Home > BLOG Archive

BLOG Archive

ジョインツカスタムバイクショーの前売りチケット販売スタート★

こんばんわオオガキです☆

今週の営業は本日より始まりました!雨もなかったので朝からドカドカとテストランが繰り返されていましたが雨が降ってしまうそうな予報もあるのでその辺も想像しながらランスケジュールを管理していきます♬

ところで本日は、今月第一台目となりますご注文を頂けましたのでサクッとご紹介することろから始まります(^^)

この度はセミオーダーメイドのプロジェクトを頂くことになりました!東京のガールズバイカー様からのご依頼でしたが、すでにハーレー乗りであるオーナー様ですので、細部にわたってのコダワリを形にさせていただくこととなっております。選んで頂きましたエンジンは↑↑こちらのショベルヘッドです♬

1976年式1200ccエンジンですが、もともとアメリカにてリビルトされた状態で輸入しておりますので、外観はきれいな状態で内部も修理されています。オーダーメイドの場合は、リビルト済みという個体を選んで頂いても、基本的に分解して必要な修理は当店でおこないますので、チェックしてからのお渡しとなっています。

アメリカでのリビルトの場合は基本的に外観もサンドブラストなどでキレイに直されていることが多いです。基本的にリビルトとは要するに再組み立てですので、全分解した状態から修理すべき部品を調子の良いモノ交換して組直すことです。そのついでに外観もキレイに直すっていうのがアメリカでは基本セットだと思います。

ここから、さらに外観を磨き上げたい方もいれば、このままでもイイ場合も有り、さらにはダメージを負った状態まで加工する場合もあります。様々なご依頼に答えられますようにそれぞれプランを設けておりますので、お気軽にご相談下さい<(_ _)>

 

続きましては、4月末に開催されるカスタムショーのイベント情報です★

名古屋にて開催される「ジョインツカスタムバイクショー2018」に当店もエントリーしています。開催は4月の29日の日曜日です。

今日、少量の前売りチケットが届きましたので、限定数量で販売いたします。基本的には店頭にお越し下さった方に販売しておりますが、送料負担して下さる場合は郵送にてお送りいたしますm(__)m

もっとも派手なイベントといえば、バイク一台がもらえちゃう企画です。毎年かならずどなたかには当たっているので、宝くじを買うよりも確率は高いことまちがいありません(^^)ぜひぜひ会場にてお会いしましょ~~♪

続きましては、クロムメッキフレームで組立中のエボロングチョッパー様。そろそろ車検に挑むころになってきました!

シートはフェンダーとフレーム形状に合わせてワンオフしていますが、オーナー様とのお打ち合わせのもと、このような形状で決定させて頂きました♬

ところどころ金メッキしたボルトナットを使っています!エンジンは後々に交換することが難しい部分でもありますので、オーダーメイドだからこそのご提案です。

どうしても油ハネが目立ってきてしまうチェーンドライブは、チェーンガードを作っておくことで一発解決です。一度巻き上がって服に付いてしまった油は簡単には落とせません(^^;

修理にてお預かりしております茨城県のショベルヘッド様。ヘッド周りの修理を終えて折り返しスタートとなっております。

ついでにベルトガードを作らせて頂いて、最小限のカバーで、靴を傷めないようにお作りしました!

ピストン周り&バルブ周りを新品交換していますので、約1000キロくらいは最低でも慣らし運転として気を付けて頂きたいです。とにかく大事なことはオイル交換を早くしてあげることですが、例えば、100キロ、300キロ、500キロ、、、とこまめにエンジン内部の削れたゴミたちを外に追い出してあげたいです。忙しいかもしれませんがとっても大切なことなので頑張ってください☆

 

本日は短いですが、ココで終わりですm(__)m

 

 

ソロソロ、コヨーテミーティングの記事書かなくては、、、、

と、追い込まれてきたこの頃です。。。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


カチ上がったショベルチョッパーもまたカッコイイ~~★

おはようございます、オオガキです♬

今日はお昼頃からお出かけの業務なので、いつもより先にブログります!

3月はバイク屋にとっては繁忙期であります。春までに乗りたい。。。暖かくなったので。。。など、バイカーの季節になってきますと御注文も増えますし、冬眠中の方の朝を迎えるスタートの月となります。車両購入検討中の方はなるべくお早目の行動をとって頂くことをオススメしております。毎年恒例でもありますが「数時間前に売約になってしまいました」そんなお話をすることも増えてしまいます。また、故障でお困りの方は基本的に最優先で修理させて頂いておりますが、何かと重なってしまう時期でありますので、早めに車両をお預かりできますように御相談させてください。

さて、本日はまずカスタムでお預かりしていましたショベルヘッドをご紹介させて頂きます。

20140720_001

↑↑初めての納車直前に撮った時の姿はボバーStyleでした!これはこれで完成されてカッコいい~♪そして、この度変身した姿が、、、↓↓

こんなカチ上げチョッパーに変身しました!

納車日~今日までにカスタムした部分は、

・8インチロングスプリンガー
・21インチフロントホイール
・ワンオフハンドル
・ワンオフトランペットマフラー
・ワンオフシーシーバー
・ヴィンテージヘッドライト

こんな内容です★

全然違う印象のチョッパーになったと思います(^^)/

この度、74スプリンガーフォークは基本より8インチ長いモノに交換です。あわせて21インチのスターハブホイールにも交換しています。

フレームが勝ち上がってしまうと必要な改造サイドスタンド曲げ曲げ加工です。これはこれでチョッパーらしくて好きです♪

とっても幅セマくお作りしましたプルバックハンドルはワンオフ感たっぷりで魅力的に!

薄薄型のユニティーヘッドライトは当時モノの6Vを12Vのレンズユニットに交換して使用できるようになりました!スプリンガーになるべくピタっとした感じがイイと思います。

そして、ラストにエンドウ氏によるテストラン★

別車ではありますが、つづいてサトウ氏によるFORSALEなショベルグース様のテストラン★

後ほど詳しくご紹介いたしますが、当店で大人気のショベルグースStyleが完成しましたので販売スタートです!車体税抜価格は316万円です。国内未登録のため3年車検付きでお渡しいたします(^-^)いつでも店頭に並んでおります★

動画は撮りたてです。。。マイクが調子悪くてごめんなさいm(__)m

さてお次は、冬眠後に必ずオススメなエンジンオイル交換で素敵なカスタムをご紹介します。

修理でお預かりしていました2000ccのBIGエンジングース様のオイル交換をしました!この子はオーナー様のご依頼もあってオイル交換をしやすくしてあります。

タンク下部に取り付けたダイヤル式コックは交換の時に回転させるだけでオイルを抜くことができます。タンク自体にこのコックが付けられるような加工をしてあげなければなりませんが非常に便利です。

コックの下に長めのホースを取り付けておけば、バイクにオイルが足れちゃう心配もありません。汚したくない方、楽に交換したい方、おやっと感じさせることをしたい方、にはおすすめのカスタムです(^^ゞ

 

さてさて、本日はご予約も満タンだし、頑張ってお仕事させて頂きます!!

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


アメリカンなロングチョッパーGETできました!車体税抜価格238万円でFORSALE♪

こんにちわオオガキです!

つい先ほど入手したばかりの新鮮な情報をお送りいたします。

ただいま社長はアメリカにて飛び回っているところですが、早速すぐに販売できそうなチョッパーを見つけましたのでUPしちゃいます。

とってもインパクトの強いマフラーと、とっても長いエイプハンドルがカッコよすぎるチョッパーですね(^^)めちゃくちゃなバリバリ音を鳴らしそうなフィッシュテールマフラーが好きです。

キング&クイーンシートがイイ味でています!スポンジの厚み加減も上手で皮もイイ色ですね~♪

不規則にツイストされたシーシーバーもまたハイセンス!

左右のツイスト具合が逆巻きになっているこだわりポイント☆

ヘッドライトもヴィンテージ物でイイ色合いです。二連のchopper野郎な雰囲気がイイところ。

、、、と、思ったらこんな下の方にもついていました(^^;これはフォグランプ代わりかなぁ~~♪70年代のお遊び感がたまりません。。。

ブレーキ無しのフロントホイールには真鍮のアクスルカラーをアクセントに!

ヴィンテージスプリンガーを使っているから、一気に70年代の匂いが漂ってくれます。。。

ショベル純正のプライマリーをあえて残しているところもポイント高し!セルスターターはもちろん付いているのでいつでも簡単始動で楽しめます。

エンジンマウントブラケットにはハーレーのお飾りが付けられています。これもまたGOODなアイデアですね~♪

タンクキャップもイイ雰囲気のデザインですよ~★

真鍮を上手に使ってカスタムしているところはアメリカでは珍しいと思います!

タンクもシートも固定方法がオシャレ♡

chopperならヤッパりドラムブレーキって感じですね~~♪制動力はソコソコですが。。。

シート作りのセンスがたまりません(*_*)

背後にもユーモアたっぷりなカスタムがされています。テールランプの二連でしょうか?ブレーキランプとテールランプがわかれているのかな~?

大雨の時にはたくさんの雨をたくわえることができます( ̄▽ ̄;)

ワルっぽさが最高な加減のチョッパ~★

ハンドルもタンクも細くてカッコイイですね♪♪

この度のチョッパーは雪が積もっている山奥のお住まいのオーナーさんから頂いてきました!ロサンゼルスからそう遠くはない地域でも雪が残るような地域で活躍されていたショベルヘッドだから、日本の冬にも対応できそうな調整がされていそうで入庫が楽しみです。アメリカンらしいカチ上げチョッパーがお好きな方にはオススメな一台です!

今のところの販売価格は車体税抜238万円といたしました。入庫してから値上がりしたらゴメンナサイ<(_ _)>予定は4月末頃日本に到着すると思ってます。気になる方はドシドシご相談下さいませ!!

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


カスタムも忙しいしメンテナンスも忙しい。。。旧車の悩むはいろいろあります(^^ゞ

こんばんわオオガキです☆

アイドリングが不安定。。。エンストしてしまう。。。そんな悩みが多くあるのが旧車だと思いますが、走れば走れてしまうので今すぐ修理しなくても、、、ってこともあります。

そこで、本日はその原因の一つでもあります症例をご紹介してみます。

遠藤自動車オリジナルパーツの製造を手伝って下さっているオーナー様の乗るショベルヘッドくん。少しだけアイドリングが不安定な面があったので別件でお預かりしたついでにひとまず良くある修理をしてみました。

ショベルヘッドの弱点その一であるキャブレターをエンジンにつなぐための、マニホールドのズレにより発生する「2次空気」の吸入が問題です。

この接合部にゴムシールが使われていますが、このシールがズレ込んだり切れたりしてエアクリ―ナー以外の部分から空気を吸い込んでしまいます。これではイケマセン。。。空気とガソリンが適正量に混ざり合っていないと調子が悪くなってしまいます。

外してみると、見事に亀裂が入っていて空気が入るであろう状態になってしまっていました。それでもサンダンス製の素敵なシールに交換されていましたので、とても長持ちした結果はすでにあります。またこの度も同じシールに新品交換してまた数年間は健康のまま楽しんで頂けますように整備させて頂きました。

この症状はショベルが一番多くあるかもしれません。ナックルやパンよりも、エボよりも、、、どのエンジンも可能性はありますが、ショべルヘッドは構造上、弱点となってしまっています。

冬眠中お預かりしておりますショベルグース様。今日はお立ち台に上がりましてカスタムの続きです!

こちらの物体はカッコよくて効果的なオイルクーラーです!アルミの削り出しで作られていますので、放熱性も高く光沢のある美しい仕上がりです。

エンジン前方向にスペースを見つけて固定したいと計画中です。いよいよ春になりますので急ピッチで進まなくては。。。(^^;

車両のスキマを埋めるように上手に作られています工具バック!いつでも何でもできる準備は完璧です。用意バッチリな方ほどトラブルも少ないもんです。

富山県M様ショベルプロジェクトは本日エンジンの本組スタートです。オーダーメイド時には基本的に全ガスケット交換をさせていただきます。

シーシーバー装着の場合の第一候補のナンバー取付位置はココ!フェンダーも短くできるし、ナンバー中央にマウントできます。最近はサイドナンバーがドンドン増えてきているので新鮮な気がします(^^)

ブレーキキャリパーの上にちょこんとついて配線しているモノはスピードメーターを作動させるためのセンサーなんです。デジタルメーターを付ける際の必須なアイテムをどこにどのように取り付けるかは要検討項目です。

三階ではカスタムペイント施工中です!まずは下地を決めて柄を下書きしています。

細身なコヨーテタンクをこのように塗り分けます。

下書きだけでも時間がかかる。。。地道な努力ですね~。。。

時間との闘い。。。(^_^;)

 

では、本日はココまで。

 

明日はもう土曜日です!一週間がもう終わってしまう~~~。

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


310ワイドショベルなプロジェクト☆

みなさん、おつかれさまです。

最近花粉が飛び始めたらしい、、、なんて聞き始めてオオガキも鼻がズルズル始まりました。。。てっきり花粉症の症状だと思って過ごしてきましたが、どうやら風だったみたいです(^^;ノドも痛くなってきたし、また風邪ひいちゃって貧弱すぎてダメです。

ところで、いよいよ3月となりましたのでソロソロ冬眠していた皆さんも目覚める時が来ました!!

そこで、まずオススメしたい点検をサクッとお話しします。

・バッテリー電圧OK?充電しましょ~♪
充電が不可能な状態の場合は新品交換しかありません。

・ガソリン古すぎませんか?半年以上経ったガソリンは抜きましょう♪
古いガソリンはガソリンスタンドにお願いすれば捨ててくれることも多いです。

・オイル入っていますか?冬眠完了時にキリ良く新品交換がオススメです。
節約の場合は、せめてエンジンオイルだけでも交換してあげて下さい。

・タイヤの空気圧は?ベコベコのママで走り始めたらパンクします!
タイヤによって違いますが、平均的に2キロくらいです。リジット車なら1キロでもOK。

 

では、本日の遠藤自動車をご覧くださいm(__)m

まずはこちらから。皆さんが悩むニュートラルの位置ですが、ジョッキーシフトにした時にとても不安になってしまいます。慣れてくればニュートラルランプが無くてもスイスイ運転できるようにもなりますが、始めの不安は少しでも解消しておきたいものです。そんな時にオススメな取付位置はこのライト上部のところです。見やすいし、もともとココに穴がある車両が多いので。ぜひともご参考にしてください♬

↑↑こちらのショベルヘッド搭載のprojectは、ごっついタイヤをはかせたカスタムとなります!まずはローリングシャシ状態まで組立ますが、ココまでの道のりも簡単ではありません。エンジン以外はすべて非純正品でありすべてがカスタム品となります。

この310センチ幅の太いタイヤを使うためには、フレームから通常の製品は使えません。フレームは当店の専用設計にてアメリカフレームメーカーで製造していますので、既製品ではないぶん一本一本ハンドメイドにて作っています。ココが一番難のあるポイントなのです☆

先ほどの車両と真逆なコンパクト差がカッコい~ボバーなショベルヘッドくん。外装以外の主要部分は基本的に純正のママが多く残っております。

キイロのヘッドライトレンズに交換させて頂きましたが、これだけでクラシカルなイメージ画強くなりました!

ナンバーも装着できましたので、そろそろ春のスタートを切り出せそうなところになってきました。ETCを取り付けて高速走行もスムーズに乗って頂けますように準備いたします!

2000ccもある大排気量グース様はただいま修理にてお預かり中です!エンジンのガスケットがボロってしまいましたので新品交換をしている真っ最中~♪♪

大排気量エンジンには付き物の「デコンプ」プラグ横に付いているボッチョを押し込むとエンジン内の圧縮が弱くなりセルモーターの回転がしやすくなります。セルモーターの力が足りませんのでこのように補ってあげないとイケないわけです。

フロントビューが細身なグースくんの本組を続きます!

エンジン部品のポリッシュ加工をオーナー様自ら施工して頂きましてピカピカによみがえっています。

遠藤自動車の廃盤品でありますダイヤカットのステップを取り付けて下さいました。今後の供給は今のところ無しです<(_ _)>

最近多くつけさせて頂いているセルモーターですが、オープンベルト仕様でもやはり有った方が便利です!朝のキック始動がどうしてもツライ。。。そんなお悩みの方が多いのは今も昔も変わっていませんが、便利でカッコいいカスタムパーツは増えている一方だから今こそオススメです。

ライトステーは手作りの3本丸棒曲げモノ♪機械的に製作できない形状だからこそワンオフしがいのあるパーツです。

 

では最後にご紹介したいのは、埼玉県H様分のヘルメットです!

ビートル製MTXヘルメットのベースにステッカーカスタムをいたしました☆

PCCのオリジナルロゴを中心に、PCCとENDOを両挟みしています。

クリヤペイントで保護していますのでステッカーが剥がれることも無く安心して頂けます。

 

ところで、ハーレーを所有するにあたって保管方法をお悩みの方は多いと思いますが、当店のショベル乗りの御得意様が、ガレージを立てるお仕事をしていらっしゃいますので、当店近隣のお客様はぜひいちどご相談下さいませ!無料でカタログも配布していますのでぜひ店頭までお越しください(^^)/

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


キャンディオレンジが艶やかなガールズショベルグース様♪

こんばんわオオガキです☆

本日はなんと2月の最終日です。。。あっという間に2018年の2ヶ月が過ぎてしまいましたね(^^;いよいよ3月ともなれば暖かくなってきてライダーがムズムズし始めるころです。そうしますと当店はさらに活性化して大変にぎやかな毎日を過ごし始めます。3月末頃~ゴールデンウィーク前までの納車予定の方がトッテモ多くお待ちになっておりますので気合い入れて3月をむかえようと思います!

ところで、アメリカからの輸入に備えてただいま大きな部品達の発注準備中です。カスタムパーツの不安定な在庫状態にはいつも悩まされますが、何冊もあるカタログに多くの種類のパーツが掲載されていること自体はとんでもない人気だという事が証明されます。世界て愛されるハーレーカスタムはあと何年続いてくれるでしょうか??楽しみです(*^^*)

では、まず始めにご紹介したいのは、、、

約5年前に製作させていただきましたガールズオーナー様のショベルヘッド!!小柄なオーナー様に合わせてグースネックながらもコンパクトに小さめなポジションで乗れるように設計しています。当店が最近製作しているグースmodelを横に並べると約15cm全長が短くなっています。

この度は車検のため山口県よりお預かりさせて頂きました。合わせてハンドル製作や他カスタム&点検整備をさせていただきまして近日中にお返しとなります。

タンクやフェンダーもトップコートをしなおしてキレイにメンテナンスさせていただきました。

オーナー様ご自身でワンオフされたバックは年々味が濃くなりカッコイイ状態に。サドルレザーが極厚でイイ味出ています♪

スプリンガーフォークは1インチ短くカットし、ロッカーアームを延長加工することでハンドリングを少しでも軽くなるように心がけてお作りしています。当時当店の在庫車両のグースmodelが重くて取り回しできなさそうな状況でしたので、この車両を作るという事が決まった時に、一番重要だったこわだ理のポイントでもありました。今ではスイスイ乗って頂けるほど慣れて下さっているので安心です。遠方のため目の前で走っている姿が見れないのは残念なのですが。。。(^_^;)

オチャメにダブルピースはめずらしい、、、サカイ氏♬群馬県Y様ショベルちゃんにまたがってガンガン試乗を繰り返します。

毎日のように乗っていますので、ジョッキーシフトも何事も無く操作できます!もちろん試乗中はただ走っているだけではありません。常時、異音が無いかどうか?加速がスムーズか?アイドリングが安定しているか?温度上昇が異常ではないか?オイル漏れはどうだ?などなど。。。

さて、じつは先週の話ですが、1階ショールームに異様な機械を置きました!旋盤という部品を作ったりできる機械ですが、約2トンもある重量物のため2階には移動できなかったので、ドカーンと目立つところに設置しちゃいました。

昭和44年というと1969年式となりますので、「アーリーショベル」と同じ時代のヴィンテージ物です!メイドインジャパンのクオリティは重宝されて、中古品はドンドン海外へも流れています。安く売買されない物だからこそメンテナンスをしながら長持ちさせたいと思います。

こちらのヘルメットとガソリンタンクは富山県M様ショベルくんのモノです!外装と同じ色のオレンジでヘルメットも塗らせて頂きました。ピンストでロゴなどのデザインをどのように入れようか?検討中です(^^)/

このブログではいっつもアミーゴちゃん磨いている画像です、、、(^^ゞ

これもまた重要な任務で塗装前の下地処理は入念にしたいものです。程度によってはサンドブラストや液体に漬け込んで脱脂したりと方法はイロイロありますが肝心な業務です!

こちらの部品達は埼玉県T様ショベルヘッドの塗装完成の絵です!いよいよフレームや各部品の塗装が終わりましたので、本組をスタートできる準備が整ってきました。

艶消し黒でマットな仕上げを目指しています。艶有り黒とはまた違うイメージの雰囲気ですので楽しみです。

ショベル時代のフォークって日本製だって知っていましたか??アメリカンなハーレーダビッドソンにも日本製の部品はチョコチョコ使用されているんです。

コチラはマフラー製作を終えたばかりの長野県H様ショベルprojectです。フレーム形状が通常と違ったため、マフラーをポン付けすることはできなかったのでお作りしました。

本来ブレーキ装置をつなぐパイプの部分にマフラーがギリギリですが、之しか通り道が無いので超絶クリアランスで完成しています。後ほど少しだけ凹ませて2~3ミリのスキマは確保する予定です。振動でビリビリ動いてキズだらけにならないようにです。。。

レプリカフレームにはこのようなサイドカーをつなぐための穴が用意されています。この度はココにウィンカーを取り付けさせて頂きます。

こちらのグースprojectは茨城県S様ショベルくんですが、本日塗装が完成して戻ってきたので早速組立スタートです。

パウダーコートのテッカテカ黒塗りとなっています。ウレタンで塗ったような輝きがオススメです!

まずは前後のタイヤを装着しなければバイクになりません。ハンドルも付ければひとまず動かせるようになってくれます。その段階を「ローリングシャシ」と呼んでいます!

では最後にただいま販売中の車両で久々に磨き直したショベルくんをご紹介して終わります。

アメリカよりコノママ輸入して展示していますFLHを少しカスタムした状態の82年式ショベルヘッド!フレームから非純正のリジットカスタムよりも、純正のイメージがある程度残っていてほしい方にはオススメな姿です。ローダウンやソロシート化、フロントフェンダーレス、マフラーカスタム、など、FLHを崩し過ぎない適度なカスタム具合です。

FLHだから似合うワイドハンドルと76年模様のタンクもまた好きです!

ローダウンしてソロシート化されたことによって小さくまとまったリヤビューが日本人サイズに丁度いい気がします。

なかなかワイルドなデザインとなっている2イン1のマフラーから鳴る音はアメリカンサウンドです(◎_◎;)

FLHといえばナセルライトです!!ゴツくハーレーらしさは溢れる姿もまたカッコイイと思います。いつもの遠藤自動車で言えば何でもかんでも小さくしてしまいますが、コノ手の少々なカスタムもまたイイですよね~~♪

販売中ですので詳しくはグーバイクにて⇒http://www.goobike.com/spread/8400640B30171125002/index.html

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


2018年春アメリカ出張「ロングビーチスワップミート☆」

こんばんわオオガキです♬

今日はアメリカにおります社長よりスワップミートの風景が送られてきましたのでご紹介させて頂きます(^^)/

この度は冬のためでしょうか?日本人バイヤーの姿は少なかったそうです。1月2月はロサンゼルスの一年の中では雨の多い時期でもあるのでスワップミートの日がチョウド雨になったりすると売り物も少なく、我々とすれば買付がしにくくなるのでこの時期はなんとも言えない時期でもあります。しかしながら、日本に比べて雨量の少ない地域ですのであんまり気にしない。。。そんな感じで遠藤自動車はアメリカへ飛んでいます☆

 

このブログの愛読者なら言わずともわかってしまう「パシフィックコーストサイクルス」登場です!しかしながらカッコイイdesignの車です♪

オーナーのマイクさん!!いつものジョークをかまして談笑でしょうか(^^)元気そうで良かった。。。

こちらのトラックはENDOフォードです!買い付けたショベルヘッドとタイヤ2セットは確認できますね☆chopperカスタムするのにはちょうど良さそうなショベルちゃんと310ワイドなゴ太いタイヤで荷台もギュウギュウ(^^;

 

引き続きLA情報お送りいたします。

 

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


ツインカムエンジンにショベル4速ミッション?一般的ではないからこそ意味が深くあります。。。

こんばんわオオガキです☆

本日はたくさんのお客様でにぎわった1日となりました!なかには海外からお越し下さったお客様もいらっしゃいましたが、ハーレーの人気がどれだけすごいのかが良く感じられます。日本でも東京のお店様であればよくあるお話なのかもしれませんが、群馬県までお越し頂くのはまた大変なことだと思います。在庫車両も常時100台前後をキープしている状況ですので、お好きな方にとって一度は見に来て頂けますようなお店を目指してこれからも頑張りたいと思っています<(_ _)>

では、本日あさイチに来て下さったショベルくんからUPします☆

当店のオリジナルパーツの製造にもご協力して下さっていますオーナー様です!今日はショベルくんの健康面のチェックでお越しくださいました。多くが製造に関しての打ち合わせが多いこの頃ですが、メンテナンス話ももちろんあります(^^)

千葉県よりハルバル乗ってきてくださいましたショベル様♪♪本日はエンジンミッションのオイル交換に、リヤチェーン調整やボルトナットの増し締め点検等、基本的な点検をさせていただきました。乗り始めて下さってから約1年経つ頃ですが、とってもピッカピカな状態を維持されていてミガキも楽しんでくださっていると思うと嬉しいお話です!

ご一緒に来て下さいました「これぞハーレーダビッドソン」なツーリングモデル様!オオガキもツアラーに乗っていたことがありますが、スピーカーから音楽を聴いて高速走行を楽しむっていう、エンドウジドウシャ製ハーレーでは、ほぼ味わえない楽しみがあります♪chopperモデルを所有しながらtouringモデルも所有できれば言うこと無しなんでしょうけども、そう簡単なお話では無いってのが一般論ではないでしょうか(^^;

 

ではでは、工場の方へ。。。

レプリカウィッシュボーンフレームのprojectでありますショベルくんのマフラー製作が本日は続きます☆

ビルダーアオキにより御希望通りの形状を目指してお作りしております。

マフラー製作は切って貼って削ってを繰り返すことが通常ですので、溶接アトはそのまま残すのか?削って無くすのか?そこもお好みのお話です。

削って溶接アトを無くしてメッキすればこのようにキレイな仕上がりとなります。通常は溶接アトはあえて消しませんが、この度は前マフラーがもともとキレイな仕上がりなので、後マフラーも合わせて溶接アト無しでスムーズな仕上げを目指します。

コチラはパンヘッドエンジンを搭載しましたグースちゃん!今日エンジンを始動させました♪♪まだまだキャブレター等の調整には時間がかかりそうですが、はやいところ公道デビューしたいところです。

調子に乗ってエンジンをかけっぱなしにすると危険ですので、扇風機をエンジンに当てて冷やしてあげましょう♪これだけでグッとエンジンの表面温度は下がりオーバーヒートを防ぐことができます。空冷エンジンのデメリットは走らなければエンジンを冷やせないことです。アイドリングをず~~~っとしていれば一番ヤバい行動。。。

さてこちらはまたグースとなっていますが、、、、初の試みであります「ショベル4速ミッション」を載せてツインカムエンジンとコラボしたグースprojectです。

エンジンはパワフルなツインカムなのになぜショベル時代のミッションを??っと思われるかもしれませんが意味はあります。

これまでオープンベルトプライマリーの周辺をスッキリさせたいというご意見も多く存在していました。そこに挑戦をしてみたのがこの度の1台となります。ショベル以前モデルのミッションであればココまで最低限の部品の組み立てることができます。また、ジョッキーシフトにしたい方にとってもショベル以前モデルと同じ条件でお作りできるために様々なスタイルの「足クラッチ手シフト」を楽しめるようになるんです。そんな変なことに挑戦しています(^-^;

ツインカムエンジンをさせるためには、さずがにディスクブレーキがオススメなので、それに対応できる大きさのブレーキローターとスプリンガーフォークを使用することにしました。ガッチリブレーキングしてもOKなスプリンガーですのでバンバン走ってあげて下さい♪

 

さてさて、本日で今週の営業は終わりとなりますが、来週は火曜日からとなります。メールでのお問い合わせのご返信は火曜日以降となりますので今しばらくお待ちくださいませm(__)m

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


前上がりなチョッパーを作るにはロングフォークは必須!

こんばんわオオガキです☆

本日は二件のエンジンかからない?症状を目の前で対策させて頂きましたのでチラッとお話します。

まず、エンジンがかからない一番の原因の多くがガソリンの量が適正量エンジン内に吸い込まれていないことだと思っています。もちろん、タンク内にガソリンが入っていなければダメですが、意外にココに気づけないでアタフタしてしまうこともあると思います。次に、キャブレターからエンジンへガソリンが流れていかないことです。正しくはガソリンと空気の混ざり合った混合気のことですが、スロットルを回した回数分ガソリンを送ってあげるための加速ポンプが作動していない状況ではかかりにくいわけです。S&S製E、HD純正CV、ミクニ製HSR、などはスロットルを回してあげることと連動してガソリンがエンジンに向かって送り込まれます。この時に連動せずガソリンが出ていないと適正な量ではないためにかからないとなります。まずはエアクリを外して目でガソリンがピュッと出るかどうか確かめてみましょう!それが原因なら簡単に解決できると思います(^^)

二階ではワルなチョッパーカスタムをしているショベル様を発見です!ソロソロ暖かくなってきたので準備です♪♪

この度はイロイロと検討した結果、74スプリンガーの8インチオーバーサイズをチョイスしました!おまけにネックカップを3度立たせる方向に取り付けています。

狙い通り、地面との隙間が前上がりなstyleになってくれました。これでノケ反った姿勢で乗りことで70年代なチョッパーが完成です。

おまけにナローなワンオフハンドルもお作りさせていただきました!スッキリで最低限な作りでカッコE~~♪ちょっと力はかけにくいデザインですが、見た目優先でいきましょう(^^;)

セミオーダーでご依頼いただきました長野県H様ショベルヘッドproject初登場です!ちょうどタイミングが良く一気に組立がスタートしています(^^)/

この度のコダワリなポイントはフレームです!フレームには多くの種類がありますがハーレーが純正でリジットフレームを使用していた時代のレプリカフレームをチョイスして下さっています。目立ったポイントはこのリヤアクスルプレートのデザインです。

エンジン前側にも特徴があります。

鋳物(いもの)で生産されているところも純正同様です。

このフレームを使用した際にはショベルヘッドがギリギリ搭載できるスペースとなります。よってエボ以降モデルエンジンは搭載不可です。ギュウギュウにコンパクトにお作りしたいときにはオススメなフレームです。

リヤフェンダー周りは短めにセットです☆

バックアップの強い細身なベースプレートでシートをワンオフいたします!

続きましては、エングレービングのため、エンジン分解から再度の組立をしたてのショベルくんです。

全てが完成していない状態なのでエンジンのマフラー側だけお見せします(^-^;

カスタムペイントも凄いんですが、エンジンも負けない派手さになっています。また、ヤり過ぎ感も一切感じずペイントとエングレービングのコラボが完成です☆

カムカバーとオイルポンプの面積で十分なインパクトです!!真鍮ポイントカバーもより引き立つようになりました♪

 

明日は日曜日ですので、ご予約も数件頂戴しており、にぎやかになりそうです!

楽しみにお待ちしております\(^o^)/

 

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


きらびやかに変身できるエングレービングカスタム!

こんばんわオオガキです♬

実は昨日、遠藤自動車サービスのTOPであります遠藤社長がアメリカに飛び立ちました!2018年初の仕入出張となりますが、すでに日本へいる時より目星をつけてあります品々をまずチェックして参ります。本日からアメリカで約一か月間動き回って探しますが、どんなイイ子達に出会えるかはまだまだ見えていないところです。すでにお声かけ頂いているお客様のご依頼を優先して買付をスタートなります<(_ _)>

 

では、日本のお話しといきます。

愛知県S様ショベルヘッドエンジンミッションの各部品達をエングレービングで更なるカスタムを追及させて頂いております!本日はその半分くらいの部品をサクッとご紹介です。

エンジンのロッカーカバ~♪

ミッションのトップカバ~♪

ミッションのキックカバ~♪

SUキャブレターのドームカバ~♪

エンジンのカムカバ~♪

SUキャブレターのマニホールド♪

最後にご紹介しますのは、この度初めて彫ってみることにしました部品です。

テックサイクル製のセル付2”オープンベルトKITに付属している「ベアリングサポート兼スターターマウント」

二カ所合計で参考税込価格¥16.848-

です(^^)/

後ほど、エンジンミッションともに組み上げてまいりますので完成後あらためてご紹介させて頂きます!

では、お次は富山県M様ショベルprojectです。

エンジンはまだオーバーホール中でございますが、他パーツ達を少しづつ組立ています☆前後16インチホイールの当店でもっとも得意とするオールドスクールなプロジェクトです♪

分解点検中に発見しましたロッカーカバーのヒビ割れをただいま溶接修理しているところです。溶接後は面が歪んだりしてしまうため、面研磨をして修正もかけてあげないとなりません。

キックペダルは当店オリジナルを付けて頂きました。シッカリと靴がマウントできるので踏みやすい形状だとオススメしております。

シートは加速時にもお尻が滑らないバックアップtypeのダイヤステッチ仕様です!

コチラはパンヘッドprojectでございますが、本日前後ホイールを16インチから18インチに交換いたしました!16の時よりもスッキリしてコンパクトな雰囲気となっています。

幅も細くなりますので、前後方向から見た時もスッキリします。

18インチの場合はおもにホイールアッセンブリーで購入することは少なく、リム+ハブ+スポークをバラバラで購入して、手で組み立てることが多いです。よって、16インチホイールよりも割高となってしまいますが、スッキリ差をお求めの場合はオススメです。

細いリブフェンダーの幅とほぼ同等な細さになる点がイイところです。タイヤメーカーによってはもっと細くなりますが、デザインなども含めて好みがドレなのか?ネット上でアイデアを検討してあげるとおもしろいです(^^)

こちらのショベルくんはただいまフロントフォークカスタム中です!スプリンガー⇒ナローグライドフォークにしている真っ最中~~♪

1973年式にしか使われていなかった数少ないUSEDフォークですが、、、

インナーチューブは現代既製品で購入できる最大の長さを選んで延長します。

21インチのフロントホイールですが、バラバラにしてペイントしなおして再度組立するプランです。

アウターチューブにはもともと四角い反射板を付ける形状が残っていましたが、そこはガリガリ削りこんでスマートに直しちゃいました。

最後に大切なポイントが、車高の調整と見た目のバランスのため、ネック角度を変化させることができるネックカップを装着してフォーク角度を立てる方向へしています。これで車高が上がり地面にすることなく、ハンドリングも軽くなり、都内の街中もガンガン走って頂ける仕様とさせていただきます☆今は仮組ですのでココからペイントやブラストなどをしてキレイに直して完成です。

 

 

そんなところで本日はココで終わりたいと思いますm(__)m

 

そろそろ5月のコヨーテミーティングの情報を上げなくては!!!

 

みなさま、今年もよろしくお願い致します☆彡

 

 

 —————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > BLOG Archive

    合計: 6409943
    本日: 3188

Return to page top