Home > BLOG Archive

BLOG Archive

★ハーレーダビッドソン・61年パン・リジットスプリンガー★カスタマイズド山梨県N様


 

他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆ココをポチっと!
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!


乗りやすいソフテイルフレームのスプリンガーカスタムFORSALE♪

長年のお付き合いであるお得意様より買い取らせて頂くこととなりました、2004年式ツインカムのカスタムハーレーを販売させて頂きます<(_ _)>

ソフテイルモデルをメいっぱいカスタムしてココまでの形となっています。フレーム、エンジン、ミッション、プライマリー、などの中心部以外の部位ではホボすべて変更されているため、純正Styleから約100万円のカスタム費用が必要なレベルです。

エンジンはまだまだ元気な2004年式キャブレターモデルのツインカムです。オイル漏れもなく外観もキレイなまま維持されています。

フロントフォークはオールドスクールには人気の74スプリンガーに変更され、ちいさなディスクブレーキを装着しています!

ヴィンテージStyleのE240タイヤはまだまだ残量があって交換する必要ありません。

ハンドルはプルバックstyleとして、乗っている姿勢が楽なところがロングツーリング向けとなっています。グリップはナイスモーターサイクル製のこだわったアイテムです!

ナローマスタングタンクにはナックル時代のヴィンテージロゴを入れました♪

シートはランブータン製のクッション性の良いダイヤステッチシートです。小さなソロシートの中ではお尻に優しいカスタムシートです!

車体本体税込み価格は1.630.800円
2年車検付き乗出し税込み価格は1,792,800円です(^_^)v

まずはお問い合わせ下さい!

 

さて、1階ショールームにあふれかえってしまった販売車両を整理するために、3階倉庫を少し片づけました♪

フレーム販売店ではありません(^^;

頻度の高い使用部品はストックしています。

カスタムベース車両やお客様の納車前車両もこちらで管理致します。

プライマリーベルトKITはカスタムのスタートですので、欠品があると困ってしまいます。

ミッションやホイールも常時ストックです。

中古ミッションももちろんあります。。。

ご紹介したもろもろの部品単体での販売は致しておりませんので、あらかじめご理解にご協力ください。今現在は基本的に当店にて車両購入して下さった方のみのご対応に限定させて頂いております_(._.)_

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


カスタムショベル二台の納車♬

ここ最近、毎度書いていますが、次々に納車させて頂いております(^^;)

⇑⇑こちらの純正フレームを生かしながらのカスタムショベルちゃん、店頭より自走納車となりました♬フロントフォークはVLスプリンガーと呼ばれる珍しいStyleのアイテムを装着しています。ガソリンタンクは鉄地のままで金属感を楽しんで乗って頂きます。

納車前の農道教習所での練習走行は、余裕の雰囲気で何の心配もありませんでした。日頃からオートバイ生活のオーナー様にとっては楽勝だったでしょうか(^^)

山間のツーリングは慣れている方ですのであまりにも車高が低すぎるのも懸念して、サスペンション付フレームカスタムを選択し、ギュンギュン走れるように検討していました。

短い練習時間でしたが、見たところの雰囲気はスイスイでいつでも乗って帰れそうな映像。。。

お付き添いの方もお若いのにハーレー乗りベテランさんです。ご一緒にツーリングながらのお帰りでした(^^)/

 

 

⇑⇑こちらのショベルリジットちゃんは、本日静岡県までお届けでした!

約一年前からのオーダーメイドにて完成しましたショベルヘッドですが、いよいよ今日が初乗りの日♬

ヴィンテージ角目のアリス製ヘッドライトが魅力的です。

ツイスト角棒のシーシーバーもまた銅メッキで車両のポイントですね♬

初乗りはもちろん緊張されていたと思いますが、付き添った担当スタッフからの見立ては「あっという間に乗れちゃいました」って感じでした。御注文から一年後の今を引き続き楽しんで頂ければと思います(^^)

お仲間さんも登場でにぎやかな納車日に!なんともう一台の方も今日が納車だったそうです♪一緒に楽しめる仲間がいるなんてめったにないことですが、同じ趣味を共有できる楽しみは、また一人の楽しみ方と違ったイイところがあると思います★

 

実はまた明日も納車が続きま~す(^_^)v

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


オーダーメイド静岡県K様★ハーレーダビッドソン:81年ショベル:リジットスプリンガー★







他にもフェイスブックページにて約80枚以上の大量画像がご覧いただけます☆ココをポチっと!
「かっこいいねぇ~」っと思って頂いた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします!

↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いします!


パンリジット、エボリジット、売約しました!

売約情報を取り急ぎご連絡いたします<(_ _)>

⇑⇑59年パンヘッド搭載のリジットカスタム♬ご注文ありがとうございます!

 

⇑⇑エボリューションエンジン搭載のリジットカスタム♬ご注文ありがとうございます!

 

上記二台をご検討中の方、恐れ入りますが昨日付にて売約いたしましたので、改めてのご検討よろしくお願いいたします。引き続きのご相談お待ちしております。

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


今週は5台のカスタムハーレーをお届けいたします♬

こんばんわオオガキです!

連日、御納車が続いている状況ですが、明日も1台のショベルヘッドをオーナー様へお渡しいたします。ここ最近はグッと暖かくなってきまして、気温も18℃前後と春の陽気です。日中はジャケットを着ていれば寒さは全くなくツーリング日和となっています。明日は祝日で天気が良ければライダーを多く見ることができそうです♪

 

ところで、本日は4件もの「エンジンかからない」症状のお電話がありました(^^;)
すべての御相談内容は解決できることができましたので、これを機に少しご紹介します!

今回エンジンがかからないという症状の原因は、、、

・ガソリンが少ない、ガソリンが無い、ガソリンが流れていない
・バッテリーが弱い、ヒューズが切れている、電気が流れていない

上記のシンプルな原因がほとんどです。
長期間保管している時にはまた別の原因も考えられるようになりますが、2~3週間の保管でエンジンがかからないということであれば多くの場合がチョットしたことが原因のハズ、、、と考えて頂きたいと思います。

まず、ガソリンが流れているかどうかを点検する方法ですが、、、
①タンク内に残っているガソリンは少なくないですか?カスタムタンクの場合はガソリンコックの位置関係によってタンク内容量を空っぽにできるほど隅々まで使い切れないタンクも多いです。せめて半分くらいの量になるまで補充してあげましょう。
②タンク~キャブレターに繋がっているホースのキャブレター側を外してみて、ガソリンコックをONした際にホースからドバーっとガソリンが流れ出るかどうか?原始的に確認してみて下さい。タンクキャップを外してみたら流れる。。。そんなこともあります。
③エアクリーナーを外して直接目で確認します。加速ポンプ付きのキャブレター(S&S製E、エボ純正CV、ショベル純正、など)の場合は、スロットルをひねることでキャブレター内部でガソリンが噴出します。SUキャブレターの場合は、手動ポンプ(ティクラー)を押した際にキャブレター内部で噴出します。

バッテリーまたは電気周りに問題がないかどうかを調べるには、、、
①イグニッションキーをONにしたときライト類が点灯するかどうか?普段よりもとても暗い光だったら怪しいです。ウィンカーが点滅していない場合や、セルスターターが回らない時も適正電圧以下かもしれません。
②テスターをお持ちの場合はバッテリー電圧が12.5V以上あるかどうか調べます。さらにイグニッションコイルの電気端子部の一カ所で12V以上確認が取れれば安心です。
③ヒューズが切れていないか?配線が切れていないか?バッテリー端子など緩んでいないか?単純なことですが意外にも多い内容です。

ぜひ一度「きっと簡単なことなんだ。。。」っと願って車体周りを落ち着いて調べてみましょう(^^)/

今週輸送業者へ預ける予定の大分県へ出向予定のエボリジ↑↑ドラッグstyleで90年代の雰囲気がかっこいいです。当時ハーレーダビッドソン&マルボロマンという映画を何回も見ました(^^)

ムーンアイズ製の1リットルタンクに当店オリジナル革ホルダーを使ってフレームにONしまして、緊急時のガス欠に対応させます。

アメリカから輸入したバイクはスピードメーターがついていない時が多いので、この度は日本仕様に合わせてフォークよりブラケットを使ってマウントしました。

日本製のLEDバルブを取り付けているヘッドライトはとても明るい光を放って夜の走行も気兼ねなくできちゃいます。小さなヘッドライトでは残念ながら取り付けができないので、当店ではあんまり使ったことがありません(;^ω^)

エンジン中心部に集結した各スイッチですが、これもまた魅力の一つです。熱が強い場所なのでちょっと壊れやすいのですが、、、。見た目は人気もあり操作性も悪くありません!!

 

京都へ出向予定のパンショベル↑↑ テスト走行を重ねて点検調整を繰り返しております!

ハイパフォーマンスになっているエンジンはハイパワーでギュンギュン走ってくれます。強化クラッチのおかげでスパスパとつながるクラッチワークが激しく乗りたい方にとっては有効なシステムです。

リヤブレーキはまだまだ8ミリ以上の残量のある安心の状態。ハーレーは後輪ブレーキを中心に使っていただきたいので、パッド残量が少ないよりは多いほうがベターです!

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


★ハーレーダビッドソン:年式不明ショベル:240ワイドグース★カスタマイズド群馬県F様


 

↓↓下記リンク先の当店フェイスブックページにて、さらに画質の良い多くの画像がご覧になれます。「かっこいいねぇ~」っと思っていただいた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします(^ω^)

こちらで多くの詳細画像がご覧いただけます!!

◆↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いしますm(_ _)m◆


春なので、、、今月だけでも15台以上の納車が確定しました(^^)

こんばんわオオガキです!

バイク屋にとっては一番忙しいとも言える春になってきましたが、久々に乗り出すオーナー様からの「エンジンかかりません。。。」連絡は日に日に多くなってきたと思います(^^;数カ月走っていない車両を乗ろうと思うと、どんな車両でも始動しにくいことは間違いないと思いますが、ヴィンテージハーレーならなおさら言えることだと思います。

まずは何よりもバッテリー上がりに気を付けなければなりません。充電器がある方はシッカリと充電をして、12.5V以上の適正電圧があるかどうかを調べましょう。そして、イグニッションキーをONにしてから灯火類がちゃんと点灯するかどうかもついでに確認したいところです。なんにも付かない、、、そんなときにはバッテリーがダメな場合やヒューズ切れだったりします。

車体周りに異常が何にもなくても、久々の始動時は大変です。キックスタートならなおさらですが、セルスタートでも通常よりも重く回転してしまったりします。チョークが付いている車両はONにして、スターターを使う前にガソリンを多めに送り込んでおくことで、少しでもかかりやすい条件を作ることができます。ちょっとしたことですが、この点ができるのとできないのでは、今日乗れる?乗れない?に影響してくる話なので一大事です。

やはり、最低でも3年間くらいを経験されないと上手になれないと思いますが、日本は春夏秋冬の歯切れのいい気候がある国ですので、それぞれの季節でもコツを身につけてカッコよく乗りこなしてみて下さい!そこもまた面白さであり自慢できるポイントとなると思います(^^)

 

では、久々にお預かりしている車両たちのご報告を致します。

⇑⇑こちらのエボソフテイルカスタムちゃんは、この度キックスタートを取付とプライマリーの変更の御依頼を頂きました。今現在エボ用のキックスタートは商品化しているメーカーが少なく、今日手に入れることができるメーカーは1社だけでした。

リベラプリモというメーカー品が多く流れていた日本国内ですが、メーカーの存在が無くなってしまった現在では、ほぼ同等の形状にて別メーカーが作っております。⇑⇑この度のキックスタートKITは当店でもよく見慣れている商品ですが、販売元は初めてのお取引先です。

エボ用キックKITと言えば「ゴツくてデっぱる」と言ったイメージでしたが、こちらは違います。むしろスマートなままでさりげなくキックペダルが取り付けられるカスタムパーツです。初めてでしたので取付にはとても苦労させられましたが、3度目くらいからはスムーズに交換できそうな気がします(^_^;)

おまけにターンアウトStyleのマフラーをちょっと短くして、少しでも右に曲がっている時の地面との接触を軽減できるよう調整しました。

プライマリーは純正からオープンベルト仕様に変更しました。BDL製の2インチベルトKITです!剥き出しにすることによって、車体イメージはスマートになり軽量化もされるのでオススメです。

ボールベアリングを使ったダイヤフラム式クラッチは、BDLの標準ですがとても高性能でスパスパ切れて繋げられます。そのかわりちょっとクラッチレバーが重くなってしまうデメリットは付いてきてしまいます。。。

 

続いては、静岡県K様オーダーメイドprojectです⇓

ゼミオーダーメイドの場合は、ある程度カスタムの方向性が決まっているので、まずはフレーム周りの溶接などの加工を先に進めて塗装段階へ進めます。

サドルシートを使う方の場合は、シートバネを固定するところのブラケットを製作し溶接。

ガソリンタンクによって違いますが固定のためのネジ山を製作。

ウィンカーなどの小物を固定するためのタブを溶接。そんな感じで様々なブラケット類を取り付けたり、必要のない部分をカットしたりしてから、パウダーコートにて塗装いたします。

続いてはピーナッツタンクの比較を⇓⇓

左は当店で一番使用率の高い一般的な日本製レプリカのピーナッツタンクです。日本製レプリカというのはどういうことかと言いますと、古い時代は日本でのカスタムパーツの生産は珍しくなく、made in Japan の刻印の入ったピーナッツタンクが販売されていました。約20年前には生産停止になってデットストックとしてヴィンテージ扱いされてきました。その、昔に日本で作られていたピーナッツタンクの形状と同等に作られた現在販売中の既製品のことを日本製レプリカと言いました。ガッツクローム製のタンクが写真左のモノとなります。

右のタンクはこのタンクを切って細く加工してみたものです。細身のシルエットのバイクにしたい方にオススメしたく作ってみましたが、容量はやく5.5ℓで少なめです(^^;

左が通常、右がナロー

左が通常、右がナロー

って、車体全体が無いと分かりにくいですね(^_^;)また後程比較してみたいと思います♬

 

ところで、今こんなシーシーバーを作らせて頂いております<(_ _)>結構苦労した作品です。。。

 

パンチョッパーprojectも進んでいます⇓⇓

リヤフェンダー周りの製作にとりかかりました!今回はチョッパーですが、あえて長めのフェンダーとして作ります。

クラシカルな丸身帯びたフェンダー素材を切って貼ってして調整してします。細身なロングチョッパーにクラシカルを掛け合わせます!

シフトチェンジはタンク横で、重量物を使用するので軸部分は強度UPしながら加工します。

最後にご紹介したいのは、、、⇓⇓

東京都Y様用のヴィンテージなインベーダーホイールです!こちらは70年代の部品となりますが、リムは日本製が使われています。タンクの話とおなじで当時は日本製品は多かったんです。

おそらく英国車向けだったと思われますが、すべてがミリ規格ですので、この度はハーレーチョッパーのために使いたく変換アダプターを製作して使用する予定です。

19インチは今では簡単に手に入れられなくなってしまい、中古品に頼るほかありません。たまたまコンディションの良いものがあったのでこの度は救われました( ̄▽ ̄;)

 

ではでは、明日、明後日は、店休日のためお休み頂きます。。。

 

今日は、久々にブログった気がしました

 

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


本日は天候も良くショベルチョッパーの素敵な納車日でした(^^)/

本日は⇑⇑こちらのショベル様の納車の一日でした♬

約一年半前よりカスタムを始めて長い月日をお待たせすることになってしまいましたが、いよいよ本格的なスタートの日です!

お仲間さん達と一緒にキックを楽しみます。なかなか簡単には始動できないからこその醍醐味をここで経験して頂き、ハーレーをキックでかけるというイベントをまず行いました。

一生懸命やっているうちに忘れてしまっているのが、イグニッションキーOFFのままで頑張ってしまった事件。。。これ、よくあります(^^;さらに多い事件は、ガソリンコックOFFのままです。。。

エンジンが冷えている時やスムーズにかけられない時は、前もってガソリンを多めに吸い込ませることがコツです。SUキャブレターでは手動ポンプでガソリンを強制的に送り出すシステムがあります。加速ポンプの付いているキャブレターの場合は、スロットルを数回ひねってあげることでOKです。

キックスタートはなるべく力を入れずに低い位置から連続して踏めるようなイメージで。。。と言っても簡単にできるわけではないんですが、始めのうちは体力勝負なところはあります(^_^;)

初めてのジョッキーシフトでしたが、なんてことなく一発で発進成功でした!このままスイスイと走り続けて余裕の雰囲気です(^^)

足でクラッチ、手でシフトチェンジ、通常ではないバイクの乗り方ですが、この苦労もまたおもしろいと感じれるポイントだとも思います。

工業団地内をグルグルとあっという間に乗りこなされていました!こちらからは全く不安なさそうに見えていましたが、オーナー様は緊張で精いっぱいだったそうです(^^;

実は今日、腰を痛めていらっしゃっていましたが、、、、、先ほど無事の帰還連絡を頂けましたので、安心です(^^)/

————————————————

みなさんがコツコツ押して下さっていることで順位が上がってきました<(_ _)>
引き続きポチっとよろしくお願いいたします。。。
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


★ハーレーダビッドソン:年式不明エボ:リジットワイドグライドチョッパー★カスタマイズド大分県E様

20160919_062 20160919_008

20160919_124 20160919_007 20160919_059 20160919_126

20160919_027 20160919_041 20160919_079 20160919_081 20160919_089 20160919_127 20160919_039 20160919_044 20160919_046 20160919_061 20160919_067 20160919_069

↓↓下記リンク先の当店フェイスブックページにて、さらに画質の良い多くの画像がご覧になれます。「かっこいいねぇ~」っと思っていただいた方は、ぜひ「いいね!」「シェア」「コメント」をお願いします(^ω^)

こちらで多くの詳細画像がご覧いただけます!!

グーバイクサイトでもご紹介しております。こちらからどうぞ!!

◆↓↓youtubeにて動画もご覧いただけます。ぜひぜひendoautochannelの登録もお願いしますm(_ _)m◆

~~~コメント~~~

アメリカより輸入したエボエンジンのフルカスタム車両を少しだけカスタムして完成しました!。フレームは1サイズ太めのパイプを利用した強めデザインで車検ももちろんOKです。ワイドグライドフォークと180ワイドなリヤタイヤのバランスが、90年代に流行ったドラッグスタイルを思い出させてくれます。一番の魅力の前後ホイールは高価な50本ファットスポークホイールが組み込まれています。このスポークがとても迫力のある存在になります!エンジンはフルポリッシュ加工がされているため、メーカー不明年式不明でありますが現在元気に走ってくれています。ずぶといマフラー音をぜひお楽しみください★

オススメポイント

・エボエンジンとリジットフレームのコラボはまだまだ少ない(もちろん車検OK)
・太めのフレームや太めのタイヤ、スポークなどがワイルドな印象
・ドラッグスタイルのようなシルエットがレーシー
・175センチ以上の方のほうがより似合う
・セルスタートだから初心者さんでも気軽に乗れる
・小柄な方もOKな足付きの良いポジションです
・それぞれ高額なカスタムパーツで組上られてます
・フルポリッシュ済みのエボエンジンはなかなか無い
・エボだから安心、安定のCVキャブレターも装着

デメリットと言えば。。。

・リジットフレームだから乗り心地はハッキリ言って悪い
・振動が激しい、ダイレクトな動きが多いため、疲れちゃうかも??
・静かにおとなしく乗りたい方にはオススメできません
・リジットフレーム車両ですのでボルト緩み等には注意が必要
・薄いスポンジのシートですのでお尻は鍛えておいてください
・ピッカピカ好きの方にはちょっとヤレている点が多いと思います

—————————————————–

みなさんのお力で当店ブログをぜひ応援お願いいたします。
ポチッっと1回(^0^)/
にほんブログ村 バイクブログ ハーレーダビッドソンへ
にほんブログ村


Home > BLOG Archive

    合計: 6409930
    本日: 3175

Return to page top