーダーメイドとしています。

フルオーダーメイドとは、、、
・セミオーダーメイドと扱えない領域である仕様となる御依頼内容を、フルオーダーメイドとしています。今までの当店製作車両で参考にできる仕様の作品が無い場合や、参考にしながらもカスタムの変更点が多くセミオーダーメイドプランと呼べない特別仕様になりえる御依頼がフルオーダーメイドとなります。この点につきましては、お客様からの御相談を頂いてからの判断となってしまうこともありますので、分かりにくく大変申し訳ございません。

また、この度変更なりますことについてですが、
上記の2種のオーダーメイドプランにつきましての御注文件数をはじめ、制限を設けさせて頂くこととなりました。

——————–

セミオーダーメイドにての御依頼
・年間8台までの御注文に限ります。
・ショベル(70~84年)、エボ(84~99年)、ツインカム(99~17年)、のエンジンでの製作に限ります。
・参考納期約1年(内容次第では納期1.5年前後となります)
・車両製作価格+3年車検等諸費用=総額⇒乗り出し抜税抜価格が350万円(税込価格約378万円)以上の御注文に限ります。
※御希望カスタムプロジェクトのお見積りが下限額に満たない場合は、当店よりオススメの追加プランを下限額を超えるよう御提案させて頂き御検討お願い致します。

フルオーダーメイドにての御依頼
・年間5台までの御注文に限ります。
・当店が対応できるすべてのエンジンでの製作させて頂きます。
ナックル(36~47年)
パン(48~65年)
アーリーショベル(66~69年)
その他社外メーカーエンジン等
上記エンジンをご希望のお客様は、フルオーダーメイドにて御依頼承ります。
・参考納期約1~1.5年(内容次第では納期2年前後となります)
ナックルエンジンの場合/
車両製作価格+3年車検等諸費用=総額⇒乗り出し税抜価格510万円(税込価格約550万円)以上の御注文に限ります。
パンエンジン又はアーリーショベルエンジンの場合/
車両製作価格+3年車検等諸費用=総額⇒乗り出し税抜価格465万円(税込価格約500万円)以上の御注文に限ります。
※御希望カスタムプロジェクトのお見積りが下限額に満たない場合は、当店よりオススメの追加プランを下限額を超えるよう御提案させて頂き御検討お願い致します。

——————–

※中古エンジン中古ミッションを使用するプロジェクトの場合の整備につきましては下記をご参考下さい。

セミオーダーメイド/
現状コンディション良し悪しを無差別に65%以上の分解修理(オーバーホール(OH))をおこない、最低150km以上のテスト慣らし走行をさせて頂きます。65%分解修理とは俗に腰上OHと呼ばれている内容+腰下の一部を整備を致します(通常25~35万円の修理/車両製作価格に含む)。保証期間(エンジンミッションに関して):1年または、5,000Km走行いずれか早い方

フルオーダーメイド/
現状コンディション良し悪しを無差別に90%以上の分解修理(オーバーホール(OH))をおこない、最低300km以上のテスト慣らし走行をさせて頂きます。90%分解修理とは俗に腰上OH腰下OHと呼ばれている内容を整備致します(通常40~50万円の修理/車両製作価格に含む)。保証期間(エンジンミッションに関して):車検有効期限切れまでの約3年間

※「製作過程~完成」までの、すべてのストーリーを記録し、写真や動画など編集し素敵な「思い出」をプレゼントさせて頂きます(フルオーダーメイドのみ)。

※差し支えなければ、カスタムバイクショーなどのイベントに展示させて頂くことにご協力お願いいたします。

※納車方法につきましては、フルオーダーメイドの場合、全国どこでも距離に関係なく当店担当スタッフが直接お届けに参りまして、車両取り扱いについてのアドバイスをさせて頂きます。恐れ入りますが、カーフェリー移動が必要な離島にお住まいのお客様につきましては、指定業者様にてお届け致します。もちろん、遠藤自動車店頭でのお渡しも可能です。なお、セミオーダーメイドの場合は、通常400km以上の距離のお届けは指定業者様にお預けしてお届けしております。その場合、車両取り扱いのアドバイスはお電話などのご対応となります。納車費用につきましてはお届け先までの距離等を参考に計算させて頂きます。詳しくはお問い合わせ下さいませ。

☆★☆★

これまで、オーダーメイドにて御注文下さっているお客様の多くが、御契約当初コストを抑えてからスタートをされていました。しかしながら、完成まで長くお待ち頂いている間に、あらゆる方向から得た情報を吟味し追加料金を頂きながらも仕様変更させて頂くことが8割の車両であります。その追加変更分につきましては、私達にとってある程度御契約当初から予想できていることでもあり、ご予算のことを関係なしに言えばオススメしたい内容が多くございます。そうなりますと、始めから当店よりオススメさせて頂いた内容で検討して頂くことになってもイイのではないかと考えました。当店としましても、オススメなプランであってもコストが大きくなるお話を初めてお会いした際に次々にご提案しにくいことでありましたので、これまではあまりオススメしないようなスタイルで営業しておりましたが、オーダーメイドにつきましては方向性を変更したく、この度のご提案となります。なお、総額の下限につきましては近年のオーダーメイドで御依頼頂いている平均価格を検討し決めさせて頂きました。

今日現在ご検討中でありましたお客様には大変申し訳ございませんが、この度も運びにつきましてご理解とご協力をお願い申し上げます。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


★ハーレーダビッドソン:70年ショベル:リジットスプリンガー★オーダーメイド千葉県I様

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆ココをポチっと!
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


販売車両いっきに増えました。グーバイクにて詳細ご覧下さい(^^)/

こんにちわオオガキです。

久々のブログです。。。<(_ _)>

突然ですが、今月発売するプライマリーに当店製作車両が紹介されます!

ホットロッドショーの記事も含まれていて、発売日を通常より遅らせての内容詰まった一冊になっています!ぜひぜひ書店にて♬

 

では早速、新規販売車両からご紹介です⇓⇓

2001年式ツインカムグース完成します!

2001年というと17年前のエンジンとなりますので、冷静に考えると中古車両としては十分に古いモデルです。しかし、ショベル、エボ、に比べて圧倒的な安心感のあるツインカムエンジンは、まだまだ気になさらずに走ってくれるタフなヤツです!

本来、この年代ではベルト駆動ですが、オールドスクールを追及してチェーンドライブにしています。

本来ならプライマリーカバーが付いていますが、やはりここはオープンベルトにしちゃいます!

現代では油圧式のフォークが当たり前、、、だけど機械式のスプリンガーフォーク!時代に逆行するのが大好きな遠藤自動車です<(_ _)>

 

⇑⇑こちらもまた、まもなく整備完了となる販売車両のショベルボバーです!

当店定番メニューのオープンベルト&ジョッキーシフト仕様です。

真鍮部品もあちらこちらに配置しています。またスピードメーターはデジタル式なので速度がしっかりと感知できます!

廃盤してしまったSUキャブレターは新古品でご用意致しました。

丸棒曲げライトブラケットでアクセントを!

スプリンガーフォークと言えばドラムブレーキなのですが、最近の人気は8.5インチのミニディスク仕様です!

トランペットマフラーの後は今でも大人気で、不動のポジションを獲得していると思います。

 

⇑⇑こちらもまた、販売車両のワイドタイヤ仕様ショベルグースです!ロー&ロングのレーシーなstyleは走っている姿は強烈です。

それぞれの車両はただいま撮影中&整備中ですが、グーバイクサイトにて一部ご紹介しております!ご興味がありましたら、ぜひご覧ください⇒https://www.goobike.com/shop/client_8400640/zaiko.html

 

では、お次はお預かり中のナックルヘッド整備の一部を。

長期保管中であったナックルヘッドを復活させるために整備中です!アイドリングが不安定な症状でしたので、キャブレター周りを点検いたします。

ナックルと言えばリンカートキャブレターです!ボディが真鍮って言うところが今時ではありません(^^;)

キャブとエンジンをつないでいるマニホールドの接続部が、ガタガタになってしまっていて二次エアを吸っている様子。。。まずはココから修理いたします。

この時代はマニホールドもネジ式で固定されています。でもパンやショベルのようなバンド式の方がゴムリングがしっかりと密閉してくれるので、ネジ式をパンヘッドマニホールドが付けられるように改造してあることが多いです。

このマニホールドを外すために、こんな工具が必要です。通常の工具では厚みがありすぎて使えず、、、。

マニホールドのシール材は様々な種類が販売されています。この度はアメリカ製の⇑⇑こちらで!

 

 

当店では珍しいチョッパーではないエボヘリテイジ整備中です!20年以上にわたり乗り続けていらっしゃるオーナー様ですが、この度充電系トラブルで入庫しました。

簡単には修理できないココのステーターコイルの故障です。ツーリング中、休憩後の再スタートができなくなってきづきます!

ステーターコイルの交換はプライマリーの分解が必須ですので困ったもんです。オープンベルトではないので、この周辺をバラバラにするまでの道のりは長いんです。

レギュレーターはこの度は故障していませんが、これを予備にして新品部品交換をオススメします。現在ではアクセル製が永年保証とかっていうありえない保証が付いてきますので高価ですけどイチオシです。

 

という感じで、今日は珍しく昼間更新でした(^_^)v

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


新プロジェクトのための打ち合わせ★まず始めはエンジン選びから!

こんばんわオオガキです!

本日は3連休の初日でありますが、朝一番からご予約のお客様を始めとして多くのご来店でにぎわった1日でした。その中にはこの腹側に更新するブログをご愛読して下さっている方もいらしゃいまして、初のご来店にもかかわらず多くのことを把握されていてご説明は不要でした。まことにうれしいことですので、引き続きなるべく毎営業日更新を目指して頑張っていきたいと思います(^_^;)そんなことを言い続けて何年経ったことでしょうか??未だその目標を達成したことは有りません。。。

本日は、オーダーメイドにてご注文下さった静岡県オーナー様とのお打合せからスタート致しました!約15年のお付き合いであります上得意様よりご紹介いただきましてこの度のご縁が生まれました♬2グループのご家族でご来店でありましたので、席を特設で増やしてとてもにぎやかな空間でした。オオガキの子供も呼んでキッズルームは無いにしてもそれなりに遊び場となっていたと思います(^^)

まずはエンジンを決めるところからが始まりです!ショベルヘッドのエンジンとしても今現在の在庫は多くあり選べるほどの状況です。その中で決めたきっかけはお生まれの年式です。外環もキレイにリビルトされていた個体でしたので、磨くための特別料金も少なく済んでGOODタイミングのprojectです♬

カバー類は全てポリッシュされ、ケースはサンドブラストにてキレイに汚れを取り除き、黒い塗装は塗りなおしてあるエンジンでした。通常は15万円前後の費用を頂戴してキレイに修復しますが、その料金はこの度必要ありません。。。

カスタムについての方向性もたっぷりと打ち合わせいたしまして、来年より本格的に製作をスタートさせて頂く計画が立てられました(^^)/

 

続きましては、昨日ご紹介していましたバルタン星人なチョッパー様です!

納車して長くはないのですが、1週間に2度は乗られるハードライダー様なので車体には慣れて余裕に載れていらっしゃいました。ここで足クラッチ手シフトの改造をしまして、今日が初乗りでした!さすがにブッツケ本番ではなく、裏の田んぼ道で教習です。シフトチェンジにクセの強いショベルミッションは、アドバイスが無いと壊れている気がする時もあるくらいです。

走り始めたらスイスイ乗って行ってしまって見えなくなりました(^^)発進さえうまくいっちゃえばあとは何てことありません。自走にて2時間の距離を変えられましたので、まあまあ慣れたのではないかと想像しています!

 

お次は、ただいま販売車両として製作中の、、、

⇑⇑ショベルリジットボバーです!標準サイズのリジットフレームでロー&ロングを目指すための新企画となっています。そのカギとなるアイテムは、、、

リーフスプリンガーフォークです!日本でのハーレーカスタムではあまり採用されていませんが、アメリカではちょいちょい見かけることのあるカスタムです。カスタムならではの部品ではなく、インディアンなどのヴィンテージバイクに純正採用されていたアイテムなんです。それをカスタム用として販売しているフォークを使用しています。

⇑⇑クラシックmodelだけでなく、レーサーmodelにも似合います★

さらについでにスッキリを追及できるインベーダーホイール!

ハンドル周りはシンプルに!

ノンロッカーフットクラッチは当店としては定番メニュ~♬

オープンベルトも当然ながら♬

サドルシートはハンドメイド感あふれるレースカガリにしてみました!

まもなく完成予定です(^^)/

 

では、また明日。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


74スプリンガー用フロントフェンダー製作★

こんばんわオオガキです!

群馬県太田市とは違ってすでに冬眠中のライダー様も多くいらしゃると思いますが、長期保管の際に気を付けて頂きたいことはやはりバッテリー管理です。管理と言っても難しいことではありませんのでご安心下さい。

まずは、バッテリー端子を外して車体とバッテリーを繋がっていない状態にすることです。これによって少しでも放電してしまう量を減らしてダメージを少なくしてあげられます。端子を外す時はできるだけマイナス極から取り外しましょう。さらに、バッテリー充電器があれば、一カ月に一回などのペースで充電してあげれば安心です。トリクル充電(絶えず微小電流により充電する)機能が付いている場合は充電器を繋げっぱなしでOKです!

いざ、春になってエンジンかけようと思ったらバッテリー上がり。。。っていうのが一番残念です。

また、当店カスタムバイクの99%は、ガソリンコックを必ずOFFにした状態で保管してあげて下さい。ONのままだと保管中にガソリンが全部漏れちゃった、、、ってことになるかもしれません。

 

ではでは、本日はまずイグニッションスイッチカバーをご紹介いたします。

あまりに小さな部品でそこまでこだわる?って思うかもしれませんが、盲点だったココのカスタムパーツはホボ既製品としてはありません。小さいけれど意外にもパッと見で分かるほどインパクトのあるパーツでもあります。

ネジ部は見たらただのナットではありますが、こだわって綺麗なデザインでお作りしています。量産体制が整いましたら、在庫して販売させて頂きたいと思っております。。。

装着させて頂きました車両は↑↑こちらのショベルボバーちゃんです♬

また、エンジンオイル用ドレンコックをつけてみました!オイルタンクに加工無しでなんとかなりました(^^;)これがあればオイル交換もスムーズで気軽にできるようになります。

本日届きましたムーンアイズの冊子に載せて頂けていました!今月末発売のプライマリーにも掲載される予定です♬

⇑⇑こちらは3階で塗装されているピーナッツタンクです。黒に濃い赤のロゴはナカナカ渋い仕上がりです!今はツヤがありますが、ここからツヤ無しへ変化させます。

⇑⇑同じく塗装中のコヨーテタンク♬オーナー様は、細部にわたって当店が作ってきた作品を見くらべて、この度のペイントに対し指示を出して下さいます。おかげ様でそのこだわりを当店の標準とし、より一層バランスの良いカスタムバイクが作れそうです。

⇑⇑ロサンゼルスへ出航予定のprojectのガソリンタンク。ロゴ位置を決めるのは意外と慎重なプロセスです。コレが崩れるとダイナシとなってしまいますので、繰り返し注意しながら位置決めします!

 

さて、続いては表題のフロントフェンダーをご覧ください。

カスタムスプリンガーフォークにはちょうど良いフロントフェンダーが売っていないんです。なのでお作りするしかない現状がありますが、現車がないと綺麗にできないのも大変なところです。車両をお預かりできるキッカケにご相談下さいませ(^^)/

一ヶ所はフェンダー上部から吊り下げるようなイメージで。。。

サポートとして、フェンダー下部にたいしてブラケットを作って固定してあげます。この時、スプリンガーフォークのフロントレッグ付け根で軸をとることがベストです。

シルバーリーフを使ったペイントも施させて頂きました♬

ジョッキーシフト仕様に改造してから明日が初乗りとなりますが、オーナー様の感想が楽しみであります(^^;

ここにバルタン星人現る。。。

ENDOロゴ入りフロアボードはゴムじゃないのでツルツル滑っちゃいます。。。

多くの方がモチモチ感がイイと高評価して下さるワンオフシートはなんどもスポンジ整形から繰り返してお作りした作品です★

 

ではではコレにて本日は終わります<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


納車ラッシュ!受注ラッシュ!2018年のラストスパート♬

こんばんわオオガキです☆

いよいよ、今週と来週の営業を最後に2018年は終わります!明後日の土曜日を始め皆様は3連休となる会社さんが多いと思いますが、当店も合わせて24日月曜日は祝日のため営業いたします。クリスマスイブにもぜひお越しくださいませ。なんのイベントもやってはいませんが。。。

ねんのため、今年の営業日のお知らせいたします。21.22.23.24.26.27.28を営業いたします。28日は最終営業日としていますが午前中のみで、午後より社内清掃とさせて頂いております。すでに残りの営業日のスケジュールはパンパンとなってきておりますが、御相談のあるご来店の場合は前もってのご予約を頂けましたら調整させて頂きたいと思っております。飛び込みでも大歓迎ですが、スタッフ不足でご対応はできないかもしれません<(_ _)>

 

では、本日は久々に工場内を見学いたしましょう!

群馬県内にお住まいのオーナー様のショベルチョッパーですが、転勤によりお引っ越ししてしまうため最後のメンテナンスをさせて頂いております。さらにシート交換をして乗り心地とstyleを変更してイメージチェンジです。

ラペラ製のシグネチャーは約35000円の低価格ではあるものの、ハイクオリティーなシートでとてもオススメなカスタムパーツです。ラペラは歴史あるシートブランドで様々なモデルに対してのアイテムを販売しています!反り上がりの強いこのシートは、加速時のお尻のズレ込みは一切なくクッション性もイイです。

当店オリジナルのコヨーテタンクは、残念ながら次回の製作のメドがいまだに立っていません。細身なバイクを作りたいときには重宝するタンクだと思っています(^^)

丸型?角型?両方のイメージを持つデザインは他には無い珍しいモデルなんです!小さく入れたハーレーダビッドソンロゴもまたカッコい~♬

ヘッドライトのレンズをイエローに交換するだけで大きく印象が変わります!光は明るいとは言えなくなりますが、見た目のクラシカル感は間違いなく向上です。

 

続きましても、シートのご紹介です!

⇑⇑こちらは当店オリジナルのソロシートです!乗り心地も考えながら反り上がりを強くスポンジの厚みを調整しています。リヤフェンダーやフレームとのスキマのバランスも気にして考えています。

見た目をスッキリさせるためにも、前方部を細くしています。お尻の部分はシッカリと厚みを持たせ、乗り心地も見た目も両方を追及したわがままなシートです!

群馬県内のシート屋「ランブータン」にて製作をしていますが、受注生産で時間はかかりますがハイクオリティが自慢です♬

⇑⇑リジットフレームのカスタムバイクに最適です★

 

最後にご紹介しますのは、ただいま車検整備中のナックルボバー様です!

20年以上所有しつづけているオーナー様ですが、フルノーマルを少し崩したボバーStyleにカスタムしています。

タンクとハンドル周りが、クラシカルな匂いをふんだんに出しています!タンク横でチェンジするシフト操作も魅力です。

人間よりも確実に長生きできるハーレー文化においては40年代のナックルヘッドくらいは余裕で修理が可能です。部品に困ることはまず無く、エンジン丸ごと新品に交換することだって可能な世の中です!ようするにお金の話をしないのなら直せない故障は何一つありません。

今回は進角装置をを手動から自動へ交換しています!パンヘッドモデルまでは手動が一般的です。

手動進角とは左グリップを回して点火時期を手動にて早くしたり遅くしたりすることです。この度は自動進角にしましたのでグリップが回らないように固定しちゃいました。

 

カスタムはイロイロあるんです(^^)

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > BLOG Archive

    合計: 6409957
    本日: 3202

Return to page top