Home > BLOG Archive

BLOG Archive

アメリカより入庫したばかりのショベルチョッパー二台をご紹介!

⇑⇑アメリカにて仕上げられたハイクオリティパーツ満載のフルカスタムチョッパーです!83年式ショベルヘッドはツインプラグに改造され純正よりも燃焼効率が上がるように手を加えています。ミッションはハイブランドであるベイカー製で、現代販売されているメーカーではナンバー1のクオリティだと思われます。前後のホイールやその他のパーツまでオールドスクールなテイストの中でも現代の力を感じられるセンスです。高性能なプロクラッチやセルスターターをつけている点は、旧ハーレー初心者様には強くオススメしたいポイントです。同じように少しづつハイクオリティなカスタムをすれば、まちがいなくこの度のプライスではご提案できません!旧車でも現代の良い部品を取り込みながら乗りたい方にぜひ見て頂きたい一台です。

こちらのグーバイクサイトにて80枚の画像をご覧頂けます!

 

 

⇑⇑同じくアメリカにて仕上げられた76年式ショベルチョッパ―ですが、先ほどの車両と比べて正反対のヴィンテージパーツが盛りだくさんなこだわりのマシンです。60~70年代の当時モノのパーツをこだわって選び決して新しい雰囲気は持たないガレージビルドな雰囲気満載の一台です。古着ファッションで昔のバイクは昔ながらのノリ方が一番とお考えの方にオススメしたいカスタムです。シートやマフラーなどの、今では簡単に手に入れられないパーツは単品でも高価に取引されコアな方々の中でも重要視されるポイントです。アメリカでのボーンフリーなチョッパーと言えばこのStyle♬キレイでピカピカのイメージではなく、ヤレヤレな古びた雰囲気のスタイルがどうしても好きでたまらない方にはぜひ見て頂きたいと思います。

こちらのグーバイクサイトにて80枚の画像がご覧頂けます!

 

 

動画は後ほどご紹介させて頂きます(^^)/

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ツイスト仕様のロングスプリンガー完成しました♬

こんばんわオオガキです!

今日は早速トラブル話をいたします♬

久々にエンジンを始動しようとしたとき、通常の走行ができないくらいに調子が悪くなってしまった際は、何が原因なのか?すぐに判断できることばかりではありません。大概のことはちょっとしたことで解決に手間取ることはないのですが、電気部品の問題だった場合は予想される部品を新品交換をしてみないと分からないことが多いです。

電気部品と言ってもあれもこれもありますが、どなたでも知っているバッテリーも良く原因となっていることがあります。とくに分かりにくいのは、通常通りヘッドライトやウィンカーなどの灯火類が点灯している状態で、テスターで計測した時のバッテリー電圧が12V以上ある時です。この場合、通常故障していると判断することはしにくい条件ですが、バッテリーを交換しただけで直ってしまうことがあるんです。

でも、バッテリーは決して安いものではありませんので、無駄に予備で持っていたいわけではないと思います。その場合は、車などの別の車体のバッテリーを使ってエンジンを始動させてみると判断ができます。

こんな修理も当店ではあるあるな一例ですので、ご参考にして頂ければ幸いです(^^)

 

では、工場にてエンジン修理中のエボリジット様をご紹介です。

車検にてお預かりしておりますエボリジットチョッパー様ですが、マフラーから出る白煙がとても強くなってしまっていたので、分解して点検させて頂きました!

原因はピストンリングの消耗でした。3種のリングで構成されていますが、一番下のオイルリングがシリンダーに対してスカスカとなっていまして、燃焼室にエンジンオイルが吸い込まれている状態でした。この場ではピストンリングだけの新品交換だけでも白煙は出ないようになると思いますが、ココまで分解していますので新品ピストンを使ってシリンダーボーリングをします。

ことのついでとなりますので、ガスケット類はホボ全て交換しちゃいます!オイル漏れなどの対策も同時におこないました。

シリンダーとはココのエンジン中間部分です。ココまでの分解修理をすることを腰上オーバーホールと呼ばれます。

この上部の部品はシリンダーヘッドと呼ばれます。

最上部はヘッドカバーやロッカーカバーと呼ばれます。

一番下の部分はクランクケースと呼ばれます。このクランクケースを分解修理することを、俗に腰下オーバーホールと呼んでいます。

 

お次は、オーダーメイドのprojectとなります。

長い時間待って完成となりました12”オーバーサイズのロングスプリンガーです。製造メーカーはアメリカで代表的なパウコですが、基本的にはオーダーしてから2~3ヶ月は完成までに時間が必要です。

この度はスペシャルオーダーとしてツイスト仕様で製作しました。パウコ製ではスプリンガーに対して長さだけでなく、幅や形状などの仕様も選択することができますので、自由に選択して頂けます!

こちらのチョッパーに取付します!

ホイールも目立ち度抜群!

シーシーバーもツイスト仕様で全体的に統一感を出していきます!

 

ではまた明日に続きます。。。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


2018年最後な輸入!約30台在庫が増えました☆

こんばんわオオガキです♪

当店は年に3~4回の買付出張をしていますが、本日は今年最後の輸入便が届いた日でした。アメリカにいるパートナーにも助けてもらいながら、社長が約1ヶ月間ロサンゼルスに滞在して仕入れをしています。

この度もコンテナ40フィートにスキマなく詰め込んできたので、その一分をご覧下さいませ(^^)/

朝1番で店内にギュウギュウ詰めのバイク達を外の駐車場へ移動させます。これはまたこれで、スワップミートの雰囲気が感じられてカッコよく思えます‼

まいどお馴染みですが、コンテナの高さに合わせるためにキャリヤカーを利用して下ろします。

コンテナないにたいして、スキマがないので出すのも大苦労です(^_^;)

自作ステップを使って2台の高さ調整は必須☆

車高の低い車を下ろすのは怖い(>_<)段差がなければなんてことないのですが。。。

何枚にも作った壁を壊しながら荷下ろししていきます。バイクも部品もたくさんあるので、スタッフ総出で挑みます!

この度輸入したままの状態で販売する車両はこちらの二台のみです。

後程詳しくご紹介いたしますが、店頭にてご覧頂けますのでぜひぜひ現物を見に来て頂ければ嬉しいです。明日より販売スタートです!

部品達もうんざりするほど入荷しました(^^ゞこれを検品していかなければならないのでツラい。。。

エンジンだけの状態にしてズラっと並ばせました!国内1の在庫であることは間違いないと思います♪アメリカでもなかなか無いのではないかと思います(^^)

オーダーメイドや完済しているカスタムハーレーを検討している方にとっては絶好のタイミングです。

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ブラスガソリンタンクキャップ(カムtype):エングレービング<税込¥14,904->

真鍮のガソリンキャップにエングレービングをして高級感を高めた作品です!シンプルな塗装のガソリンタンクもこれだけでグッと印象強くなりカスタムバイクの要素が一気に向上します♬

一点一点ハンドメイドの作品となります!

ピーナッツタンクやスポーツスタータンクなどの、多くのカスタムガスタンクに対応しております。ブラックペイントのタンクには最高のバランスでマッチングしています。バイクの中心であるガソリンタンクだからこそ目立たせたいパーツです★

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


イグニッションスイッチを真鍮製のオリジナルカバーでカッコよく変身させる!

こんばんわオオガキです☆

当店で良く製作しているチョッパーくん達によく使うイグニッションスイッチは、どうしてもチープなイメージが強く高級感が足りない雰囲気でした。これまでにも何件か御相談を頂戴していたのですが、この度デザインを検討しENDOオリジナルのアイテムとして完成させることができました!

⇑⇑こちらが一番多く使用している標準的なイグニッションスイッチです。これがスタンダードなのでこのまま使用することに違和感はもちろんありませんが、、、よりカッコよくしたくなったときようにご提案したいNEWアイテムは⇓⇓こちらです(^^)/



真鍮を削り出して製作しておりますが、シリンダーナットとキーシリンダーカバーの構成部品です。キーシリンダーの裏側には配線がつながっていますが、その配線を取り外すことなく取付ができますのでとても容易にかっこよくなります。また、通常品ではナットが簡単に緩んでしまってお困りの方も多かったはずです。そこも改善させて頂くべくモンキーレンチ1つあれば増し締めができるようになりました。

お好みの方は、ぜひご注文下さいませ<(_ _)>

ENDO製イグニッションスイッチカバー<真鍮:税込¥14,904-><アルミ:税込¥13,932->

 

 

さてさて、宣伝はホドホドにしておきまして、二階工場へまいります!

ギッラギラのカスタムハーレーでありますショベルヘッド様は、アメリカの西海岸ビーチを走っていそうな雰囲気です★形はクラシカルなボバーStyleのハズですが、カラーリングのおかげでクラシカルという言葉が間違っている気がするほどまぶしい仕上がりです♬

スプリンガーフォークにはエングレービングをしてさらにレベルアップをめざしました!

彫金跡の凹み部分には銅色を入れて彫り込んだ模様がハッキリ見えるように加工を追加しました。

真鍮グリップのエンドにも模様をいれました!小物ではありますが、これだけ見ても芸術品としてながめていられます(^^)

 

そしてお次は昨日売約となりましたボバーなパンヘッドをUPさせて頂きます。

当店で一番人気のボバーStyleですが、この度はパンヘッドエンジン搭載の車体をご注文頂きました。こちらの車両は多くのお問い合わせを頂戴しておりましてご検討中の方も多くいらっしゃたかと思われます。この場をお借りして売約のご連絡とさせて頂きます<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


A LEATHER FACTORY – ENDO製のレザーアイテム完成しました☆

こんばんわオオガキです(^^)/

本日はお天気もとてもよく、朝からたくさんのご来店がありました。バイクに乗ってきてくださった方も多くて店頭はにぎやか。。。バイク屋はやっぱり天気が良くないと、らしくありませんです!明日もそんな日になればいいと思っております♪

さて、久々にご紹介することになりますレザーアイテムをご覧ください!

ハイクオリティなレザーアイテムを中心に製作しています「A LEATHER FACTORY 」様の技術をお借りして完成しましたレザーバックです★多くのリジットフレームに対応できるサイドバックと、最低限の工具が収納できるツールバックです!約4ミリの革をウッドグレイン技術によってカッコよく加工し、クラシカルなカスタムハーレーによく似合うように考案した作品です。使い込む前から高級感が強く品質の高さはオススメなこだわりアイテムです(^^)/

A LEATHER FACTORY – ENDO製 リジットフレーム用サイドバック¥89,850-(税込)

A LEATHER FACTORY – ENDO製 ツールバック¥54,970-(税込)

 

長きにわたって使用していくことで色は変化していき、
より一層の味わいを楽しめるのも本革だからこそのポイントです!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


派手なことではないけど気になる配線カスタム!

こんばんわオオガキです!

今日は朝一番で東京港へ行ってきました。朝6時には走りだしていたのですが、到着したのは10時、、、。通勤時間の首都高を通過するには通常の1.5倍以上見越して出発しないと遅刻しちゃいますね(^^;)

10月にアメリカから輸出したハーレーちゃん達が東京港に到着したので通関手続きに来ました!輸入に対する許可をもらわないと貨物に触れることができません。オオガキがココへ来るのは約3年ぶりで懐かしい思い出とともに建物の中にいざ侵入です♬

港なので、トレーラーだらけで異様な独特な雰囲気があります。今では見慣れましたが、初めて来たときは圧倒されたことを覚えています。

その初めての頃の大失敗、、、このバースと呼ばれる道路に間違って入ってしまって。。。トレーラー専用のところへ並んでしまった事あり。コレがまた出るのは簡単じゃないんです。みなさん大行列に並んでいるので、ちっとも前へ進まないので(^^;)

本日、許可を頂いた貨物たちは、今月末に店頭へ到着予定です!

また、到着当日にブログにてご紹介いたします。

 

 

、、、で、夕方に帰社しましたら、、、

東京都K様310ワイドタイヤのロングチョッパーprojectのための、スプリンガーフォーク用のロングロッカーが入荷していました。車体のバランスを考えてデザインをしながらのワンオフ品でございます。

⇑⇑先日カスタムを終えたばかりのショベルチョッパー様ですが、タイミング悪く充電系トラブルが出てしまったので、その修理のことのついでに車体周りの配線も引き直してスッキリとしました!

ウィンカーは真鍮製のカッコいいアイテムに交換しました。内部は今時のLEDとなっていますのでLED対応のリレーを使って配線しています。

スピードメーターもモトガジェット製ティニーヴィンテージに交換です。せっかく高性能なメーターなので見やすいところでSET完了。

配線は最低限で電線の太さもなるべく細くしてスッキリ見えるように考慮しながら施工します。ETCのアンテナ線も一緒に配線しています。

もぐりこまないと見えないところですが、見えてもカッコいいように。。。

ETCユニットは目立たないところへブラケットを作って固定しました。どうしても手のひらくらいのBOXは必要となるので、チョッパーの場合はどのように固定するのかが肝心です。

⇑⇑こちらのアメリカン仕立てのショベルチョッパーくんは、本日から本格的な整備をスタートしました。

まずは、ショベル以前モデルに良くあるあるなミッションスタッドボルトゆるゆる症状を修理します。ネジ山の修理などが必要な状況が多く、4速ミッションでのデメリットの一つであります。

ココのネジ山に対する部品は3種類の大きさが売っているほど、良く修理する機会が多いネジ山となります。

ここまで分解したついでに、この充電部品であるステーターコイルは交換したいところ。。。

何かのついでにあれもこれも交換していたらキリがないのですが、電気部品は目で見て判断できることが少ないので、新品交換が安心となります!

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


「草彅剛&高橋克典の男バイク2人旅」数少ないバイク番組はとてもうれしいです(*^^*)

こんばんわオオガキです!

ココ最近、芸能人ハーレー乗りに対する話題が少しづつ多くなってきたように思います♬その中でも、長瀬智也さんや草彅剛さんはナックルなどの旧式ハーレーに乗っていて、その番組がちょこちょこ見れるようになってきました。今日は数日前に放送されたばかりの草彅剛さんと高橋克典さんの一泊二日の企画が面白かったのでブログに貼らせて頂きます。

⇑⇑のページではバイクに対する自慢話を少なく編集している感じですが、個人的にはその自慢話をたくさん聞きたいと願います(^^)ぜひみなさんご覧くださいませ~★

 

ではでは、二階工場の様子です!

カスタムでお預かり中のshovel様は、この度スピードメーターの交換をします!

直系48パイの小さなデジタルメーターですが、見た目なアナログな贅沢アイテムです♬デイトナ製で安心できるオススメなメーターで、チョッパーには良く似合う数少ない高性能メーターです。

デジタル式に変更したい理由は、やはりスピードを正確に調整できることがキッカケとなります。アナログメーターは元々のギヤ比を変更することはできませんので、タイヤ交換してタイヤ直径が変化しただけでも狂ってしまうんです。それでも誤差を計算して乗ることは十分にできますが、正確な表示をしてくれた方が分かりやすいに決まっております(^_^;)

デジタル式メーターの場合は、デジタル信号をピックアップしてスピードを表示させますので、そのための部品を取り付けます。この度は、リヤホイールのアクスルシャフトにクランプできる部品を使って組付け中です。

それにしても、ワイルドなワンオフハンドルが似合っています★

 

お次は、昨日の続きとなりますショベルproject。。。

本日、久々のエンジン始動を確認しました!カスタムを始めて数カ月眠っていたエンジンですが、コンディションはもちろん変わらないままです。

整備用のサブタンクをぶら下げて、、、。

このままでも十分カッコ良く見えちゃうSUキャブ。フォーク製のエアクリアダプターを付けていますが、このままでもイケる気がします(^^;)キャブを囲むように真鍮部品がまたカッコイイんです。

残念ながら廃盤同等状態のSUキャブレターですが、やはりボバーチョッパーには良く似合うキャブレターだと思っています類を見ない形状のキャブですので、買えなくなってしまった現在がさみしいです。

 

そして、最後にご紹介したいのは、、、

埼玉県S様パンチョッパーprojectです!この姿ではなんにも想像できないと思いますが、、、70年代のヴィンテージスプリンガーを使ってのカスタムをいたします♬21インチのインベーダーホイールをセットアップしました。

ヴィンテージゆえ、リアルなヤレが見えますが、再メッキしてピカピカに戻すことができます。70年代の部品は構造がシンプルでダメージが出てしまっても修理しやすくていいんです。

ロッカーアームは特徴的で三日月のようなデザインがこのブランドのスタンダード★

オフロードなイメージをMIXして作るprojectですので、前輪は完全にオフ車タイヤをSETしています。

スプリンガーがナロー幅なので、タイヤもギリギリです。。。おそらく当たってしまうと思いますが。ソコは御愛嬌ということでお願いいたします<(_ _)>

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


アメリカから輸入する時の日本国内での初業務は「通関」

今日はちょっとマニアックなお話しから(^^)

遠藤自動車では通常約8割の車両をアメリカから輸入しています♬アメリカでの車両買付も当店にて直接足を運んで行っていますが、アメリカから日本へ輸出するということは、日本で受け取るときは輸入するということになります。その輸入の手続きを今週する予定となっています。

まず始めに税関というところで、輸入したい貨物についての申告をして、それに対しての税金を納めなければなりません。輸入した貨物に対して税率も違いますので、様々なモノを輸入しようとする場合はその分手続きが増えていきます。当店で一番大切な業務とも言えるこの手続きで忘れてはならないものが、、、

⇑⇑通関証です。これは車両一台一台に対して発行してもらうもので、これが無ければ国内で車検を得ることはできません。通関証を発行しないまま手続きを終えてしまうこともできてしまうので、まれに個人通関されている方で発行せずに輸入してしまっているケースが見かけられます。その車両を個人売買などで購入して困ってしまっている方もいらっしゃって、当店にも相談でお電話が入ることがあります。日本国内で未登録車両を購入しようとされている方は、第一にこの書類が存在していることを確認してから検討しましょう。。。

 

さて、話はいつも通りに戻しまして、、、

エングレービングで更なるカスタムを目指している途中をご紹介します。

ホットロッドショーにエントリーしている車両のカスタムがまだ完成しておらず、、、オーナー様自身で追加工をして下さっています。エングレ―ビングをほどこした部品に銅色の塗料を塗って、彫られた模様のみ塗料が残るようにしています。

クロムメッキでピカピカになってしまっていると、遠くから見た時に模様が見にくい。。。そんなところまでをカバーできる結果となりそうです。

車体として完成した時を早く見たい。。。そんなところです(*^^*)

 

続きましては、女性オーナー様のエボprojectです!

フロントタイヤが仮物でゴメンナサイ。。。という感じですが、仮組もほぼ完成となってきております。

バッテリーは高価ですが小型でパワーのあるリチウムバッテリーに変更しました!セルモーター搭載車両にはよりオススメしたいバッテリーです。バッテリー交換が必要になった際の交換は高額になりますが、なるべく充電器を使って長持ちさせてあげれば、その点もカバーできます。

リヤフェンダーに付けたテールランプは、小型のスパルトテール★日本製の素敵なアイテムでオススメです!

リブフェンダーフチdesignを見せたいので、テールランプとナンバープレートを別体にして取り付けました。この場合、ナンバーが照らされないのでナンバーボルトにLEDを装着して照らしてあげます。

モトガジェット製スピードメーターも装着です。ハンドル中心部の見やすい位置に固定して、機能を堪能して頂けるようになります!

ボディはブラックでメーター外枠がアルミポリッシュです!ブラック部分をアルミポリッシュにしたい場合もカバーをつけてあげれば対応できます。デジタルメーターの中で損傷する可能性が一番低いと思っているメーターですので、高価ですがイチオシのスピードメーターです。

エマージェンシータンクは車体左側に固定。マフラー側よりは熱から離れていて安心だと思います!これもまたカッコイイ+αのカスタムパーツです。

 

お次もホットロッドショーエントリー予定の車両です!!

ただいま組立中のY様ショベルprojectですが、タンクとフェンダーのカスタムペイント待ちです!配線は完了し初めての点灯ができました♬

当店オリジナルの真鍮製プレッシャープレートに「BORN TO RIDE」

オイルタンクにはカッコイイ模様を描いています!

この度は、オーナー様自身で依頼しています、T’S DESIGNさんがペインターです!

模様を邪魔しないようにレベルホースをグルっと回しました。

遠藤自動車NEWポイントカバーの真鍮バージョン♬

真鍮ミラーは超小型の削り出しの品物♬チョッパーには良く似合うサイズです!

後方確認はもちろんしにくいですが、、、一般的に販売されている3インチミラーよりさらに小型です!

 

と言ったところで、本日は終わります(^^)/

オオガキでした。。。

 

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


旧車でも冬場なら20W-50のマルチグレードオイルでもイイと思います!

こんばんわオオガキです☆

今週の群馬県太田市は、すべて15℃前後となりましたので、いよいよ秋も終わりそうな時期となってきました。エンジンオイルはさすがに夏用では固すぎますので、至急交換をしてあげましょう!冷え込んできているこの時期には20W-50などのマルチグレードもオススメです。キックスタートが重くなって大変、、、セルスターターが回らない、、、など、固いオイルから柔らかいオイルに交換してみて下さい♬

 

では、二階工場の方へ行ってみましょう!

オーダーメイドにて組立中のK様ショベルヘッドproject★ローリングシャシ―となり、バイクらしい形となってきています。製作部品のメッキも戻ってきましたので随時組立してまいります。

ツイスト仕様のループ型シーシーバーは銅のメッキをほどこしました!10円玉の銅と一緒なので、時間とともに黒ずんできて今の輝きは無くなっていきます。その黒ずみが好きな方はそのままにしておくと渋~~いバイクになります。

オイルタンクとリヤフェンダーは鉄地のままにクリヤコートをしただけの、あえてラフな感じで仕上げました!これまたカッコイイ仕上がりとなっています(^^)

スプリンガーの特徴であるバネにも銅メッキを!

前後ドラムブレーキにしましたので、スターハブというホイールをチョイスしています。ハブの中心のカバーがスターの形なのでそのまま呼ばれていると思っています。

リヤはドラムブレーキなのでフレーム側に専用の取付を作っておいて固定させます。ディスクブレーキからドラムブレーキに変更の場合は、固定するためのステーが無いとポン付けはできません。

機関部はホボホボ組みあがってきております。エンジンもミッションもプライマリーもキレイに仕上がっていますので、パッと見は新車のような雰囲気ですので、詳しくない方に年式をお話しするとビックリされることが多くあります。

 

お次は現在製作中の販売車両のご紹介です♬

94年式エボエンジンを搭載したリジットボバーStyleがまもなく完成となります。ただいま整備中なのでまだエンジンは始動できておりませんがあと少しです。

当店で一番得意な条件がそろっていますが、エボですがリジットフレームに載せ、ショベルStyleの4速ミッションを使用し、キックスタートのみのオープンベルトプライマリーです。スーサイドクラッチにジョッキーシフトも当店の定番メニューとなっています。

1340ccのエボエンジン、S&S製Eキャブレター、ポイント点火、のアナログなコンビネーションも定番メニューとしていますが、より安心してメンテナンスフリーを目指すならば、フルトランジスタ点火にグレードUPすることをオススメ致します。

ミッションはレブテック製の新品ですので、当面の間の大きなトラブルはない予定で乗って頂けます!

ジョッキーシフトは大昔に当店で作っていた真鍮製のレバーを使ってみました!

販売車両ですので、もし、気に入って下さった方がいらっしゃれば、お問い合わせ下さい<(_ _)>

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > BLOG Archive

    合計: 6264720
    本日: 2752

Return to page top